人材・教育

強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座

EC事業の課題「新規顧客の集客」を解決するには? 「選んでくれた理由」「知ってくれた理由」の現状把握から集客戦略の見直しを

EC事業の内製化を目標に、ECマーケティングに関連するテーマを設定し、判断をするための考え方を解説します【連載5回目】
石田 麻琴[執筆]5/15 7:00450
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

イケアが3万人超のスタッフにAI研修をする理由は? 新たなイノベーションの創出、優秀な人材を獲得する取り組み

従業員にAIのトレーニングを計画しているIKEAの狙いとは。IKEAによるこれまでのAI活用の変遷とともに解説します
Digital Commerce 360[転載元]5/9 8:00130
通販新聞ダイジェスト

「選考段階から面談」「両親を見学会に招待」する最新の通販・EC企業の採用活動。自社に適した人材を獲得する工夫とは?

通販各社の新卒採用にあたって、選考や、内定者のフォローをどのように行っているのか。各社の取り組みをまとめる【第2回】
通販新聞[転載元]4/23 8:30110
強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座

ECサイトのアクセス数アップのポイントは、自社にとって「エンゲージメント」が高いユーザーを意識すること

EC事業の内製化を目標に、ECマーケティングに関連するテーマを設定し、判断をするための考え方を解説します【連載4回目】
石田 麻琴[執筆]4/10 8:00530

元競泳日本代表、調理師学校卒、EC業界10年のガチ勢など多様な人材が働くECの現場の裏側【ハックルベリー安藤社長+社員に聞く】

「Shopify」向けアプリ開発の実績に優れるハックルベリー。EC業界の人材が「成長できる」「働きやすい」環境が整っており、さまざまなバックボーンを持つ人材が成長しているという。現役社員が自社の魅力を語る
キヨハラサトル[執筆], 吉田 浩章[撮影]3/11 8:0061100Sponsored
強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座

コンバージョン率が高い=良いECサイト? CVRを評価するときの注意点とは

EC事業の内製化を目標に、ECマーケティングに関連するテーマを設定し、判断をするための考え方を解説します【連載3回目】
石田 麻琴[執筆]3/11 7:00141

ECの構築から運用まで「全体を考えられる制作担当者」が活躍するコマースメディア。専門スキル+運営知識をアップしている転職者に職場環境を聞いてみた

EC運営の知識やスキル、内部のサイト制作技術まで幅広く身に付けたいEC担当者は必見。EC総合支援のコマースメディア・制作部に転職した3人に、習得したスキルや目標について取材しました
朝比美帆[執筆], 吉田 浩章[撮影]2/29 8:002110Sponsored
強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座

客単価が2倍=売り上げも2倍!はウソ? 事例に学ぶ売上の公式の「真実」とは

EC事業の内製化を目標に、ECマーケティングに関連するテーマを設定し、判断をするための考え方を解説します【連載2回目】
石田 麻琴[執筆]2/7 7:001150

日本一のダイレクトマーケティング組織へ! 組織拡大の壁を乗り越えたI-neの人材育成プログラムを解説

独自のプログラムでD2C経営者の育成を推進するI-ne。人気ブランド「BOTANIST(ボタニスト)」「YOLU(ヨル)」などのマーケティングに携わってきた執行役員の伊藤翔哉氏がダイレクトマーケター育成の仕組みを講演
則武 卓磨[執筆]1/22 8:00150
強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座

ECのマーケティングとは? 「売り上げを伸ばす」ってどういうこと? EC事業の内製化に大切なポイントを解説!

EC事業の内製化を目標に、ECマーケティングに関連するテーマを設定し、判断をするための考え方を解説します【連載1回目】
石田 麻琴[執筆]1/15 7:001550
みんなのCRMアカデミー byライフェックス

顧客ロイヤリティ向上に重要な同梱物。どんなものを入れたら良い? どんな効果がある?

顧客満足度やリピート率向上にもつながる同梱物。その役割や具体的な活用法などを解説します【連載4回目】
ライフェックス みんなのCRMアカデミー[執筆], 江森 清文[執筆]2023/12/26 7:00160
「ボタニスト」のI-neが挑む、D2C人材育成戦略の全ぼう

「ボタニスト」のI-neが明かす人材育成ノウハウ。教育を受けたスタッフ2人が話す“マーケター思考”が身に付く仕組みとは?

I-neが社内で注力している人材育成の施策を聞く連載の最終回。実際に人材育成プログラムを受講している社員2人に手応えや取り組み、さらなる飛躍に向けた今後の構想を聞く
高野 真維[執筆]2023/10/30 8:0012660
通販新聞ダイジェスト

NGO団体がグーグル、アマゾンジャパンら大手事業者の人権対応を問題視した理由とは

NGO団体のヒューマンライツ・ナウは、ヤフーやアマゾンなど国内インターネット関連6社に対し、人権問題について質問状を送付。記事では各社の反応などをまとめた
通販新聞[転載元]2023/10/19 8:00110
みんなのCRMアカデミー byライフェックス

新規顧客獲得に依存しない! リピート顧客育成に必要なCRM戦略のポイントを解説

顧客との関係を強固にし、利益を最大化するための「王道のCRM4施策」について解説します【連載3回目】
ライフェックス みんなのCRMアカデミー[執筆], 江森 清文[執筆], 大元 由実子[執筆]2023/10/18 8:00160

転職者が「ECの知見が高まる」「成長できる」「働きやすい」と話す会社はどんな職場ですか? コマースメディアのコンサルタントに聞いてみた【探訪記】

EC事業、EC支援事業を手がけるコマースメディアに転職した社員4人に、自身の成長や職場環境をどう捉えているのか? また、コマースメディアに適した人材像について取材しました
朝比美帆[執筆], 吉田 浩章[撮影]2023/10/10 8:0047150Sponsored
通販新聞ダイジェスト

DHC創業者の吉田氏が設立の通販会社「大和心」が会報誌創刊。ターゲットは40代女性+編集部員を新たに募集

DHC創業者の吉田嘉明氏が設立した新会社・大和心は、40代女性向け会報誌の創刊に向けた人材募集を新たに実施。ECと会報誌の両軸で通販事業を展開すると見られる
通販新聞[転載元]2023/9/21 7:00351

EC業界で「成長」「活躍」「スキルアップ」できる人物とは? 転職者+担当者が語る現場の実態【コマースメディアの例】

成長と活躍の場を求めてコマースメディアに転職した社員、社内教育の担当者に、ECの現場での働き方、コマースメディアの教育制度などについて取材した
朝比美帆[執筆], 吉田 浩章[撮影]2023/9/19 8:00165140Sponsored
通販新聞ダイジェスト

元DHC会長吉田氏の新通販会社「大和心」で数百人規模の人材募集。Webデザイナー、オペレーターなど12職種で

吉田氏の設立した通販会社「大和心」は、新物流拠点の完成が2023年9月と間近に迫っている。新事業開始に向けた人材募集の詳細とは
通販新聞[転載元]2023/8/24 7:307120
みんなのCRMアカデミー byライフェックス

「リピート客」を生むためのCRM、ちゃんと理解していますか? 顧客を管理する9つのセグメント、KPI設定のコツを解説

EC・通販事業運用で重要なCRM。その定義や押さえるべきポイントについて解説します【連載2回目】
ライフェックス みんなのCRMアカデミー[執筆], 江森 清文[執筆], 大元 由実子[執筆]2023/7/10 8:003150
強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座

売上アップに直結する「EC運用力」の向上に必要な13ポイント。SNS活用、ページ作り、CVR、客単価、バックオフィスの視点で解説

EC運用力を高めるために必要な「SNS活用」「ページ作り」「客単価対策」「CVR対策」「バックオフィス」について13個のポイントを解説
石田 麻琴[執筆]2023/6/20 8:00861
強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座

「EC運用力」が身につく10のポイントとは? 発売日のスケジューリング、商品の縦・横展開、ページのABテストなどは押さえるべし!

EC運用力を高めるために必要な「販売スケジュールづくり」「商品企画」「集客・認知拡大・広告活用」について10個のポイントを解説
石田 麻琴[執筆]2023/5/30 8:00870
みんなのCRMアカデミー byライフェックス

CRMのプロを自社で育成すべき理由とは? 消費行動や市場の変化、ロイヤルカスタマーの育成とCRM施策の基礎を解説

EC通販事業で必要なことはCRMのプロ育成とロイヤルカスタマーの獲得。その重要性や成功のポイントについて解説します【連載1回目】
ライフェックス みんなのCRMアカデミー[執筆], 江森 清文[執筆], 大元 由実子[執筆]2023/5/22 8:001140
「ボタニスト」のI-neが挑む、D2C人材育成戦略の全ぼう

売上1000億円めざすI-ne流“人材育成術”。優秀なダイレクトマーケターを育てるための組織作り&陥りやすい“落とし穴”とは

I-neが社内で注力している人材育成の取り組みを聞く連載の第3回。企業が人材育成で陥りやすい落とし穴や、I-neならではの組織作り、マーケティングの強みを解説する
高野 真維[執筆]2023/5/17 8:00450
強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座

なぜその商品・店舗が選ばれるのか? EC事業改善に役立つ市場調査とユーザーレビューの確認ポイントとは

EC人材力向上に必要な「市場調査・競合調査」「情報収集」について5つのポイントを解説
石田 麻琴[執筆]2023/4/12 8:002481
強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座

EC事業の成長にはデジタルを活用したマーケティング力が必要。EC人材力向上の7つのポイントとは?

EC人材力向上に必要な「データ分析」「データ活用」について7つのポイントを解説
石田 麻琴[執筆]2023/4/5 8:001960

ジャパネットが定年後再雇用制度を刷新。65歳までは週休3日で給与は正社員の9割、70歳までは週休4日の給与7割

仕事以外の時間を充実するために週休数を段階的に増加、急な収入源に陥らない給与設計にしたとしている
瀧川 正実2023/4/3 9:302160
強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座

EC事業成長のカギは組織の「運営力」。「EC組織力」向上させる6つのポイントとは?

EC事業者における組織や人材の「運営力」をアップする6つのポイントを紹介
石田 麻琴[執筆]2023/3/15 8:00872
通販新聞ダイジェスト

【2023年新卒採用】通販・ECは「売り手市場」。オンライン選考が定着、課題は“志望度見えにくい”

主要通販各社の2023年新卒採用は前年に続き売り手市場が続いている。オンライン選考が定着しつつある中、企業側では「学生の志望度が見えにくい」といった課題もあがっている
通販新聞[転載元]2023/3/14 7:00140
「ECタイムズ」ダイジェスト

元・桃源郷社長の武田和也氏が語る! ECの“売上をアップさせる”チームの作り方とは?

かつて楽天の黎明期にその名を馳せたECショップ・桃源郷。元社長・武田和也氏に、ECの売り上げを向上させるチームづくりのポイントを聞いた
ECタイムズ[転載元]2023/1/30 7:001110
EC責任者になるための仕事術

ECの知見を求人募集に活用したら、広告費をかけずに良い人材を獲得&離職率の減少を実現した経験談

神戸の洋菓子店のEC責任者として活躍した中林慎太郎氏が、採用広告に携わった経験を元に、ECマーケティングの知見を活用した「中小企業の人材採用」のヒントをお伝えします
中林慎太郎[執筆]2022/10/19 8:0011691

スタッフがきちんと評価される文化を作る――“ネクスト”オンライン接客「スタッフコマース」を実現するために必要なこととは?

利用スタッフ10万人、導入ブランド数1700を突破したスタッフのDXアプリケーションサービス「STAFF START」。サービスを通じて「スタッフがきちんと評価される文化作り」を実現するため、バニッシュ・スタンダードは何に取り組むのか?
藤田遥[執筆]2022/8/31 7:00730
EC責任者になるための仕事術

ECのスキル・経験・知見ゼロから責任者になった僕が「支援企業からの営業電話」を学びの機会にした経験談

EC支援企業の営業さんは、サービスを契約してもらうために最新の知識や武器を持ち合わせています。EC事業者側は、営業電話を通じて利点と欠点をキチンとヒアリングしたりしながら、どんどん知識を吸収し経験を積む場として活用してください
中林慎太郎2022/6/3 7:00445120

Twitterフォロワー獲得が4倍、エンゲージメント率3倍に!専門人材不足の課題を解決した化粧品EC会社のSNS活用事例

SNS運用で難しいのはリソースの確保。特に地方では大きな課題になっている。外部人材を活用することでSNSのフォロワー数、エンゲージメント率ともに大幅にアップした事例を紹介する。
志賀友樹(しが ゆうき)2022/4/25 8:00290

休業した労働者が生活資金を直接申請できる「休業支援金」、2022年6月まで原則的な措置の助成額8265円を延長

2022年1月から3月末まで助成額上限を8265円としていた。それを6月まで延長する
瀧川 正実2022/3/8 7:008150

「雇用調整助成金」の特例措置は6月まで延長。上限助成額は9000円、助成率は中小企業9/10、大企業3/4

7月以降については、「経済財政運営と改革の基本方針2021」に沿って、雇用情勢を見極めながら助成内容を検討、2022年5月末までに公表する
瀧川 正実2022/3/2 11:003050

休業した労働者が生活資金を直接申請できる「休業支援金」、2022年1月から原則的な措置の助成額は8265円に縮小

縮小する申請対象休業期間は2022年1月から3月末まで。現行の原則的な措置の助成額上限は9900円。これを8265円に縮小する
瀧川 正実2021/11/26 9:001570

「雇用調整助成金」の特例措置は2022年に縮小へ。上限助成額1-2月は1.1万円、3月は9000円に

4月以降については、「経済財政運営と改革の基本方針2021」に沿って、雇用情勢を見極めながら助成内容を検討、2022年2月末までに公表するとしている
瀧川 正実2021/11/24 9:001120
強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座

Eコマース業務で押さえておきたい「3+1から考える集客」「商品企画の鉄則と実践方法」

売れる商品はどうすれば開発できるのか。ECにおける「マーケティング」とは、売れる商品を作ること(連載第17回)
石田 麻琴2021/11/4 7:00442
強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座

実践から組織と人材をつくる! Eコマースの「戦略づくり」「業務づくり」のポイント

EC事業は「立ち位置を決め、見つけて、育てて、広げる」の4ステップで成長させよう。(連載第16回)
石田 麻琴2021/10/26 7:002160

休業した労働者が生活資金を直接申請できる「休業支援金」、2022年3月まで延長

「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」(休業支援金)の申請対象期間はこれまで、11月末までだった。これを2022年3月末まで延長する
瀧川 正実2021/10/21 11:0014140

「雇用調整助成金」の特例措置は2022年3月まで延長、厚労省が発表

現行の「雇用調整助成金」特例措置の助成内容は、12月末までとする予定。2022年1月以降の特例措置の内容は11月中に公表するとしている
瀧川 正実2021/10/20 11:00490

休業した労働者が生活資金を直接申請できる「休業支援金」の対象期間を11月まで延長

「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」(休業支援金)の申請対象期間はこれまで、9月末までだった。これを11月末まで延長する
瀧川 正実2021/9/27 11:001060

DX人材はどう育てる? アスクルが始めた人材育成の独自研修プログラム「ASKUL DX ACADEMY」とは

「アスクルDXアカデミー」は、データやテクノロジーを使いこなせる人材を育成するカリキュラム
石居 岳2021/9/8 9:00542

休業した労働者が生活資金を直接申請できる「休業支援金」、申請対象期間を11月末まで延長と厚生労働省が公表

9月末までだった「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」(休業支援金)の申請対象期間を、11月末まで延長する
瀧川 正実2021/8/23 11:00220
強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座

ECで売上を伸ばしたい!でもどこから手を付けたらいい? ネット通販がうまくいかない中小企業が知っておくべき6ポイント

EC専業ではない中小企業が、EC事業に本腰を入れ売り上げを伸ばしていくための6つのポイントを紹介
石田 麻琴2021/7/1 7:007100

700サイト以上が導入したクラウドコマースプラットフォーム「ebisumart」とは? 取締役CMOが語るクラウドのメリットと支持される理由

BtoCに加え、BtoBにも対応できるクラウドコマースプラットフォーム「ebisumart」。クライアント企業から支持を得る3つの理由、強みなどをインターファクトリーの取締役CMO・三石祐輔氏が語る
朝比美帆2021/5/31 8:00641Sponsored

「雇用調整助成金」の特例措置、緊急事態宣言の対象地域は6月末まで延長

現在、東京都、大阪府、京都府、兵庫県の4都府県に「緊急事態宣言」を発令中。営業時間の短縮協力を求めるなど「雇用調整助成金」の一部内容を変更、4都府県を対象に特例措置を6月末まで延長する
瀧川 正実2021/5/6 9:00212270

「雇用調整助成金」特例措置の縮減は5月から。助成額上限は1万3500円、助成率は9/10に。7月以降はさらに縮減する方針

3月に緊急事態宣言が解除された場合、解雇などをせずに雇用を維持している中小企業の休業および教育訓練に対する助成率10/10、大企業は3/4の「雇用調整助成金」特例措置は4月までとする
瀧川 正実2021/2/15 12:00181250

【社長インタビュー】流通額2.8倍、1100億円突破の「STAFF START」。デジタル×販売員の力でめざす「カリスマ店員新時代」とは

年間流通総額1100億円を突破した「STAFF START」。「販売スタッフがもっと正当に評価される」社会にするため、2021年に何を仕掛けるのか? 小野里寧晃代表取締役に話を聞いた
公文 紫都2021/2/15 8:00317171
強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座

売上アップのヒントは「自社の中にある」。業績拡大や人材育成に直結するデータの分析と活用のコツ

データを活用すると、「事業と人の成長」につながる理由をご紹介します
石田 麻琴2021/2/1 10:00510

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]