現在地

解説記事

単発記事

DHC、東急ハンズ、トリンプなど大手も使う中国向けECモール「ワンドウ」とは

Inagora(インアゴーラ)が提供する中国向け越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」にディーエイチシー(DHC)、東急ハンズ、トリンプ・インターナショナル・ジャパンなど大手も出店しています。その理由は?

週間人気記事ランキング

今こそ考えたい「物流問題」にヤフコメが殺到!※当社比 【ネッ担アクセスランキング】

物流問題を扱った編集長コラムに、ネッ担でかつてないほどのヤフコメが集中しました。私たちの暮らしに欠かせない物流。物流業界からの悲鳴は人ごとではありません。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

「Amazonプライムの価値をより高める」アマゾン幹部らが語る会員向けカードの詳細

Amazonプライムの会員向けカードは、アマゾンの買い物で5%、レストランやガソリンスタンド、ドラッグストアでの利用で2%、その他の買い物で1%のキャッシュバックが行われます。

単発記事

中国ECでマタニティ商材が売れるワケ。「二人っ子政策」への転換が日本企業に追い風

2018年には7兆960億元(日本円で約113兆円)にまで拡大するとされる中国EC市場。その成長をけん引するのがマタニティ市場と言われ、海外製品を求める親の海外製品ニーズが高まっている。

いつも.ECコンサルタントが明かす売り上げアップにつながるEC最新情報

楽天市場店をうまく運営するために絶対に抑えておきたい「楽天スーパーDEAL」の活用法

ポイント還元を50%にまで設定できる楽天スーパーDEALは、出来る限り商品を設定しておくことで、競合と圧倒的な差を産むことが可能なオススメ枠です。実際の効果を事例を交えてご紹介!

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

AIはすべてのデバイスに入り込んでいく─ シリコンバレーの専門家が語る「これから5年以内に起きること」

AIが普及するとどうなるのか? 買う側は自然に対応するので、売る側の対応を考えましょう。

PR

ECの売上アップを、知識ゼロ・手間暇ゼロ・無料でなんてできるはずない……え? あるの!?

広告費なし! 手間なし! ECサイト特化AIでコンバージョン率を高速改善するWeb接客とは? ―― 自社ECサイトをひとりで運営・管理しているが、とにかく忙しくて改善策を考えられない、そんなあなたでもコンバージョン率や売り上げ単価を向上できるWeb接客があった!

いつも.ECコンサルタントが明かす売り上げアップにつながるEC最新情報

効果的なランディングページを作成するために押さえておくべき7つのポイント

せっかくコストをかけて集客したのにLPの鉄則を知らなかったがためにコンバージョンに繋がらなかったのでは勿体無い!コンサルタントが教えるLP7つの鉄則をご紹介!

アフィリエイトの効果が出ていないEC事業者のためのアフィリエイト再入門講座

アフィリエイター向けキャンペーンはいつ、何をする? キャンペーンの年間計画を立てよう

年の始めにキャンペーンの年間計画を決めてみてはいかがでしょうか? 年間の販売件数からスケジュールを立てる方法と、ASPの「季節特集」の活用についてお伝えします。

週間人気記事ランキング

EC上位300社の合計売上高は6.2兆円。過半数が増収【新年初回のアクセスランキング】

毎年恒例・通販新聞社の「通教売上高ランキング」の記事が注目を集めました。過半数が増収という景気の良い結果でしたが、新年早々カード情報漏えいのニュースもランクインしています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

AIなど最新テクノロジーはネット通販をどう変えるのか? 米のIoT専門家が語るECの未来

AI(人口知能)、IoT(モノのインターネット)はネット通販をどのように変えるのだろうか? “インターネット・オブ・エブリシング(IoE)”という言葉の産みの親である米国の専門家へのインタビュー。

通販新聞ダイジェスト

潜在顧客にどうアプローチする? 新規客が急増したファンケル化粧品の商品価値の伝え方

ファンケル化粧品が販売する「アクティブコンディショニングEX」の売り上げは前年比2ケタに近い伸長率で推移。新規獲得顧客は計画比2ケタ増で伸びています。そのワケは?

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

2017年はどうなる? ネットショップ、SEO、広告マーケティング業界予測【ネッ担まとめ】

2017年になって早くも1週間が過ぎてしまいました。ようやく仕事モードになってきた人も多いと思うので、2016年の振り返り記事と2017年の予測記事を読んでおきましょう。

いつも.ECコンサルタントが明かす売り上げアップにつながるEC最新情報

楽天市場のスマホで売り上げを伸ばしているサイトは「ハンバーガメニュー」をうまく使っている

スマホサイトについているハンバーガーメニューは、これまで「どうせクリックされない」と思われてきたため、あまり力を入れていない事業者が意外と多いのですが、最近ではその常識も古くなりつつあります!

ある日突然、上司に「LINE@やって」と言われました。

LINE@で友だち10,000人できるかな!? ─ネッ担のLINEアカウント始動! ……の序章

ひょんなことからネットショップ担当者フォーラムがLINE@に挑戦することになりました。せっかくなので、細かくレポートしていきたいと思います。

通販新聞ダイジェスト

【最新】通販・EC売上ランキングまとめ2017年版~300社の合計売上は約6.2兆円

通販新聞社が2016年12月に実施した「第67回通販.通教売上高ランキング」調査によると、上位300社の合計売上高は6兆2341億円で、15年12月調査時と比べ5.8%増加しました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

やっぱり気になるアマゾンの動向。アメリカのEC関係者が2016年に最も読んだ記事16選

2016年に最も読まれた「インターネットリテイラー」の記事を見てみると、アマゾン関連の記事が上位にランクイン。サービス利用と同時に競合にもなるアマゾンに、米国では注目が集まっています。

ネットショップ担当者フォーラム 2016 セミナーレポート

越境ECの成功のカギは「決済」「不正対策」 80か国のビッグデータからわかる最新トレンド

世界80か国以上で約5,600社に決済ソリューションを提供しているACI Worldwideが、自社のビッグデータや成功事例をもとに、越境ECの決済とセキュリティー対策のポイントを解説。

通販新聞ダイジェスト

送料無料はこのまま続く? スピード配送は? EC市場の今後を10大ニュースから読み解く

今後の市場動向にとって重要なことは? 通販新聞編集部が読者アンケートを行い、「2016年の通販業界10大ニュース」としてランキング化しました。

いつも.ECコンサルタントが明かす売り上げアップにつながるEC最新情報

プロが教えるECサイトにおける写真撮影の必要性とポイント

直接接客を行うことができないECにおいて、写真が伝えることのできる膨大な量の情報はなくてはならない重要なコンテンツです。おさえるべきポイントをおさえてしっかりユーザーにアピールしましょう。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

送料は0円ではない。「送料無料」から「送料は当社負担」へ。【ネッ担まとめ】

ついつい負担に思ってしまう「送料」。でも、自分で買いに行く場合の時間や交通費を考えれば安いものです。もう一度「送料」について考えておきたいです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

[最新の米国EC事情]アメリカ人はECをどう使う? 約5000人が答えた消費者インサイト

シンクタンクのPew Researchが発表したECに関する研究結果によると、ここ10年足らずの間で、米国人がECで買い物をする頻度のほか、買い物方法も様変わりしているそうです。

いつも.ECコンサルタントが明かす売り上げアップにつながるEC最新情報

「Amazonスポンサープロダクト」に今すぐ取り組むべき3つの理由

「Amazonスポンサープロダクト」に、今すぐ取り組むべき3つの理由について、当社のお客様の事例を交えて解説します。

通販新聞ダイジェスト

ついに「アマゾンフレッシュ」が日本参入か 来春に生鮮食品宅配を東京23区でスタート?

アマゾンジャパンが来春にも生鮮食品の配送サービス「アマゾンフレッシュ」を開始する模様。まずはアマゾン側で選んだ約40社の食品販売事業者の食品で展開する模様で今後、品ぞろえを増やしていくようです。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) PayPal Pte. Ltd. ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル