海外

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ウォルマートも導入した「プレミアムロイヤルティプログラム」とは? 顧客リピート化を生み出すインサイトとその効果を解説

競合他社との差別化を図り、顧客のリピート率を高める「ロイヤルティプログラム」施策。2021年に注目したい「プレミアムロイヤルティプログラム」とは?
Digital Commerce 3603/4 8:00250
越境EC 3.0

大企業だけじゃない! コロナ禍の今、中小企業や地方企業こそ越境ECを活用すべき理由

日本製マスクの需要を捉えた「ナナンワールド」と、“日本ロス”消費に応える青森県の事例(連載第3回)
直井 聖太3/3 8:001381
顧客時間が見たCES & NRFレポート2021

世界の潮流から見るデジタル活用。「What(何ができるか)」から「How(どのように)」へ

世界最大のテクノロジー展示会「CES」、全米小売業協会(NRF)主催のリテール展示会から見えた、小売り・EC事業者が押さえておくべきポイントとは? 顧客時間の共同CEOで取締役の奥谷孝司氏が解説
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

スターバックスなどの事例に学ぶ、顧客獲得とリピート化に役立つ4つのマーケティング手法

ブランドが新しい戦略で新規顧客を引きつけ、その後もリピートしてもらうためにはどうしたらいいのでしょうか? 海外事例からその手法を見ていきます
Digital Commerce 3602/25 8:00350
顧客時間が見たCES & NRFレポート2021

デジタルシフトで買い物行動はどう変わる? 6つのトレンド予測と音声コマースが加速させる非接触購買の未来

顧客時間のスタッフそれぞれの視点で紹介する2021年の「CES & NRFレポート」。第1回は、チーフプランナー 風間公太氏による考察
風間公太2/24 8:006391
単発記事

コロナ禍で世界の消費行動はどう変わった? 30の国・地域のECデータ&市場概況などをまとめた『海外ECハンドブック2020』とは

世界のEC市場規模予測や地域別EC市場データ、越境EC市場規模およびEC利用者の推移、EC市場データランキング、各国のEC市場環境比較表などを掲載した海外進出・越境ECに必見の1冊
瀧川 正実2/18 11:00881
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ルイ・ヴィトンも参入したソーシャルコマース。世界のトレンドと中国の先行事例に学ぶ小売業者が注目すべき理由

コロナ禍でより一層ソーシャルコマースに注目が集まっています。先行する中国での事例からソーシャルコマースの可能性を探っていきます
Digital Commerce 3602/18 8:0011182
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ECサイトを狙う2大詐欺ボットの最新手口とダークウェブの今、悪質事業者への対抗策

ブランドや小売事業者は、機械学習技術を活用してボットの行動を分析することで、詐欺ボットから身を守ることができます。
Digital Commerce 3602/12 10:00780
越境EC 3.0

越境EC × Japanコンテンツ。アジア圏で人気「エヴァンゲリオン」「ECONECO」の事例

越境ECはビッグコンテンツでなくても商機あり。作品やキャラクターがなくても挑戦できるジャパンコンテンツ活用とは?(連載第2回)
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

顧客満足度アップにつながる「返品対応」とは? リピート客を生む返品プロセス改善5つのヒント

返品は顧客をロイヤルカスタマーにつなげるためのチャンスでもあります。方法次第で、返品行為を「顧客満足度向上」につながるポジティブ体験に変えることができます
Digital Commerce 3602/4 8:00761
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

口先だけはNG。企業が「ダイバーシティと平等性の促進」を具体的な行動に移す必要がある理由

ブランドはダイバーシティについて、口先だけではなく行動に移す必要があります。その理由と米国企業の現状は?
Digital Commerce 3601/28 9:00331
中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

ソーシャルコマースを活用する若年層消費者「90後」と「Z世代」がけん引する中国の新消費市場とは

ハイテク製品を使いこなし、SNSやECを活用する若年層消費者「90後」と「Z世代」は、消費意識の高さで中国の新消費市場をけん引しています
トランスコスモスチャイナ(transcosmo...姚俊杰(Galen Yao)1/25 9:0019112
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

米国EC専門メディアが予測する2021年のEC業界とは? 業界再編、テクノロジーへの投資など

米国のEC専門メディア『Digital Commerce 360』が2021年のEコマース業界を予測。「再編成と成長の機会」「食料品のオンライン注文の伸長」」「テクノロジーへの投資」などの予想されるトレンドをあげている
Digital Commerce 3601/21 9:00352
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンで成功しているニッチブランドのM&Aが活発化。買収企業が語るAmazon内で売上を伸ばす秘訣と成長分野とは

Amazonでの販売に成功している小規模ブランドを買収しようと、資金が潤沢にある企業が続々と名乗りを上げています。なぜ、Amazon出品事業者の企業買収が活発化しているのでしょうか
Digital Commerce 3601/14 8:001680
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ECビジネスとサスティナビリティの成功例。商品パッケージでCO2削減&追加料金を払っても選ぶ「サステナブル配送」とは

ヘアケアブランド「Davines」 のEC利用者の平均20% は、商品配送に伴うCO2排出量をオフセットするため、配送料を30セント上乗せすることを選択しています。その理由とは?
Digital Commerce 3601/7 8:00690
単発記事

【越境EC・海外向けECに必見の一冊】世界30の国・地域のECデータを把握できる書籍『海外ECハンドブック2020』

『海外ECハンドブック2020』は、アジア太平洋、欧州、北米、中南米の主要30か国・地域のEC市場規模や詳細なEC市場データ、越境EC市場規模、EC利用者の推移、EC市場データランキングなどを定量データとしてまとめた一冊
ネットショップ担当者フォーラム編集部2020/12/24 10:00841
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Googleの新しい検索品質評価ガイドラインは「質の高いコンテンツ」重視。ユーザーフレンドリーなSEO戦略のポイントとは

Googleが5月に発表したコアアップデートは、「E-A-T」の原則をより重視したものです。企業は、新しいアルゴリズムに自社のウェブサイトを適応させる必要があります。
Digital Commerce 3602020/12/24 9:00880
越境EC 3.0

「越境EC=中国」ではもったいない海外のネット通販ニーズ。世界各地で新たな巣ごもり需要が発生している越境ECの“今”

コロナ禍でも日本商品の需要は変わらず。東南アジア、アメリカ、ヨーロッパからの需要が急増中(連載第1回)
直井 聖太2020/12/22 8:009161
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

消費動向から見えるEC事業者が品ぞろえを広げることの重要性とは?

コロナ禍で小売事業者は、成長促進のため品ぞろえの拡大を加速させたという意向があります。消費者アンケートから品ぞろえを広げる重要性を探っていきます
Digital Commerce 3602020/12/17 12:00541
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

地方の小売店が大手に勝つために知っておくべき「消費行動の変化」「ネット通販戦略」

地元で買い物をすることは、オンラインショッピングを避けることを意味するのでしょうか? 私たちは皆、同じ状況にあることを忘れてはいけません。苦難を乗り越え、地元が成長すれば、より強いビジネスとより良い生活を手に入れることができます
Digital Commerce 3602020/12/10 8:006196

【2021年予測】Shopifyが示す5つの小売・ECトレンド。成長のカギは「若年層」「地域ビジネス」

Shopifyは、2021年の小売・ECのトレンドを予測する初の年次レポート「Future of Commerce 2021」を発表。グローバルと日本の市場環境から見た5大予測とは?
公文 紫都2020/12/9 9:009240
上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

【2020年中国「独身の日」まとめ】輸入品売れ筋ランキング1位はヤーマン。4位 花王、5位 資生堂

2020年11月11日の「W11(独身の日)」について、天猫での結果をレポートします(vol.38)
高岡 正人2020/12/7 8:00420
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アリババが“画期的な成功”を収めた7つの理由

Alibabaの繁栄を可能にしたのは何でしょうか? 今回は、Alibabaが画期的な成功を収めた7つの根本的な理由をご紹介します。
Digital Commerce 3602020/12/3 9:00471
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

エコ包装とスロー配送で優れたCXとサステナブルなフルフィルメントを実現する方法

小売事業者がどのようにして、消費者が支持する「より持続可能な配送方法」をフルフィルメントに取り入れているかを紹介します。
Digital Commerce 3602020/11/26 9:00221
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【2021年の小売業界予測】「実店舗のデポ化」「デリバリー革命」「オンライン接客」などニューノーマル時代の5トレンド

2021年は小売事業者にとって大きな変化の年になるでしょう。「ニューノーマル」に迅速に適応しながら2021年を迎えるために、小売り事業者がチェックするべき5つのトレンドを解説
Digital Commerce 3602020/11/19 9:0012150
Digital Shift Timesダイジェスト

リアルの“場”を通じてファン作り&ビジネスを拡大する方法は? 米国のD2Cブランド「Allbirds」「Casper」「Glossier」に学ぶ

「Allbirds」「Casper」「Glossier」はオンライン発のD2Cブランドだが、彼らはリアル店舗をファン作りやビジネス拡大の「場」として有効活用している。各社の事例を紹介する
Digital Shift Times2020/11/12 9:00380
単発記事

1日で約12兆円を売ったアリババ+京東(JD)の中国「独身の日」取扱高【2020年まとめ】

アリババグループの取扱高は、過去最高となる4982億人民元。伸び率は前年比85.6%増。京東(JD)の取扱高は、2715億人民元で前年比32.8%増
瀧川 正実2020/11/12 9:001560
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

実店舗にお客を集め高いCVRを実現する方法とは? カギはデジタルを活用したロケーションベースマーケティングにあり

苦戦している実店舗の小売りビジネスにとって、デジタル広告やロケーションベースのマーケティングは新たな活路になるかも知れません。最近の研究で、ロケーションベースのモバイル広告は、オンラインだけでなく、店内でも高いコンバージョン率を実現していることが明らかになっています
Digital Commerce 3602020/11/12 8:00320

1日で約7.8兆円を売ったアリババ「独身の日」、過去最高の取扱高を記録【2020年】

中国で行われたネット通販の買い物の祭典「独身の日」(W11、ダブルイレブン)。ECプラットフォーム最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)の取扱高(GMV)は、11月11日午前0時30分までの注文分で3723億人民元(日本円で約5兆8078億円)。20時過ぎに4600億人民元を超えた
瀧川 正実2020/11/12 5:271530

アリババ「独身の日」は11/11AM0時30分までの決済で取扱高が約5.7兆円、越境ECランキングで日本が1位

中国で行われているネット通販の買い物の祭典「独身の日」(W11、ダブルイレブン)。ECプラットフォーム最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)の取扱高(GMV)が、11月11日午前0時30分までの注文を決済で3723億人民元に達した。1元15.5円換算すると日本円ベースは5兆7706億円となる
瀧川 正実2020/11/11 1:5083100
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)を向上させる「セルフサービス」「フルサービス」活用法

コロナ禍でニーズが増した、買い物体験における「セルフサービス」。一方で販売員やカスタマーサポートスタッフのサポートを受けながら買い物を進める「フルサービス」に対するニーズが消えることもないでしょう。どうすればカスタマーエクスペリエンスの向上につながるより良いサービスを消費者に提供できるのでしょうか
Digital Commerce 3602020/11/5 10:00440
中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

ビッグデータの活用にシフトする中国EC市場。アリババの「Databank」活用法とは?

成長を続ける中国EC市場ですが、ECプラットフォームやブランドの増加、新型コロナの影響により新規顧客獲得のコストが増加し、Tmallのアパレルカテゴリでは成長率が鈍化しています。そうした背景を踏まえ、Tmallは「Databank」を用いたビッグデータの活用にシフトしています。
トランスコスモスチャイナ(transcosmo...平野 雄太2020/11/5 9:001120
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

コンバージョンが最大化するページ読み込み速度は2.7秒以下。ECサイトのCVRと収益を向上に役立つ分析・改善方法とは

消費者のデジタル体験において、最も重要な部分の最適化に注力することが、収益の向上につながります。そのためには「リアルタイム分析」が必要になります。消費者のデジタル体験をよりよく理解し、競合他社から優位に立つために、成功している小売企業はリアルユーザーモニタリング(RUM)を活用することになるでしょう。
Digital Commerce 3602020/10/29 8:0023140
中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

5Gは買い物体験をどう変えるのか? 5G商用化が進む中国で起きている実店舗・ECの変化

5G商用時代は、超高速であらゆる人や物がつながる特徴を活かし、ブランドや企業と消費者の関係がより密接になり、消費者体験の質が変化しています
トランスコスモスチャイナ(transcosmo...鄧玉娟(Laura Deng)2020/10/26 9:001963
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

コロナ危機を乗り切った「ナイキ」「ルルレモン」。苦戦の「アンダーアーマー」「ユニクロ」。明暗わけたのは「デジタル体験」

「ルルレモン」と「ナイキ」はスピーディーな戦略転換でコロナ禍を乗り切ったブランドです。優先順位を見直し、デジタルエクスペリエンスとオンラインコミュニティを構築した事例を、市場の変化を踏まえて見ていきます
Digital Commerce 3602020/10/22 8:00470
Digital Shift Timesダイジェスト

「ニューリテール」とは? AmazonとアリババのOMO事例などに学ぶ正しい理解と小売りビジネスへの影響

小売業を中心に、旧来のビジネスモデルにおいて早急な見直しを迫られている昨今。「ECと店舗のボーダレス化」を考える上で目を向けたい「ニューリテール」について海外の事例を中心に見ていきます。
Digital Shift Times2020/10/19 8:00430
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ウォルマートのECが伸びている要因は「スタートアップ精神」。小売業がコロナ禍を生き抜くには「長期視点での投資」にあり

伝統的な小売業者がコロナ禍を生き抜くためにはEコマースへの投資を増やさせなければなりません。成功するためには、新しいテクノロジーの活用などスタートアップ精神を持つ必要があります。米国のスーパーマーケットチェーン「Walmart」は、それを実践し成果を出している大企業の一例です
Digital Commerce 3602020/10/15 8:00470
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonの必勝パターンに学ぶ。購入前→購入中→購入後のタイミングでEC事業者が提供すべき各5つのアプローチ

「購入前」「購入中」「購入後」の購入サイクル全体をカバーしながら、各ステージで特徴的な商品やサービスを提供すれば、自社のECサイトを成長につなげることができるようになります
Digital Commerce 3602020/10/8 8:00310
中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

中国のライブコマース最新事情&アリババの戦略&効果的な活用方法まとめ【2020年】

2020年のダブルイレブン(W11)でも盛り上がりそうな中国のライブコマース事情について解説します
トランスコスモスチャイナ(transcosmo...曹婉 (Linda Cao)2020/10/5 9:001463
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

コロナ禍で変わったソーシャルメディアの使い方。SNSは「商品情報を得る一般的なチャネル」

EC事業者はソーシャルディスタンス下の消費行動を理解し、フォロワーや顧客に魅力的で刺激的なコンテンツを提供。消費者が時間を費やしている場所で顧客接点を作っていくことが重要です
Digital Commerce 3602020/10/1 8:001390
PR

コンバージョンUP、新規顧客が増加! 決済からお客さまの購入体験を改善した家電ECの老舗ストリームの事例

家電ECサイト「ECカレント」などの大手EC企業ストリームが、「変わる消費行動への対応」「利便性向上」「買いやすいECサイト作り」を決済面(「Amazon Pay」の導入)から改善・対応した取り組みを解説
瀧川 正実2020/9/30 9:00761
データで読み解く小売ビジネスと未来予測 presented by COUNTERWORKS 竹信瑞基

EC先進国・米国の最新事情に学ぶWithコロナ時代の成長戦略。キーワードは「非接触」「コンタクトレス」「オンライン拡張」

コロナ前から現在に至るまで、米国小売市場にはどのような変化が起き、今後どこへ向かおうとしているのか。米国の最新トレンドを捉えながら、日本の小売り市場のイマ、そしてECビジネスへの活かし方を見ていく。
竹信瑞基2020/9/25 11:3038120
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

「TikTok」が小売事業者に与える影響&ビジネス向け「TikTok for Business」の概要

「TikTok」に広告を出稿している小売事業者はそれほど多くありませんが、その人気は日に日に高まっています。アメリカで「TikTok」が禁止されるかどうかは未定ですが、マーケティング戦略に大きな影響を与えないと予想している専門家もいます
Digital Commerce 3602020/9/24 9:0011100
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonは次にどこへ行く? 海外のデータから見えるアマゾンの次の一手と戦略

Amazonの収益は4分の1以上が海外市場によるものです。Amazonがまだマーケットプレイスを運営していない他の海外市場にはいくつもの課題があるため、未進出のマーケットでは、消費者への販売を伴わない分野がAmazonの最大のチャンスになるかもしれません
Digital Commerce 3602020/9/17 8:001570
Digital Shift Timesダイジェスト

【中国】アリババ「フーマー」、テンセント「永輝超市」などコロナ禍の生鮮食品スーパー&ECの今

コロナ禍によって、急速に成長している生鮮ECサービスと、アリババ傘下の生鮮スーパー「盒馬鮮生」のような実店舗とECの機能を融合したOMO型店舗。その実態を探る
Digital Shift Times2020/9/10 10:00352
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

まだあまり知られていない2020年のEC市場(北米)5つのトレンドとは?

食料品販売では「店舗がECの大きな資産になる」、「カタログ通販と親和性の高いオンライン販売」、「健闘している小規模オンライン小売事業者」など、米国で起きているEC業界5つのトレンドを紹介します
Digital Commerce 3602020/9/10 8:00653
PR

米国・欧州Amazonの顧客があなたの自社ECサイトで簡単に買い物できる方法とは? 「Amazon Pay」「ジグザグ」が実現したスゴイ仕組み

ジグザグの越境EC・ウェブインバウンド対応サービス「WorldShopping BIZ」と、Amazonが提供するオンライン決済サービス「Amazon Pay」が連携。米国・欧州のAmazonアカウントを保有する顧客が、日本の自社ECサイトで買い物できるようになるその仕組みを解説
瀧川 正実2020/9/9 8:00118112
Digital Shift Timesダイジェスト

Withコロナ、Afterコロナで小売業はどんな変化を遂げる? 中国事例に見る「ライブコマース」の大きな可能性

Withコロナ・Afterコロナ時代、小売企業はどのような変化を遂げていくのか。中国小売企業の事例を参考に、小売業の未来を見ていく。
Digital Shift Times2020/9/3 9:00920
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

食料品のネット通販が加速した2020年。新型コロナウイルス終息後も消費者のEC利用は続く?

2020年、消費者と食品小売事業者の関係が劇的に変化し、オンラインでの注文が急増しました。ウイルスの危機が去った後も、引き続き多くの世帯がEコマースを利用するでしょう。
Digital Commerce 3602020/9/3 8:00622
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

スターバックス、ZARAのデジタル戦略などに学ぶWithコロナ時代を勝ち抜くための実店舗&モバイル戦略

モバイル活用、優れた店舗戦略を組み合わせれば、小売事業者は競争激しい市場で成功し続けることができます。スターバックス、ZARAのモバイル戦略を踏まえ、実店舗が成功するモバイル活用法を解説します
Digital Commerce 3602020/8/27 8:00853

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム