よろしければこちらもご覧ください

毎月、最終営業日に更新する予定のネッ担編集部の編集後記です。こんなメンバーでゆるゆるとネッ担を運営しています。

2021年11月の編集後記

瀧川
瀧川

先日、長男が通う小学校などに対して、悪意の第三者からの爆破予告がありました。

こうした犯行声明(声明は出したけど結局何もなかったも含めて)はテレビでよく見かけていましたが、こんな身近に起きてびっくり。

爆破予告に関するメール

このメールに気づいて早速市役所のHPにアクセス。すると、爆破予告があった旨と対応についてアナウンスしていました。

妻に連絡すると、学校からメールが別途届いており、警察と連携して対応の準備をしているとのこと(妻は別途、学校からのメールが届くようにしてあるらしい)。

そんなことで、学校では細心の注意を払うということで長男は通常通りに登校。11/17は何も起こりませんでした。

何もなくよかったという安堵(あんど)と、めったに経験できないことだったので貴重な機会になりました。年の瀬に向かってこういうのは増えるのかなぁ。

内山
内山

新宿御苑に「母と子の森」というエリアがあります。名称からすると広い芝生にブランコでも置いてあるようなイメージですが、実際はぜんぜん違います。

御苑

この薄暗い池(というか沼?)には、戦後、子ども用のプールがあったそうです。数年前から都会の里山をテーマにエリア全体を改修中なので、ここもメダカとかカエルとかトンボが生息するようになるかもしれません。

御苑1

このニョロニョロみたいなのは「落羽松」(らくうしょう)という杉の仲間の根っこで、「気根」(きこん)といいます。土の中で呼吸ができないと、酸素を求めて根が地表に出てくるそうです。新宿駅から徒歩10分くらいの場所ですが、このあたりは湿地なんです。

御苑2

日本に自生しない大木もたくさんあります。これは明治時代に植えられたペカンの木。よく売っているピーカンナッツがなる木です。農業試験場だった時期があるので、日本で育ちそうな木をあれこれ探して輸入していたのかもしれません。

御苑3

これはエリア外。新宿御苑というとこんな感じの菊が有名です。御苑自体は江戸屋敷に始まって宮内庁→環境省と所管が変わりましたが、菊花壇は明治時代から変わらないルールで展示されています。この鉢(というか箱)は高級車が買えるくらいのお値段だとか。

御苑4

広大なバックヤード(普段は立ち入り禁止)があって、そこで1年じゅう菊を栽培しています。上の写真の菊も、こんな風に畑の1株をあんなにでっかく仕立てるのです。すごすぎ〜。

藤田
藤田

真・女神転生Ⅴ」を遊んでいます。

まだ始めたばかりですが、荒廃した世界、主人公の仲魔になる悪魔や天使などの魅力的なキャラクター、格好良いBGMなど序盤から面白いです。レベル上げや悪魔同士を合体させて新たな悪魔を作る「悪魔合体」に時間を費やしているので、プレイ時間の割にストーリーは進んでいませんが、合体システムが楽しいので良し。

マルチエンディングなのですが、最初は特定のエンディングを狙わずに進めてみようかな~と思っています。

石居 岳
石居 岳

(執筆中)

キヨハラサトル
キヨハラサトル

9月に第一子が産まれ、夫婦二人で育児に励んでいます。誕生からまだ2カ月ですが、どんどん変化していく娘の様子には驚かされます。例えば、頻繁にしていたうんちやおしっこは、頻度が減った分、一度の量が増えてきました。睡眠時間も以前は断続的で、夜中であっても2時間程度しか寝なかったのが、最近では6時間くらい眠り続けます。

まだ首はすわらないものの、以前のふにゃふにゃした状態から徐々にヒトっぽい体形になってきて、体重も産まれた時は3キロだったのが、今では5キロを超えました。目も少しずつ見えるようになり、こちらを見て笑うようになりました。クーイングと呼ばれる「あー」や「えー」という音を出し、私たちを楽しませてくれます。

こんな風に成長していく子どもを見ていると、一緒にいろいろなことができる日が待ち遠しくなるのですが、そろそろやろうと思っていることが「絵本の読み聞かせ」です。すでに読み聞かせる絵本の準備はできています。

私は長新太の絵本が大好きなのですが、ほかにもスズキコージや堀内誠一らの作品もお気に入りで、古本屋などで見つけるたびに、自分で眺めて楽しむ用にちょこちょこと買い求めていました。一方、妻も出産を機に、自分が幼い頃に読んでもらった絵本を何冊か実家から持ち帰っていて、こちらは野菜や果物に顔を付けていく「にこにこ かぼちゃ」や、クマが服の着方を覚える「どうすればいいのかな?」なんかがお勧めのようです。

絵本
お気に入りの絵本たち

今回、新たに本屋で購入したものもあります。その中だと、子どもと動物たちが電車の到来をただただ喜ぶ「でんしゃ くるかな?」や、食べ物をくるんで食べるだけの「くるりん ぱくっ」が良かったです。あとは、丸いデザインとオノマトペのような音だけの「ごぶごぶ ごぼごぼ」も0歳児から楽しめそうです。

さまざまな絵本を手にとってみると、どれも面白くて、気づけば読みふけっていたりします。そんなわけで、子どもに読み聞かせる前に、大人のほうが絵本の魅力にハマってしまっている今日この頃です。

絵本
0歳から大人まで楽しめます!
朝比美帆
朝比美帆

カップ焼きそばの定番って、地域色が出るんですね。カップ焼きそば文化の分布図を見ると、ざっくりこんな感じ↓のようです。

  • 北海道は「焼きそば弁当」
  • 東北地方の北側は「バゴォーン」
  • 東日本(静岡/長野~宮城あたりまで)は「ペヤング」
  • 西日本(愛知/岐阜から西の地域)は「U.F.O」

確かに、高知の実家でもストックしていたカップ焼きそばはもちろん「U.F.O」でしたし、UFO仮面ヤキソバン(マイケル富岡さん)とケトラー(デーブ・スペクターさん)のCMを何度マネしたことか。

その一方で、関東甲信越の帝王と言える「ペヤング」は、私が覚えている限り店頭でも見かけたことがなく(当時は上陸していなかったのかも…)、大学進学時に上京するまで存在すら知りませんでした。

ただ、数年前に「ペヤング激辛」が出てからというもの、すっかり関東に染まってしまいました。その後も「激辛MAX」「激辛MAX END」「獄激辛」など、やみつきになる商品がどんどん販売されるので、だいぶもてあそばれている状態です。

それでもカップ焼きそばを食べる頻度は半年に1回ぐらいのペースにしておこうと思っていたのですが、こんな贈り物をされると週1回は必須ですね。

焼きそば
「獄激辛 坦々」「獄激辛 にんにく」「獄激辛 カレー」は初めていただきます

ちなみに、「獄激辛」のソースを混ぜていると、うちの空気清浄機はランプを真っ赤にしてゴーーーッと反応するので、電源を切ってから作り始めるようにしています。

安田
安田

今月の「んまいもん」は中華(台湾)料理の名店、歌舞伎町の青葉さんです。

超有名な店なのに、実は行ったことなかったんです。最近あまり良くない話が多い、歌舞伎町「トーヨコ」のビル地下にあるお店なんですが、入ってみてびっくり。すごい広いの。

食べ物ももちろん絶品。これはたしかアヒルの広東風焼きかな。

肉圓(バーワン)は、アニメ映画『千と千尋の神隠し』でお父さんがおいしそうに食べていたぷるんぷるんのやつ。切ってあるので映画みたいに箸でつまんでぷるんぷるんはできませんが、独特の食感です。

餃子はもちろん水餃子を頼みます。うんまい!

店内も歌舞伎町っぽい人からそうでない人までいろいろ。これは通いそう。

今月のお猫様は、おっさん状態になってる姿。

いつもはこんなにキッチリと尻尾をまわして凛々しい姿なんですけどね……。

Web担当者Forumの編集後記もみる

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]