現在地

tweet15はてなブックマークに追加

7月の編集後記

瀧川
瀧川

魚を食べるのも、見るのも好きな長男に「釣りに行きたい」とせがまれ、釣り堀へ淡水魚を釣りに行ってきました。

自宅から車で約45分くらいの場所にある「手賀沼フィッシングセンター」。養殖されていたのはニジマスで、釣ったものはその場で焼いて食べることができるらしい。

瀧川の編集後記
初の「手賀沼フィッシングセンター」

炎天下のなか、竿を垂らすこと約1時間。釣れません! 店員さんに聞くと、「暑いから食いが悪いかも」とのこと。一緒にやっていた長男は飽きてしまい、金魚釣りに移行。妻と一緒に竿を垂らし、すでに何匹も釣っていました。

「父親と、そして漁師の息子という威厳にかけ、せめて1匹でも釣らないと」。こんな焦る気持ちで竿を垂らすこと合計2時間。1匹だけニジマスを釣ることができました。

が、釣果をあげるためにグレードアップした餌が用意されていることを知ったのは、片付けが終わった後。無料提供されたのはうどんで、釣果をあげたい人向けにエビなどが販売されていました。釣果もお金で買える時代ですね……。

というわけで、最後は釣ったニジマスを、炎天下の下でいろり焼き。もちろん汗びっしょり。愛情を込めて焼いたのに、長男らの感想は「味がない」。あっ、塩をまぶすのを忘れてた。

瀧川の編集後記
手前のニジマスが僕の釣ったニジマス。塩をふり忘れていますが……
内山
内山
日比谷公園

画像はある夜の日比谷公園です。夜なのに人がたくさんいて、まったく危険を感じない夜の公園って、世界的にも珍しいんじゃないでしょうか。外国人観光客のみなさんにお見せしたらビックリすると思うんですがどうでしょう。

渡部 和章
渡部 和章

通販で買ったオススメの調理器具を勝手に紹介するシリーズ、今回はスウェーデン生まれの万能調理器「オメガヴィスペン」です。

オメガヴィスペン

見た目からは使い方をイメージしにくいんですが、これ一つで料理の「混ぜる」「すくう」「つぶす」「こねる」といった作業ができる優れもの。使いこなせるようになると調理中に菜箸やお玉、ヘラを使わずに済みます。

今回はキーマカレーとポテトサラダを作ったのですが、挽肉をこねる、食材をフライパンで炒める、白米を炒めてターメリックライスを作る、茹でたジャガイモをつぶす--といった作業はすべて「オメガヴィスペン」で完了。調理中は菜箸やヘラ、お玉などを使わずに済みました(カレーを皿によそうときだけお玉を使いました)。

オメガヴィスペン
挽肉を手でこねないので、こねた後に手を洗う手間も省けます。
オメガヴィスペン
みじん切りの玉ねぎを炒める。
オメガヴィスペン
ジャガイモをつぶすマッシャーの役割も。
オメガヴィスペン
白米を炒めるとき米がしっかりほぐれるのでターメリックが均一に混ざる。
オメガヴィスペン
調理中は菜箸やお玉、ヘラを使わずに完成。

このほか、茹でたジャガイモを熱湯から取り出すときや、カレーを混ぜるときにも使いました。調理中に道具を使い分けるのは意外と面倒なので、個人的にはかなり重宝してます。本体の素材はナイロンとグラスファイバーなので鍋やフライパンが傷つかないのもポイントですね〜。

安田
安田

今月の「んまいもん」は、京都「肉専科はふう」さんのカツサンド。

もうね、何も言うことはありません。たまらんです。糖質制限中なのに、あえてパンを含んだカツサンド。そして、気がつくとあっという間にすべて胃袋に。

京都というと、おばんざいとかに行きたくなるかもしれませんが、ここはスゴかったです。大満足。

あ、京都御所を歩いていたら、こんな消防車を見かけました。

皇宮警察本部の車両です。はじめて見たのでみんなで興奮して「写真とっていいですか?」と聞いたところ、快くOKしてくれました。忙しいところありがとうございます。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet15はてなブックマークに追加

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!