データ・競合分析

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ウォルマート、ターゲットなどに学ぶ最新のオムニチャネル。カギは「データドリブン」「SNS活用」「インフルエンサー」

米国小売事業者の最新オムニチャネル戦略とは? 各社の事例を交えて解説します
Digital Commerce 360[転載元]3/7 8:001020
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazon販売事業者が押さえておきたい「リピート率」「マーケットシェア」「業績」関連の指標まとめ

前回・前々回に続き、Amazon販売事業者が押さえておきたい指標を米投資銀国のレポートから全3回にわたって解説。最終回の今回はリピート率、マーケットシェアなどの指標をまとめて紹介します【第3回】
Digital Commerce 360[転載元]2023/12/14 7:00131
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

商品詳細ページ作りに生成AIを活用するメリットとは? 多店舗の効率的な運用管理、収益UPに直結するマーケティングなどを実現

米国で歯磨き粉の小売業を営むColgate社の事例から、生成AIツールを活用した商品詳細ページを解説します。効率的かつコンバージョンアップに期待が持てるページ作りとは?
Digital Commerce 360[転載元]2023/8/17 7:00160

「無理のない高LTV」をめざす。 老舗企業の富澤商店が仕掛ける“日本人の特性にあった次世代ソーシャルコマース”とは?

富澤商店は、特許AI技術を持つAIQと業務提携し「次世代ソーシャルコマース事業」を開始した。創業103年の老舗企業がAI技術を駆使して構築する新しい購買体験の全体像と、PoC(Proof Of Concept:概念実証)から得られた考察を聞く
大谷 秀吾[執筆]2023/8/3 7:0050150

ハルメクに学ぶシニア世代の意識と行動のギャップを捉えるデジタル誘導施策と成功術

長年、シニア世代に特化して事業を展開しているハルメクグループ。シニア世代が抱える意識と行動のギャップを捉えた対策によってデジタル誘導比率を大幅に増やせることを、独自の調査結果や事例を通して解説する
関谷 由佳理[執筆]2023/8/2 8:006190

自社ECで役立つGA4の基礎と活用法とは? UAとの違い、注意点、レポートの活用法などを運営堂の森野氏が解説!

2023年7月1日に完全移行した「Googleアナリティクス4(GA4)」。そのEC向け活用法について、基礎的な部分から注意点、標準レポート、探索レポートまで、担当者が知っておきたい要点を紹介
キヨハラサトル[執筆]2023/7/18 8:00121154
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

米サブスクEC企業の事例に学ぶリピート率・客単価向上につながるコミュニケーション施策・効果的なマーケティング手法

犬用商品のサブスクリプションサービスを展開する米国事業者の成功事例から、アップセルやクロスセルにつながる具体的なマーケティング施策を紹介します
Digital Commerce 360[転載元]2023/6/22 8:00130
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

EC実施企業のCVR率は? 小売事業者は2.8%、ダイレクトマーケは3.6%、EC専業は2.5%【米国企業の調査】

調査結果によると、2022年に最も高いコンバージョン率(CVR)を記録したのはダイレクトマーケターでした。ダイレクトマーケターをはじめとした、ビジネスモデル別のCV率を調査結果から解説します
Digital Commerce 360[転載元]2023/3/23 8:001181

香水EC市場に新たな風! テクノロジーで香水のファンマーケティングに成功した「カラリア」の独自戦略とは

「カラリア」で香水のサブスクリプションサービスを提供するHigh Linkに、ファンを増やす“仕掛け”などマーケティングの成功事例を聞いた
高野 真維2023/3/20 7:00580

オンワードと資生堂が考えるアフターコロナの「顧客体験」と「顧客理解」。 デジタルを活用した試着予約や情報発信から“感性”によるタグ付け、DNAの活用まで、あの手この手でアプローチ

コロナ禍に求められる顧客体験創出や顧客理解のあり方について、アパレル大手のオンワードと化粧品大手の資生堂のEC事業の責任者が、それぞれの観点から考えや戦略を語った
キヨハラサトル[執筆]2023/3/13 8:00392
通販新聞ダイジェスト

【アスクルの機械学習活用事例】販促施策の引上額5%アップ、活用するプラットフォーム、人材育成などを解説

「機械学習」を活用した施策を強化し、効率的なマーケティング施策の展開や商品の購買率アップなどに成果を上げているアスクルの事例を解説
通販新聞[転載元]2023/1/19 7:30190
店舗ビジネスに役立つ『口コミラボ』特選コラム

AppleがiPhone「マップ」に検索広告を表示する仕組みを検討?

「マップ」アプリの検索広告は、Appleに広告料を払うことで、関連するキーワードで検索したユーザーに対して自店舗の広告を上位に表示し、効果的に宣伝できるという仕組み
口コミラボ[転載元]2022/9/5 9:00260
店舗ビジネスに役立つ『口コミラボ』特選コラム

顧客分析で押さえるべき4つのポイント&効果的な6つのフレームワーク

飲食店や小売業などでは、顧客に直接店舗まで足を運んでもらわなければなりません。顧客を自社のファンにさせるためにも、顧客分析は必要不可欠です
口コミラボ[転載元]2022/8/29 9:00141

仕入れ値が急上昇! 値上げか、据え置きか? 前年同月比229%を達成したEC店長の決断とは?

コロナ禍で需要が急変。経験則が通用しない時代の在庫管理はどうあるべきか。自転車用品専門店「自転車グッズのキアーロ」を運営するテラオの佐々木伸一氏が、Nintの西尾宗哲氏と語り合った。
ネットショップ担当者フォーラム編集部2021/12/16 8:002872Sponsored
中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

「顧客体験」にこだわる中国EC企業が実践しているユーザーの感情分析とその実践法

ユーザーの感情が顧客体験に大きく影響し、カスタマージャーニーの改善において重要視されています。多くの企業はさまざまな方法でユーザーの感情を分析し、CVR向上につなげています
トランスコスモスチャイナ(transcosmo..., 樊迪(Fenndy Fan)2021/5/19 9:001350
中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

店舗のディスプレイ広告もパーソナライズ。オンラインとオフラインのデータ連携でCX向上を実現する中国のデータ活用法

中国ではオンラインで取得した情報を消費者理解を深めています。また、オフラインで取得したデータと連係し、消費者の体験価値向上に取り組んでいます
トランスコスモスチャイナ(transcosmo...2021/4/26 9:001751

この先の小売・ECに求められるユニファイドコマース戦略とは? 2020年の振り返りから2021年以降のEC業界をecbeing林社長に聞く

コロナ禍の2020年、EC業界における変化を振り返りつつ、2021年注目の戦略「ユニファイドコマース」や「ecbeing」の注力施策について、EC構築実績1300サイトを超える「ecbeing」の代表取締役の林雅也氏が語る
キヨハラサトル2021/3/31 9:00150111Sponsored
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

位置情報の活用で変わる小売り&ECビジネス。「ロケーション・インテリジェンス」の影響と活用法を事例で解説

小売り事業者が「ニューノーマル」の中で成功するには、知識や情報を駆使して、ビジネスにおけるロケーション(位置情報)の可能性を理解する必要があります。
Digital Commerce 3602021/3/11 9:00320

あなたのAmazon店の運営業務を効率化する欧州発のデータ分析ツール「FACTOR-A SUITE」とは

レギュラス・ソリューションズが国内独占提供するAmazon販売事業者向けデータ分析ツール「FACTOR-A SUITE」について解説
石居 岳2021/1/28 8:003340Sponsored

「b8ta」日本上陸から5か月。日本市場における「体験型店舗」の可能性とは?

米国発の体験型店舗「b8ta」が東京に2店舗オープンしてから5か月が経過。日本でも体験型店舗は受け入れられるだろうか? 日本市場における体験型店舗の可能性を探る
公文 紫都2021/1/12 9:009170

エアークローゼットの「顧客の生の声」をEC経営に生かすデータ活用法と実践例

エアークローゼットが実績データ2000万件超を経営に活かすデータ解析と人工知能(AI)活用事例を公開。データ活用を通じたECサイト運営、その実例を解説
鶏内智子2021/1/6 8:0029150
通販新聞ダイジェスト

逆風下で旅行需要減のANAグループ、全日空商事が取り組むECの巣ごもり消費喚起施策

全日空商事は通販事業において、新型コロナによる新しい生活様式に合わせた商品提案を実施。2020年5月にリニューアルした提案型メルマガで顧客単価がアップしています
通販新聞2020/12/21 10:00630
通販新聞ダイジェスト

ジャパネットが進める「withコロナ」時代の働き方。「東京である必要があるのか」から導いた主要部門の地方移転

ジャパネットグループは福岡に新拠点を設立、東京の経営戦略部門などを含め5割程度の部門を移転すると発表。withコロナ時代に対応した働き方への対応を進めていくとのことです
通販新聞2020/12/1 9:00940
中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

ビッグデータの活用にシフトする中国EC市場。アリババの「Databank」活用法とは?

成長を続ける中国EC市場ですが、ECプラットフォームやブランドの増加、新型コロナの影響により新規顧客獲得のコストが増加し、Tmallのアパレルカテゴリでは成長率が鈍化しています。そうした背景を踏まえ、Tmallは「Databank」を用いたビッグデータの活用にシフトしています。
トランスコスモスチャイナ(transcosmo..., 平野 雄太2020/11/5 9:001220
通販新聞ダイジェスト

【ZOZO・エアークローゼット事例】AIを活用する最前線ファッションテックの現状とは?

ユーザーの行動予測や画像認識、チャットボットなど、通販業界でもビッグデータやAI活用が進んでいます。中でもファッションカテゴリーのAI活用は通販のみならず、ファッション産業への影響を指摘する声が上がっています。ファッションテック企業であるZOZOグループとエアークローゼットの活用例を見てみます
通販新聞2020/10/27 10:00560

200万円以下の無人店舗が登場! 最新テクノロジーで「店舗KPI」を見える化する「AI STORE LAB」探訪記

企業向けのセキュリティソリューション「SECURE」を提供するセキュアは、アイスタイルグループとのコラボにより、次世代型無人店舗「AI STORE LAB」の実証実験を開始している。顔認証による入店、AIカメラによる来店客のデータ取得など、最新テクノロジーを活用しながらも、驚きの低価格を実現。その全容は?
公文 紫都2020/8/24 8:0011130

日本進出した米国発の体験型ストア「b8ta」は何がスゴイ? 「販売を主目的にしない」ビジネスモデルを解説

米国発の体験型ストア「b8ta」が8/1、東京・有楽町、新宿に2店舗を同時オープン。b8ta Japanカントリーマネージャーの北川卓司氏が語った、日本上陸の理由や今後の展望とは
公文 紫都2020/7/29 9:0075231

市販コスメでリピート率7割。「サブスク+プロ美容家のアドバイス」で客を惹きつける「COSMETRO」のビジネスモデルとは

サブスクリプションモデルを取り入れた美容サービス「COSMETRO」。花王、POLAなど80社、200以上のコスメブランドを扱い、1~2万円相当のコスメ+美容家からのアドバイスをセットで6,980円で展開している。「COSMETRO」のビジネスモデルに迫る
公文 紫都2020/7/21 10:003181

オムニチャネルとOMOは何が違う? デジタル時代に重要な戦略とポイントをecbeingが解説

OMO(Online Merges with Offline)は、オンラインとオフラインの融合を意味するマーケティング戦略。その本質は、オンラインとオフラインを融合することで「より良い顧客体験を提供」すること
株式会社クマベイス2020/3/11 10:003350Sponsored

競合に負けないECビジネスに必要なことは? 「商品力×プロモーション」効果を最大化する方法は「データ」にあり

Nintの友田和宏氏は、自社製品の競合データ分析ツール「Nint ECommerce」の立ち上げ経験を持ち、現在は同製品を広める「エバンジェリスト」として活躍。自身でもECショップを運営している友田氏が、ECでの新規参入を成功させるための市場調査や自社データを活用した重要な3つのデータ分析方法と、その結果から導き出される競合に勝つための戦略の立て方について語った
株式会社クマベイス2020/3/3 9:001340Sponsored

なぜあのECサイトにはお客が集まるのか? 人気ECサイト「ozie」に学ぶファンを生み出すサイト運営の秘訣

1925年から続く柳田織物の4代目社長・柳田敏正氏が運営するワイシャツショップ「ozie」には、なぜお客が集まるのか? 柳田社長が語る、中小企業ならではの強みを生かした戦略について、メール共有・管理システム「メールディーラー」などを提供するラクスの池田咲紀氏が切り込む。「リピーターが生まれるECサイトの条件」や、LTVが3倍になった「販売を目的としないショールーム」はなぜ誕生したか。
株式会社クマベイス2020/2/26 9:002193Sponsored

よく使われるECアプリは何が違う? 成功するアプリの3つのポイント

成功するアプリ設計のために、押さえておくべき3つのポイントとは? 業種業界問わず、40以上のアプリ立ち上げを支援してきたNTTドコモのOMO戦略子会社ロケーションバリューの小嶋利典氏が、要点を説明する
株式会社クマベイス2020/2/17 8:0028131Sponsored

流通額2000億円を超えたLINEショッピングの活用法とは? ECビジネスの拡大に役立つプッシュ&プル型マーケ事例

LINEショッピングが、開始から1年半で流通額2000億円を突破した。堅調な成長を続ける背景には、LINE社が手がけるメッセージアプリ、決済アプリ、企業公式アカウントなど各種サービスとの連携と、そこから得られる膨大なユーザーデータの利活用にある。プル型&プッシュ型のマーケティング成功事例を紹介するとともに、LINEショッピング急成長の理由と、2020年に向けた展望に迫る
公文 紫都2020/1/23 9:00415200Sponsored

経営データをリアルタイムに可視化。EC事業者によるクラウド型ERP「NetSuite」活用例

オラクルが提供するクラウド型ERP「NetSuite(ネットスイート)」。グローバルで導入企業が増えている背景には、オンプレミス型のERPに比べて導入にかかる期間や費用の負担が軽いことや、クラウドならではのデータ管理のしやすさなどがある。NetSuiteのサービス概要とEC事業者による活用事例を解説
公文 紫都2020/1/14 9:0036100Sponsored
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonはどこまで拡大する? スピード配送、広告ビジネス強化、新食料品店など2019年のアマゾン施策まとめ

Amazonは2019年に多くの実証実験を行い、さまざま分野でその成果が現れました
Digital Commerce 3602020/1/9 8:001150

ECビジネスでも「データの自由化を」――競合の販売状況などを可視化する「Nint」がめざす世界とは

Nintホールディングス 代表取締役 蘇迭(So Tetsu)氏、Nint 代表取締役 吉野順子氏に聞く
瀧川 正実2019/6/24 7:00118972

「データ」+「ビジュアライゼーション」はECの経営判断・施策決定をどう変えるか? ecbeingとTableauのトップ対談

ECサイト構築パッケージ提供のecbeing・林雅也社長と、BIツール「Tableau」を提供するTableau Japan(タブロー・ジャパン)の佐藤豊社長が、「データ活用の課題」「データ活用の今」「課題解決法」などを語り合った
石居 岳, 瀧川 正実2019/2/20 7:0014381

「EC+実店舗+Web広告」データを分析するオムニチャネル向けDMPサービス、ecbeingが提供スタート

ecbeingはBIプラットフォーム販売のTableau Japanと協業し、デジタルマーケティング活動を視覚的にサポートするツール「Sechstant(ゼクスタント)」の提供をスタート
瀧川 正実2019/2/4 10:007580
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonでの成長を加速させる3つのポートフォリオマネジメント戦略&5つの分析方法

Amazonのマーケットプレイスで成功するためのポートフォリオ分析手法を解説
Digital Commerce 3602018/10/18 7:001251
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonがビジュアル検索とショッピングSNSに力を入れている理由とは?

Amazonがビジュアル検索やレコメンドを強化する狙いとは
Digital Commerce 3602018/10/4 7:0019131
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonの弱点5つを分析してシェアを奪い取る方法

アマゾンの弱点を分析し、競合通販がシェアを奪い取るための戦略を紹介
Digital Commerce 3602018/9/27 7:00272114
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ファッション分野でも進むAmazon化――老舗アパレルを抜きアマゾンは米国で人気No.1

米国アパレルECの利用先でアマゾン1位、ウォルマート2位
Digital Commerce 3602018/5/24 7:001083

フューチャーショップがAIレコメンド・画像検索サービス「ViSenze(ヴィセンズ)」と連携

「ヴィセンズ」導入で、AIが選定した商品レコメンドと画像検索サービスを利用できる
藤田遥4/5 7:30220

インターファクトリーがコマースプラットフォーム「ebisumart」の大規模EC向けの新サービス「ebisu commerce」を提供開始、その特徴とは?

インターファクトリーが新たに提供を始めた「ebisu commerce」は、大規模ECに最適な特徴を多く持つという。特徴の詳細を解説する
高野 真維2023/9/4 8:30110

フューチャーショップ、AIが最適な商品をレコメンドする機能「future AI Recommend」を提供開始

人工知能(AI)を活用したソリューションの提供を専門に行うフライウィール社の「Conata Discovery Recommend(コナタ ディスカバリー レコメンド)」というレコメンドエンジンを採用している
藤田遥2023/3/30 7:30150

店舗アプリ作成サービス「STORES ブランドアプリ」が「Shopify」と連携を開始

「Shopify」を使ってECサイトを構築している事業者は、手間をかけずにモバイルアプリを立ち上げることができる
藤田遥2022/12/20 9:30120

ネットショップ支援室の「楽楽B2B」、メーカー・卸売業のBtoB営業を支援する「営業支援機能」を搭載

ネットショップ支援室は、法人向け通販サイト構築のためのECシステム「楽楽B2B」に「営業支援機能」を実装し、提供開始した
高野 真維2022/12/15 11:00140

レビューのテキストをAIで分析、感情をスコア化する「感情分析機能」を「ZETA VOICE」の拡張機能として提供開始

投稿されたレビューのテキストからポジティブ・ネガティブなどの感情をスコア化する
藤田遥2022/8/2 8:30230

ヘイのノーコードで店舗独自のアプリを開発できる「STORES ブランドアプリ」とは?実店舗とECの顧客情報一元管理機能など搭載

ヘイが提供を始めた「STORES ブランドアプリ」は、ノーコードで店舗独自のアプリを開発できるサービス。顧客情報の一元管理や顧客傾向の分析機能なども搭載
藤田遥2022/7/15 7:00240

エアークローゼットの新機能「AIパーソナライズショップ機能」。ユーザーに合わせたオススメを最大100位まで表示

エアークローゼットは、月額制ファッションレンタルサービス「airCloset」に新機能「AIパーソナライズショップ機能」を提供する
藤田遥2022/6/10 7:00240

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]