物流・配送

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【2021年の小売業界予測】「実店舗のデポ化」「デリバリー革命」「オンライン接客」などニューノーマル時代の5トレンド

2021年は小売事業者にとって大きな変化の年になるでしょう。「ニューノーマル」に迅速に適応しながら2021年を迎えるために、小売り事業者がチェックするべき5つのトレンドを解説
Digital Commerce 36011/19 9:00690
単発記事

1日で約12兆円を売ったアリババ+京東(JD)の中国「独身の日」取扱高【2020年まとめ】

アリババグループの取扱高は、過去最高となる4982億人民元。伸び率は前年比85.6%増。京東(JD)の取扱高は、2715億人民元で前年比32.8%増
瀧川 正実11/12 9:001050
単発記事

ワコールが「顧客名簿の統合」「基幹システム刷新」「配送センター集約」で挑むデジタル変革とは【EC責任者へのインタビュー】

ワコールのECシステムが大きく変わろうとしている。2022年に実施予定という顧客名簿の統合、基幹システム刷新、配送センターの集約など、その全容をEC部門のトップが語った
公文 紫都11/2 9:00860
通販新聞ダイジェスト

【ZOZO・エアークローゼット事例】AIを活用する最前線ファッションテックの現状とは?

ユーザーの行動予測や画像認識、チャットボットなど、通販業界でもビッグデータやAI活用が進んでいます。中でもファッションカテゴリーのAI活用は通販のみならず、ファッション産業への影響を指摘する声が上がっています。ファッションテック企業であるZOZOグループとエアークローゼットの活用例を見てみます
通販新聞10/27 10:00550
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ウォルマートのECが伸びている要因は「スタートアップ精神」。小売業がコロナ禍を生き抜くには「長期視点での投資」にあり

伝統的な小売業者がコロナ禍を生き抜くためにはEコマースへの投資を増やさせなければなりません。成功するためには、新しいテクノロジーの活用などスタートアップ精神を持つ必要があります。米国のスーパーマーケットチェーン「Walmart」は、それを実践し成果を出している大企業の一例です
Digital Commerce 36010/15 8:00470
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonの必勝パターンに学ぶ。購入前→購入中→購入後のタイミングでEC事業者が提供すべき各5つのアプローチ

「購入前」「購入中」「購入後」の購入サイクル全体をカバーしながら、各ステージで特徴的な商品やサービスを提供すれば、自社のECサイトを成長につなげることができるようになります
Digital Commerce 36010/8 8:00310
PR

物流業務のアウトソーシングで清長が支持される理由とは? 配送料金の自動最適化&業務ミスを防ぐ専用アプリ&物流現場【探訪記】

ECの物量増加への対応に欠かせない物流業務のアウトソーシング。多くのEC実施企業から支持を集めている清長の現場を訪問。配送料金の自動最適化、業務ミスを防ぐ専用アプリなどを取材しました
瀧川 正実石居 岳9/14 9:001532
Digital Shift Timesダイジェスト

【中国】アリババ「フーマー」、テンセント「永輝超市」などコロナ禍の生鮮食品スーパー&ECの今

コロナ禍によって、急速に成長している生鮮ECサービスと、アリババ傘下の生鮮スーパー「盒馬鮮生」のような実店舗とECの機能を融合したOMO型店舗。その実態を探る
Digital Shift Times9/10 10:00332
物流女子の旅

「小倉昌男の宅急便作りは簡単なことではなかった」。ヤマトグループ100年のあゆみを学べる「クロネコヤマトミュージアム」に込めた思い

「ヤマト運輸」誕生の歴史などヤマトグループ100年の歴史を学べる「ヤマトグループ歴史館 クロネコヤマトミュージアム」にはどのような思いが込められているのか?館長の白鳥美紀氏に話を聞きました【物流女子の旅⑤】
藤田遥9/9 9:00420
物流女子の旅

「赤字になる」「役員全員が反対」――宅急便を生んだイノベーションなどが学べる「クロネコヤマトミュージアム」探訪記

ヤマトグループ100年の歴史が学べる「ヤマトグループ歴史館 クロネコヤマトミュージアム」が東京港区にオープン。パネル展示だけでなくミニシアターや体験コーナーがあり、家族で楽しみながらヤマトグループの歴史を無料で学べます【物流女子の旅④】
藤田遥9/2 9:006100
単発記事

「置き配」の普及はECサイトの顧客単価や購入単価の向上につながる? 「OKIPPA」が「置き配」浸透に注力する理由

簡易宅配ボックス「OKIPPA」を提供するYperは、EC事業者と共同で、「OKIPPA」の利用による消費者行動変化の検証を続けている。OKIPPAを通じて「置き配」が普及することで、これまでECニーズの低かった日用品などの販売需要を喚起できるか、またEC未経験の新規顧客層を開拓できるかなどを調査している
公文 紫都藤田遥9/1 9:002870
物流女子の旅

物流ロボットが働く次世代物流センターの中はどんな様子? 省人化や生産性向上を実現する「Xフロンティア」【現場レポート】

SGHDの次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」では、自動棚搬送ロボット「EVE」や無人搬送ロボット「OTTO」、自動梱包機など最新技術が稼働。一般的に必要とされる人員の半分で物流業務を行っています【物流女子の旅:連載3回目】
藤田遥公文 紫都8/26 9:002740
単発記事

搬送ロボット、自動梱包機器など最新テクノロジーを駆使したSGホールディングスの次世代型物流センター「Xフロンティア」とは

SGホールディングス(SGHD)の次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」内、「シームレスECプラットフォーム」では自動搬送ロボット「EVE」や「OTTO」、自動梱包機など最先端のテクノロジーを駆使した設備が稼働している
公文 紫都藤田遥8/17 9:00750
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

お客に評価される買い物体験とは? 優れたカスタマーエクスペリエンスを提供するための5つのポイント

優れたカスタマーエクスペリエンスを幅広く提供するためには、自動化とスマートテクノロジーを併用して、Eコマース業務の各所を最適化する必要があります。
Digital Commerce 3608/6 8:001330
通販新聞ダイジェスト

「ECはオリジナル商品強化」「既存顧客に注力」「自社ノウハウを活かした物流提案」スクロール鶴見社長に聞くコロナ禍の成長戦略

創業80周年を迎えたスクロール。記念商品がヒットした通販事業やオリジナルアウトドアブランドが好調だったEコマース事業、ソリューション事業が堅調だったが、化粧品や健康食品、旅行事業が苦戦した。新型コロナウイルスの影響を受ける中、今後の成長戦略について社長の鶴見知久社長が語った
通販新聞7/20 11:001030
通販新聞ダイジェスト

送料値上げ時代も「全品送料無料」を維持するEC売上約20億円企業の配送対策事例

楽器の通販サイト「chuya-online」はネット販売開始時から全品送料無料を行っている。商品の郵便配送や自社で開発した価格決定システムの導入、楽天市場送料無料ラインへの対応など全品送料無料を維持する工夫についてプラグインの社長高尾太郎氏が語る
通販新聞7/17 9:001451
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

小売事業者は「ECに注力しない」という選択肢がなくなった理由

消費者の多くは、新型コロナウイルスの大流行時に初めてECを試さざるを得ない状況になりました。同時に多くの実店舗が閉鎖されたために、オンラインショッピングの利用が増えたようです。
Digital Commerce 3607/9 8:0032123
ネットショップ担当者フォーラム 無料ウェビナー

ECの立ち上げがうまくいっていない中小EC実施企業の方へ。コストと品質を最適化する従量課金型の「シェアリング物流」とは

「シェアリング物流」は、「皆でシェアして使った分だけ支払う」という従来の「通常課金型」とは全く異なる物流の利用形態。早く・安く・簡単にECを立ち上げられるシェアリング物流の実態を紹介
公文 紫都7/3 9:005474
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【ECの配送ニーズ大調査】「配送スピード」「送料無料」を求める消費者インサイト

AmazonがEC業界のスタンダートを作っていくため、引き続き送料無料に関する動向は注視する必要があります。間違いなく、消費者は節約する方法を探し、すべての注文で送料を無料にする方法を見つけていくでしょう
Digital Commerce 3606/25 8:0010100
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

売上回復に向けて小売・EC事業者が取り組むべき「マーケティング」「EC」「フルフィルメント」の3対策

新型コロナウイルスの感染拡大による非常時のような混乱や変化に直面しても、適切なアプローチを採れば、小売り・EC事業者は回復力、柔軟性、機敏性を備えた計画を作ることができます。
Digital Commerce 3605/28 9:00933
単発記事

ニトリグループの最新技術を活用した「共同配送事業」「新・配車システム」構想とは

ニトリのグループ会社ホームロジスティクスが最新技術を活用した“流通革命”に乗り出した。2020年秋から順次スタートする壮大なプロジェクトの概要とは? キーマンのホームロジ・深作康太氏を直撃【後編】
公文 紫都5/18 8:001540
単発記事

最強ニトリの物流を支える「ホームロジ」が取り組む衝撃の“流通革命”とは。キーマンが全容を語る

33期連続の増収増益を達成し、34期目も連続更新への期待がかかるニトリ。物流事業を担うグループ会社のホームロジスティクスを直撃し、デジタル活用・物流の観点から見たニトリの強さの秘訣と、同社が挑む“流通革命”の詳細を探る【前編】
公文 紫都5/15 9:008110
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アフターコロナを見据え「手元資金」の確保を――融資枠設定、解雇、役員報酬削減など会社存続かけた小売業の対策とは

米国の小売事業者は、コロナウイルス危機の中、小売事業者は債務を履行するため、融資限度額を最大まで利用、株主への配当を停止し、役員の給与を削減しています
Digital Commerce 3604/30 8:00850

楽天も採用したECサイトに「置き配」を実装できる「OKIPPA便」とは? Yper社長が語る再配達削減にかける想い

YperはEC事業者が置き配を配送サービスとして提供する際、自社サイトに「OKIPPA」を実装できる「OKIPPA便」を開始。
公文 紫都4/27 10:002951
物流女子の旅

安定出荷、人手不足解消、質の担保――AI搭載ロボットが変える通販・EC物流のミライ

倉庫内の業務軽減、人材不足など物流業界の問題を解決するために注目が集まるロボット。今回はAI搭載ロボット「EVE」を開発したギークプラスの代表取締役の佐藤氏にお話を伺いました【物流女子の旅②】
藤田遥4/27 8:001150
単発記事

今こそ考えたい「置き配」。利便性は? リスクはどう回避する? EC大手の取り組みまとめ

ネット通販の利用が増える中、非対面で荷物を受け取る「置き配(おきはい)」の需要が高まってる。経済産業省、国土交通省の資料をもとに課題と対策を解説する。【置き配意思表示ステッカー付き】
内山 美枝子4/16 8:0044100

新型コロナで販路縮小の影響を受けているメーカー・販売代理店向けにポップアップストア出店支援、カウンターワークス

ポップアップストアのマーケットプレイス「SHOPCOUNTER」の運営等を行うカウンターワークスが、新型コロナウイルスの影響を受けニーズがありつつも、流通の滞留等により店頭に並びにくい衛生日用品などをポップアップストア出店により解決する取り組みを開始した。
単発記事

緊急事態宣言発令で物流はどうなる? 佐川急便、ヤマト運輸、日本郵便の対応まとめ

消費者向け荷物の配送を担う佐川急便、ヤマト運輸、日本郵便は、感染拡大の防止に最大限配慮しながら、配送事業を継続する方針を示した
瀧川 正実4/8 12:0040363

[新型コロナ]日本郵便が海外160か国・地域からの郵便物・EMSなどの引受を一時停止【随時更新】

EMSおよび航空扱いの引き受けを一時停止するのは124か国・地域。すべての郵便物の引き受けを一時停止するのは36か国・地域となる

新型コロナの「雇用調整助成金」助成率を中小で最大9割、大企業で最大75%に拡充

助成率は、中小企業で約67%(2/3)、大企業で50%だったが、それを中小企業は80%、大企業は約67%(2/3)に引き上げる。また、1人も解雇しなかった場合は中小企業で90%、大企業で75%にする

Zホールディングスとヤマトホールディングス、ECの物流・配送強化に向けた業務提携で基本合意

ヤフーが運営するECモール「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」に出店する企業の受注から出荷までの業務を代行する新物流サービスを6月30日より提供する
瀧川 正実3/24 13:15244100
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ウォルマートが始める有料会員サービス「Walmart+」とは。Amazonプライムとの差別化のカギは「実店舗」

Walmartは「Walmart+」という有料会員プログラムを開始する予定です。小売大手のWalmartは、その巨大な店舗網を活用し、Amazonには提供できない特典を提供するロイヤルティプログラムにするだろうと、専門家達は考えています。
Digital Commerce 3603/19 9:001080
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない顧客体験を提供するには?キーワードは「柔軟性」「エコロジカル」「商品力」

多くの消費者はAmazonが提供する迅速な無料配送と、豊富な品揃えを評価していますが、同時に彼らはeコマース最大手の同社に懸念を抱いています。ユニークで本物の商品と持続可能なビジネスを展開できる競合小売事業者は、Amazonから顧客を奪うことができるかもしれません。
Digital Commerce 3603/12 9:00670

楽天ユニオンの声が総意ではない――送料込みライン施策巡り有力店らが「楽天市場出店者 友の会」発足へ

会の目的は、「出店店舗経営者と楽天・三木谷浩史社長や楽天経営陣がEC業界の将来展望などを忌憚なく話し合うことで、楽天市場をユーザーにとってより満足度の高いサービスに進化させていくこと」

日本郵便の配達員が新型コロナウイルスに感染、新潟県三条市宛てゆうパックなどで一時引受停止措置[3/4まで]

新潟県三条市宛てゆうパックなどの引き受けを一時停止する。引受停止期間は3月4日まで。既に引き受けた三条市宛ての郵便物、ゆうパックなどは配送に遅れが生じるという
物流女子の旅

ナイキ、ビックカメラ、ZARA、アスクルなどが使うAI搭載の自動ピッキングロボット「EVE」は何がスゴイ?【現場レポート】

ギークプラスが開発した自動走行ロボット「EVE」。商品を棚ごと運んで倉庫内作業を効率化&負担を軽減してくれるという。NIKEやZARA、ヤマト運輸やDHLなどさまざまな業界で活躍しているロボットの働きを見学してきました【物流女子の旅:連載1回目】
藤田遥3/2 8:002080

楽天の「送料込みライン」統一施策の停止を求めて公取委が緊急停止命令の申し立て

緊急停止命令は独占禁止法に基づく措置。公取委は楽天の施策が独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の疑いあるとして東京地方裁判所へ施策の停止を申し立てた
瀧川 正実2/28 15:3519370
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

デジタル時代の消費者ニーズ大調査2020「最新の購買行動」「Amazonを利用する理由」「自社ECサイトに求めること」

小売事業者にはカスタマーエクスペリエンスを向上させる機会が数多くあります。カスタマーエクスペリエンスは配送から始まりますが、商品の品揃えは依然として購買体験の生命線です。
Digital Commerce 3602/20 8:0083443
ネットショップ担当者フォーラム 2019 セミナーレポート

1日1万件以上受注する大規模ECサイトにも対応のECプラットフォーム「Magento」の強みとは?

Adobeによる買収で注目を集める「Magento」は、多言語・多通貨対応のECプラットフォームだ。越境ECに取り組む事業者必見の、複数サイト一元管理機能や、複数拠点在庫管理機能について、国内事業者向けにMagentoの導入サポートを行うベリテワークスのCTO 西宏和氏が紹介する。
公文 紫都2/19 8:002381
ネットショップ担当者フォーラム 2019 セミナーレポート

「アマゾンエフェクト」の脅威に打ち勝つには? 小売業の商機は実店舗の強みを生かしたオムニチャネル戦略にあり

「Amazon Effect(アマゾンエフェクト)」によって、実店舗での顧客体験に改めて注目が集まっており、リアル店舗を通じた“顧客接点”によって、新規顧客作り、リピーター作りに取り組む小売企業が増えている。顧客満足度をあげるオムニチャネルはどう実現すればいいのか。マンハッタン・アソシエイツが、小売企業がオムニチャネルに取り組むべき理由、その実現方法などを解説する。
吉野 巨人2/12 9:001650

ワークマンがEC専業に対抗を宣言、「店頭在庫+店舗受取」型Click&Collectの新ECサイトとは

ネット通販専業に対抗するための体制を築くという。新ECサイトの立ち上げに合わせて、2月末で「楽天市場」から退店する
石居 岳1/30 9:0055161

「楽天市場」の送料無料ライン全店舗統一3/18スタート、三木谷社長「なにがなんでも成功させたい」

オープニング講演に登壇した三木谷浩史会長兼社長は、購入者の送料負担を0円とするラインを3980円以上に設定する施策(3月18日から開始予定)に関し、参加者の出店者に対して「(この施策を)やらなければこれ以上の成長は難しい。前向きに捉えていただき一緒に成長していきたい。なにがなんでも成功させたい」と説明
瀧川 正実1/29 12:30193150
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

通販・ECの差別化はフルフィルメントにあり! ARやロボットなど2020年の5大トレンド

小売事業者は、倉庫やフルフィルメント業務に高度な技術を採用することで、競合他社との差別化を図ることができます。その方法を5つご紹介します。
Digital Commerce 3601/23 8:00672
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonはどこまで拡大する? スピード配送、広告ビジネス強化、新食料品店など2019年のアマゾン施策まとめ

Amazonは2019年に多くの実証実験を行い、さまざま分野でその成果が現れました
Digital Commerce 3601/9 8:001150
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

“ゆっくり配送”のメリットとは? 脱スピード配送によるコスト削減&ストレス軽減【メイシーズ、Amazonなどの事例】

Macy's、Gap、Amazon、Targetは、サイバーファイブの週末(11月第4木曜日のサンクスギビングから次の月曜日までの5日間を指す)にオンラインで購入した商品の配送が遅れてもいいというオプションを選択した消費者にインセンティブを提供しています。この施策は、1年で最も忙しい時期にサプライチェーンにかかるストレスを軽減するのに役立っています。
Digital Commerce 3602019/12/19 8:001350
単発記事

ファーストリテイリングの、無駄なものは「つくらない」「運ばない」「売らない」サプライチェーン改革とは

グローバルパートナーシップを締結しているダイフクに加え、産業用ロボットの知能化を実現するソフトウェア企業であるMUJIN、ファクトリーオートメーション(FA)関連機器のExotec Solutions SASと、サプライチェーン領域における戦略的グローバルパートナーシップに関する合意書を締結した
石居 岳2019/11/14 9:0011124
単発記事

1日で約7.3兆円の取扱高を生み出した中国EC大手アリババ+JDの「独身の日」まとめ

アリババグループの取扱高は過去最高となる2684億元(日本円で4兆1870億円、1元15.6円換算)で、伸び率は前年比25.7%増。中国直販EC最大手「京東集団」の取扱高も過去最高となる2044億元(日本円で3兆1886億円、1元15.6円換算)。伸び率は前年実績比28.0%増
瀧川 正実2019/11/12 7:0069110

楽天・三木谷社長が配送面で「大きな投資を用意している」。独自配送サービスで人口カバー率年内6割をめざす方針

楽天は10月31日、「Rakuten EXPRESS」の対象地域を北海道と熊本県の一部地域へ拡大したと発表。配送エリアは現在、13都府県、人口カバー率は約36.5%。残り2か月足らずで25%ほど対象地域を広げる必要がある。三木谷会長兼社長は具体的な投資内容については言及を避けた
瀧川 正実2019/11/8 9:0014792

【台風19号】ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の配送対応に関する情報まとめ

週末にかけて台風が接近する地域へ配送する荷物は、指定された配送日時から遅延する可能性も出てくる。また、都内に倉庫を置く通販・EC事業者などは、荷物の集荷・出荷に影響が出ることも考えられる
瀧川 正実2019/10/11 10:0056690
通販新聞ダイジェスト

アマゾンがスピード配送を縮小する理由

10月31日までに関東圏でも展開エリアを縮小、11月1日以降は都内10区(板橋・中野・北・豊島・文京・荒川・足立・新宿・練馬・杉並)の一部エリアのみの展開とする
通販新聞2019/10/9 10:0026211

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム