毎月、最終営業日に更新する予定のネッ担編集部の編集後記です。こんなメンバーでゆるゆるネッ担を運営しています。

2019年12月の編集後記

瀧川
瀧川

(師走ばたばた中)

内山
内山

 

今月は「足置き台」を題材に、箱ものにクッションを付ける練習をしました。まずは座面のウレタンを固定するための「土手」作りからです。

土手作り1
「ヘッシャン」という呼び名の麻布と、ウレタンをフチに固定します
土手作り1
荒縄を芯にしてヘッシャンで巻き込んでいきます。ぎゅーっと押さえながら釘を打たなきゃならないので、なかなか大変です。
土手完成
角の部分が難しいんです。ぐるっと1周させたら完了

ここから写真を撮るのをまったく忘れたのですが、まあいろいろありまして(←覚えてない)、下記のような謎の物体ができました……。布よりビニールレザーの方が難しいと聞いたので、チャレンジしてみたんですが、あんまり可愛い柄がなかったんですよねー。

足置き台
まあまあ左右対称になってるので、まあまあ良くできたと思います

藤田
藤田

 

LUNA SEAのクリスマスライブに行ってきました。

今年で結成30周年!

ここ数年クリスマスライブはLUNA SEAなのですが、今年も本当に格好良かった・・・・・・。

今年は特に照明と映像が凝っていて、曲の雰囲気に合わせた演出が更に気分を高めてくれました。

ステージ後ろの大きなモニター凄かったな・・・・・・。映像が綺麗なのはもちろん、大きさや可動式である特長を活かして、色々な表現がされていました。メンバーの格好良さをアップで見られたのも最高ですね!!

メンバーの魅力については書き始めると止まらない上に、ひたすら「格好良い」を連呼するだけの文章になるので割愛。

2日目は機材トラブルにより、途中でライブを中断するハプニングも。

けれど、ライブを途中で終演にせず、通常とは異なる機材セッティングでも最後まで続けてくれたメンバーには感謝と感動しかありません。(本人たちは不本意かもしれませんが、個人的にはレアなライブが見れたなと思っています。)

来年からツアーが始まるので、そちらが益々楽しみになりました!LUNA SEA本体だけじゃなく、ソロもあるのでそちらも楽しみ~!!

ライブ後に飲んだお酒は格別に美味しかったです。

渡部 和章
渡部 和章

 

最近レトルトカレーにはまってます。子どもの頃(20年以上前)に食べていたときは、正直あまり美味しいイメージはなかったのですが、今はすごく進化していて本格的で美味しいものがたくさんありますね。

ここ数カ月は月2~3回のペースで食べていて、先日は激辛系を食べ比べました。

激辛系カレー3種
辛そうなカレーを直感で選んでみました

左は激辛の定番“ハバネロ”がたっぷり入った「島ハバネロカレー」。味はオーソドックスですが、ハバネロ独特のツンとする香りと風味があります。3つの中では唯一、野菜が固形で残っていました。

中央は、京都で七味唐辛子などを販売している祇園味辛の「日本一辛い黄金一味ビーフカレー 鬼辛」。赤唐辛子の10倍の辛さという「黄金一味」を使っているのが特徴。野菜は溶け混んでいて、煮込んだ牛肉がごろっと入っています。

右は、辛すぎるので“18歳未満は食べるの禁止”という「18禁カレー」。煮込まれた牛肉に混じって赤唐辛子が丸ごと1本入っているので、食べるときは要注意。パッケージはいかがわしいものに見えますが、れっきとしたカレーです。

それぞれ味に特徴があって、どれも美味しいです。ただ、3つとも辛すぎて、途中から味や辛さの違いが分からなくなってしまいました...

食べ始めはそれほど辛く感じないのですが、1分を過ぎたあたりから辛さが一気に加速。辛いのを通り越して、口の中が痛くて水を飲まないと我慢できない。途中から汗が止まらなくなり、さらに数分経つと、スパイスに刺激された胃がぎゅーっと掴まれているような感覚に。

正直、辛いものが相当好きな人以外にはオススメしません。3つとも辛さは罰ゲームレベル。でも、辛いものが好きなら病みつきになるかも。

ちなみに、邪道かもしれませんが、3種類のカレーをご飯にかけてから、甘めの焼肉のたれを少し入れた生卵をよく混ぜて上からかけたら、激辛なのにまろやかで美味しかったです。

石居 岳
石居 岳

(執筆中)

安田
安田

 

今月の「んまいもん」は、新宿は歌舞伎町(の入り口のほう)にあるうな鐵はなれさん。

うな鐵(うなてつ)さんはけっこうあちこちに店舗があるのですが、今までいったことがなかったんですよ。で、ひつまぶしも出す新店舗が新宿にできたというので行ってみました。

結論としては、かなりおいしかった! 江戸風のふんわりではなく、ぷりぷりっとした歯ごたえのある仕上げでタレもくどくなく、「うおおおおお、おいしいいい」っていただきました。

肝焼きもしっかり(うなぎの「肝」って、肝臓じゃなくて内蔵全体を意味するんですね)。

う巻きは出てくるのが早かったのが意外でした。こちらもタレがしつこくなくてだし巻きも甘くないのがGood。

これは「くりから」かな。背中のほうの肉を串にしたやつ。わさびで頂きました。

江戸のふんわりうなぎも大好きですが、関西出身の人間としては身がしっかりしているのも好物。どちらも食べられるのは幸せですねー。

おまけの、今月のお猫さまは、喫茶店のソファ背でくつろいでおられる姿でございます。

Web担当者Forumの編集後記もみる

この記事が役に立ったらシェア!

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム