現在地

調査

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アマゾン中国の最新情報+中国の越境EC利用者の消費トレンドと特徴まとめ【2017年】

アマゾン中国が年始に発表した「越境ECトレンドレポート」によると、2016年のトレンドは「越境EC利用の浸透」「若者化」「品質重視」「越境ECに特化した無料国際配送のプライム会員サービスが消費を刺激」だったという。

単発記事

【2016年版】中国人はどの国のECサイトを使う? 何を買う? など越境EC利用状況まとめ

中国のリサーチ会社iResearchによると、2018年に中国人が海外のECサイトなどから商品を購入する越境EC(輸入)小売市場の規模は5260億元(日本円で約8.8兆円)に拡大する見通し。

単発記事

中国ECでマタニティ商材が売れるワケ。「二人っ子政策」への転換が日本企業に追い風

2018年には7兆960億元(日本円で約113兆円)にまで拡大するとされる中国EC市場。その成長をけん引するのがマタニティ市場と言われ、海外製品を求める親の海外製品ニーズが高まっている。

通販新聞ダイジェスト

送料無料はこのまま続く? スピード配送は? EC市場の今後を10大ニュースから読み解く

今後の市場動向にとって重要なことは? 通販新聞編集部が読者アンケートを行い、「2016年の通販業界10大ニュース」としてランキング化しました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

[最新の米国EC事情]アメリカ人はECをどう使う? 約5000人が答えた消費者インサイト

シンクタンクのPew Researchが発表したECに関する研究結果によると、ここ10年足らずの間で、米国人がECで買い物をする頻度のほか、買い物方法も様変わりしているそうです。

通販新聞ダイジェスト

ついに「アマゾンフレッシュ」が日本参入か 来春に生鮮食品宅配を東京23区でスタート?

アマゾンジャパンが来春にも生鮮食品の配送サービス「アマゾンフレッシュ」を開始する模様。まずはアマゾン側で選んだ約40社の食品販売事業者の食品で展開する模様で今後、品ぞろえを増やしていくようです。

中国市場が丸わかり『中国EC市場調査報告書2016』ダイジェスト

5分でわかる中国の新越境EC制度。押さえておくべき重要ポイント【最新版】

中国の新越境EC制度は2018年から本格スタートとなる予定。その新越境EC制度について、あらためて全容などをまとめてみました。

単発記事

楽天の年間流通額を1日で超えた中国の「独身の日」まとめ[EC流通額は約2.7兆円]

ECモール事業者や中国メディアの情報をまとめると、「独身の日」1日で1770億元(日本円で約2兆7441億円)もの買い物が中国のECサイト上で行われたそうです。11月11日の中国EC市場における流通総額、主なトピックなどをまとめました。

調査データまとめ

【通販の都道府県ランキング】最もお金を使う地域は? スマホEC利用率が高いのはどこ?

「年間通販利用額」「スマホでの通販利用率」の全国ランキングをそれぞれを紹介。通販利用者の地域特性を理解することは、エリアマーケティングの検討材料に活用できるはず。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンvs.グーグルショッピングの価格競争。EC事業者は把握すべき価格検索の潮流

価格調査会社360pi社が750品目を対象に価格調査を実施したところ、グーグルショッピングよりもアマゾンで販売している商品価格が安かったのは25%にとどまりました。

通販新聞ダイジェスト

【最新】EC売上ランキングまとめ2016年版~300社の合計売上は約3.2兆円

通販新聞さんの姉妹誌「月刊ネット販売」の調査結果によると、2015年度のネット販売実施企業上位300社の合計売上高は約3兆2522億円で、前年の2兆9380億円から10.7%拡大。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

“モバイルファースト”が成長の鍵、グローバルEC市場で起きている「明と暗」

米国のEC市場では、モバイルコマース市場のシェアを積極的に取りにいっている企業は、モバイル対応に遅れを取っている企業よりも早い成長を遂げています。

通販新聞ダイジェスト

通販・EC実施企業のジャンル別売上ランキングまとめ【最新版】

通販市場でも有力な事業者がひしめく「総合通販」「家電」「家具」「日用品」を販売する上位の通販実施企業の直近の売上高を抜粋したランキング表、それぞれの商材・ジャンルの市場を解説。

通販新聞ダイジェスト

ヨドバシカメラが1000億円に迫るなど、ネット通販企業が躍進【通販売上TOP300調査】

通販新聞社が7月に実施した「通販・通教売上高ランキング調査」によると、上位300社の合計売上高は6兆1845億円で、全般的にECを行う企業の躍進が目立っています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

シェア伸ばすアマゾン、落とすアリババ。数字で見る1.7兆ドルのグローバルEC市場の今

インターネットリテイラー社によると、グローバルEC上位企業のマーケットシェアに大きな変化が見られます。eBayとアリババは自国でのマーケットシェアを落とす一方、JD.comやアマゾンが自国でのシェアを伸ばしています。

白書ダイジェスト

動画広告が本格化。今後はIoT、位置情報、ビッグデータなども広告手法に

動画広告とネイティブ広告が主流化し、ターゲット層への絞り込みもシビアになってきている。今後はIoT、位置情報、ビッグデータなども広告手法に取り入れられていく方向。

ネット通販の買い物行動を調査する「消費行動研究室」

消費者は買い物時にどのチャネルの情報を参考にしているの? 4412人に聞きました

商品ごと年代別で、消費者が商品購入時に参考とする情報に違いはあるのでしょうか。こんなテーマで20代以上の男女4412人にアンケートを実施し、消費行動を探ってみました。

白書ダイジェスト

モバイル広告の最新トレンド─ ユーザーの情報利用体験を阻害しないネイティブ広告が主流に

2016年、スマートフォン広告の市場は4542億円と予測されており、商品別ではディスプレイ広告が検索連動型広告のおよそ2倍に成長している。

ネット通販の買い物行動を調査する「消費行動研究室」

シニアが使いやすいECサイトとは? 「Amazonプライムデー」を使った60代超の感想まとめ

幅広い消費者が利用した「Amazon Prime Day」について、シニア層はどのような感想を持ったのでしょうか? シニア層にとって使いやすい通販サイトとは?

ネット通販の買い物行動を調査する「消費行動研究室」

【速報】「Amazonプライムデー」は使いやすい? 使いにくい? 利用者に早速聞いてみた

「Amazon Prime Day」で買い物をした消費者はどのように感じたのでしょうか? 消費者のホンネから、自社サイト運営の改善のヒントを見つけてください。

消費者の半数超がECモールの大規模セールに参加したことがないことが判明

ジャストシステムが7月7日に公開した「モバイル&ソーシャルメディア月次点調査(2016年6月度)」によると、「楽天スーパーセール」などネット通販の大規模セールを利用しているユーザーは41.2%で、まだ半分以上の消費者はネット通販の大規模セールを利用していない状況にあることが分かった。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

中国向けECは酒類の販売に“商機”あり。ワインなどがオンラインでバカ売れする理由

お酒をたしなむ中国人のうち、90%が店舗で酒類を購入しつつも、オンラインでも55%がワインなどのアルコール飲料を購入しているという調査結果をニールセン社が発表しました。

500億円の購買データから見える通販サイトの消費行動。平日よりも休日にECを利用する

EC向け販促支援のSocket(ソケット)はスマートフォン向けおもてなし販促プラットフォーム「Flipdesk」が蓄積した消費者データから、ユーザーの商品購入行動を分析した。

EC企業の5割が越境ECの参入に前向き。理由は「日本よりも高価格で販売できる」など

イーベイ・ジャパンは4月5日、EC事業者へ越境ECに対する考え方などのアンケートを実施、国内でECを手がけているが越境ECは行っていない事業者のうち、55.6%が越境ECに前向きな考えをもっていることが判明した。

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

「母の日」商戦スタート! 検索ワードからわかる消費者ニーズとユーザー行動

5月といえば「母の日」。最近ではフラワーギフトだけでなく商材ラインナップも広がってきました。昨年の検索データから、ターゲットユーザー像や多様化する消費者ニーズに迫ります。

調査データまとめ

50代が最もネット通販にお金を使う、など2015年のEC利用実態[総務省調査まとめ]

「ネット通販を使う人は右肩上がりで増えている」「ネットショッピングにお金を最も使うのは50歳代」――総務省の家計消費実態把握調査から、2015年の国内ネットショッピング利用の状況をまとめてみました。

「eBay」で最も売れる日本の商品は衣料品。2015年の越境EC取引データを公開

イーベイ・ジャパンは3月7日、オンライン・マーケットプレイス「eBay」における2015年の越境EC取引データを紹介するRPG調インフォグラフィックス「探し出せ!伝説の越境EC成功のカギ」を公開しました。

2万人超の消費者意識などをまとめた「中小EC企業向け2016年EC戦略白書」を発表

PayPal Pte. Ltd.(ペイパル)と一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会(JECCICA、ジェシカ)は3月2日、2万人の消費者と1000社超の中小EC企業を対象にECサイトの利用意識などについて調査した「中小EC企業向け2016年EC戦略白書」を発表した。

単発記事

LINEスタンプを使ったEC関連企業31社のキャラクター戦略

EC事業者がLINEスタンプにどう取り組んでいるのか調査すべく、通販関連企業のLINEスタンプで、2月18日現在使用できるもの(配布終了を含む)についてまとめてみました。意外なあの会社のスタンプがあるかもしれません。

単発記事

公取委がプラットフォームと出店者の取引実態を再び調査する理由

ECなどのプラットフォームとそこに出店する企業の取引実態調査を調査する公正取引委員。約10年の期間を経て動き出した公取委の狙いは何でしょうか。過去の出来事などを振り返り、その“なぜ?”などについて探ってみます。

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

「花粉症」の季節到来! 検索キーワードと人気コンテンツから読み解く集客のヒント

この季節特有の悩みである「花粉」にまつわるネット検索の分析データから、ユーザーのニーズをくみ取り、コンテンツや集客施策に活かすヒントを探ります

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

リピートユーザーを獲得できているサイトはどこ? ECサイト訪問頻度ランキング

顕在化した自社サイトユーザーの動向だけでなく、もう一段視野を広げて、業界トレンドや潜在ユーザーのニーズに着目し、特にEC業界人の方に向けて、使える分析データを厳選してご紹介します。

通販新聞ダイジェスト

徹底予測2016 通販・EC企業が注視する「今年の景気」「消費マインド」

通販新聞が通販実施企業を対象に実施した「2016年の見通しと展望」に関する聞き取り調査によると、回答企業の半数以上が「2016年の通販市場の景況感」について上向きになるとの見方を示しました。

単発記事

2016年にネット通販事業者が注目する施策は「オムニチャネル」「越境EC」など

Socket(ソケット)がEC事業者572人を対象に実施した「2016年注目しているキーワードについて」の調査によると、EC事業者が注目する2016年のキーワードは、「オムニチャネル」「CRM」「ウェブ接客」「越境EC」などがあがった。

週間人気記事ランキング

価格よりも利便性の時代? イマドキの消費行動/価格競争に負けない商品開発のヒント

野村総合研究所が1万人を対象に行った調査記事が人気を集めました。今の消費者は「価格」よりも「利便性」を重視する傾向にあるそうです。

単発記事

「安さ」よりも「利便性」を重視するイマドキの消費行動。1万人調査でわかったこと

イマドキの消費者はどんな基準で商品購入を決めているのか。野村総合研究所が1万人を対象に行った調査によると、「利便性消費(購入する際に安さよりも利便性を重視)」の割合が、2000年の37%から2015年には43%へと増加しています。

単発記事

やっぱり顧客ロイヤルティが上がれば収益は増える。「NPS」が示す繁盛店の条件

顧客満足度ではなくより価値のある評価を得るための指標「ネット・プロモーター・スコア(NPS、推奨者の正味比率)」を使い、ネットショップはどのようにすれば消費者から推奨される店舗になれるのか、まとめてみた。

単発記事

通販女子は「いつ」「どこで」「どのデバイスで」ネットショッピングを利用するの?

買い物好きな20~50代の女性は通販をどのように活用しているのか? テレビ通販大手のQVCジャパンが実施した「通販利用実態調査」から、イマドキの“通販女子”のネットショッピング事情を探ってみた。

健康・美容業界の今を知る!

機能性表示食品制度で表現できる範囲の“指標”についてみなが知りたいこと

4月1日に機能性表示食品制度が解禁され、少しずつ届出済みの商品が消費者庁のホームページ上に公開され始めました。改めて、どんな指標の機能性であれば表現しやすいのか考察してみます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル