現在地

業界動向

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

「炊飯器の釜を厚くし過ぎても意味はない」。アイリスオーヤマが気付いた「売れるポイント」【ネッ担まとめ】

商品開発に関わる人にとって、競合他社の商品はとても気になりますよね。でもそこを見ないで大躍進を遂げている企業があります。

通販新聞ダイジェスト

配送運賃にコスト変動を加味する 「法人顧客プライシングシステム」など、ヤマトの宅急便改革まとめ

ヤマトホールディングスが発表した中期経営計画「KAIKAKU 2019 for NEXT100」の中身は? ネット通販事業者は押さえておきたい「法人顧客プライシングシステム」などを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

デジタルアシスタントは商売にどう使う? 「Amazon Alexa」などEC活用の3ポイント

クラウド上で実行される音声アプリ「Amazon Alexa Skills」(Alexa Skills)を使用し、自社ECサイト用の音声ショッピング機能を提供、注文件数を伸ばしている企業が増えているそうです。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

音声ショッピング、試着EC、家具レンタル……急変するネットショップのトレンドまとめ

今週は流れの変わり目を感じさせるようなニュースが多い週でした。流れを読んでいれば変わり目にも冷静に対応できるはずです。

ヤマトHDがあの競合他社とタッグを組む? 三大都市圏の幹線輸送でシェア運行を検討へ

ヤマトホールディングスは関東と中部の2拠点を結ぶ関西の物流拠点「関西ゲートウェイ」の稼働を受け、三大都市圏の幹線輸送において同業他社との共同運行の導入を進めていく方針を明らかにしました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンの「1-Click注文」特許失効は、ECサイトやベンダーの新たなビジネスチャンス?

ネット通販でのワンクリック注文は近い将来、一般的に普及するでしょう。小売事業者が運営するECサイト向けにさまざまなベンダーがワンクリック注文ツールを開発しています。

アマゾンの「Amazon Alexa」は音声ショッピングもできる。EC企業が知っておきたいこと

Amazonの音声認識機能「Amazon Alexa」と人工知能搭載スピーカー「Amazon Echo」はECにどう影響する? 米国での状況などを踏まえ、ネット通販事業者が押さえておきべきポイントなどをまとめました。

竹内謙礼の一筆啓上

衆院解散にみるECの景気動向 ──今後の消費予測から中長期を見据えた戦略を立てよう

9月28日の衆議院の解散は、ネット通販にどのような影響があるのでしょうか? 政治とネット通販は切っても切れない関係。中長期的な戦略を立てるために、今後の政局に注目しましょう。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

マイルやdポイントが「自治体ポイント」に変換可能! ……って何に使えるの?【ネッ担まとめ】

マイナンバーを普及させたいのはわかりますが、「自治体ポイント」なる謎のポイント制度を作ったところで、利用者にメリットが何もないですよね。

単発記事

人件費は3割減! AI搭載ロボットが実現するEC物流の「省人化」「コスト減」「正確性」

ロボットの物流活用にはどんな効果があるのか? AI搭載の物流ロボットを導入した物流フルフィルメントのアッカ・インターナショナルの加藤大和社長は、「年間ベースで2~3割の人件費削減効果がある」と言う。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

「音声検索時代」に向けたECサイトのSEO対策――検索広告の未来、効果が出る方法は?

音声検索広告には未知数なことがたくさんありますが、1つだけ明確になっていることがあります。それは、消費者は地域の情報を得るために音声検索を使用しているということです。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

「急ぎません。便」が好評。「急がず・まとめて・取りに行く」が配送のトレンドに。【ネッ担まとめ】

すぐに届けて欲しいものもありますが、そうじゃないものも多いですよね。「急がず・まとめて・取りに行く」というのは自然な流れです。

通販新聞ダイジェスト

苦戦が続く総合通販でひとり勝ちのベルーナ、なぜ伸びている?

ベルーナの2018年3月期連結業績は、売上高は前期比9.5%増の1600億円、営業利益は同19.5%増の130億円を見込む。前期は主力の総合通販事業も増収増益となるなど好調を維持するベルーナ、その理由はどこにある?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

オムニチャネルをやる目的は? マルチチャネルとの違いは? 成功するためのポイントは?

あなたの会社が展開しているのはマルチチャネルですか? それともオムニチャネルですか? その違いを理解した上で、消費者とより良い関係を構築するための成功ポイントを解説。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

日本人は消費に無関心で、企業や商品に対してロイヤルティを感じない!?【ネッ担まとめ】

データを見る限りは世界的にはじっくり検討して買い物をする傾向。日本だけが世界の流れに逆行しているようです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンよりも進んでる? 無人コンビニ「BingoBox」などが広がる中国小売市場の今

フルーツのネット通販を手がける中国のEC企業Zhongshan BingoBox technology Co.(中山市賓哥網絡科技)が中国内で10店の無人店舗「BingoBox」をオープン。今後1年以内に5000店舗を開店する予定。

ネット通販の送料、販売側が負担すべきと6割が回答。送料値上げへの理解は3割

日本労働組合総連合会(連合)が8月31日に公表した「日本の社会と労働組合に関する調査2017」によると、ネット通販の配送料を負担するべきなのは「消費者」と回答した割合が37.8%だった。

通販新聞ダイジェスト

【運賃値上げ対策】品揃えは利益率の高い商品に絞る & モール店の統合 & BtoBも強化

寝具ネット販売のまくらでは、通販サイトで取り扱う商品を絞ることで運賃値上げに対応。利益率の高い商品に絞って販売することで経費増をカバーする方針。

カートに商品入れない新しい買い物体験、「Apple Pay」実装のフューチャーショップが実現

ECプラットフォーム「FutureShop2」のフューチャーショップは米アップルが提供する電子決済サービス「Apple Pay」を実装、「FutureShop2」の利用店舗で「Apple Pay」を利用できるようにする。

ヤフーの検索ニーズから学ぶ「トレンド研究所」

ECユーザーの冬支度は9月から? 夏の終わり~秋口に増える買い物系検索ワードまとめ

秋・冬物商材、運動会やクリスマスツリーといったイベントのキーワード検索が増えて来る季節です。9月に把握しておきたい検索キーワードのトレンドを解説します。

通販新聞ダイジェスト

EC売上1000億円突破のヨドバシカメラなど通販売上ランキング2017【ジャンル別】

「総合通販」「家電」「家具」「BtoB通販」を展開する上位の通販実施企業の直近の売上高を抜粋したランキング表を掲載、それぞれの通販市場の動向と各プレイヤーの状況について見ていきましょう。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾン化が進むマーケットを示す4つのデータ+Amazon時代を生き抜く5つのポイント

ECを含めた小売事業者は、アマゾンとの競争で厳しい戦いに直面しています。今後も生き残り、成長するためには、大企業ができないような方法でビジネスを差別化することに重点を置くことが重要です。

スクロールが「ナチュラム」などのミネルヴァHDを子会社化へ――専門領域のECを強化

スクロールは8月30日、フィッシング・アウトドア用品のEC企業ナチュラム・イーコマースなどを傘下に持つミネルヴァ・ホールディングスの株式を取得し、子会社化する方針を発表した。

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

【ECアプリのポジショニングマップ】ユーザー数1位は楽天、2位はAmazon

ショッピングアプリのアクティブユーザーの属性データに基づいた、ポジショニングマップを作成しました。モバイルコマースの市場をアプリの観点から俯瞰してみましょう。

通販新聞ダイジェスト

「ZOZOTOWN」はなぜ伸びている? スタートトゥデイ副社長に聞く好調の理由

好業績が続いているファッション通販サイト「ゾゾタウン」運営のスタートトゥデイ。4月1日に新設した副社長職を兼務する栁澤孝旨CFOに衣料品ECの事業環境や好業績の要因などを聞きました。

単発記事

【大阪】売上UPのヒントを学びませんか? 最新のSNS活用、あの有名企業のEC事例など全15講演の無料セミナーイベント 9/1開催

LINEとTwitterによる最新のSNS活用、フェリシモ・ヤッホーブルーイング・ナチュラム(ミネルヴァ・ホールディングス)といった有名企業の自社EC事例など全15講演が無料で聴けるイベントセミナーのポイントなどを解説。

スタートトゥデイとヤマト運輸が連携、購入時に宅配ロッカーを選択可能に

スタートトゥデイは8月23日、ファッション専門モール「ZOZOTOWN」の商品の受取場所として、ヤマト運輸グループが運営しているオープン型宅配ロッカー「PUDOステーション」を指定できるようにした。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

検索の半分は2020年に音声検索へ――小売・EC企業の音声ショッピング対策のポイント

音声認識デバイスの急速な普及により、2020年までに音声検索が検索全体の半分を占めるようになると予測されています。小売事業者は音声検索で確実に勝つための対策が将来的に必要になります。

単発記事

ついにネット通販物流の無人化が始まった! ロボット駆使した倉庫を中国EC大手JDが実現

中国のネット通販(直販)最大手のJD.com(京東商城)は8月、商品のピックアップからトラックへの積み込みといったネット通販向けの物流業務をロボットが処理する物流センターを開設した。

EC部長が担当者に読んでもらいたいこと

三越伊勢丹のEC責任者を辞めた中島郁さん、これから何するんですか?

トイザらス、ジュピターショップチャンネル、三越伊勢丹の3社において、大規模EC・オムニチャネルの事業責任者として長らく通販・EC業界に携わってきた中島郁氏。その知見を生かし、今後、携わっていくことは?

通販新聞ダイジェスト

スタートトゥデイ傘下の「ZOZOUSED」が好調な理由は? クラウンジュエル社長に聞く

スタートトゥデイ100%子会社のクラウンジュエルは、ファッションECサイト「ゾゾタウン」内で展開するブランド古着専門店「ゾゾユーズド」が高成長を続けています。その理由は?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ECサイトのセキュリティと使いやすさはどう両立する? Amazonら米国大手EC企業の例

強固なセキュリティと使いやすいECサイトを設計する際、セキュリティと使い勝手のバランスを取るのは、EC事業者にとって難しい課題。米国の大手小売事業者が採用している対策は?

通販新聞ダイジェスト

アマゾンに対抗できる? セブン・アスクル連合のEC協業策――物流・集客スキームは?

セブン&アイ・ホールディングス(7&i)とアスクルが協業して11月にスタートする生鮮品EC事業「IYフレッシュ」。その協業スキームなどについて解説。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!