毎月、最終営業日に更新する予定のネッ担編集部の編集後記です。こんなメンバーでゆるゆるネッ担を運営しています。

2019年11月の編集後記

瀧川
瀧川

11月の編集後記を書いている場所は寒さが身にしみる韓国・ソウル。eBay Japanさんからご招待をいただき、eBay Korea、韓国のファストファッションEC企業などを取材してきました。真面目なお話は韓国取材レポでお伝えるするとして、編集後記では夜のお話を。

2泊3日の韓国出張。初日の夜は24時間年中無休の食事処へ(お店の名前はまったくわかりません)。そのお店で食べたのは、醤油ダレにワタリガニを漬けた「カンジャンケジャン」、アンコウ蒸したという「アグィチム」など。久しぶりに腹一杯になるまで夜食をいただきました。

醤油ダレにワタリガニを漬けた「カンジャンケジャン」

その席で飲んだのは地ビールのほか、焼酎の眞露。日本では緑のパッケージのイメージしかなかったのですが、韓国で見たのは青のパッケージ。7人でおそらく7本以上をあけたと思うのですが、翌日は二日酔いすることなく、逆にいつもよりも元気になった気がしました。

青いパッケージの眞露は初めて飲みました

2日目は焼き肉。その後、eBay責任者の知り合いがマネジメントをしているというスナック(だと思うのですが)へ。席に座った女性とはスマホの翻訳サービスを介しての会話。なんだかんだ、スマホを介しての会話で2時間くらい盛り上がりました。ちなみに、今回のツアーに参加した他の媒体の記者さん達も皆、スマホを介して会話をしていました。

下のグラスにはビール。上の小さなグラスにはウイスキー。上のグラスを左に倒すと横のグラスも一斉に倒れて、下のコップに入るというショーも見せてくれました。ちなみに、ビールとウイスキーをちゃんぽんして飲みました。意外においしかった
おふざけで撮影した記念写真(顔にはぼかしを入れております)。この写真を妻にLINEで送ったところ、この件についてのコメントはございませでした(無視されているのだと思われます)。あっ、これも韓国取材ツアーの一環ですので。

この文章、写真を見ると「遊びに行ったんだろ!」と思われますよね……。12月の韓国ルポをお楽しみにしていてください。心残りはまったく観光ができなかったこと……。

内山
内山

どういう流れでそうなったのかはよく覚えていないのですが、はとバスに女友達5人で乗りました。「帝国ホテルと秋の庭園めぐり」という、旧古河庭園と小石川後楽園をブラブラしてから帝国ホテルでランチを食べ、神宮外苑の銀杏並木を散策する……という、のんきなコースです。

が、当日は終始雨、しかも極寒。できればバスから降りたくないのに、底抜けに明るいバスガイドさんに元気よく見送られ、ぬかるんだ道を首をすくめ、トボトボと歩く私たち……。

旧古河庭園
少し紅葉もしてました。晴れていたら気持ち良かったんでしょうね……
帝国ホテル「ラ ブラスリー」のステーキ
ランチが美味しかったのだけが救いです

翌日、友人の1人が「King Gnuの拡声器が銀座のソニーに展示されているらしい」と言うので、みんなで見に行ました。

トランジスタメガホン
こちらが紅白出場も決まったKing Gnu 常田大希氏の「トランジスタメガホン」です

せっかく久しぶりに集まったんだから記念撮影をしようと、慣れない自撮りに挑戦し、銀座通りであーでもないこーでもないと騒いでいたら、見かねたのか外国人の方が撮ってくれました。あの人に幸あれ。

藤田
藤田

初めまして!11月1日からネッ担編集部に入社しました藤田です。

以前は保険系SE→ネットショップ運営をしていました。好きなものは音楽とゲーム、洋服、アニメ、漫画、カレーとコーラ。

■音楽
凛として時雨、UNISON SQUARE GARDEN、LUNASEA、Meshuggah、Slipknot、System of a Downなど。ライブも行きます!!学生時代にサークルでベース弾いてました。

■ゲーム
モンハン、モンストが今のメイン。時間が許す限りゲームしてます。どちらも同士がいないので、ご興味ある方は是非一緒にマルチしましょう~!

やりたいゲームが多すぎて、自分の体が2体以上あるか1日が48時間になったら良いのにな、と思っています。

編集未経験でネッ担に入りましたが、日々勉強して前職のEC運営の経験を活かし、良い記事を書いていけるよう頑張ります!これからよろしくお願い致します~!

渡部 和章
渡部 和章

もうすぐクリスマスですが、そういったイベントのときに「手間はかからないけど、普段よりちょっと特別っぽく見える家庭料理」のレシピの引き出しがあると便利です。

僕のネタの1つは「ポットパイ」。作るのは簡単ですが、家で作るイメージがあまりないこともあって、出すとけっこう喜ばれます。シチューにカボチャを溶け込ませて、「パンプキンポットパイ作ったよ」とか言っておけば、さらにおしゃれ感を強調できます(笑)

ポットパイ

作り方は、シチューを耐熱皿に入れてパイシートをかぶせ、オーブンで焼くだけ。本格的なオーブンがなくても、オーブンレンジで十分いけます。レシピはネット上にたくさんあるので書きませんが、シチューを作る手間とそれほど変わりません。焼くときのオーブンの温度は200度、10~20分ほどかけて焼き色がつくまでようすをみてください。

シチューは寒いときに美味しいですし、クリスマスなどにいいと思います。ただし、食べているときにパイが崩れて机が汚くなるので、「付き合いたての彼氏を初めて家に呼んだ」みたいなシチュエーションでは避けたほうがかもしれないです(笑)

石居 岳
石居 岳

佐川急便の持ち株会であるSGホールディングスのグループ会社、佐川グローバルロジスティクスは2020年2月、埼玉・蓮田にEC専用の物流センターを竣工します。このほど、報道陣向けに内覧会があったので、参加してきました。

自動搬送ロボットを導入したロボティクスによる省力化を目的とした物流センターで、写真のように商品が保管された棚を、自動搬送ロボットが作業場まで移動して、ピッキングを行う仕組みです。

自動搬送ロボットを導入したロボティクス

担当者によれば、ロボットの導入による効率化は、導入前の3倍ほどになるとのこと。省力化が図れることで、EC事業者は物流センター利用時のイニシアルコストが大幅に削減できることになるそうです。

実際に作業を経験する報道関係者もいましたが、効率化や便利さの半面、どこか違和感を感じないでもありませんでした。というのも、学生時代、物流センターでアルバイトをした経験がある身としては、経験則で覚えた効率化や省力化が、ロボットやAIにとって代わることに多少ながら残念な思いがよぎったからです。

人手を極力排除して、効率化を図る場面は、物流センターに限らず、いたるところで見受けられます。ですが、「人による経験や体験を生かしたノウハウ」だって、決してあなどれないのに、ということを、最近強く感じています。

安田
安田

今月の「んまいもん」は、四谷三丁目にある台湾料理の點水樓(ディエンシュイロウ)さん。

ヤバいです。このうえなくおいしいです。いままで食べたなかで一番の点心かも。

小籠包は、肉にくさみがなく、皮のもちもち感そのままに破れてスープが抜けたりせず、しかもスープが熱すぎずするっと食べられる絶品。

餃子類は本場らしく焼きではなく蒸し。皮のアルファ化感がたまりません。

焼き小籠包!(栗ではありません)。もうね、台湾で食べ歩きしているかのようなネイティブ感と、高級店的な完成品感が同居している逸品なのです。

デザートの杏仁豆腐でさらに驚き。こんなにアーモンド感がしっかりしているのは、日本では珍しいのでは?

仕事で中国本土によくいく家人も「北京で食べるのよりもおいしい」と絶賛したこのお店、店構えからしてステキなのです。

ちなみに、いまお店があるのは四谷三丁目ですが、新宿五丁目東交差点の北西でいま工事中のビルに、このお店の看板がでていました。新店舗なのか移転なのかはわかりませんが、行かれるならそっちのほうがアクセス良いかもです。

おまけの、今月のお猫さまは、ちょっと行儀が悪いですが喫茶店のテーブルでおすまししている様子。

Web担当者Forumの編集後記もみる

この記事が役に立ったらシェア!

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム