産直アウル2024年9月以降の手数料率改定のお知らせ

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2024年07月10日(水)
レッドホースコーポレーション株式会社



市場を通さず生産者と購入者をダイレクトでつなぐことで日本各地の食材を売買することができる産地直送のWebマーケットの産直アウル(運営:レッドホースコーポレーション株式会社)はこの度、下記の通り産直アウルの取引における生産者の販売手数料率を改定いたします。本改定は、サービス品質の維持および向上を図るためのものであり、同時に生産者へのサポートサービスをさらに拡大する計画も進めております。今後とも生産者・購入者の双方によりいっそうご満足いただけるよう努めてまいります。

■ 改定の概要
2024年9月3日(火)AM1:00メンテナンス終了時以降の注文分より、産直アウルの取引における生産者の販売手数料率が商品代金の19.5%に変更となります。

※予約販売商品を含むすべての取引において、メンテナンス以前の注文における手数料率は15%です。
※Yahoo!ショッピングの販売手数料は従来通り25%です。

■ 改定の背景
これまで手数料維持のため諸経費の削減、業務効率化、体制の見直しに努めてまいりましたが、昨今の諸経費増加やインボイス制度への対応、サーバー管理の負担増加などを受け、現行の手数料率でのサービス維持が困難な状況となりました。
産直アウルは15%という、大手産直サイトの中でも最安水準の手数料率にてサービスを提供してまいりましたが、この度サービスの品質を維持・向上させるため手数料率の改定を決定いたしました。

■ 生産者への販売サポート
産直アウルはサービス開始当初より、「サービスの主体は生産者の皆様である」という考えの元、生産者への販売サポートを提供してまいりました。




改定以降のサポートでは、引き続き上記サービスを提供すると共に、

・購買データのレポート共有
・ブランディング、商品開発等の講習会
・AIや外部スペシャリストを活用したサポート
・産直EC販売の無料セミナーの拡充

などのサポート拡大を検討しております。




産直アウルは生産者様の伴走者として、「困ったときに頼れる場所・一緒に成長できる存在」となることを目指し運営しております。
引き続き生産者の皆様と共に、より一層のサービス向上に努めていく所存でございます。
何卒、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

■ 産直アウル:サービス概要


産直アウルは、市場を通さず生産者と購入者をダイレクトでつなぐことで日本各地の食材を売買することができる産地直送のWebマーケットです。野菜や果物、肉、魚介類、米などの食材をはじめ花・植物、ペットフードに至るまで17の豊富なカテゴリを取り揃えています。品種での検索機能により、食材ごとの好みの品種やまだ知らない新しい食材に出会うこともできます。
トップページ:https://owl-food.com/



■産直アウル:ストーリー紹介
産直アウルを運営するレッドホースコーポレーション株式会社は、2014年より自治体のふるさと納税事業を支援しており、同事業を通じて第一次産業の課題を目の当たりにしました。
「良いものを正当な価格で消費者に届ける仕組みをつくることで生産者・地域産業者自らが未来を切り拓けるようになってほしい」との思いから、市場を通さずに食材の売買ができ、従来の販売ルートよりも生産者のもとに利益が残りやすい産直ECサイトという形で産直アウルのサービスを開始しました。産直アウルは「サービスの主体は生産者である」という考えの元、「自立自走可能な地域創生」をミッションとして生産者のこだわりや努力が見える社会を目指しています。

・サービス提供開始日:2019年 12月 23日
・利用生産者数: 約5,000 軒


【レッドホースコーポレーション株式会社】
本社:〒130-0015 東京都墨田区横網1-10-5 KOKUGIKAN FRONT BUILDING 2階
設立:1964 年 3 月
代表者:社長執行役員 山田 健介
事業内容:地域産業支援及び活性化事業、コンシューマー事業
URL:https://www.redhorse.co.jp/


【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
担当:産直アウル事務局
e-mail:info@owl-food.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]