現在地

海外

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

越境EC事業者は知っておきたい、中国で施行された「インターネット安全法」とは?

中国で「インターネット安全法」が施行されました。まだあまり知られていない法律ですが、今回はこの「インターネット安全法」について、そのポイントと今後の可能性をまとめます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのホールフーズ買収とリアル店舗を攻める理由【米大手EC専門誌が解説】

Amazon(アマゾン)が高級食品販売チェーンのWhole Foods Market Inc.,(ホールフーズ・マーケット)を137億ドルで買収すると発表。その狙いとは? 米国EC大手専門誌が解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【プライム会員分析】アマゾンユーザーの購買行動から学ぶ自社ECサイトの顧客作り

Amazonのプライム会員は、アマゾン以外の小売事業者が運営するアプリやECサイトも使用し、多くの時間を費やしています。この会員を自社のECサイト顧客にするにはどうしたらいいのでしょうか?

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

デジタル化は買い物行動と小売業のビジネスをどのように変えるのか?【米国最新事例】

米国のEC業界では「いかにして上質な顧客体験を提供するか」が課題となっています。“顧客との強いエンゲージメント”を生み出すために現地企業が行っている施策とは。

通販新聞ダイジェスト

バロックジャパンのEC強化策――マーケットプレイス化やプラットフォーム化戦略とは?

バロックジャパンリミテッドはEC事業に本腰を入れる方針。2017年1月期のEC売上高74億4500万円に対し、2021年1月期はほぼ倍となる160億円規模を計画。

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

【中国EC】ジャパンバッシングによる食品の輸入・販売規制はどうなった?

3月15日以降、中国における日本食品の輸入・販売について 越境ECにでも規制され、2か月以上経過した現在でもその影響がまだ残っています。現地の最新状況をお伝えします。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

アマゾンvsグーグルなど食品ECの即時配達サービスの市場が拡大する米国市場のいま

2016年に530億ドルだった食品関連のEC市場は2022年に拡大すると予測されている米国の食品EC市場。Googleも参入し、Amazon対Googleによる即日配送サービス競争が始まっています。その最新情報をご紹介。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

中国向けECはすでにレッドオーシャン? 韓国ロッテのTmall撤退から見える進出企業の課題

中国内の越境ECに詳しい関係者は「中国に進出した海外の小売企業は、ECサイトと実店舗へ自然に消費者が来店するとは限らないことを認識しなければならない」と指摘します。それはなぜか?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない顧客体験はどう提供する? 優良顧客を生み出す「配送力」の磨き方

アマゾンに負けない顧客体験の提供、優良顧客の獲得などで大切なことは、消費者を引きつけ、お客さまになってもらうためのカスタマーエクスペリエンスの向上です。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

ECは最新テクノロジーでどう変わる? 決済、AI、リアル戦略など米国ECの今とこれから

ECテクノロジーやマーケティングは日本の先を行くと言われる米国のネット通販市場。AI(人工知能)、会話型EC、EC決済など、米国ECの最新トレンドなどを紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンが小売業界を制する日がやって来る……小売り企業が対抗する方法は?

アマゾンは過去20年、小売業界に身を置く企業の顧客や体力を少しずつ奪っていきました。最後の一撃はすぐそこにまで迫っています。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

VRやARで買い物行動はどう変わる? 米国の通販&小売の最新事例【Shoptalkレポート】

VR、AR……日本のIT業界で話題になっている最新テクノロジーは、米国のEC業界ではどのように活用されているのか。今回はそんな情報をレポートします。

ネットショップ担当者フォーラム 2016 セミナーレポート

中国向けECで成功するには何が必要か? 政府系EC団体の幹部が語る越境ECの活性化策

中国に向けて越境ECを行う上で押さえておくべき法律や政策について、中国政府系の事業者団体「中国電子商会」の彭李輝・常務副秘書長が解説した。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

カゴ落ち率84%のモバイルECでコンバージョン率を確実に伸ばす4つの方法

商品をモバイル経由でカートに入れた場合、たった16%しか購入に至りません。どうすればEC事業者はモバイル経由のコンバージョン率を高めることができるのでしょうか?

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

2021年、世界の小売りはどうなっている? 変わる消費者に対応する企業の投資戦略とは

消費者行動の変化、技術進歩が著しい中、小売企業は変わりつつあります。IoT、機械学習、コグニティブコンピューティング、自動化への投資によって小売企業は変貌を遂げようとしています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンはファッションジャンルも制するのか? オリジナルブランドの衣類が好調なワケ

米国のアマゾンが2016年から始めたオリジナルのファッションブランドの売れ行きが好調のようです。その要因は?

通販新聞ダイジェスト

アマゾンがBtoBのネット通販に本格参入? 今秋にも日本版アマゾン・ビジネスを展開か

アマゾンジャパンは今秋にも、企業のオフィスや工場、病院などで使用される各種の消耗品や商材などを販売する法人向けの専用通販サイトを新設するようです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

配送で最も重要視するのは送料無料? それともスピード配達? [米国2815人の調査]

2815人の消費者を対象に行った米国でのユーザー調査によると、大多数の消費者が送料無料なら配送が遅くても構わないと回答しました。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

【中国EC】WeChatでマーケティングを成功させるための5つのポイント

中国でマーケティングにSNSを活用するブランドが増加。特にWeChatの公式アカウント開設が増えており、ネット通販活用の事例が出てきています。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンの「グローバルストア」計画とは? 越境ECの言語・物流・価格の壁がなくなる日

中国のEC専門誌「ebrun」によると、アマゾンは消費者が全世界の商品を簡単に購入できる「グローバルストア」を開店させる予定だと報じています。

中国EC市場がよくわかるアリババ提供の最新情報(Alizilaからの耳より公式情報)

【中国ECの裏側】アリババのビッグデータを活用した偽造・模造品対策とは

アリババがビッグデータを活用し、知的財産保護およびその執行に貢献しています。その取り組みを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【米国EC事情】ARやVRなど先端技術に投資しない理由、パーソナライズに注目するワケ

EC企業は今後、どのようなテクノロジーに投資していけばいいのでしょうか? 米国EC事業者は、コアビジネスに直結する技術への投資を計画しています。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

中国EC市場から日本の食品が消えた日。現地の越境ECサイトで何が起きているのか?

中国EC市場では3月15日以降、大手越境ECモールを中心に日本産食品の販売がストップされる事態が起きています。現地のサイトはどのような状況なのか、その様子をレポート。

中国EC市場がよくわかるアリババ提供の最新情報(Alizilaからの耳より公式情報)

EC市場は2020年に約190兆円、EC化率は25%まで拡大する【中国EC市場の予測】

ゴールドマン・サックスの最新レポートを見ると、この先の数年間で中国EC市場は2倍超に拡大する勢いで成長を維持すると見込んでいます。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

北京税関が越境ECに対応、海外からのネット通販に関する保税サービスを提供開始

北京税関は2月、管轄内の天竺税関が総合保税区越境EC保税サービスを全面的に提供することを発表した。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

中国向けECに逆風? 日本産食品の販売停止はなぜ起きた? 3/15のテレビ報道を振り返る

中国内で3月15日以降、日本産食品の販売がストップされる事態が起きています。その背景を解説します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない、お客に支持される通販サイトがやっている4つの施策

商売に成功しているブランドは、Amazon(アマゾン)にはない差別化したサービスを提供しています。米国のEC企業が実践しているその秘訣(ひけつ)とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンに負けない買い物体験を提供する方法とは? 米国EC企業3社の事例

Amazon(アマゾン)の有料会員制プログラム「アマゾンプライム」に対抗するにはどうするべきか? Target、Benefit Cosmetics、J.C.Penny、Best BuyといったECを手がけるEC小売事業者の事例を紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

リピート客約9割のアマゾンに勝つロイヤリティ施策には何が必要? 米国ECの今に学ぶ

アマゾンの得意分野である価格競争力と利便性を重視する消費者が増える中、EC事業者は消費者に商品を購入してもらうためにはどんな努力が必要でしょうか? 米国の今を解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

スピード配送ではアマゾンに勝てない――ウォルマートがプライム対抗策を廃止した理由

Amazonプライムの対抗サービスとされていたウォルマートの配送サービスは、なぜ廃止に追い込まれたのでしょうか? その理由などを解説。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

東南アジア向け越境ECにビジネスチャンスはあるの?[進出事例&現地市場のいま]

ネット通販市場が急拡大すると言われる東南アジア市場。日本企業に商機はあるのでしょうか? 中国企業の進出状況、現地のプラットフォームの現状などから、東南アジアのEC市場を考察します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンに負けない自社ECサイトを作る5つのポイント

多くの中堅小売業者は、カスタマーエクスペリエンスやブランドストーリーでアマゾンより優れていますが、自社ECサイトでそれらのメリットをもっと明確に伝える必要があります。

中国EC市場がよくわかるアリババ提供の最新情報(Alizilaからの耳より公式情報)

アリババのジャック・マー氏が語る「アマゾン」と「トランプ米大統領」

アリババグループのジャック・マー氏はアマゾンのビジネスモデルをどのように見ているのか? そして、米大統領のトランプ氏とはどのようなことを話したのか?

単発記事

中国EC市場で成功するには何が必要か? 中国の直販ECトップのJD副責任者に聞いてみた

中国最大の直販ECサイト「京東商城(JD.com)」の海外企業向け越境ECサイト「京東全球購(JD Worldwide)」の責任者へのインタビューから、成功のためのポイントを探ってみる。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

モバイルECのコンバージョン率は1%だけど……スマホ対策に注力&投資すべき理由

米国のある調査では、小売事業者の48%が「モバイルがビジネスに多大な貢献をもたらした」と回答。対象者のスマートフォン経由売上は2015年比で平均65%アップしています。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

中間層の増加で中国EC市場では品質の高い商品が売れる状況に変化

超巨大市場となった中国EC市場。国内中間層のほとんどがスマホを持ち、これから若い世代が旺盛にECを活用すると見込まれる中国EC市場の今をより詳しくご紹介しましょう。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アマゾン中国の最新情報+中国の越境EC利用者の消費トレンドと特徴まとめ【2017年】

アマゾン中国が年始に発表した「越境ECトレンドレポート」によると、2016年のトレンドは「越境EC利用の浸透」「若者化」「品質重視」「越境ECに特化した無料国際配送のプライム会員サービスが消費を刺激」だったという。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

トランプ大統領がEC業界へ与える影響を考える。米国向け越境ECの行方は?

ドナルド・トランプ大統領の就任によって、EC業界にはどのような影響があるのでしょうか? 中国からの輸入製品への関税を45%に引き上げるこや、アリババとの協業など米国専門誌が分析します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

会話型コマースをやるべき5つの理由。Alexa、WatsonなどのAIはECをどう変える?

米有力EC企業1-800 Flowers.comのクリス・マッキャンCEOは、今後の成長には会話型コマースが必要だと考えます。なぜそのように考えるのか、その理由を話しました。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!