現在地

業界動向

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのホールフーズ買収とリアル店舗を攻める理由【米大手EC専門誌が解説】

Amazon(アマゾン)が高級食品販売チェーンのWhole Foods Market Inc.,(ホールフーズ・マーケット)を137億ドルで買収すると発表。その狙いとは? 米国EC大手専門誌が解説。

単発記事

千趣会も驚いたLINEの集客効果とは? 担当者が語る「LINEショッピング」活用ポイント

「LINEショッピング」のテスト運用を2月に始めた千趣会(運用サイトはベルメゾンネット)。3か月強の運用成果を踏まえ、「LINEショッピング」の活用方法などを聞きました。

単発記事

LINEのECサービス「LINEショッピング」は自社サイトの集客UPに役立つ? 出店方法は?

6800万人超が利用する「LINE」はECサイトの新たな集客手段となるのか。「LINEショッピング」の仕組み、テスト期間における利用企業の成果、利用方法などを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【プライム会員分析】アマゾンユーザーの購買行動から学ぶ自社ECサイトの顧客作り

Amazonのプライム会員は、アマゾン以外の小売事業者が運営するアプリやECサイトも使用し、多くの時間を費やしています。この会員を自社のECサイト顧客にするにはどうしたらいいのでしょうか?

通販新聞ダイジェスト

カタログ通販ひとり勝ちベルーナも送料値上げ。運賃増は「売上増とコスト削減でカバー」

ヤマト運輸の運賃値上げがある秋頃から、送料を100円前後値上げする予定。なお、送料無料となる購入額(1回の注文額が税別5000円以上の場合)は据え置く見通し

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

デジタル化は買い物行動と小売業のビジネスをどのように変えるのか?【米国最新事例】

米国のEC業界では「いかにして上質な顧客体験を提供するか」が課題となっています。“顧客との強いエンゲージメント”を生み出すために現地企業が行っている施策とは。

インスタグラム利用者の約1割が「投稿された商品を購入」

インターネット調査を手掛けるマイボイスコムがこのほど実施した「Instagramの利用に関するアンケート調査」によると、インスタグラム利用者の約1割がタイムライン上で見た商品やサービスを購入・利用していることがわかった。

通販新聞ダイジェスト

バロックジャパンのEC強化策――マーケットプレイス化やプラットフォーム化戦略とは?

バロックジャパンリミテッドはEC事業に本腰を入れる方針。2017年1月期のEC売上高74億4500万円に対し、2021年1月期はほぼ倍となる160億円規模を計画。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

アマゾンvsグーグルなど食品ECの即時配達サービスの市場が拡大する米国市場のいま

2016年に530億ドルだった食品関連のEC市場は2022年に拡大すると予測されている米国の食品EC市場。Googleも参入し、Amazon対Googleによる即日配送サービス競争が始まっています。その最新情報をご紹介。

最も利用されているフリマアプリは? 「メルカリ」が利用率94%で他を圧倒

インターネット調査会社のマクロミルがこのほど実施したフリマアプリの利用実態調査によると、フリマアプリの利用経験があるのは約2割で、サービスごとの利用率では“メルカリ一強”だった。

単発記事

メルカリとヤッホーブルーイングの社長が語る「強い組織を作る“バリュー”の重要性」

フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリの小泉文明社長兼COO、「よなよなエール」で知られるクラフトビール最大手のヤッホーブルーイング井手直行社長が語る、強い組織を作る“バリュー”経営の重要性とは?

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

中国向けECはすでにレッドオーシャン? 韓国ロッテのTmall撤退から見える進出企業の課題

中国内の越境ECに詳しい関係者は「中国に進出した海外の小売企業は、ECサイトと実店舗へ自然に消費者が来店するとは限らないことを認識しなければならない」と指摘します。それはなぜか?

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

イケア(IKEA)のネット通販本格参入で家具・インテリアEC市場はどう変わる?

洗練された北欧デザイン家具を低価格で提供する「イケア」(IKEA)が通販参入。家具・インテリア領域における国内の主要ECプレイヤーの現状を、データからまとめました。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

ECは最新テクノロジーでどう変わる? 決済、AI、リアル戦略など米国ECの今とこれから

ECテクノロジーやマーケティングは日本の先を行くと言われる米国のネット通販市場。AI(人工知能)、会話型EC、EC決済など、米国ECの最新トレンドなどを紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンが小売業界を制する日がやって来る……小売り企業が対抗する方法は?

アマゾンは過去20年、小売業界に身を置く企業の顧客や体力を少しずつ奪っていきました。最後の一撃はすぐそこにまで迫っています。

再配達問題を考えよう! わが社の再配達削減策

再配達はどう減らす? 楽天が始める出店者への特別運賃・多様な受取方法の施策とは

「再配達削減」に向けた取り組みで日本郵便との提携を強化すると発表した楽天。ECプラットフォームとして初めて「再配達削減策」に乗り出すその内容は?

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

VRやARで買い物行動はどう変わる? 米国の通販&小売の最新事例【Shoptalkレポート】

VR、AR……日本のIT業界で話題になっている最新テクノロジーは、米国のEC業界ではどのように活用されているのか。今回はそんな情報をレポートします。

通販新聞ダイジェスト

“顧客視点”の配送サービスで付加価値、再配達削減に向けた事業者の取り組み

再配達削減につながり、かつ顧客視点に立った商品の受け取り方法はどう提供すればいいのか? 楽天と日本郵便のタッグ、アスクル、ファンケルの取り組みを紹介。

単発記事

アマゾンが「Amazonフレッシュ」を開始、最短4時間で生鮮食品を届ける仕組みを解説

アマゾンジャパンが生鮮食品などを注文から最短4時間で配送する「Amazon フレッシュ(アマゾンフレッシュ)」をスタート。そのサービス内容や仕組みなどを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

カゴ落ち率84%のモバイルECでコンバージョン率を確実に伸ばす4つの方法

商品をモバイル経由でカートに入れた場合、たった16%しか購入に至りません。どうすればEC事業者はモバイル経由のコンバージョン率を高めることができるのでしょうか?

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

2021年、世界の小売りはどうなっている? 変わる消費者に対応する企業の投資戦略とは

消費者行動の変化、技術進歩が著しい中、小売企業は変わりつつあります。IoT、機械学習、コグニティブコンピューティング、自動化への投資によって小売企業は変貌を遂げようとしています。

通販新聞ダイジェスト

ファーストリテイリングは消費行動の変化にどう対応する? 新オムニチャネル戦略の全貌

ファーストリテイリングが、実店舗販売を軸とした「製造小売業」からITツールなどを活用した「情報製造小売業」への転換をめざす新戦略の全貌とは?

単発記事

熊本地震から1年、ECは何ができるのか? 支援を継続する企業&キャンペーンまとめ

熊本地震から1年。さまざまなサイトで熊本・九州を応援するキャンペーンが実施されています。商品購入参加できるキャンペーンと、企業による熊本支援の取り組みをまとめました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンはファッションジャンルも制するのか? オリジナルブランドの衣類が好調なワケ

米国のアマゾンが2016年から始めたオリジナルのファッションブランドの売れ行きが好調のようです。その要因は?

顧客満足度で「ヨドバシ.com」が3位、顧客を失望させないECサイトは「ファンケル」

公益財団法人日本生産性本部が「2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)」を発表。顧客満足度で「ヨドバシ.com」が3位、消費者が失望しないブランドで「FANCL online」が1位だった。

通販新聞ダイジェスト

アマゾンがBtoBのネット通販に本格参入? 今秋にも日本版アマゾン・ビジネスを展開か

アマゾンジャパンは今秋にも、企業のオフィスや工場、病院などで使用される各種の消耗品や商材などを販売する法人向けの専用通販サイトを新設するようです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

配送で最も重要視するのは送料無料? それともスピード配達? [米国2815人の調査]

2815人の消費者を対象に行った米国でのユーザー調査によると、大多数の消費者が送料無料なら配送が遅くても構わないと回答しました。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

【中国EC】WeChatでマーケティングを成功させるための5つのポイント

中国でマーケティングにSNSを活用するブランドが増加。特にWeChatの公式アカウント開設が増えており、ネット通販活用の事例が出てきています。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンの「グローバルストア」計画とは? 越境ECの言語・物流・価格の壁がなくなる日

中国のEC専門誌「ebrun」によると、アマゾンは消費者が全世界の商品を簡単に購入できる「グローバルストア」を開店させる予定だと報じています。

中国EC市場がよくわかるアリババ提供の最新情報(Alizilaからの耳より公式情報)

【中国ECの裏側】アリババのビッグデータを活用した偽造・模造品対策とは

アリババがビッグデータを活用し、知的財産保護およびその執行に貢献しています。その取り組みを解説。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!