現在地

文章・コピーライティング

通販新聞ダイジェスト

“売れるクリエイティブ”の条件とは? 購買意欲を高めるヒントを通販カタログから学ぶ

堅調に売り上げを伸ばしている通販カタログの共通点には、ターゲット層に合わせて、誌面作りを様々に工夫したり、こだわった商品を掲載したり、といくつかのポイントがあります。今回は好調なディノス・セシールのカタログから、顧客に響くクリエイティブを探ってみました。

ECサイト研究最前線

「成長しているショップ」には“売れる”喜びを知ったデザイナーがいる

パジャマのECサイト「パジャマ屋」では、デザイナー自身が作ったクリエイティブ経由で商品がどの程度売れたのかを把握しています。いわゆる商人魂を持ったデザイナーが活躍し、会社の成長に貢献しています。

「楽天市場」で繁盛店になるための実践講座

楽天店を劇的に伸ばすサイト改善5つの鉄則と、PDCAを効果的に回転させるポイント

「楽天市場」で店舗を運営している企業の担当者が、朝一でやるべきことは効果測定です。その効果測定を的確に行うためのポイントなどをご紹介します。

ネットショップの文章教室

顧客満足度も接客効率も上がるメールの秘訣は、「件名」と「見出し」!

メルマガと違って緊急性や重要性が高いメールを送る時、どうしたら開封して読んでもらえるメールになるのでしょうか? 確実に読んでもらうためには、欠かせない要素があります。

ネットショップの文章教室

満足度を上げるコミュニケーション。まずはメールの「色」を見直すべし!

お客さんとのやりとりに使う「コミュニケーションライティング」。あなたのお店ではお客さんに必要な情報をきちんと伝えられているでしょうか?

ネットショップの文章教室

商品アピールは、「憧れ型」「解決型」で訴求を書き分けよう

商品に興味を持ってもらうには「この商品を買えば、あなたの生活はこんなに良くなりますよ!」という購入メリットの訴求が必須です。今回は「憧れ型」と「解決型」、2つの訴求法について解説します。

ネットショップの文章教室

売上を伸ばす接客の秘訣は、「先回り」にあり。

ネットショップの文章は、接客してくれる販売員さんの役割を担っています。実店舗で凄腕の販売員さんが売上をグングン伸ばすように、あなたのネットショップも上手に接客できる文章にしておけば、おのずと売上が上がるのです。そのためには「先回り」が必要なのです。

ネットショップの文章教室

商品の良さを伝える「描写力」は、グルメリポーターから学ぼう

「超おいしい」「すご〜〜くウマいっ!」。これらを「盛り言葉」(もりことば)と呼んでいます。ここで言う「盛る」は「話を盛る」「アイメイクを盛る」といった使い方と同じ意味合いで、後に続く言葉の意味を強調、増幅させます。商品アピールで使いがちですが、これでは良さが伝わらないのです。

あの人から聞きたい~大橋、加藤、洞本のEC対談~

多くのEC事業者で一番欠けているのは「他社の商品を買ってみること」だ

食品ECサイトの運営代行を手がけるネットショップ総研の長山衛社長を招き、北国からの贈り物の加藤敏明社長が売れる食品ECサイトのページ作りなどについて聞いた。

ネットショップの文章教室

商品説明の文章は専門用語を「翻訳」して、わかりやすくするべし

昨今のおもてなしブームを受けて「うちのもお客さんに何かおもてなしをしなきゃなぁ」と考えている方も多いと思います。でも、特別なことをする前にもう一度商品説明を読み直してみませんか? 気を付けなければならないことは、あなたが日ごろ、何気なく使っている言葉の中にあります。

ネットショップの文章教室

「リズム」の悪い文章は読まれません。その商品説明にリズムはある?

文章というのは、どんなに一生懸命に良いことを書いたとしても、読まれなければ意味がありません。あなたがECサイトのために書いた渾身の商品説明文も、ひょっとしたら最後まで読まれていないかもしれません。「商品の良さを十分に伝えられているか」を気にする前に、自分のサイトの文章に基本的な問題がないか、確認してみましょう。判断するための簡単な方法があります。それは「声に出して読んでみる」ことです。

ネットショップの文章教室

「ブランディング」を意識し過ぎると、伝わらないコピーができる件

ライバル店との差別化を図り、売上を上げるために、「ブランディング」は重要です。特に、自社ブランド製品を扱っている方にとっては、ブランド名やシリーズ名、商品名を認知されるのはとても大事なこと。でも、商品コピーでの間違ったやり方で「ブランディング」から逆に遠ざかっているかもしれません。あなたは大丈夫でしょうか?

ネットショップの文章教室

「こだわり」を捨てて、本当に伝わる商品のアピールポイントを探そう

商品の紹介文を書いたり、キャッチコピーを考えたり、購入や支払についての説明文を書いたり……ネットショップの業務には文章を書く機会が数多くありますが、セミナーやコンサルをしていると「文章を書くのが苦手で……」という声を本当によく聞きます。でも大丈夫です。この連載ではネットショップに必要な文章の書き方や、ちょっとしたコツについて解説していきます。今回は、「こだわり」の罠について解説します。

ECサイトのデザイン性を競う「ECサイト制作デザイン大賞2016」のエントリーを開始、JECCICA

ジャパンEコマースコンサルタント協会(JECCICA)は3月9日、ECサイトのデザイン性を競うコンテスト「JECCICA ECサイト制作デザイン大賞2016」のエントリー受け付けを開始した。

ECサイト制作とコンタクトセンター支援をあわせて展開する新会社設立、テレネットなど

コンタクトセンター事業のテレネットは3月1日、Web制作のソフトコムと共同で、ECとコンタクトセンターが融合したサービスを提供するする合弁会社「コムネット」を設立した。

クラウドソーシングでネットショップの仕事を支援、ネクストエンジンとWoman&Crowdが提携

ネットショップ向け受注在庫管理システム「ネクストエンジン」を提供するHamee(ハミィ)と、サイバーエージェントの連結子会社でクラウドソーシングサービス「Woman&Crowd(ウーマン&クラウド)」を運営するSTRIDEは12月10日、業務提携したと発表した。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) PayPal Pte. Ltd. ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル