Google マイビジネスは店舗情報をユーザーに簡単に提供できる、Googleのサービスです。

このツールのメリットは、Googleの検索エンジンを使用して情報収集をしている消費者を自店に取り込む機会になることです。具体的には、このサービスに登録することでGoogle マップなどサービスに店舗の詳細情報を表示することができます。さらには、付属するインサイト機能を使えば対象の顧客行動分析も可能です。

この記事ではGoogle マイビジネスをどのように利用すれば集客向上につながるのかを紹介します。

Google マイビジネスとは?アパレルショップの集客には有効?

Google マイビジネスを利用することで、店舗情報がGoogleのサービスに掲載されます。

さらに、インサイト機能を使用して集客の動向を分析し、Google マイビジネスの情報を改善していくことで、効果的な集客が可能になります。

Googleへの表示で、店舗の情報をユーザーにアピール

店舗経営者がGoogle マイビジネスに登録すると、ユーザーがその登録内容と関連性のある語句でGoogle 検索を使用することで、登録されたビジネスプロフィールが表示されます。

つまり、店舗経営者は、提供したいものやユーザーが検索するであろう語句を予測し登録することで、それを要望している消費者に店舗情報や商品、サービス内容などを提供をすることができます。

Google マイビジネスは文字情報だけではなく、写真で店舗や商品、サービスも伝えることができるため、来店前に店舗の雰囲気も知ってもらうことができます。

また、固定された情報だけでなく、一時的な情報も随時更新できるので、キャンペーンの問い合わせなど来店希望者を取り込むきっかけにもなり得ます。

インサイト機能の利用でユーザーの行動分析/より効率的なインターネット集客へ

Google マイビジネスには、顧客行動分析ができるインサイト機能があります。インサイトとは、どの語句を検索してビジネス プロフィールをクリックしたか、そしてそのビジネス プロフィールを閲覧後どのような行動を起こしたのかを分析できる機能です。

これらの情報から、ユーザーが問い合わせやルート検索につながったかを知ることができます。行動に移さなかった原因を分類し、より効果が表れやすいようにビジネス プロフィールを編集し直すことで、今以上の集客につなげられる可能性もあります。

また、掲載している商品写真などの閲覧数をインサイト情報で知ることができます。ユーザーがどの商品に興味を持っているかを知ることができ、今後の集客につなげるビジネス プロフィールの改善や今後の商品展開の企画にも役立ちます。

Google マイビジネスを始める前に…まずは登録とオーナー確認

Google マイビジネスとは、Google 検索やGoogle マップなどのGoogleが提供しているサービスに店舗情報を表示して管理できる無料ツールですが、Google マイビジネスに登録するには、Google アカウントを所持していることが必須の条件です。

Google アカウント取得後、Google マイビジネスにログインすると、店舗の所在地、電話番号などの詳細情報を入力することができます。

Google マイビジネスに詳細情報を入力した後、オーナー確認をしましょう。オーナー確認を行わなければ、インサイトや口コミの管理などの機能を利用することができません。オーナー確認は、基本的には郵送で行われます。

Googleから登録された店舗宛に、確認コードが記載されたはがきが郵送されます。その確認コードを入力することでオーナー確認が完了します。

プロフィールの編集で顧客に店舗の魅力を発信。ローカルSEO(MEO)対策にも

Google マイビジネスへの登録が完了すると、ビジネス プロフィールを編集することができます。

ポイントを意識したビジネス プロフィールを作成することで、集客だけでなく、ローカル検索の順位改善にもつながります。ここからはオーナーが行うべきポイントについて紹介します。

ビジネスの基本情報を充実させる/ローカル検索結果の順位を改善

まず最初に、基本情報であるビジネス プロフィールを正確に書き込みましょう。

具体的には、住所、電話番号、カテゴリ、属性、営業時間などの情報を記入します。

Google マイビジネスはローカル検索者に対して、その関連性が高い情報を表示します。つまり、ビジネス情報の内容を充実させることでユーザーが検索する語句と自店の情報が一致しやすくなり、検索結果の上位表示をねらうことができます。

口コミの管理、返信を行う

Google マイビジネスには、自店舗から発信する情報だけでなく顧客からの口コミ評価が掲載されます。

ローカル検索をしたユーザーにとって、顧客の口コミは来店動機になるため、顧客には口コミの投稿を促すとよいでしょう。

また、口コミを書いてもらった際には、オーナーは返信をするべきだといえます。口コミの返信により、口コミを投稿した顧客との信頼関係を築く場にもなり、継続的な来店を促す機会にもなります。

そのうえ、ユーザーは、店舗の口コミとその返信を見ることで、接客対応の品質を垣間見ることができます。この接客品質をみせることは、来店を検討しているユーザーにとって予約や問い合わせなどの次の行動に移す重要な判断材料になり得ます。

商品や店内の写真を追加する

文字による詳細情報でローカルSEO対策を行うのと同様に重要なのが、写真を追加することです。

分かりにくい場所に店舗がある場合などにはユーザーがわかりやすいように外観の写真を載せたり、店舗の雰囲気を伝えるために内観の写真を載せたりすることでユーザーは来店前に店舗のイメージをつかむことができます。他にも、売れ筋の商品を掲載することで、ユーザーの興味を引くことにもつながります。

投稿を利用し、商品やセール情報を発信

Googleマイビジネスには、変わりにくい固定された情報とは別に一時的な情報を連載できる機能があります。

その機能を使えば、来店希望客に向けてイベントや特典などお得な情報や最新情報を発信することができます。その投稿は大きく5種類あります。

  • 最新情報
     新商品についての情報を掲載できます。写真や動画なども掲載可能です。
  • イベント
     イベント名やそのイベントの開始時間と終了時間を掲載できます。写真や動画なども掲載可能です。
  • 特典
     セール情報などを開始終了時刻と共に掲載できます。Google検索とGoogleマップのビジネスプロフィールの上部に表示されます。
  • 商品
     商品情報を追加できます。
  • 営業時間の更新
     営業時間が更新されると、ビジネスプロフィールにアクセスした時に表示されます。

    効果的にGoogle マイビジネスを利用しているアパレルショップの事例

    Google マイビジネスの機能を利用して、積極的な集客を行っているアパレルショップの事例を紹介します。

    事例1. 外観の写真でユーザーの来店しやすさをアピール

    Google マイビジネスには内観や外観などの店舗の雰囲気を伝えることができる写真を追加できます。

    外観の写真を追加することには2つのメリットがあります。

    1つは、初来店者にとっても土地勘のない遠方からの訪問者にとっても、わかりやすく親切な情報となることです。

    2つ目は、店舗に足を運ぶ動機になることです。こちらの店舗はチェーンの店舗とは違いセレクトショップであるため、写真がなければ伝わらない雰囲気を伝えることができています。

    事例2. 商品情報を登録

    アパレルのGoogle マイビジネス活用事例
    ▲アパレルのGoogle マイビジネス活用事例:編集部スクリーンショット

    この店舗は、おすすめ商品や人気商品を伝えるために投稿機能を利用し、そこから公式ページの導線も用意しています。

    商品の投稿は、ユーザーにどのような商品を取り扱っている店舗であるのかを紹介するだけではなく、ユーザーの求めている商品が店頭に並んでいることをアピールすることもできます。

    投稿の下にある「詳細」ボタンから公式サイトに移動することもできるため、商品情報にとどまらず来店のきっかけ購入につながる情報に導く仕組みをうまく利用しています。

    ウェブサイトリンクをECショップのものとすれば、Google マップからのアクセスに由来する売上も期待できるでしょう。

    Google マイビジネスの機能を利用して、ユーザーに対して継続的なアピールを

    Google マイビジネスは、Google サービスを利用しているユーザーに対して大きな集客効果があります。

    集客に活用するためには、まずGoogle マイビジネスに登録し、店舗の認知を広げます。インサイト機能で来店希望者の分類と対策の優先順位をつけましょう。その上で、ビジネスプロフィールを文字と画像情報ともに改善し、集客につながるよう意識しましょう。サービスへの登録だけでなく、一時的なセールや商品情報を掲載できる投稿機能を使って店舗の稼働状況も伝えられます。

    頻繁な更新を行うことで、ユーザーの来店前イメージアップを図れます。インサイト機能での分析と投稿機能を利用して積極的な営業活動を行いましょう。

    この記事を書いた「口コミラボ」さんについて

    「口コミラボ」は、様々な地図アプリ・口コミサイトの監視、運用、分析を一括管理できる店舗向けDXソリューション「口コミコム」が運営する店舗ビジネス向け総合メディアです。近年、企業の評判管理が重要視されるなか、特に注視すべきGoogleマイビジネスを活用したローカルSEO(MEO)や口コミマーケティング、それらを活用した集客事例から、マーケティング全般、店舗経営のハウツー、業界動向データにいたるまで幅広い情報を紹介します。

    この記事が役に立ったらシェア!
    これは広告です

    口コミラボ

    口コミラボは、店舗向けDXソリューション「口コミコム」が運営する店舗ビジネス向け総合メディアです。

    「口コミコム」は、Googleマップなどの地図アプリ・口コミサイトの店舗情報をすべて一括管理でき、NFCチップを搭載した店舗用ステッカーでアンケート・口コミ投稿をデジタルに促進する、店舗のレピュテーションマネジメントSaaSです。促進した口コミ・アンケートを集計しAIを使って分析することで問題点を可視化、業務改善を促します。さらに営業時間の変更など店舗情報の一括更新・自動更新機能も搭載。コロナで刻々と状況が変化する中で手間となる、Web上の店舗情報管理をDXします。

    Googleマップなどの地図アプリ・口コミサイトの店舗情報をすべて一括管理でき、NFCチップを搭載した店舗用ステッカーでアンケート・口コミ投稿をデジタルに促進する、店舗のレピュテーションマネジメントSaaSです。促進した口コミ・アンケートを集計しAIを使って分析することで問題点を可視化、業務改善を促します。さらに営業時間の変更など店舗情報の一括更新・自動更新機能も搭載。コロナで刻々と状況が変化する中で手間となる、Web上の店舗情報管理をDXします。

    記事カテゴリー: 
    記事種別: 

    ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

    [ゴールドスポンサー]
    ecbeing.
    [スポンサー]