現在地

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

世界最大級のEC専門媒体「Internet RETAILER」から厳選したコンテンツを日本語でお届け
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ネット通販のSEO対策で大切な4つのポイント。肝は「ロングテール」「コンテンツ」

検索からの流入がどれほど重要なのかはすでにご存知のことでしょう。トラフィックがなければ売り上げは伸びません。今回は、ECサイトへの流入を増やすためのSEOに関する4つの重要な戦略をお伝えします。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

カゴ落ち率84%のモバイルECでコンバージョン率を確実に伸ばす4つの方法

商品をモバイル経由でカートに入れた場合、たった16%しか購入に至りません。どうすればEC事業者はモバイル経由のコンバージョン率を高めることができるのでしょうか?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンはファッションジャンルも制するのか? オリジナルブランドの衣類が好調なワケ

米国のアマゾンが2016年から始めたオリジナルのファッションブランドの売れ行きが好調のようです。その要因は?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

配送で最も重要視するのは送料無料? それともスピード配達? [米国2815人の調査]

2815人の消費者を対象に行った米国でのユーザー調査によると、大多数の消費者が送料無料なら配送が遅くても構わないと回答しました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【米国EC事情】ARやVRなど先端技術に投資しない理由、パーソナライズに注目するワケ

EC企業は今後、どのようなテクノロジーに投資していけばいいのでしょうか? 米国EC事業者は、コアビジネスに直結する技術への投資を計画しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない、お客に支持される通販サイトがやっている4つの施策

商売に成功しているブランドは、Amazon(アマゾン)にはない差別化したサービスを提供しています。米国のEC企業が実践しているその秘訣(ひけつ)とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンに負けない買い物体験を提供する方法とは? 米国EC企業3社の事例

Amazon(アマゾン)の有料会員制プログラム「アマゾンプライム」に対抗するにはどうするべきか? Target、Benefit Cosmetics、J.C.Penny、Best BuyといったECを手がけるEC小売事業者の事例を紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

リピート客約9割のアマゾンに勝つロイヤリティ施策には何が必要? 米国ECの今に学ぶ

アマゾンの得意分野である価格競争力と利便性を重視する消費者が増える中、EC事業者は消費者に商品を購入してもらうためにはどんな努力が必要でしょうか? 米国の今を解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

スピード配送ではアマゾンに勝てない――ウォルマートがプライム対抗策を廃止した理由

Amazonプライムの対抗サービスとされていたウォルマートの配送サービスは、なぜ廃止に追い込まれたのでしょうか? その理由などを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンに負けない自社ECサイトを作る5つのポイント

多くの中堅小売業者は、カスタマーエクスペリエンスやブランドストーリーでアマゾンより優れていますが、自社ECサイトでそれらのメリットをもっと明確に伝える必要があります。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

モバイルECのコンバージョン率は1%だけど……スマホ対策に注力&投資すべき理由

米国のある調査では、小売事業者の48%が「モバイルがビジネスに多大な貢献をもたらした」と回答。対象者のスマートフォン経由売上は2015年比で平均65%アップしています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

トランプ大統領がEC業界へ与える影響を考える。米国向け越境ECの行方は?

ドナルド・トランプ大統領の就任によって、EC業界にはどのような影響があるのでしょうか? 中国からの輸入製品への関税を45%に引き上げるこや、アリババとの協業など米国専門誌が分析します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

会話型コマースをやるべき5つの理由。Alexa、WatsonなどのAIはECをどう変える?

米有力EC企業1-800 Flowers.comのクリス・マッキャンCEOは、今後の成長には会話型コマースが必要だと考えます。なぜそのように考えるのか、その理由を話しました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

「Amazonプライムの価値をより高める」アマゾン幹部らが語る会員向けカードの詳細

Amazonプライムの会員向けカードは、アマゾンの買い物で5%、レストランやガソリンスタンド、ドラッグストアでの利用で2%、その他の買い物で1%のキャッシュバックが行われます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

AIなど最新テクノロジーはネット通販をどう変えるのか? 米のIoT専門家が語るECの未来

AI(人口知能)、IoT(モノのインターネット)はネット通販をどのように変えるのだろうか? “インターネット・オブ・エブリシング(IoE)”という言葉の産みの親である米国の専門家へのインタビュー。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

やっぱり気になるアマゾンの動向。アメリカのEC関係者が2016年に最も読んだ記事16選

2016年に最も読まれた「インターネットリテイラー」の記事を見てみると、アマゾン関連の記事が上位にランクイン。サービス利用と同時に競合にもなるアマゾンに、米国では注目が集まっています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

[最新の米国EC事情]アメリカ人はECをどう使う? 約5000人が答えた消費者インサイト

シンクタンクのPew Researchが発表したECに関する研究結果によると、ここ10年足らずの間で、米国人がECで買い物をする頻度のほか、買い物方法も様変わりしているそうです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

東南アジアで「アマゾンvsアリババ」6.2億人のECマーケット巡る熾烈な戦いが始まる

アマゾンが2017年に東南アジアへ進出する見込みが高いとされるなか、東南アジア最大のECサイトであるラザダが先制攻撃を仕掛けています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

1日で1.7兆円を売り上げる秘訣は? アリババやJDが重視する中国のビッグデータ分析の今

JD.com(京東商城)とアリババグループは、中国の消費者動向を詳細に分析するための指標を作成。分析データを、今後の戦略決定に活用しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

実店舗への送客も見える化! オムニチャネル促進のGoogleアドワーズの2つの新レポート

グーグルはAdWordsのレポートツールに、距離と場所の要素を追加。消費者がどこの場所・地域からお店に訪問しているかを可視化することができるようになります。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

EC企業のSEOはどうすればいい? グーグルのモバイルファーストインデックス対策

PCサイトとモバイルサイトを別々に制作しているEC事業者は、グーグルの検索インデックスの変更(モバイルファーストインデックス、MFI)によって、制作・運用方法を変更する必要が出てくる可能性があります。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンvs.グーグルショッピングの価格競争。EC事業者は把握すべき価格検索の潮流

価格調査会社360pi社が750品目を対象に価格調査を実施したところ、グーグルショッピングよりもアマゾンで販売している商品価格が安かったのは25%にとどまりました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

メルマガの売上を4倍、開封率3倍を実現したパーソナライズメールの運用方法

玩具のECサイト「TheToyShop.com」は、MAツールを導入した結果、メール経由の売り上げは300%増、開封率は200%アップ、モバイルデバイスからの売り上げも120%増え、リピート客は60%上昇しました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

FacebookがECプラットフォーム化する? FBメッセンジャーの買い物機能を解説

米Facebook社は、フェイスブック経由で小売業者が消費者に対して商品を販売(販促から決済まで)できる機能を開発。日本でも数か月内でリリースされるという話があがっています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonを追撃するウォルマートが通販サイト「Jet」を33億ドルで買収した理由

世界最大手の小売企業であるウォルマート・ストアーズは9月、ECマーケットプレイス「Jet」を運営するジェット・ドット・コムを33億ドルで買収。その狙いは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

検索もアマゾンの時代? 5割超のユーザーは商品探しでグーグルよりもアマゾンを使う

オンラインマーケティング会社BloomReach社の調査によると、ネット通販利用者の多くがアマゾンで商品検索をしているため、検索エンジンや他のEC業者はシェアの落ち込みが続いているようです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

効果を出すメール活用法を大公開! メールマーケティングで売上を伸ばす米国企業の施策

米国の小売企業ではメールマーケティングに時間とコストを費やす傾向が目立ってきているという。セグメント配信、時間軸など緻密に計算された施策で効果を上げる企業が増えてきたからのようです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Pinterestユーザーの5割はECで買う? ネット通販との親和性が高いピンタレスト最新情報

米国ではEC企業のピンタレスト活用に注目が集まっています。ピンタレストユーザーの55%はピンタレスト上で商品を購入。フェイスブックなどの購入割合(9~12%)をはるかに上回ります。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのスピード配送に対抗するために米小売企業・EC事業者がやっていること

EC業社(全米トップ30)の平均配送スピードは4日間。1日か2日で商品が届くことに慣れているアマゾンプライムの会員にとって、とても遅い配達に見えます。米国企業はどのようなスピード配送対策を行っているのか?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アプリは小売店の売上UPに役立つのか? ウォルマート、ノードストロームら米国事例3選

米国でモバイルEC売上の上位にランクインしている小売事業社の多くは、自社のアプリに店内モード機能を搭載。消費者が商品を購入をするためのツール以上の役割を果たしています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

“モバイルファースト”が成長の鍵、グローバルEC市場で起きている「明と暗」

米国のEC市場では、モバイルコマース市場のシェアを積極的に取りにいっている企業は、モバイル対応に遅れを取っている企業よりも早い成長を遂げています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

中国越境EC市場はすでに激戦? 「ネット爆買い」狙う有名ブランド企業の進出状況

中国でのオンライン売上を拡大するため、さまざまなハイブランドが販売を強化しています。独のカメラメーカー「ライカ」、日本からはパナソニック、象印など、アパレルでは「フェラガモ」「ヒューゴ・ボス」などが進出し始めています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

シェア伸ばすアマゾン、落とすアリババ。数字で見る1.7兆ドルのグローバルEC市場の今

インターネットリテイラー社によると、グローバルEC上位企業のマーケットシェアに大きな変化が見られます。eBayとアリババは自国でのマーケットシェアを落とす一方、JD.comやアマゾンが自国でのシェアを伸ばしています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

「共感」を生むソーシャルメディア運用でフォロワー数200万人。創業5年の米国EC事例

ソーシャルメディアで200万人ものフォロワーを抱えるアパレルブランド「チャビーズ」は、「感情に訴え、理解しやすく、人に伝えやすい、そして信頼性の高いメッセージを発信」することで消費者とのコミュニティを形成。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アリババは日本よりも先を行く? 今夏に始めるVR活用の新しいショッピング体験とは

アリババは2016年夏、バーチャルリアリティ技術を活用したデモ店舗をオープンし、年内中に幅広く展開する予定。アリババが狙う「バーチャルリアリティショッピング」とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾン「プライムデー」の流通総額は? プライム会員数、他のEC企業の動向なども解説

流通総額は全世界で25億ドルだったと推測される2016年のアマゾン「プライムデー」。米アマゾンのプライム会員数、割引率の大きかった商品、顧客満足度などについてもインターネットリテイラー社が解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

目指すはアマゾンからのシェア奪取! 世界最大級のラグジュアリーEC「ユークス」とは

ラグジュアリーECを手がけるユークスネッタポルテグループは、2015年のオンライン売り上げは5億5800万ドルで、EC専門雑誌「「北米 EC事業社トップ 500 2016年版」」で72位。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ウォルマートが本気のドローン導入。物流センターでの活用の次は、商品宅配も視野に?

米小売最大手ウォルマートの物流センターでは、カメラ付きのドローンが飛び回り、すべての商品が正しい棚に置かれているか確認しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

450万円以上もネット通販で買い物する中国人を囲う「アリババ・パスポート」の真相

ECサイトの売り上げを伸ばすためには“お得意さま”の購入頻度を上げることも重要になります。アリババ社が手がける“お得意さま”向けの招待制プログラム「アリババ・パスポート」を解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Facebook幹部があかす動画EC成功のひけつ「最初の3秒とおもしろさが重要だ」

Facebook社のeコマース部門長が明かした、Facebookを使った動画コマースの重要性、商品を掲載したカルーセル広告を活用する販促方法などの事例などを紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

中国向けECは酒類の販売に“商機”あり。ワインなどがオンラインでバカ売れする理由

お酒をたしなむ中国人のうち、90%が店舗で酒類を購入しつつも、オンラインでも55%がワインなどのアルコール飲料を購入しているという調査結果をニールセン社が発表しました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

最新の米国オムニチャネル事情。9割のユーザーが商品の店頭受取・返品に「満足」

米国の小売事業者が行っている、ECサイトで購入した商品の受け取りや返品を実店舗で行っているオムニチャネル戦略について、消費者からの評価がとても高いという事実が調査で明らかになりました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

年間160億個のEC商品を配送する中国。“送料無料は当たり前” 最新の中国EC物流事情

中国国内で2015年に配送された荷物の80%はEC商品。そのほとんど(87%)が、消費者へは送料負担なしで発送されているそうです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

デジタル革命が進む中国EC物流 6億件の出荷情報を1日で処理するアリババ子会社の進化

アリババの物流子会社ツァイニャオは2015年のシングルズデー(独身の日)に2億5000万個の荷物を出荷しました。それを支えるバックヤードの秘密とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonで20分間のサイトダウン 損失額は20分間で375万ドル?

アマゾンドットコムのECサイトで2016年3月10日、20分もの間、サイトがダウンしました。InternetRetailer社は、20分間のサイトダウンが約375万ドルもの売り上げ損失につながったと推察しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アジアEC市場の成長率は32%、アジア向け通販成功のひけつを米国小売企業に学ぶ

2015年、アジアでのECビジネスは8350億ドルにまで成長しました。インターネットリテイラー社が発行する「アジア EC事業トップ500社 2016版」にも書かれている通り、国をまたいでECビジネスを展開するには、国ごとに異なるマーケットを熟知する必要があります。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル