セキュリティ

『ネットショップ担当者フォーラム 2022年春号』ダイジェスト

カード情報漏えいや不正取引の対策で ニーズ急拡大の「Amazon Pay」

「Amazon Pay」は、「カート離脱率を改善したい」「CVRを高めたい」「新規顧客を増やしたい」といったマーケティング面の役割のほか、EC事業者からは不正アクセス・不正取引対策としての需要も広まっている
瀧川 正実6/27 8:00181
PR

月額4000円であなたのECサイトを不正注文から守ることができる! 業界最安値の「不正チェッカー」とは?

ECの需要が増加するなかでクレジッカードの不正利用も増えている。かっこは業界最安値という月額4000円の不正注文検知サービス「不正チェッカー」の提供をスタート。ECサイトにおける不正な注文に対して、安価で手軽に対策を打つことが可能になるという
キヨハラサトル3/8 8:00271

ベイシアのECサイトに不正アクセス。セキュリティコード含むカード情報3101件が流出した可能性

漏えい可能性の原因は、ジーアールが運営するEC構築サービス「オムニECシステム」への不正アクセス
瀧川 正実2021/11/5 9:00750

ライトオンのECサイトに不正アクセス。氏名、メールアドレスなど個人情報24万件が流出

漏えいした情報にはクレジットカード番号、ECサイトのパスワードは含まれていない
瀧川 正実2021/11/5 7:00230
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

小売事業者の新たな収益源になる可能性がある「双方向オプトイン(Two-sided opt-in )」とは

双方向オプトインの技術により、小売企業は消費者の行動に関するインサイトを得ることができ、より詳細なトレンド分析や、より細かいデータに基づいたマーケティングの機会を得ることができます
Digital Commerce 3602021/10/21 8:00220
今日から試せるネットショップ運営ノウハウ powered by カラーミーショップ

「なりすまし注文」「取り込み詐欺」「転売目的の注文」などECサイトを襲う不正注文の手口や対応方法を解説!

売り上げに大きな影響を与える不正注文は、ECサイト運営者にとって避けて通れない問題の1つです。狙われやすい商材や手口、事例、対応策について解説します
よむよむカラーミー2021/9/8 7:00560
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ECプラットフォームを使う通販サイトを狙う新たなサイバー攻撃「Magecart」とは

サイバー犯罪グループ「Magecart」が進化し、ターゲットを拡大しています。EC事業者は敵を知り、リアルタイムに対抗することが、現在の、そして未知の脅威に対する最善の防御となります
Digital Commerce 3602021/8/5 8:001070
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

EC事業者を狙うAPI攻撃。知っておくべき危険性と対処法

Webサイトやモバイルアプリのユーザーインターフェースに対する従来のサイバー攻撃よりも、さらに危険なAPIへの攻撃。API攻撃に注意するべき理由はたくさんあります。
Digital Commerce 3602021/6/17 7:00660
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ECサイトを狙う2大詐欺ボットの最新手口とダークウェブの今、悪質事業者への対抗策

ブランドや小売事業者は、機械学習技術を活用してボットの行動を分析することで、詐欺ボットから身を守ることができます。
Digital Commerce 3602021/2/12 10:00780
PR

クレジットカード決済を導入するEC事業者が知っておくべき不正利用対策【SBペイメントサービスが解説】

非対面取引のEC事業者に対し、改正割賦販売法では「多面的・重層的な対策」を義務付けました。それは、「本人認証」「券面認証(セキュリティコード)」「属性・行動分析(不正検知システム)」「配送先情報」の4方策。「クレジットカードの不正利用」への対策はどうすればいいのか? その解決策をSBペイメントサービス株式会社の霜鳥宏和氏が解説
吉野 巨人2020/11/18 9:3017770
E-Commerce Magazine Powered by futureshop

EC事業者は知っておくべきID・パスワードをだまし取る「フィッシングメール」のリスクと対策まとめ

サービス事業者を装いID・パスワードなどをだまし取る「フィッシングメール」の被害に遭うEC事業者が増えています。顧客の個人情報漏えいはECサイトや事業の存続に関わる問題のため、メールの見分け方や対策方法などをしっかり確認しましょう
E-Commerce Magazine2020/11/10 9:00750
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

クレカ決済を扱う事業者に求められるPCIコンプライアンスとは? 必要要件とチェック項目を解説

すべての主要カード会社が支持するPCIデータセキュリティスタンダード(PCI DSS)は、クレジットカードおよびデビットカードを取り扱うすべての企業にコンプライアンス遵守を求めています。今回は、加盟店のカード使用状況に応じて必要になる事項をまとめると同時に、PCIコンプライアンスにかかるコストを最小限に抑える方法についてアドバイスします
Digital Commerce 3602019/12/12 8:00430

ユニクロとジーユーのECサイトに不正アクセス、リスト型攻撃で46万件強の顧客情報が閲覧された可能性

「リスト型アカウントハッキング(リスト型攻撃)」は、何らかの手段により他者のID・パスワードを入手した第三者が、これらのID・パスワードをリストのように用いてさまざまなサイトにログインを試みることで、個人情報の閲覧などを行うサイバー攻撃
瀧川 正実2019/5/15 7:304340

クレカ決済のセキュリティ対策を講じているECサイトは「実行計画」に取り組んでいると自己宣言を

クレジット取引セキュリティ対策協議会は、情報漏えいやカードの不正利用などを防ぐためのセキュリティ対策を規定。EC事業者が実行計画に基づいてセキュリティ対策を実施したEC事業者に対し、取り組みの内容を自社のECサイト上で宣言することを求めている
渡部 和章2019/3/25 9:00352214
PR

あなたのECサイトは狙われている! 不正注文6つの手口&割賦販売法に対応した対策を徹底解説

不正注文への対策は何がベスト? 改正割賦販売法に適したセキュリティ対策とは
瀧川 正実2018/11/13 7:0058177
単発記事

ECサイトはなぜ常時SSL対応しなければならないのか? Eストアー石村社長が説く

Webサイトの常時SSL対応の最新情報などを、老舗EC支援企業のEストアー・石村社長に聞いた
瀧川 正実2018/9/27 6:002680

大麦製品のECサイトでカード情報2.4万件が漏えいか。セキュリティコードも流出の恐れ

外部からの不正アクセスと推察しているが、侵入経路や手段は判明していないという
瀧川 正実2017/12/27 6:00824918

ホテルのECサイトでカード情報234件が流出か。セキュリティーコードも漏えいの可能性

Webアプリケーションの脆弱(ぜいじゃく)性を利用した外部からの攻撃が原因
瀧川 正実2017/12/1 6:00270
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンが生活インフラ化に向けた次の一手、「宅内配達」通じ在宅業務代行も実現

アマゾンは「Amazon Key」の提供を通じ、家主が不在でも、第三者が家に入って作業を行い、安全に立ち去ることができる環境を作ろうとしている
Digital Commerce 3602017/11/2 7:001891
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ECサイトのセキュリティと使いやすさはどう両立する? Amazonら米国大手EC企業の例

ECサイトのセキュリティと使いやすさを維持するための3つの方法を、Amazonなど米国大手ECサイトの状況から解説
Digital Commerce 3602017/8/17 8:00881
通販新聞ダイジェスト

情報漏えいを防ぐECサイトの不正アクセス対策は何が必要? 【流出責任の裁判例あり】

サイト構築を委託した外部企業の責任を問うた裁判では、システム会社に必要な対策をしていなかったとする重過失を認めた
通販新聞2017/3/14 7:001862

セキュリティコード含むカード情報1.7万件が流出か。インテリアECサイトに不正アクセス

Flavorが運営するインテリアのECサイト「Re:CENO公式オンラインショップ」が外部からの不正アクセスを受けた
瀧川 正実2017/2/24 10:00187582
いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

不正注文に対抗するためネットショップが最低限知っておきたい対応策を紹介

近年多発しているクレジットカードのなりすましによる不正注文。様々な最新の対抗策を複数組み合わせて講じることで被害を未然に防ぐ方法をご紹介!
株式会社いつも.2016/12/5 7:001291

パイプドビッツのECシステムから個人情報漏えい、導入サイトの会員データ98万件が流出の可能性

アパレル特化型ECプラットフォーム「スパイラルEC」に不正アクセス
中川 昌俊2016/6/23 9:3059163
単発記事

楽天が9月から始める「レビューへの傾聴施策」「違反点数制度」って何?

低評価レビューの原因が店舗側にある場合は1件当たり700円を課金する、などの改善施策を通じて「安心・安全」を強化する
中川 昌俊2016/6/2 12:007004817

楽天が「HOME'S‎」などとタッグ、空き家情報を「楽天市場」で活用して不正注文対策

2015年は72億円分の不正注文をストップしたという
中川 昌俊2016/4/15 6:30316102

ECサイトのカード情報は原則非保持へ、保有する場合はPCIDSSへの準拠を推進

経済産業省2018年3月までに、カードのEC加盟店などに対し、非保持化などを推進する安全対策を強化する
瀧川 正実2016/2/24 10:001335914
ネッ担ムック2015『ECトップランナー8社が語るネット通販の未来 + 関連サービス250まとめ』ダイジェスト

チャージバックや未払いの発生を5割以上も未然に防ぐ「O-PLUX」とは?

後払い決済代金の未払いについては60~70%の不正を防ぐことができる実績
中川 昌俊2015/12/3 8:002521
単発記事

チャージバックを未然に回避しよう。怪しい注文を見破る5つのポイント

増加傾向にあるEC企業でのチャージバック。発生すると売り上げが取り消されるということも
瀧川 正実2015/11/25 9:003792
単発記事

詐欺サイト撲滅をめざす「ozie」の取り組みに学ぶ、すぐにできるフィッシングサイトへの対処法

「Google アラート」で集めた自社に関する情報のなかから、詐欺サイトに関するサイト情報はGoogleの「フィッシング詐欺の報告ページ」で申請している
柳田 敏正2015/2/17 10:00427377

ネット通販の請求書を装ったスパムメールが急増、トレンドマイクロ

国内銀行主要15行のネットバンキングの認証情報などをターゲットにしているとみられる
中川 昌俊2014/12/12 17:00570
単発記事

コーヒー通販大手ブルックスがPayPalを使って取り組む日本初のオムニチャネルとは?

顔認証感覚でのキャッシュレス決済、店舗で簡単にECサイトで購入できるオムニチャネルマーケティング事例をレポート
瀧川 正実2014/10/23 7:0027342

和菓子販売のECサイトに不正アクセス、カード情報1.4万件が漏えいの可能性

被害を受けたのは「宗家源吉兆庵オンラインショップ」。システムの一部脆弱(ぜいじゃく)性を突いた不正アクセスにより、ペイメントアプリケーションが改ざんされたという
瀧川 正実5/27 8:00450

ECサイトを改ざんしクレジットカード情報を窃取する「Webスキミング」に注意を! 通販サイト運営者に求められる対策とは

不正スクリプトを読み込ませるようにECサイトを改ざんし、不正にクレジットカード情報等を窃取する「Webスキミング」の手口の一種を確認した
瀧川 正実3/28 9:00140

かっこの不正検知サービス「O-MOTION」、業界特化型「O-PLUX」が「GMOクラウドEC パッケージEC」で利用可能に

ECサイト構築サービス「GMOクラウドEC パッケージEC」で、かっこの不正検知サービス「O-MOTION(オーモーション)」と業界特化型「O-PLUX」が利用可能になった
藤田遥3/9 8:00330

「サイバーセキュリティ対策の強化を」。内閣サイバーセキュリティセンター、経産省など6省庁が連名で注意喚起

EC業界では決済代行サービスのメタップスペイメントは2月、データベースへの不正アクセスで、最大46万件のカード番号やセキュリティコードなどが流出したと発表している
瀧川 正実3/4 9:302101

クレカ不正利用対策強化を目的に、かっことユーシーカードが紹介パートナー契約を締結

ECの利用が進む一方で、クレジットカード番号などの情報を盗まれ不正に使われる「番号盗用被害」が急増。「日本のクレジット統計2020年版」によると、「番号盗用被害」の額は223億6000万円
瀧川 正実2021/9/22 10:00370

AIでクレジットカードの不正利用を早期発見、フューチャーショップとSBペイメントサービスが不正検知サービスでシステム連携

「futureshop」「futureshop omni-channel」とソフトバンク子会社のSBペイメントサービスが提供するAIを活用した不正検知サービス「AI不正検知」のシステム連携を始める
瀧川 正実2021/8/4 12:00231

ecbeingが標準オプションでチャージバック対策を提供、不正検知・認証システム「ASUKA」と連携で実現

「ASUKA」は、ECサイト注文導線のなかで、クレジットカード不正利用者を効果的に排除し、チャージバック対策ができる不正検知・認証システム。EC構築ベンダーにおける「ASUKA」実装は、国内初という
瀧川 正実2021/7/7 10:00251

Visaが提言する3つの消費トレンド&ECビジネスの不正利用対策

Visaによると、不正利用は従来の取引からデジタルコマースに移行。それらに対処するため、決済業界が積極的な措置を講じるよう呼び掛けている
石居 岳2021/5/25 10:00430

アーバンリサーチのECサイトに不正アクセス。個人情報が漏えいの可能性、クレジットカード情報の流出はなし

ECサイト「アーバンリサーチ公式オンラインストア」に対して外部からの不正アクセスが発生。流出した可能性がある個人情報は、ECサイトと連携している「URCLUB会員情報」のうち31万7326人分。クレジットカード情報の流出はなし
石居 岳2021/3/11 10:00461

PayPayが複数の端末利用を管理する「ログイン管理」機能をスタート。不正ログイン時のログアウトが可能に

キャッシュレス決済サービス「PayPay」の同一アカウントを複数の端末で利用している際、利用端末を一覧で管理できる「ログイン管理」機能を1月26日から開始した
藤田遥2021/1/27 10:00220

【ヤフー店舗は要確認】約39万件のID誤登録問題で「商品が届かない」。「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」でトラブル発生

「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」出店者は、「配送した商品が届かない」「買っていないのに商品が届いた」といった消費者からの問い合わせ対応、配送対応、請求業務への対応などが必要になる
瀧川 正実2020/8/7 7:00111110

コロナ禍でEC不正注文が増加。被害割合TOP3は「健康食品」「ホビー」「アパレル」

かっこはコロナ禍におけるECの不正被害について商材別に調査を行った。昨年と比べて被害が増加したのは「アパレル」で最多は「健康食品」だった。BtoCのEC化率が上がっていることや新型コロナウイルスの影響でネット通販の利用が増えたことで、不正被害が増加している
藤田遥2020/7/2 11:0089190

「カメラのキタムラ」にリスト型攻撃で不正アクセス、個人情報が閲覧された可能性

不正アクセスの手法は、何らかの手段により他者のID・パスワードを入手した第三者が、これらのID・パスワードをリストのように用いてさまざまなサイトにログインを試みることで、個人情報の閲覧などを行うサイバー攻撃「リスト型アカウントハッキング(リスト型攻撃)」
瀧川 正実2020/6/17 10:00475

スポーツ用品のECサイトに不正アクセス、カード情報が最大63件漏えいした可能性

スポーツ用品販売などのステップは3月24日、ECサイト「ステップスポーツオンラインショップ」から顧客のクレジットカード情報が最大63件流出した可能性がある
瀧川 正実2020/3/25 11:003880

【チェックリストあり】クレジットカードのEC加盟店向け情報漏えい対策の簡易チェック方法

クイズを進めていくことで、ECサイトにおける漏えい対策で不足しているポイントが簡易に確認でき、クレジットカードのEC加盟店で取るべき対策が理解できる内容となっている
石居 岳2020/3/2 11:00350

バイク用品のECサイトに不正アクセス、カード情報が最大3103件流出の可能性

バイク用品のオンラインショップ「ダートバイクプラスオンラインストア」から顧客のクレジットカード情報が最大3103件流出した可能性があると運営元のダートフリークが発表
渡部 和章2020/1/23 10:0010200

ベーグル販売のECサイトに不正アクセスで520件のカード情報が漏えいの可能性。セキュリティコードも

一部システムの脆弱(せいじゃく)性を突く第三者からの不正アクセスが発生。クレジットカード情報が不正利用された可能性がある
藤田遥2020/1/16 11:00840

ECサイトへのパスワードリスト攻撃が増えている? 事業者がとるべき対策は?

「リスト型アカウントハッキング(リスト型攻撃)」は、何らかの手段により他者のID・パスワードを入手した第三者が、これらのID・パスワードをリストのように用いてさまざまなサイトにログインを試みることで、個人情報の閲覧などを行うサイバー攻撃
石居 岳2020/1/16 10:00480

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]