現在地

運営

通販新聞ダイジェスト

国は物流問題をどう解決する? AIやIoTなどを活用する新物流大網の提言を国交省が決定

国土交通省は2017~20年度に適用する総合物流施策大綱に関する有識者検討会の第7回会合を開催し提言の最終案を決定。その内容は?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのホールフーズ買収の影響。危機感あらわの小売業者、歓迎するEC企業の理由

Amazon(アマゾン)によるWhole Foods Market Inc.,(ホールフーズ・マーケット) 買収によって、米国EC企業は「歓迎」する考えを示す一方、小売業界は危機感をあらわにします。その理由は?

ヤフーの検索ニーズから学ぶ「トレンド研究所」

ヤフーのビッグデータに学ぶ男女の違いによる商品検索&買い物行動【梅雨対策編】

「商品名」「商品説明」に登録されたキーワードは、検索結果の表示順位に大きく影響してきます。「梅雨」をテーマに集客・購買効果を高めるキーワードを考えていきましょう。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

「EC拡大はトップの覚悟がないと無理」「カゴ落ち対策は必須」。ネッ担のお悩みにぶっちゃけ回答

オイシックスCMOの西井さんがネットショップ担当者の人たち(Web担も?)のお悩みに回答しています。3つの記事に分かれていますが、すべて読んでおきたいです。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

物流視点で競争力を上げるために知っておきたい倉庫内の商品管理の常識

バックヤード視点で店舗の競争力を強化する方法は? そのために知っておきたい、倉庫内のロケーション管理方法「固定ロケーション」「フリーロケーション」について解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのホールフーズ買収とリアル店舗を攻める理由【米大手EC専門誌が解説】

Amazon(アマゾン)が高級食品販売チェーンのWhole Foods Market Inc.,(ホールフーズ・マーケット)を137億ドルで買収すると発表。その狙いとは? 米国EC大手専門誌が解説。

通販新聞ダイジェスト

ヤマト運輸の大口向け運賃は15%超の値上げを想定。配送に関する改革の進捗状況は?

ヤマトホールディングとヤマト運輸は6月8日、「働き方改革」と「デリバリー事業構造改革」の進捗状況などを説明しました。その内容は?

STORY of BACKYARD ─ECサイトの裏方たち─

「お客様のためにここまでやっているとは、社内でも知られていない」。ヤッホーブルーイング「おもいやり隊」の人々

「よなよなエール」や「水曜日のネコ」 といった個性的なビールを送り出しているヤッホーブルーイング。人気の影には通販事業部を支える「おもいやり隊」の存在があった。

単発記事

千趣会も驚いたLINEの集客効果とは? 担当者が語る「LINEショッピング」活用ポイント

「LINEショッピング」のテスト運用を2月に始めた千趣会(運用サイトはベルメゾンネット)。3か月強の運用成果を踏まえ、「LINEショッピング」の活用方法などを聞きました。

単発記事

LINEのECサービス「LINEショッピング」は自社サイトの集客UPに役立つ? 出店方法は?

6800万人超が利用する「LINE」はECサイトの新たな集客手段となるのか。「LINEショッピング」の仕組み、テスト期間における利用企業の成果、利用方法などを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【プライム会員分析】アマゾンユーザーの購買行動から学ぶ自社ECサイトの顧客作り

Amazonのプライム会員は、アマゾン以外の小売事業者が運営するアプリやECサイトも使用し、多くの時間を費やしています。この会員を自社のECサイト顧客にするにはどうしたらいいのでしょうか?

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

「十中八九怒られると思った」。パロディ作家の不安を一掃した担当者の想いとは【ネッ担まとめ】

自社のキャラクターを使ったパロディ漫画があったらクレームを言いそうなところを、真逆の発想で公式漫画を依頼。「日ペン」の記事には見習いたいことがたくさんあります。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

自社ECサイトの売り上げが落ち始めた時にチェックしたい重要ポイント

「商品名+店舗名」で検索してもらえるようになることは、競合との価格競争・SEO競争に巻き込まれないためにも重要なポイント。自社ECサイトの売り上げを向上させていく上で1つのキーポイントとなります。

通販新聞ダイジェスト

カタログ通販ひとり勝ちベルーナも送料値上げ。運賃増は「売上増とコスト削減でカバー」

ヤマト運輸の運賃値上げがある秋頃から、送料を100円前後値上げする予定。なお、送料無料となる購入額(1回の注文額が税別5000円以上の場合)は据え置く見通し

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

筋肉は正義! マッチョ人気がお中元にも!? 楽天のお中元2017【ネッ担まとめ】

健康志向と相まって「マッチョ」がひそかにブームになっています。その流れがお中元にも来ているようなので、チャンスを活かせそうなショップは商品開発してみては?

ファッションEC最前線

オンライン決済サービス15選。手軽な決済方法で、アパレルECはもっと身近になる

アパレルECにとって、決済プロセスの改善でコンバージョンをいかにアップさせるかは重要な課題。最近増えてきたオンライン決済サービスをまとめてご紹介します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

小売り店の倒産や閉鎖でEC利用が増える? 小売業者の“商機”が店舗受取にある理由

小売事業者は、EC購入した商品を店舗で受け取ることができるサービスの提供で、Amazon(アマゾン)に対する競争力を高めることができます。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

デジタル化は買い物行動と小売業のビジネスをどのように変えるのか?【米国最新事例】

米国のEC業界では「いかにして上質な顧客体験を提供するか」が課題となっています。“顧客との強いエンゲージメント”を生み出すために現地企業が行っている施策とは。

通販新聞ダイジェスト

バロックジャパンのEC強化策――マーケットプレイス化やプラットフォーム化戦略とは?

バロックジャパンリミテッドはEC事業に本腰を入れる方針。2017年1月期のEC売上高74億4500万円に対し、2021年1月期はほぼ倍となる160億円規模を計画。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

ブログを毎日更新するのやめたらアクセスが5倍になった!? 3つの視点で考えるSEO【ネッ担まとめ】

ただの作業は時間の無駄。何をどうすれば変化が起きるのかを考えていきましょう。今週はSEOとメルマガで参考になる記事がありました。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

アマゾンvsグーグルなど食品ECの即時配達サービスの市場が拡大する米国市場のいま

2016年に530億ドルだった食品関連のEC市場は2022年に拡大すると予測されている米国の食品EC市場。Googleも参入し、Amazon対Googleによる即日配送サービス競争が始まっています。その最新情報をご紹介。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

「急に売れなくなった」「競合の売上が知りたい」「ユーザーの導線は?」。定番のお悩みにプロが回答

コンサルをしていると必ず聞かれる質問がこの3つ。今まで以上の競合がいる中で、今まで通りやっていても下がるだけ。良いと思っていたものも見直してみましょう。

単発記事

メルカリとヤッホーブルーイングの社長が語る「強い組織を作る“バリュー”の重要性」

フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリの小泉文明社長兼COO、「よなよなエール」で知られるクラフトビール最大手のヤッホーブルーイング井手直行社長が語る、強い組織を作る“バリュー”経営の重要性とは?

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

ネットショップ担当者も知っておきたいWebマーケのトレンド ─SEO、MA、マストドン【ネッ担まとめ】

今週はネッ担の皆さんにも知っておいてもらいたWebマーケティング関連の情報がたくさんありましたので、最新情報をまとめました。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

売り上げを伸ばすコミュニティ活用法【通常商品の販促例】

リアル店舗でもECサイトでも、「限定品(販売数や販売期間などの限定)」は良く売れるのですが、通常品は売上の1割ほどしか売れません。そんな時の対策は?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない顧客体験はどう提供する? 優良顧客を生み出す「配送力」の磨き方

アマゾンに負けない顧客体験の提供、優良顧客の獲得などで大切なことは、消費者を引きつけ、お客さまになってもらうためのカスタマーエクスペリエンスの向上です。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

アマゾンはどう出る? 拡大するAmazonマーケットプレイス詐欺【ネッ担まとめ】

Amazonのマーケットプレイス詐欺が止まりません。アカウントの乗っ取りも増えていますし、Amazonの対応が待たれるところです。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

ECは最新テクノロジーでどう変わる? 決済、AI、リアル戦略など米国ECの今とこれから

ECテクノロジーやマーケティングは日本の先を行くと言われる米国のネット通販市場。AI(人工知能)、会話型EC、EC決済など、米国ECの最新トレンドなどを紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンが小売業界を制する日がやって来る……小売り企業が対抗する方法は?

アマゾンは過去20年、小売業界に身を置く企業の顧客や体力を少しずつ奪っていきました。最後の一撃はすぐそこにまで迫っています。

再配達問題を考えよう! わが社の再配達削減策

再配達はどう減らす? 楽天が始める出店者への特別運賃・多様な受取方法の施策とは

「再配達削減」に向けた取り組みで日本郵便との提携を強化すると発表した楽天。ECプラットフォームとして初めて「再配達削減策」に乗り出すその内容は?

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

魔女の宅急便ならぬロボネコの宅急便が登場。ヤマト運輸とDeNAが「ロボネコヤマト」をスタート

本格的に身近なものになるにはまだまだ時間がかかりそうですが、体験するためだけに藤沢市に行ってみたくなります。

通販新聞ダイジェスト

“顧客視点”の配送サービスで付加価値、再配達削減に向けた事業者の取り組み

再配達削減につながり、かつ顧客視点に立った商品の受け取り方法はどう提供すればいいのか? 楽天と日本郵便のタッグ、アスクル、ファンケルの取り組みを紹介。

単発記事

アマゾンが「Amazonフレッシュ」を開始、最短4時間で生鮮食品を届ける仕組みを解説

アマゾンジャパンが生鮮食品などを注文から最短4時間で配送する「Amazon フレッシュ(アマゾンフレッシュ)」をスタート。そのサービス内容や仕組みなどを解説。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

「受注管理」に潜む落とし穴。当たり前だと思っていた作業が実はムダだった?

多くのEC事業者が気付かないうちに陥っている落とし穴、「受注処理の無駄」についてお話します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

カゴ落ち率84%のモバイルECでコンバージョン率を確実に伸ばす4つの方法

商品をモバイル経由でカートに入れた場合、たった16%しか購入に至りません。どうすればEC事業者はモバイル経由のコンバージョン率を高めることができるのでしょうか?

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

SEOに疲れたあなたに朗報!? Googleの画像検索に自社商品が出せるようになりました

一発受取でポイント、自社配送、置き場所指定お届け、ショップから発送状況を通知……などなど、再配達削減のためのサービスを競う時代になってきました。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!