現在地

SEO

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ネット通販のSEO対策で大切な4つのポイント。肝は「ロングテール」「コンテンツ」

検索からの流入がどれほど重要なのかはすでにご存知のことでしょう。トラフィックがなければ売り上げは伸びません。今回は、ECサイトへの流入を増やすためのSEOに関する4つの重要な戦略をお伝えします。

オカンでもわかるアドテク教室

お客さん来てはるのに、売上ぜんっぜん伸びへんねん!【オカンでもわかるアクセス解析の基礎】

「ネットショップを作ったのに誰も見に来てくれない!」と腹を立てていたオカンに、Web集客の基本を教えてからひと月。オカンがまたカッカしながらやって来た!

オカンでもわかるアドテク教室

ネットショップ始めたけど「全っ然売れへんねん!」【オカンでもわかるWeb集客の基礎】

横文字が苦手な人にも、ECに必要なアドテクをわかりやすく説明しようという新連載「オカンでもわかるアドテク教室」。毎回、破天荒なオカンのむちゃぶりに、息子が一生懸命こたえます。

アラタナECコンサルがお伝えするECビジネスの課題を解決するヒント

検索順位が高いのにお客さんが来ない場合など今すぐできるコンテンツの分析と対策

良質なコンテンツを作るためには、しっかりと分析をして改善していくことが大切です。作ってそのまま放置しているコンテンツをユーザー視点でもう一度見直してみましょう。

アラタナECコンサルがお伝えするECビジネスの課題を解決するヒント

Googleがモバイルファーストインデックスを発表!現在の情報とモバイル対策の復習

この記事はアラタナ Advent Calendar 2016 8日目の記事です。 Googleが数カ月以内にモバイルファーストインデックスを導入すると発表しました。 このニュースでSEO界隈は大騒ぎです。 そこで今回は、現在発表されている情報の整理とモバイル対策の基本をおさらいしたいと思います。 Mob

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

EC企業のSEOはどうすればいい? グーグルのモバイルファーストインデックス対策

PCサイトとモバイルサイトを別々に制作しているEC事業者は、グーグルの検索インデックスの変更(モバイルファーストインデックス、MFI)によって、制作・運用方法を変更する必要が出てくる可能性があります。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

自社ECでアクセスはあるのに売上が下がり始めた時にチェックしたい重要ポイント

アクセスはこれまでと変わらずキープしているのに、緩やかに売上が減少してきて止まらない!そんな時は原因を早期に見つけて対処する必要があるのですが、原因不明の転換率減少の場合この方法が役に立つかも!?

アラタナECコンサルがお伝えするECビジネスの課題を解決するヒント

ECサイトでコンテンツSEOを行う3つのメリット

コンテンツSEOに関して解説をしていきます。「コンテンツSEOとは」から始めかたまで、サイト運営に役立つ情報をお届けします。

アラタナECコンサルがお伝えするECビジネスの課題を解決するヒント

ネットショップのSEOでは検索ボリュームがありながら、上位に表示できるキーワードを探そう

前回の記事はECサイトのSEOのうち、キーワード(keywords)を考察し、キーワード選定のためにECサイト運営でも3C事業戦略やSTPマーケティングの分析解析が役立つことに触れました。 今回は、その分析解析の考え方を元にSEOを実践(キーワードを選定)していきたいと思います。

アラタナECコンサルがお伝えするECビジネスの課題を解決するヒント

ECサイトでは競合他社に比べ勝っている点をSEOのキーワードとすべし!

ECサイトを立ち上げるだけが技術者のお仕事でなく、売れるECサイトを構築することが技術者としての腕の見せ所です。今回は、その検索エンジンに認識してもらう為のSEO対策第一段階として、キーワード(keywords)選定の考え方を分析していきたいと思います。

ヤフーの検索ニーズから学ぶ「トレンド研究所」

2016年秋のトレンドは? 台風、ハロウィン、ウェディング等のキーワードで検索対策を

秋はハロウィンやウェディング、台風などのキーワードが上昇する季節9月のヒットトレンドを踏まえて、ショッピングに関する今秋のキーワードトレンドを押さえていきましょう。

ネットショップのためのSEO施策ゼミナール

コンテンツSEOで新たな顧客層の獲得に成功! ─カタログ通販の「セシール」

ファッションからインテリア、美容、食品まで、さまざまな商材をカタログとネットで販売しているセシール(cecile)さん。実はSEO黎明期の2003年からSEO施策に取り組み、2014年にコンテンツSEOを始めました。効果の検証が難しい記事コンテンツがどのようにコンバージョンに貢献しているのか、その分析法についてもお伝えします。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

SEOの新アルゴリズム「RankBrain」は機械学習の技術を用いた人工知能が検索結果を探す、など9記事【ネッ担まとめ】

今週の要チェックはモール関連とSEO。SEOは新しいアルゴリズムが発表されましたので営業電話に注意ですね。

ハンコヤドットコムの事例に学ぶ 自社ECサイトの売上UP講座

通販サイトのSEO対策は、「キーワード」の見直しから始めよう

独自ドメインの集客がうまくいっていないな、と感じたら、まずはそのECサイトの基礎となる情報から見直すことをおすすめいたします。何を見直すのか、それは「キーワード」です。

ネットショップのためのSEO施策ゼミナール

SEO実践編、カテゴリと商品ページにキーワードを設定してみよう

ネットショップに共通するサイトの基本的な構造と言えば「トップページ」「カテゴリページ」「商品ページ」「特集ページ」の4つ。今回は残りの「カテゴリ」と「商品ページ」にどんなキーワードを選べばいいのか説明します。

単発記事

検索データで見るハロウィンのEC対策。年代別や本番前によく探されるキーワードは?

楽天市場やアマゾンでも始まったハロウィン特集。2014年の検索キーワードの傾向を振り返ると、2015年のハロウィンシーズンの販促に役立ててみたい。

ネットショップのためのSEO施策ゼミナール

SEO実践編。まずはトップページと特集ページにキーワードを設定してみよう

ネットショップに共通するサイトの基本的な構造と言えば「トップページ」「カテゴリページ」「商品ページ」「特集ページ」の4つ。今回は「トップページ」と「特集ページ」にどんなキーワードを選べばいいのか説明します。

ネットショップのためのSEO施策ゼミナール

SEOの肝はキーワードの選定。まずは使うべきツールを知ろう

SEOの肝といえば「キーワード」。キーワードを理解せずやみくもに最適化しても効果はありません。キーワードの重要性と主要なツールの使い方について解説します。

ネットショップのためのSEO施策ゼミナール

スマホの検索順位が変わる? 4月21日までにサイトのモバイル対応で、やっておくべき4つのこと

先日Googleより「4月21日以降、スマホ対応しているかどうかで順位に影響が出る」とのアナウンスがありました。スマホ検索の割合が増加する昨今、あなたのサイトはモバイルフレンドリーでしょうか?(3/23追記あり)

ネットショップのためのSEO施策ゼミナール

SEOの効果は順位だけじゃないけれど……やっぱり気になる検索順位チェックの注意点

今回は「順位計測」について解説します。「SEOの効果はアクセスログで確認しましょう」と言っても、やっぱりSEOの検索結果の順位は気になります。必要なデータを正確に取って効果分析に役立てましょう。

ネットショップのためのSEO施策ゼミナール

全ECサイト登録必須。Google「ウェブマスター ツール」入門

前回はGoogleアナリティクスの説明をしました。今回は2つ目のSEO必携ツール「ウェブマスター ツール」について解説します。どんどん機能が増えているGoogleのツール、SEOを意識するなら必携です!

ネットショップのためのSEO施策ゼミナール

SEOの効果はどう測る? まずはGoogleアナリティクスを設定しよう

ネットショップを運営する皆さんはSEOの効果をどうやって測っていますか? 「順位が成果だ」という方もいるかもしれませんが、SEOの効果は順位だけでは不十分です。必ずアクセスログを見て「何人の新規顧客が増えたか」を指標とすべきです。まずは課題の把握と効果の検証に必要な「Googleアナリティクス」の準備から始めましょう。

ネットショップのためのSEO施策ゼミナール

お客様目線で運営していたらSEO的にも成功したネットショップ──石けん百貨

今回はGoogleやSEOのことは置いておいて、とにかくユーザーのことだけを考えて運営していたら「結果的に」Googleに好まれるサイトになり、ここ数年右肩上がりのトラフィックを得るようになった「石けん百貨」の事例をご紹介します。石けんを中心にスキンケア用品、ベビー用品、雑貨などおよそ6千点を販売する、年商4億円のサイトですが、「石鹸」で検索しても上位に来ない状態から、今ではさまざまな目的を持った幅広い属性のユーザーの集客に成功しています。そこには徹底した「お客さま目線」がありました。

ネットショップのためのSEO施策ゼミナール

Google好みのサイトになるための4つの条件

この1、2年でGoogleが変わったと感じませんか? 私は上位に表示される結果の傾向がかなり変わったように感じています。と言っても、正攻法のサイトがきちんと評価されるようになり、楽をして短期的な効果を求めるサイトが大変になっただけで根本は変わりません。施策を考える上で、お客さまに好まれるかどうかを考えることはもちろん大切ですが、今回はGoogleに好まれるための4つの条件(テーマ性、オリジナル性、ユニーク性、信頼性)について解説します。

ネットショップのためのSEO施策ゼミナール

SEOで「検索結果」をあなたのサイトの最適な「トップページ」にする

最近はスマートフォンの普及によって、ユーザーはいつでもどこでもあらゆる言葉で検索してきます。検索エンジンはWebサイトにとって重要な入り口となっており、検索結果からユーザー体験は始まっているのです。検索結果こそ、あなたのサイトのトップページなのです。

ネットショップのためのSEO施策ゼミナール

ネットショップのSEO。鍵を握るのは「キーワード」と「コンテンツ」

ネットショップの集客には欠かせないSEO。なんとなく「検索結果の上位に来ていれば大丈夫」と思っている人も多いかもしれません。最近のGoogleはユーザーの検索意図を理解して、どんなページが適切か自動的に判断できます。あなたのSEOは、お客さまをちゃんとお店に誘導しているでしょうか?

ECサイトのデザイン性を競う「ECサイト制作デザイン大賞2016」のエントリーを開始、JECCICA

ジャパンEコマースコンサルタント協会(JECCICA)は3月9日、ECサイトのデザイン性を競うコンテスト「JECCICA ECサイト制作デザイン大賞2016」のエントリー受け付けを開始した。

スマホでECを利用するとき、「ネットで検索する」が5割超。アプリは約27%

Webマーケティング支援のブレインネットは「スマートフォン活用の実態調査」を実施し、スマホでネットショッピングを利用する際、「インターネットで検索する」ユーザーは50%以上にのぼることがわかった。

楽天市場のユーザー行動分析やSEO検索順位確認などができるEC支援サービス、インタセクト

EC支援などのインタセクト・コミュニケーションズはこのほど、楽天市場内でのユーザー行動分析や同市場内のSEO検索順位がチェックできる機能などを搭載したASPサービスの本格提供を始めた。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル