現在地

海外

海外eコマースに学ぶ最新のECトレンド Presented by ecbeing

AR(拡張現実)はECサイトでどう活用する?――eBay、イケア、ナイキの事例

米国ではさまざまな企業がARを搭載したアプリを通じて新しい買い物体験の提供を試みています。eBay、イケア、ナイキの事例を紹介しましょう。

海外eコマースに学ぶ最新のECトレンド Presented by ecbeing

インフルエンサーをECに活用して効果を最大化する方法とは? Instagramフォロワー370万人の米化粧品会社の事例

インフルエンサーマーケティングで重要なのは、フォロワー数ではなく、ECサイトやブランドを熱烈に支持してくれるコアなファンを増やすこと。それを実践している米国企業の事例をご紹介。

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

4.5兆円も売れた中国のECイベントとは? W11(独身の日)に次ぐ「京東618」まとめ

「京東618」は京東商城(JD.com)が設立日である6月18日を記念したセールイベント。数年前から天猫(Tmall)など他のモールも巻き込んだ大きなイベントになっています。

トランスコスモス調査部公式ブログ「オウリー通信」出張所

アジア10都市のネット通販利用動向まとめ[2018年版]

トランスコスモスでは、アジアの主要都市におけるオンラインショッピングの利用実態を調査しました。消費行動や意識が、東京と大きく異なる点を中心に解説します。

中国EC大手「JD.com」が日本商品の調達強化・出店推進を担う「購買センター」を開設

中国のECサイト大手「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団は、日本企業からの商品調達、JD.comの海外企業向け越境ECサイト「京東全球購(JD Worldwide)」への出店対応などを行う購買センターを開設した。

中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

中国でも進む受け取り方革命――EC市場の拡大で変わる「ラスワンマイル」の今

中国ではEC市場が拡大する一方で、配送件数も右肩上がりで増加。消費者の手元に商品を届ける「ラストワンマイル」で課題も出てきました。その解決方法について紹介します。

海外eコマースに学ぶ最新のECトレンド Presented by ecbeing

人工知能(AI)はECサイトでどう活用すべき? 米国のネット通販活用事例4選

人工知能(AI)はEC業界にどのように浸透し、消費者とのタッチポイントや業務の中に取り込まれていくのでしょうか。ECサイトでのAI活用で一歩先を行く米国の情報をお伝えします。

大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

「ヤフーを抜き第3位モールに」――eBay傘下に入った「Qoo10」の戦略&越境ECのイーベイ・ジャパン(株)はどうなる?

eBay Inc.(イーベイ)傘下に入ったECモール「Qoo10」運営のイーベイジャパン合同会社の新社長、ヘンリー・チュン氏に「Qoo10」の戦略、今後の投資計画などを聞いた。

単発記事

【WeChatの日本戦略】中国人観光客の利用拡大で売上5倍の事例も。富士急ハイランドは決済を全面導入

およそ10億人のMAU(月間アクティブユーザー数)を誇る「WeChat」。運営元のテンセント社は決済サービス「WeChat Pay」の日本企業への導入を強化している。

Impress Business Library

越境ECで売上を伸ばしたい!~必ず覚えておきたい、越境EC完全攻略ガイド~【ホワイトペーパー無料提供】

越境ECの注目市場である中国では、「知名度」「クチコミ」が大きくモノを言う。中国市場を効果的に攻略するためにはどういったマーケティング施策が必要なのだろうか。

中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

ECだけじゃない! 「インターネット+」で激変する中国の飲食ビジネスの今

ECやAlipay、WeChatなどの普及に伴い、豊かになってきた中国の「オンライン飲食」についてご紹介します。

海外eコマースに学ぶ最新のECトレンド Presented by ecbeing

一歩先を行く海外の最新オムニチャネル――メイシーズ、ターゲット、Farfetchの事例

米国では今、大手小売企業を中心に上質な顧客体験(CX)を提供するための“次のオムニチャネル”が始まっています。米国の小売業向け大規模カンファレンス「Shoptalk」で得た、米国のオムニチャネルの今をお伝えします。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

QRコード決済の覇権を握るのはどこ?! メタップスの決済手数料は0.95%、LINEは0%(※3年間だけ)【ネッ担まとめ】

QRコード決済の手数料が安くなってきて、実店舗での導入が加速しそうです。実店舗での買い物がどんどんお手軽になる一方、ネットショップでの決済が手間に思えてくる流れも出てくるはず。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

JD.com半端ないって。あいつ半端ない。ザリガニ3373万匹も売るもん。そんなんできひんやん、普通。【ネッ担まとめ】

中国ECは配送力と対応力も半端ないです。2兆円以上の商品を売当日か翌日配送して、1600万件のチャットボットへの問い合わせの87%をAIが回答とか。日本との差は開くばかり……。

中国直販EC最大手JD.comの創立セール取扱高は2.7兆円! ザリガニは3373万匹も売った

中国直販EC最大手のECサイト「JD.com(京東商城)」を運営する京東集団が6月18日までに行っていた大規模セールイベント「京東618」で、1~18日までの取引額は前年比32.8%増の1592億元(約2.7兆円)だった。

中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

アリババの「AI+ロボット」はEC業務をどう変える?[人工知能活用が進む中国ECの今]

中国では人工知能(AI)をECに活用する動きが進んでいます。トランスコスモスチャイナの事例などを交えて、中国ECにおけるAI活用の今をお伝えします。

Impress Business Library

中国EC市場で成功するには何をするべきか? 成功例、失敗例から学ぶ中国SNSマーケティングの勘所【ホワイトペーパー無料提供】

日本とは文化や慣習が大きく異なる中国市場において、成功を収めるのは容易なことではない。では、どのような施策を打っていけば、中国市場を効果的に攻略することができるのか?

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

アリババが天猫国際(Tmall Global)のリアル店舗をオープン。オフライン展開の狙いとは?

4月20日、天猫国際(Tmall Global)のリアル店鋪の1号店がオープンしました。アリババがこうした戦略に出た背景には、「爆買い」に関するある狙いがあるようです。

中国ECのテクノロジー・ウォッチ from JD.com(京東商城)

「中国版Amazon Go」を仕掛ける“中国のアマゾン”JD.comの無人スーパーの裏側

直販ECサイト、マーケットプレイスを運営し、ラストワンマイルも自社グループ内で手がける中国の小売最大手企業JD.comが手がける無人スーパーとは? 無人スーパーを置く本社に直撃した。

中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

9億人が使う中国SNS「WeChat」のEC向け新機能「オフィシャルプレミアムショップ」とは

「WeChat」の新機能として2017年末にリリースされた「オフィシャルプレミアムショップ」は、消費者が「WeChat」上で直接ショッピングができるようになる機能。この「オフィシャルプレミアムショップ」を説明します。

中国ECのテクノロジー・ウォッチ from JD.com(京東商城)

日本の先を行く“おもてなし物流”とテクノロジーを活用する中国EC大手JDの新たな戦略

中国の直販EC最大手JD.comの、日本の先を行く“おもてなし配送”、最先端技術を駆使したテクノロジーなど、“JD独自”のECサービスを取材した。

中国ECのテクノロジー・ウォッチ from JD.com(京東商城)

ARで化粧品の使用イメージを購入前に確認! 化粧品ECの課題を解決する「AR Styling Station」とは

中国EC大手のJD.comは、AR(拡張現実)を活用した「AR Styling Station」で、急成長する中国化粧品市場に変革をもたらすという。

中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

ECの拡大で膨れあがる荷物――中国ECで知っておきたいイベント時の顧客&発送対応法

「618」「ダブルイレブン」「ダブルトゥエルヴ」など、ECのイベント時での配送業務、顧客対応は最新の注意を払いたいところ。春節を例に、物流・配送業務の裏側、EC事業者が採用すべき対策などを紹介します。

中国ECのテクノロジー・ウォッチ from JD.com(京東商城)

車内モニターでもネット通販! あらゆる生活シーンに入り込む中国EC大手JDの小売革命

中国EC大手のJD.comは、スマートホームの開発プラットフォーム「Alpha」を自動車に導入し、車内からスマート家電の操作やネットショッピングを楽しめるようにします。

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

中国EC第2位の「京東商城(JD.com)」とは? その素顔と今後の戦略を探る

京東商城(JD.com)はチャットアプリ「WeChat」を運営するテンセントグループの一員で、中国ECで天猫(Tmall)に次ぐ市場シェア第2位です。今回はJDの素顔と今後の戦略についての考察をお伝えします。

はぴさやがゆく! ネットショップの裏側探検記

海外向け発送はどうするのが最適ですか? 日本郵便さん、越境ECの基礎を教えてください!【比較表あり】

日本郵便さんが、EMSなどの海外向け発送のことや、越境ECのことを教えてくださるというので、東京・霞が関の日本郵便におじゃましました!

ネットショップ担当者フォーラム 2017 セミナーレポート

米国向け越境ECで成功する方法とは? Amazon活用の可能性とEC最新トレンド

越境ECを始めるにはどこの国がいい? なぜ米国EC市場がいいの? 「Amazon.com」を日本企業が利用するにはどうすればいい? こうした疑問を越境ECのプロが解説。

『EC物流最前線 送料値上げ時代を勝ち抜くためのヒント20選』ダイジェスト

競合店の動向、トレンド商品、売れ筋価格帯などを 統計・集計できるツール「Nint」とは

さまざまな指標から販売データを統計・集計できる「Nint(ニント)」は、ECサイト運営に役立つデータを収集・分析できる。

ネットショップ担当者フォーラム 2017 セミナーレポート

「失敗しない越境EC」のポイントは? 「藤巻百貨店」「転送コム」「PayPal」が成功の秘訣を大公開

藤巻百貨店はなぜ転送コムとPayPalを活用して越境ECに取り組むことを決めたのか? 藤巻百貨店を運営するcaramo、転送コムを手がけるtenso、PayPalの3社によるトークセッション。

中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

中国EC市場のいま――「モノよりもコト」「量より質」を求める“ニューリテール”時代の最新買い物事情

中国の新たな消費行動「消費のアップグレード」について、その原動力、それによって現われた企業の「ニューリテール戦略」などについて説明していきます。

ネットショップ担当者フォーラム 2017 セミナーレポート

15兆円を売り上げる中国EC直販1位のJD.comとは? 日本で初めて語る成長の秘訣

中国各地に張り巡らされた自前の物流拠点と配送網。そしてそれを作るテクノロジーへの積極的な投資。驚異の事業拡大を進めるJD.comの秘訣(ひけつ)。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

[2018年]押さえておくべきECマーケティング8つのトレンド

ECやデジタルマーケターがオムニチャネル時代の消費者を理解する方法として、大規模なデータの活用が注目を集めています。それを実現するためのコマースマーケティング8つのトレンドを解説します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

プライム会員のCVRは70%以上! 商品検索エンジンと化したアマゾンで露出を増やす方法

消費者も企業もAmazon(アマゾン)やAmazon Business(アマゾンビジネス)で商品検索を始めることが増加。アマゾンの検索結果で一番に掲載される方法を学びましょう。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

あなたのECサイトに「買う理由」はありますか? 競合との差別化を実現する4つの方法

ECサイトでは、価格、カスタマーエクスペリエンス(CX)、商品のラインナップ、プロダクトの4つが大きな差別化要因になります。自社の強みを生かして、デジタル戦略の方向性を決めていきましょう。

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

天猫国際の「独身の日」。データから見えてきたユーザー像と売れ筋商品の変化とは?

前回に続き2017年の独身の日(W11)についてお伝えします。今回は、天猫国際におけるW11に関するトピックをまとめました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

売上TOP1000社の半数が動画を使う米国EC企業、なぜ利用する? どのように訴求する?

ECサイトで動画コンテンツを利用する事業者は、商品の使用方法を紹介する解説的な内容、動画から直接商品が購入できるSNS用の動画投稿など、売上アップのためにさまざまな動画を利用しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

米アマゾンがファッション関連の販売手数料UPを発表、プライム会員費の値上げも実施

Amazon(アマゾン)は、出品サービス「Amazonマーケットプレイス」を利用して衣料品などを販売している事業者の販売手数料が2月から引き上げる予定です。

ネットショップ担当者フォーラム 2017 セミナーレポート

2018年のEC市場で勝つカギは「多店舗展開」「海外販売」「バックヤード自動化」

競争が激化しているEC業界で、事業者が2018年に注力すべきことは? ECのコンサルティングや運営代行で8400社以上の支援実績を持つ、いつも.の立川哲夫事業部長が取り組むべき施策を解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

音声ショッピング時代の到来前に知っておくべきこと[Amazon Alexaの検索対策有]

音声検索に投資を進めているAmazonの影響によって音声ショッピングの到来はそう遠くはない。小売事業者やブランドはどのような対策が必要になってくるのでしょうか?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonやテクノロジーの進化が変える買い物体験[米EC専門誌が小売りの未来を予測]

音声ベースのデジタルアシスタントの登場、ブランドの凋落、新たな配送方法の台頭など、小売業界はこれまで類を見ないほどの劇的な変革期を迎えています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

リピート客が増えるコンテンツマーケとは? ブランド価値を伝える5つのポイント

ECサイトの利用者にブランド価値を伝えるためには、顧客を理解し、どんなターゲット層にリーチしたいか考え、効果的にアプローチできるコンテンツを作ることが必要です。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ネット通販の未来はどうなる? 成長のカギを握る「4つのS」とは?

ネット通販など小売業界ではこれから数年、「4つのS」が鍵を握るでしょう。4つの「S」とは、「Search」(検索)、「Scroll」(スクロール)、「Subscribe」(メンバーシップ)、「Say」(音声)です。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンが出品者の商品を割引販売する新プログラムの詳細と米国での反響は?

Amazon(アマゾン)は「Discount Provided by Amazon」(アマゾンが提供する割引)という名前の新しい割引プログラムをスタートしました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonがリアル店にこだわる理由── ウォルマートを追うアマゾンのスゴい実店舗戦略

アマゾンはEC業界を牽引するだけでなく、スーパーマーケット業界やWebサービス業界まで、あらゆるビジネスに影響を与え、多くの現金を生み出しています。そのアマゾンの店舗活用戦略を解説します。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム