現在地

物流・配送

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

魔女の宅急便ならぬロボネコの宅急便が登場。ヤマト運輸とDeNAが「ロボネコヤマト」をスタート

本格的に身近なものになるにはまだまだ時間がかかりそうですが、体験するためだけに藤沢市に行ってみたくなります。

通販新聞ダイジェスト

“顧客視点”の配送サービスで付加価値、再配達削減に向けた事業者の取り組み

再配達削減につながり、かつ顧客視点に立った商品の受け取り方法はどう提供すればいいのか? 楽天と日本郵便のタッグ、アスクル、ファンケルの取り組みを紹介。

単発記事

アマゾンが「Amazonフレッシュ」を開始、最短4時間で生鮮食品を届ける仕組みを解説

アマゾンジャパンが生鮮食品などを注文から最短4時間で配送する「Amazon フレッシュ(アマゾンフレッシュ)」をスタート。そのサービス内容や仕組みなどを解説。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

SEOに疲れたあなたに朗報!? Googleの画像検索に自社商品が出せるようになりました

一発受取でポイント、自社配送、置き場所指定お届け、ショップから発送状況を通知……などなど、再配達削減のためのサービスを競う時代になってきました。

通販新聞ダイジェスト

ファーストリテイリングは消費行動の変化にどう対応する? 新オムニチャネル戦略の全貌

ファーストリテイリングが、実店舗販売を軸とした「製造小売業」からITツールなどを活用した「情報製造小売業」への転換をめざす新戦略の全貌とは?

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

通販・EC物流は分散した方がいい? 2拠点出荷のメリットと留意点

サービスレベルの向上や在庫一括管理によるリスクを軽減するなど、注目が集まっているECの2拠点出荷について考えていきましょう。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

実店舗は最初で最後のリアルでの接点。実店舗に起こるパラダイムシフトとは?【ネッ担まとめ】

リアルだろうがネットだろうが、ユーザーが便利なところで買ってもらえればいい。そう思うことでオムニチャネルが理解できます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

配送で最も重要視するのは送料無料? それともスピード配達? [米国2815人の調査]

2815人の消費者を対象に行った米国でのユーザー調査によると、大多数の消費者が送料無料なら配送が遅くても構わないと回答しました。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

効くのはアメ? ムチ? それとも宅配ボックス? 官民に広がる再配達削減の動き【ネッ担まとめ】

社会問題にもなっている配送問題。業界内でも様々な取り組みがなされています。ペナルティはスカッとしないので、ご褒美あるとユーザーも動きやすいかも。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

巨大モールとの差別化は「欲しい!」と思わせるコンテンツと複数のチャネル【ネッ担まとめ】

「カタログの受注チャネルを超えたEC」がミッションなのに、ECだけを見ていないディノス・セシールの石川さんのコメントが響きます。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

アマゾンが小さく見える……。中国Taobaoの流通総額は35兆円。Amazonグローバルの2倍!

中国のアリババグループが運営している淘宝網(Taobao)と天猫(Tmall)の2016年流通総額は、なんと56兆円。Amazonグローバルは16兆円と言われているので、ものすごい差ですよね。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンに負けない買い物体験を提供する方法とは? 米国EC企業3社の事例

Amazon(アマゾン)の有料会員制プログラム「アマゾンプライム」に対抗するにはどうするべきか? Target、Benefit Cosmetics、J.C.Penny、Best BuyといったECを手がけるEC小売事業者の事例を紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

リピート客約9割のアマゾンに勝つロイヤリティ施策には何が必要? 米国ECの今に学ぶ

アマゾンの得意分野である価格競争力と利便性を重視する消費者が増える中、EC事業者は消費者に商品を購入してもらうためにはどんな努力が必要でしょうか? 米国の今を解説。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

取扱高2倍! 商品数3倍! 店舗数16倍! ヤフーのeコマース革命は第二章へ【ネッ担まとめ】

3年で取扱高2倍、商品数3倍、店舗数16倍と、Yahoo!ショッピングがものすごい伸びです。eコマース革命の第二章は「お得革命」ということなので、2017年も注目です。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

物流は「安さ」それとも「サービス」重視? マーケティング視点で考える物流の在り方

物流費は、顧客の満足度を向上させるためのサービス費、マーケティング費として捉えましょう。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

スピード配送ではアマゾンに勝てない――ウォルマートがプライム対抗策を廃止した理由

Amazonプライムの対抗サービスとされていたウォルマートの配送サービスは、なぜ廃止に追い込まれたのでしょうか? その理由などを解説。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

「知らぬ間リボ」で多重債務者に!? カードを作る時や支払時には入念なチェックを

知らないうちにリボ払いになっていて利息を払っているなんて納得できないですよね。支払時のチェックと毎月の引き落としを必ず確認しましょう。

通販新聞ダイジェスト

なぜヤマト運輸は荷受量の抑制を検討するのか? 理由は「人手不足」「労働環境の悪化」

ヤマト運輸は、同社の労働組合が宅急便の荷受量の抑制などにより労働環境の改善を求めていることなどに対する対応の検討を始めました。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

実証検証で再配達率が49%から8%に減少! 宅配ボックスはヤマト運輸を救えるか?

ヤマト運輸の現場が悲鳴をあげています。私たちができるのは再配達を減らすこと。再配達を減らす仕組みを活用していきましょう。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

楽天やYahoo!で注文したのに、Amazonの段ボールで届く? 「アマゾン転売」を禁止に

「いろんな商売をする人がいますね〜」と言ってしまえばそれまでなんですが、モール店舗への不信感につながりかねません。モール側にはしっかり対応してほしいですね。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

なんだか納得の調査結果→女性の3人に1人が「ECで商品が見つからない」、男性の4人に1人は「不満なし」

ECについての意識調査の結果を見ると、男女の差が出ています。男性にとって使いやすいサイトも女性には使いづらいかも。ユーザーテストなどで確認したいところです。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

Amazonと提携したもの勝ち!? 音声検索では上位1、2社しか相手にされない

買い物だけなら人と話さず、音声検索アシスタントやチャットボット十分かもしれませんが、中小ショップはそれを逆手に取って、手間暇かけたサービスで対抗したいところです。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

リピート通販はピンチ?! ダッシュボタンの時代に広告が「不当勧誘」の取消対象に【ネッ担まとめ】

欲しいときに欲しいものをすぐ届けてもらう流れがどんどん強まり、かつては便利だった定期購入が不便になってきました。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

「再配送してよ」「はい、そうします」なんて気軽に頼めなくなるかも。ますます増える荷物と配送の問題。

どれだけ注文が入っても商品が届かなければ意味がないので、配送問題は自社の問題として意識したいですね。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アリババグループが物流を強化、世界最大級の貨物ネットワーク「WCA」と提携

アリババグループは、世界最大級の独立系貨物輸送ネットワークであるワールド・カーゴ・アライアンアス(World Cargo Alliance、WCA)と戦略的な提携を締結。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

AIはすべてのデバイスに入り込んでいく─ シリコンバレーの専門家が語る「これから5年以内に起きること」

AIが普及するとどうなるのか? 買う側は自然に対応するので、売る側の対応を考えましょう。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

2017年はどうなる? ネットショップ、SEO、広告マーケティング業界予測【ネッ担まとめ】

2017年になって早くも1週間が過ぎてしまいました。ようやく仕事モードになってきた人も多いと思うので、2016年の振り返り記事と2017年の予測記事を読んでおきましょう。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

送料は0円ではない。「送料無料」から「送料は当社負担」へ。【ネッ担まとめ】

ついつい負担に思ってしまう「送料」。でも、自分で買いに行く場合の時間や交通費を考えれば安いものです。もう一度「送料」について考えておきたいです。

通販新聞ダイジェスト

ついに「アマゾンフレッシュ」が日本参入か 来春に生鮮食品宅配を東京23区でスタート?

アマゾンジャパンが来春にも生鮮食品の配送サービス「アマゾンフレッシュ」を開始する模様。まずはアマゾン側で選んだ約40社の食品販売事業者の食品で展開する模様で今後、品ぞろえを増やしていくようです。

単発記事

Amazonが国内で初導入した可動式商品保管棚「Amazon Robotics」の詳細をレポート

アマゾンでは商品の棚入れ、棚出しの効率化を目的として、「アマゾン川崎FC(フルフィルメントセンター)」に可動式の商品棚「Amazon Robotics(アマゾンロボティクス)を導入した。そして、そのアマゾンロボティクスを「サイバーマンデーウィーク 2016」の初日となる12月6日に報道陣に公開した。その内覧会の様子をレポートする。

中国市場が丸わかり『中国EC市場調査報告書2016』ダイジェスト

5分でわかる中国の新越境EC制度。押さえておくべき重要ポイント【最新版】

中国の新越境EC制度は2018年から本格スタートとなる予定。その新越境EC制度について、あらためて全容などをまとめてみました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのスピード配送に対抗するために米小売企業・EC事業者がやっていること

EC業社(全米トップ30)の平均配送スピードは4日間。1日か2日で商品が届くことに慣れているアマゾンプライムの会員にとって、とても遅い配達に見えます。米国企業はどのようなスピード配送対策を行っているのか?

単発記事

1日3.8億円を売る通販の裏側~ジュピターショップチャンネルの販売力の秘密~

年商1395億円、1日あたり3億8000万円超、1分あたり約25万円を売り上げるテレビ通販最大手のジュピターショップチャンネル。なぜそんなに売れるの? EC企業にも役立つ商品開拓のヒントなどを解説。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル