現在地

海外

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンに負けない自社ECサイトを作る5つのポイント

多くの中堅小売業者は、カスタマーエクスペリエンスやブランドストーリーでアマゾンより優れていますが、自社ECサイトでそれらのメリットをもっと明確に伝える必要があります。

中国EC市場がよくわかるアリババ提供の最新情報(Alizilaからの耳より公式情報)

アリババのジャック・マー氏が語る「アマゾン」と「トランプ米大統領」

アリババグループのジャック・マー氏はアマゾンのビジネスモデルをどのように見ているのか? そして、米大統領のトランプ氏とはどのようなことを話したのか?

単発記事

中国EC市場で成功するには何が必要か? 中国の直販ECトップのJD副責任者に聞いてみた

中国最大の直販ECサイト「京東商城(JD.com)」の海外企業向け越境ECサイト「京東全球購(JD Worldwide)」の責任者へのインタビューから、成功のためのポイントを探ってみる。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

モバイルECのコンバージョン率は1%だけど……スマホ対策に注力&投資すべき理由

米国のある調査では、小売事業者の48%が「モバイルがビジネスに多大な貢献をもたらした」と回答。対象者のスマートフォン経由売上は2015年比で平均65%アップしています。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

中間層の増加で中国EC市場では品質の高い商品が売れる状況に変化

超巨大市場となった中国EC市場。国内中間層のほとんどがスマホを持ち、これから若い世代が旺盛にECを活用すると見込まれる中国EC市場の今をより詳しくご紹介しましょう。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アマゾン中国の最新情報+中国の越境EC利用者の消費トレンドと特徴まとめ【2017年】

アマゾン中国が年始に発表した「越境ECトレンドレポート」によると、2016年のトレンドは「越境EC利用の浸透」「若者化」「品質重視」「越境ECに特化した無料国際配送のプライム会員サービスが消費を刺激」だったという。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

トランプ大統領がEC業界へ与える影響を考える。米国向け越境ECの行方は?

ドナルド・トランプ大統領の就任によって、EC業界にはどのような影響があるのでしょうか? 中国からの輸入製品への関税を45%に引き上げるこや、アリババとの協業など米国専門誌が分析します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

会話型コマースをやるべき5つの理由。Alexa、WatsonなどのAIはECをどう変える?

米有力EC企業1-800 Flowers.comのクリス・マッキャンCEOは、今後の成長には会話型コマースが必要だと考えます。なぜそのように考えるのか、その理由を話しました。

単発記事

【2016年版】中国人はどの国のECサイトを使う? 何を買う? など越境EC利用状況まとめ

中国のリサーチ会社iResearchによると、2018年に中国人が海外のECサイトなどから商品を購入する越境EC(輸入)小売市場の規模は5260億元(日本円で約8.8兆円)に拡大する見通し。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アリババグループが物流を強化、世界最大級の貨物ネットワーク「WCA」と提携

アリババグループは、世界最大級の独立系貨物輸送ネットワークであるワールド・カーゴ・アライアンアス(World Cargo Alliance、WCA)と戦略的な提携を締結。

中国EC市場がよくわかるアリババ提供の最新情報(Alizilaからの耳より公式情報)

450万円以上もECで買い物する「アリババ・パスポート」とは?

年間450万円以上もネット通販で買い物をする中国人ユーザーを抱える「APASS」(Alibaba Passport、アリババ・パスポート)の詳細を解説。

単発記事

DHC、東急ハンズ、トリンプなど大手も使う中国向けECモール「ワンドウ」とは

Inagora(インアゴーラ)が提供する中国向け越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」にディーエイチシー(DHC)、東急ハンズ、トリンプ・インターナショナル・ジャパンなど大手も出店しています。その理由は?

単発記事

中国ECでマタニティ商材が売れるワケ。「二人っ子政策」への転換が日本企業に追い風

2018年には7兆960億元(日本円で約113兆円)にまで拡大するとされる中国EC市場。その成長をけん引するのがマタニティ市場と言われ、海外製品を求める親の海外製品ニーズが高まっている。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

AIなど最新テクノロジーはネット通販をどう変えるのか? 米のIoT専門家が語るECの未来

AI(人口知能)、IoT(モノのインターネット)はネット通販をどのように変えるのだろうか? “インターネット・オブ・エブリシング(IoE)”という言葉の産みの親である米国の専門家へのインタビュー。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

やっぱり気になるアマゾンの動向。アメリカのEC関係者が2016年に最も読んだ記事16選

2016年に最も読まれた「インターネットリテイラー」の記事を見てみると、アマゾン関連の記事が上位にランクイン。サービス利用と同時に競合にもなるアマゾンに、米国では注目が集まっています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

[最新の米国EC事情]アメリカ人はECをどう使う? 約5000人が答えた消費者インサイト

シンクタンクのPew Researchが発表したECに関する研究結果によると、ここ10年足らずの間で、米国人がECで買い物をする頻度のほか、買い物方法も様変わりしているそうです。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アリババのジャック・マー氏「20年後にはECがなくなる」。中国から見た「Amazon Go」

アマゾンが始めた「Amazon Go」。アリババグループ会長のジャック・マー氏が、オンラインとオフラインが融合する「新しい小売」を提唱するなど、中国でもリアルとECの融合が話題にあがっています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

東南アジアで「アマゾンvsアリババ」6.2億人のECマーケット巡る熾烈な戦いが始まる

アマゾンが2017年に東南アジアへ進出する見込みが高いとされるなか、東南アジア最大のECサイトであるラザダが先制攻撃を仕掛けています。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

越境ECの新たな“爆買い”イベント「中国版ブラックフライデー」の現地レポート

中国では「天猫国際」が行う「ブラックフライデーセール」が今年で2年目を迎え、越境ECを利用する中国消費者の買物意欲を刺激しています。その様子をレポート。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

1日で1.7兆円を売り上げる秘訣は? アリババやJDが重視する中国のビッグデータ分析の今

JD.com(京東商城)とアリババグループは、中国の消費者動向を詳細に分析するための指標を作成。分析データを、今後の戦略決定に活用しています。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

中国EC市場の2017年の展望と、日本企業の中国での戦略の変化とは

2017年の中国越境ECに関わる税制と規制強化を控え、大きな変化が起こっている中国ECの事情。巨大なマーケットに参入するためには現状を把握してしっかりとした準備が必須になります。

中国市場が丸わかり『中国EC市場調査報告書2016』ダイジェスト

5分でわかる中国の新越境EC制度。押さえておくべき重要ポイント【最新版】

中国の新越境EC制度は2018年から本格スタートとなる予定。その新越境EC制度について、あらためて全容などをまとめてみました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

実店舗への送客も見える化! オムニチャネル促進のGoogleアドワーズの2つの新レポート

グーグルはAdWordsのレポートツールに、距離と場所の要素を追加。消費者がどこの場所・地域からお店に訪問しているかを可視化することができるようになります。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

EC企業のSEOはどうすればいい? グーグルのモバイルファーストインデックス対策

PCサイトとモバイルサイトを別々に制作しているEC事業者は、グーグルの検索インデックスの変更(モバイルファーストインデックス、MFI)によって、制作・運用方法を変更する必要が出てくる可能性があります。

単発記事

楽天の年間流通額を1日で超えた中国の「独身の日」まとめ[EC流通額は約2.7兆円]

ECモール事業者や中国メディアの情報をまとめると、「独身の日」1日で1770億元(日本円で約2兆7441億円)もの買い物が中国のECサイト上で行われたそうです。11月11日の中国EC市場における流通総額、主なトピックなどをまとめました。

通販新聞ダイジェスト

中国EC市場で成功するには? 「独身の日」の日本勢9社の越境EC事例を学ぶ

中国における年間最大のネット販売セール「独身の日」。中国向け越境ECを行う注目すべき日本の通販実施企業の今年の「独身の日セール」における状況を見ていきます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンvs.グーグルショッピングの価格競争。EC事業者は把握すべき価格検索の潮流

価格調査会社360pi社が750品目を対象に価格調査を実施したところ、グーグルショッピングよりもアマゾンで販売している商品価格が安かったのは25%にとどまりました。

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

「Tmallグローバルで最も売った日本店は?」など独身の日(ダブルイレブン)最新情報

11月11日に行われた中国のネットの祭典「ダブルイレブン(W11)」の最新詳細情報をお伝えします。現地からの詳細情報をお伝えします。

単発記事

取扱高は1207億元(約1.8兆円)を達成。 2016年アリババの「独身の日」

11月11日は中国のネット通販会社が特売セールを繰り広げる商戦日。2015年11月11日の取扱高912億元(約1兆7600億円)を記録した中国EC最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)の販売状況(2016年)をお伝えしていきます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

メルマガの売上を4倍、開封率3倍を実現したパーソナライズメールの運用方法

玩具のECサイト「TheToyShop.com」は、MAツールを導入した結果、メール経由の売り上げは300%増、開封率は200%アップ、モバイルデバイスからの売り上げも120%増え、リピート客は60%上昇しました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

FacebookがECプラットフォーム化する? FBメッセンジャーの買い物機能を解説

米Facebook社は、フェイスブック経由で小売業者が消費者に対して商品を販売(販促から決済まで)できる機能を開発。日本でも数か月内でリリースされるという話があがっています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonを追撃するウォルマートが通販サイト「Jet」を33億ドルで買収した理由

世界最大手の小売企業であるウォルマート・ストアーズは9月、ECマーケットプレイス「Jet」を運営するジェット・ドット・コムを33億ドルで買収。その狙いは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

効果を出すメール活用法を大公開! メールマーケティングで売上を伸ばす米国企業の施策

米国の小売企業ではメールマーケティングに時間とコストを費やす傾向が目立ってきているという。セグメント配信、時間軸など緻密に計算された施策で効果を上げる企業が増えてきたからのようです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Pinterestユーザーの5割はECで買う? ネット通販との親和性が高いピンタレスト最新情報

米国ではEC企業のピンタレスト活用に注目が集まっています。ピンタレストユーザーの55%はピンタレスト上で商品を購入。フェイスブックなどの購入割合(9~12%)をはるかに上回ります。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのスピード配送に対抗するために米小売企業・EC事業者がやっていること

EC業社(全米トップ30)の平均配送スピードは4日間。1日か2日で商品が届くことに慣れているアマゾンプライムの会員にとって、とても遅い配達に見えます。米国企業はどのようなスピード配送対策を行っているのか?

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

【最新】中国ネット通販市場の現状。天猫vs京東の競争の行方は?

2015年度版の中国ネット通販(BtoC)報告書が北京のコンサルティング企業Analysysから発表されました。経済産業省の「電子商取引に関する市場調査」(2016年5月発表)との比較、商品ジャンルごとのシェアの変化などをお伝えします。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アプリは小売店の売上UPに役立つのか? ウォルマート、ノードストロームら米国事例3選

米国でモバイルEC売上の上位にランクインしている小売事業社の多くは、自社のアプリに店内モード機能を搭載。消費者が商品を購入をするためのツール以上の役割を果たしています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

“モバイルファースト”が成長の鍵、グローバルEC市場で起きている「明と暗」

米国のEC市場では、モバイルコマース市場のシェアを積極的に取りにいっている企業は、モバイル対応に遅れを取っている企業よりも早い成長を遂げています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

中国越境EC市場はすでに激戦? 「ネット爆買い」狙う有名ブランド企業の進出状況

中国でのオンライン売上を拡大するため、さまざまなハイブランドが販売を強化しています。独のカメラメーカー「ライカ」、日本からはパナソニック、象印など、アパレルでは「フェラガモ」「ヒューゴ・ボス」などが進出し始めています。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル