現在地

海外

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンが出品者の商品を割引販売する新プログラムの詳細と米国での反響は?

Amazon(アマゾン)は「Discount Provided by Amazon」(アマゾンが提供する割引)という名前の新しい割引プログラムをスタートしました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonがリアル店にこだわる理由── ウォルマートを追うアマゾンのスゴい実店舗戦略

アマゾンはEC業界を牽引するだけでなく、スーパーマーケット業界やWebサービス業界まで、あらゆるビジネスに影響を与え、多くの現金を生み出しています。そのアマゾンの店舗活用戦略を解説します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ジェフ・ベゾス氏、ジャック・マー氏、ビル・ゲイツ氏が注目する物流テクノロジー業界の今

ネット通販企業の成長には、テクノロジーを活用して物流の細部まで管理することが求められていきます。つまり、物流テクノロジーの活用が重要となるのです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

メルマガの効果があがらない! そんな時に押さえておきたい売上UPにつながる7ポイント

ECなど小売事業のマーケティング担当者は、メルマガ登録者に嫌がられないようにブランドや商品を宣伝しなければなりません。メール送信の頻度にこだわるのではなく、今ある情報をどのように生かすかを考えることが重要です。

単発記事

中国大手2サイトで5兆円を売った「独身の日」。JD.comの取扱高が3倍に増えた理由

ネット通販の買い物の祭典「独身の日」(W11、ダブルイレブン)が行われた中国で、アリババグループとJD.comの取扱高は2社合計で2953億元(5兆201億円、1元17円換算)。特にJDの躍進が著しく、取扱高は前年比3倍に拡大。その急成長の理由は?

1日で2.8兆円を売り上げたアリババ「独身の日」、楽天の年間国内EC流通額に迫る取扱高

ネット通販の買い物の祭典「独身の日」(W11、ダブルイレブン)が行われていた中国で、中国EC最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)の取扱高(GMV)が11月11日に記録した取扱高は、過去最高となる1682億元(日本円で約2兆8594億円、1元17円換算)となった。

単発記事

無人配送も始まった中国EC市場、日本よりも先を行くJD.comのラストワンマイル戦略

JD.com(京東商城)は稼いだ資金をフルフィルメントやR&D(研究開発)などに投じ、急成長を遂げている。JD.comが近年取り組んでいるラストワンマイルの“省人化”“無人化”への取り組みを取材した。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

小売りのデジタル化に重要なのはテクノロジーではない、強力なリーダーシップだ!

小売事業者にとって、デジタル対応への転換に必要なのは技術だけではありません。テクノロジー活用で課題を解決しようとする前に、リーダーシップによるチーム力で課題解決に取り組むことが重要です。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンが生活インフラ化に向けた次の一手、「宅内配達」通じ在宅業務代行も実現

Amazon(アマゾン)は自宅内に商品を配達するスマートホームシステムの提供を開始。将来的には宅配以外にも、清掃業者やペットシッターといった在宅サービス提供企業との連携も可能になります。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

「イノベーション」「変化対応」を続けた116年間。アマゾンにも負けない老舗百貨店の哲学

創業116年の老舗米国百貨店大手のNordstrom(ノードストローム)は、常に顧客を最優先に考え、顧客を中心に行動することが大切だと考えています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

「アマゾンとも競争できる」――アシックスがフィットネスアプリを買収した理由

フィットネスアプリのRunkeeperを買収したアシックスは、テクノロジーを利用して消費者とのつながりを強化。関係者は「Amazonのような企業と戦えるようになると」話します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

デジタルアシスタントは商売にどう使う? 「Amazon Alexa」などEC活用の3ポイント

クラウド上で実行される音声アプリ「Amazon Alexa Skills」(Alexa Skills)を使用し、自社ECサイト用の音声ショッピング機能を提供、注文件数を伸ばしている企業が増えているそうです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンの「1-Click注文」特許失効は、ECサイトやベンダーの新たなビジネスチャンス?

ネット通販でのワンクリック注文は近い将来、一般的に普及するでしょう。小売事業者が運営するECサイト向けにさまざまなベンダーがワンクリック注文ツールを開発しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

「音声検索時代」に向けたECサイトのSEO対策――検索広告の未来、効果が出る方法は?

音声検索広告には未知数なことがたくさんありますが、1つだけ明確になっていることがあります。それは、消費者は地域の情報を得るために音声検索を使用しているということです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

オムニチャネルをやる目的は? マルチチャネルとの違いは? 成功するためのポイントは?

あなたの会社が展開しているのはマルチチャネルですか? それともオムニチャネルですか? その違いを理解した上で、消費者とより良い関係を構築するための成功ポイントを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンよりも進んでる? 無人コンビニ「BingoBox」などが広がる中国小売市場の今

フルーツのネット通販を手がける中国のEC企業Zhongshan BingoBox technology Co.(中山市賓哥網絡科技)が中国内で10店の無人店舗「BingoBox」をオープン。今後1年以内に5000店舗を開店する予定。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾン化が進むマーケットを示す4つのデータ+Amazon時代を生き抜く5つのポイント

ECを含めた小売事業者は、アマゾンとの競争で厳しい戦いに直面しています。今後も生き残り、成長するためには、大企業ができないような方法でビジネスを差別化することに重点を置くことが重要です。

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

天猫国際の「TP(Tmall Partner)」とは? 日本企業が知っておくべきTPの評価基準とは?

アリババが天猫国際(Tmall Global)の「TP(Tmall Partner)」の評価を初めて公表しました。今回はこの「TP」について解説します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

検索の半分は2020年に音声検索へ――小売・EC企業の音声ショッピング対策のポイント

音声認識デバイスの急速な普及により、2020年までに音声検索が検索全体の半分を占めるようになると予測されています。小売事業者は音声検索で確実に勝つための対策が将来的に必要になります。

単発記事

ついにネット通販物流の無人化が始まった! ロボット駆使した倉庫を中国EC大手JDが実現

中国のネット通販(直販)最大手のJD.com(京東商城)は8月、商品のピックアップからトラックへの積み込みといったネット通販向けの物流業務をロボットが処理する物流センターを開設した。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ECサイトのセキュリティと使いやすさはどう両立する? Amazonら米国大手EC企業の例

強固なセキュリティと使いやすいECサイトを設計する際、セキュリティと使い勝手のバランスを取るのは、EC事業者にとって難しい課題。米国の大手小売事業者が採用している対策は?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

グーグルの広告ブロック施策がネット通販に与える影響は? 知っておくべきことは?

GoogleとAppleは、消費者がオンライン広告に接触できる機会を限定しようとしています。この2社の広告ブロック戦略は、小売事業者にどのような影響があるのでしょうか?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【Amazonプライムデー】全米5300万人が利用、プライム会員の5割が買い物をした日

インターネットリテイラー社の調査によると、2017年の「Amazonプライムデー」では、全米の約21.8%のEC利用者が利用。2016年の調査結果(19.4%)から、2.4ポイント上昇しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

消費者の心を動かすECサイトの作り方は? ユーザー生成コンテンツ「UGC」の活用方法

通販サイトの利用者は、他のユーザーが発している意見に信頼を寄せる傾向があります。消費者の声をECサイトに活用し、コンバージョンや売上拡大につなげる方法を解説します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

購入率やリテンションのUPにつながるメールマーケティングに必要な7つのステップ

メールマーケティングで最も重要なのは、適切なタイミングで、適切な人に、関連性のあるメールを送ることです。そのために必要な7つのステップを紹介します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのホールフーズ買収の影響。危機感あらわの小売業者、歓迎するEC企業の理由

Amazon(アマゾン)によるWhole Foods Market Inc.,(ホールフーズ・マーケット) 買収によって、米国EC企業は「歓迎」する考えを示す一方、小売業界は危機感をあらわにします。その理由は?

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

越境EC事業者は知っておきたい、中国で施行された「インターネット安全法」とは?

中国で「インターネット安全法」が施行されました。まだあまり知られていない法律ですが、今回はこの「インターネット安全法」について、そのポイントと今後の可能性をまとめます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのホールフーズ買収とリアル店舗を攻める理由【米大手EC専門誌が解説】

Amazon(アマゾン)が高級食品販売チェーンのWhole Foods Market Inc.,(ホールフーズ・マーケット)を137億ドルで買収すると発表。その狙いとは? 米国EC大手専門誌が解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【プライム会員分析】アマゾンユーザーの購買行動から学ぶ自社ECサイトの顧客作り

Amazonのプライム会員は、アマゾン以外の小売事業者が運営するアプリやECサイトも使用し、多くの時間を費やしています。この会員を自社のECサイト顧客にするにはどうしたらいいのでしょうか?

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

デジタル化は買い物行動と小売業のビジネスをどのように変えるのか?【米国最新事例】

米国のEC業界では「いかにして上質な顧客体験を提供するか」が課題となっています。“顧客との強いエンゲージメント”を生み出すために現地企業が行っている施策とは。

通販新聞ダイジェスト

バロックジャパンのEC強化策――マーケットプレイス化やプラットフォーム化戦略とは?

バロックジャパンリミテッドはEC事業に本腰を入れる方針。2017年1月期のEC売上高74億4500万円に対し、2021年1月期はほぼ倍となる160億円規模を計画。

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

【中国EC】ジャパンバッシングによる食品の輸入・販売規制はどうなった?

3月15日以降、中国における日本食品の輸入・販売について 越境ECにでも規制され、2か月以上経過した現在でもその影響がまだ残っています。現地の最新状況をお伝えします。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

アマゾンvsグーグルなど食品ECの即時配達サービスの市場が拡大する米国市場のいま

2016年に530億ドルだった食品関連のEC市場は2022年に拡大すると予測されている米国の食品EC市場。Googleも参入し、Amazon対Googleによる即日配送サービス競争が始まっています。その最新情報をご紹介。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

中国向けECはすでにレッドオーシャン? 韓国ロッテのTmall撤退から見える進出企業の課題

中国内の越境ECに詳しい関係者は「中国に進出した海外の小売企業は、ECサイトと実店舗へ自然に消費者が来店するとは限らないことを認識しなければならない」と指摘します。それはなぜか?

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!