現在地

業界動向

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンが出品者の商品を割引販売する新プログラムの詳細と米国での反響は?

Amazon(アマゾン)は「Discount Provided by Amazon」(アマゾンが提供する割引)という名前の新しい割引プログラムをスタートしました。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

「そんなにつらい思いをしてまでマーケティングをして、誰が幸せになるの?」【ネッ担まとめ】

成功事例、売れるテクニック、新しいツールなどなど、気になることは多くても、「それで誰が幸せになるのか?」と聞かれると即答できない人が多いのではないでしょうか?

ヤフーの検索ニーズから学ぶ「トレンド研究所」

検索ワードから見る年末年始の最新トレンド&傾向。今年は「クリぼっち」増加で変化が

年末年始は大切な商戦期。Yahoo! JAPANの検索を経由してEC各社サイトに流入した「検索ワードのランキング」と、年末年始に見えてきた「おひとりさま」ニーズを紹介します。

通販新聞ダイジェスト

自社EC売上が44%増の137億円のベイクルーズ、伸びている理由は? 物流問題の影響は?

ベイクルーズの前期(2017年8月期)におけるEC事業は前期比27%増の275億円。店舗とECを融合させるオムニチャネル化の推進が成長を後押ししているそうです。

店舗の販売員を起点に衣類をネット通販、アパレルブランドのパル流オムニ施策

アパレルブランドを国内900店舗以上で展開するパルはこのほど、店頭の販売員がファッションコーディネートの写真をECサイトやSNSに投稿し、ネット通販を促進する取り組みを開始した。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonがリアル店にこだわる理由── ウォルマートを追うアマゾンのスゴい実店舗戦略

アマゾンはEC業界を牽引するだけでなく、スーパーマーケット業界やWebサービス業界まで、あらゆるビジネスに影響を与え、多くの現金を生み出しています。そのアマゾンの店舗活用戦略を解説します。

モバイルEC時代はサイトの表示速度が重要? 「aishipR」が導入企業にCDNを無料提供

レスポンシブECサイト構築ASP「aishipR」の開発・販売を手がけるロックウェーブは12月6日から、「aishipR」で構築したECサイトに向けて、CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)を無料で利用できる「常時CDNサービス」の提供を始める。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

「即時現金化」は戦国時代へ。「CASH」vs「メルカリNOW」勝つのはどっち?【ネッ担まとめ】

「CASH」の独走かと思われていた即時買取に「メルカリ」も参入しました。ヤフオク!などの動きも気になりますが、当面はこの2つのサービスに注目です。

通販新聞ダイジェスト

定期購入ビジネスは知らないとヤバイ、特商法の施行規則[EC・カタログ・TVが対象]

消費者庁は、定期購入の内容を明確化することや、申し込みの最終段階で確認し内容を訂正できる機会を用意するよう求めた特商法の施行規則を12月1日に施行しました。その注意点は?

「メルカリチャンネル」を法人向けに開放、EC企業などの参加申し込みをスタート

メルカリは12月1日、ライブ配信機能「メルカリチャンネル」を法人向けに開放する。メーカーやネット通販企業がアプリ内のライブ配信機能を活用し、商品販売を行えるようにする。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ジェフ・ベゾス氏、ジャック・マー氏、ビル・ゲイツ氏が注目する物流テクノロジー業界の今

ネット通販企業の成長には、テクノロジーを活用して物流の細部まで管理することが求められていきます。つまり、物流テクノロジーの活用が重要となるのです。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

身長200cm、体重180kgまで対応。しかも無料! ゾゾっとくるほどスゴい「ZOZOSUIT」【ネッ担まとめ】

アパレルEC積年の課題「サイズ問題」に急展開! ZOZOTOWNが採寸用の服「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」の無料配布を開始しました。

通販新聞ダイジェスト

「ポンパレモール」で売上を伸ばす方法は? リクルートが仕掛ける店舗の集客UP3事例

リクルートライフスタイルの「ポンパレモール」では、グループ内の他のサービスと連携したリアルでの販促イベント、独自のメルマガ作成、出店者同士の商品を掛け合わせたコラボレーション販促企画などを展開し、集客アップを図っています。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

モバイル決済比率が90%! 「独身の日」に見る中国のEC事情【ネッ担まとめ】

「独身の日」の取扱高は2.85兆円と、今年もけた違いでした。実はリアルでのプロモーションもちゃんとやっています。国全体のお祭りですね。

PR

あのECサイトはなぜ儲かっている? 人気繁盛店「ozie」の社長が解説する「売れるショップの共通点」

売上を伸ばしたいけど「何をすればいいのかわからない」……こんなことに悩んでいませんか? 重要なのは「買いやすいサイト」作り。そのためにはどんなことをやればいいのでしょうか?

通販新聞ダイジェスト

オムニチャネルの成功には何が必要? 奥谷氏講演、小売の事例にみる今後のオムニ戦略

有店舗小売企業にとって、ネット販売と実店舗とのスムーズな連携は喫緊の課題。今回は、新たな取り組みに乗り出したヒマラヤ、ジンズの事例、オイシックスドット大地の奥谷孝司COCOの講演内容を紹介します。

単発記事

中国大手2サイトで5兆円を売った「独身の日」。JD.comの取扱高が3倍に増えた理由

ネット通販の買い物の祭典「独身の日」(W11、ダブルイレブン)が行われた中国で、アリババグループとJD.comの取扱高は2社合計で2953億元(5兆201億円、1元17円換算)。特にJDの躍進が著しく、取扱高は前年比3倍に拡大。その急成長の理由は?

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

再配達レッドゾーンを攻略せよ! 京都で集合住宅用宅配ボックスの実証実験を開始【ネッ担まとめ】

パナソニックが単身者の多いエリアで宅配ボックスの実証実験を開始します。舞台は日本一学生が多いと言われる京都。さてどうなるでしょうか?

通販新聞ダイジェスト

大手小売のEC連動施策――ユニクロ、イケア、ジーユー、青山商事の4事例

大手小売企業が最新のデジタルツールの導入や店頭からでもネット注文しやすい接客対応を整備し、顧客に手間や不便を感じさせずにネット誘導することに取り組んでいます。

1日で2.8兆円を売り上げたアリババ「独身の日」、楽天の年間国内EC流通額に迫る取扱高

ネット通販の買い物の祭典「独身の日」(W11、ダブルイレブン)が行われていた中国で、中国EC最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)の取扱高(GMV)が11月11日に記録した取扱高は、過去最高となる1682億元(日本円で約2兆8594億円、1元17円換算)となった。

単発記事

無人配送も始まった中国EC市場、日本よりも先を行くJD.comのラストワンマイル戦略

JD.com(京東商城)は稼いだ資金をフルフィルメントやR&D(研究開発)などに投じ、急成長を遂げている。JD.comが近年取り組んでいるラストワンマイルの“省人化”“無人化”への取り組みを取材した。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

送料値上げ時代にZOZOTOWN、バリューブックス、ECコンサルがやっていること【ネッ担まとめ】

送料が上がるのは世の流れなので何ともなりません。その流れに会社全体の意識を合わせることで、勝ち抜くためのヒントが見つかりそうです。

通販新聞ダイジェスト

良品計画が2月までにサイトを刷新――クリック3回で購入できる導線の実現などを検討

良品計画は11月から来年2月にかけて、段階的に通販サイトの「無印良品ネットストア」とスマートフォンアプリの「MUJI passport(ムジ・パスポート)」のリニューアルを行う。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!