現在地

オムニチャネル

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

オムニチャネルをやる目的は? マルチチャネルとの違いは? 成功するためのポイントは?

あなたの会社が展開しているのはマルチチャネルですか? それともオムニチャネルですか? その違いを理解した上で、消費者とより良い関係を構築するための成功ポイントを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンよりも進んでる? 無人コンビニ「BingoBox」などが広がる中国小売市場の今

フルーツのネット通販を手がける中国のEC企業Zhongshan BingoBox technology Co.(中山市賓哥網絡科技)が中国内で10店の無人店舗「BingoBox」をオープン。今後1年以内に5000店舗を開店する予定。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

物流視点で競争力を上げるために知っておきたい倉庫内の商品管理の常識

バックヤード視点で店舗の競争力を強化する方法は? そのために知っておきたい、倉庫内のロケーション管理方法「固定ロケーション」「フリーロケーション」について解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

小売り店の倒産や閉鎖でEC利用が増える? 小売業者の“商機”が店舗受取にある理由

小売事業者は、EC購入した商品を店舗で受け取ることができるサービスの提供で、Amazon(アマゾン)に対する競争力を高めることができます。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

デジタル化は買い物行動と小売業のビジネスをどのように変えるのか?【米国最新事例】

米国のEC業界では「いかにして上質な顧客体験を提供するか」が課題となっています。“顧客との強いエンゲージメント”を生み出すために現地企業が行っている施策とは。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

アマゾンvsグーグルなど食品ECの即時配達サービスの市場が拡大する米国市場のいま

2016年に530億ドルだった食品関連のEC市場は2022年に拡大すると予測されている米国の食品EC市場。Googleも参入し、Amazon対Googleによる即日配送サービス競争が始まっています。その最新情報をご紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない顧客体験はどう提供する? 優良顧客を生み出す「配送力」の磨き方

アマゾンに負けない顧客体験の提供、優良顧客の獲得などで大切なことは、消費者を引きつけ、お客さまになってもらうためのカスタマーエクスペリエンスの向上です。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

ECは最新テクノロジーでどう変わる? 決済、AI、リアル戦略など米国ECの今とこれから

ECテクノロジーやマーケティングは日本の先を行くと言われる米国のネット通販市場。AI(人工知能)、会話型EC、EC決済など、米国ECの最新トレンドなどを紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンが小売業界を制する日がやって来る……小売り企業が対抗する方法は?

アマゾンは過去20年、小売業界に身を置く企業の顧客や体力を少しずつ奪っていきました。最後の一撃はすぐそこにまで迫っています。

通販新聞ダイジェスト

ファーストリテイリングは消費行動の変化にどう対応する? 新オムニチャネル戦略の全貌

ファーストリテイリングが、実店舗販売を軸とした「製造小売業」からITツールなどを活用した「情報製造小売業」への転換をめざす新戦略の全貌とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【米国EC事情】ARやVRなど先端技術に投資しない理由、パーソナライズに注目するワケ

EC企業は今後、どのようなテクノロジーに投資していけばいいのでしょうか? 米国EC事業者は、コアビジネスに直結する技術への投資を計画しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない、お客に支持される通販サイトがやっている4つの施策

商売に成功しているブランドは、Amazon(アマゾン)にはない差別化したサービスを提供しています。米国のEC企業が実践しているその秘訣(ひけつ)とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンに負けない買い物体験を提供する方法とは? 米国EC企業3社の事例

Amazon(アマゾン)の有料会員制プログラム「アマゾンプライム」に対抗するにはどうするべきか? Target、Benefit Cosmetics、J.C.Penny、Best BuyといったECを手がけるEC小売事業者の事例を紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

リピート客約9割のアマゾンに勝つロイヤリティ施策には何が必要? 米国ECの今に学ぶ

アマゾンの得意分野である価格競争力と利便性を重視する消費者が増える中、EC事業者は消費者に商品を購入してもらうためにはどんな努力が必要でしょうか? 米国の今を解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

スピード配送ではアマゾンに勝てない――ウォルマートがプライム対抗策を廃止した理由

Amazonプライムの対抗サービスとされていたウォルマートの配送サービスは、なぜ廃止に追い込まれたのでしょうか? その理由などを解説。

通販新聞ダイジェスト

「リアル」から「EC」へ軸足を移すときの対応策は? 中堅アパレル「フランドル」の場合

中堅アパレルのフランドルは、経営戦略の重点テーマにEC強化を掲げ、現状は1割程度のEC化率を中期的に3割に引き上げる方針。軸足を「EC」に移すときの課題は? その解決策は?

ネットショップ担当者フォーラム 2016 セミナーレポート

越境ECの成功のカギは「決済」「不正対策」 80か国のビッグデータからわかる最新トレンド

世界80か国以上で約5,600社に決済ソリューションを提供しているACI Worldwideが、自社のビッグデータや成功事例をもとに、越境ECの決済とセキュリティー対策のポイントを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

実店舗への送客も見える化! オムニチャネル促進のGoogleアドワーズの2つの新レポート

グーグルはAdWordsのレポートツールに、距離と場所の要素を追加。消費者がどこの場所・地域からお店に訪問しているかを可視化することができるようになります。

通販新聞ダイジェスト

セブン&アイの「オムニ7」は失敗? 井阪社長が明かすオムニチャネル施策を転換する理由

セブン&アイ・ホールディングスがオムニチャネル戦略を大幅に見直すことがわかりました。通販サイト「omni(オムニ)7」を核とした施策から、グループ各社のシナジー効果を重視した施策に転換するそうです。

ネットショップ担当者フォーラム 2016 セミナーレポート

オムニチャネルで成功するためのECシステム選びの重要ポイント

本格的なオムニチャネルを実現し、成果を上げるには、どのような業務システムを導入すべきか。オムニチャネルの実現で売上2倍の成功事例などを交え、システム選びのポイントを解説。

「ECだけではダメ」。ピーチ・ジョンが店舗にIoTを導入、顧客体験の向上をめざす理由

ピーチ・ジョンは実店舗にIoT(アイオーティー、モノのインターネット化)の仕組みを導入し、購買行動をビックデータ化して消費者行動を販売に活用する取り組みを始める。

通販新聞ダイジェスト

ユナイテッドアローズがオムニチャネルやOtoOで成果をあげている5つの施策

ユナイテッドアローズの2016年3月期の自社ECと他社ECモール経由を含むEC売上高は前年比14.3%増の162億7500万円。けん引役であるオムニチャネルやOtoOの施策を解説。

ネットショップ担当者フォーラム 2016 セミナーレポート

越境EC、オムニチャネル、マルチデバイス、重要テーマに対応するECサイト作りの鍵

ECシステムはどのような基準で選ぶべきか。「ebisumat(えびすマート)」を提供するインターファクトリーの三石 祐輔 取締役がシステム選びのポイントを解説した。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

最新の米国オムニチャネル事情。9割のユーザーが商品の店頭受取・返品に「満足」

米国の小売事業者が行っている、ECサイトで購入した商品の受け取りや返品を実店舗で行っているオムニチャネル戦略について、消費者からの評価がとても高いという事実が調査で明らかになりました。

単発記事

僕が年商20億円のEC企業の社長から、老舗カタログ通販のEC責任者に転職した理由

2016年2月、ディノス・セシールのCECO(Chief e-Commerce Officer)に就任したのが、ベンチャー企業のEC業務に一貫して携わってきた石川森生氏。なぜベンチャーから大手へ? なぜ経営者から現場に戻ったのか? 大手企業のEC人材の求人事情、転職理由などを聞いてみました。

通販新聞ダイジェスト

ついに動き出すユニクロのオムニ戦略。当日配送などを実現する物流拠点が4月竣工

ファーストリテイリングは4月、有明に大型物流センターを竣工。実店舗向けの配送業務だけでなく、首都圏を中心にネット販売で顧客への翌日配送・当日配送のサービスエリア拡大も図っていく方針です。

単発記事

「オムニ7」売上は1418億円。セブン&アイがめざす1兆円計画の現状と課題は?

2015年11月にリリースされたグループポータル「オムニ7」の運用開始から4か月。2016年2月期決算で明らかになった「オムニ7」の実績などの現状、2019年2月期に1兆円構想を実現するための課題まどをを探ってみました。

ネットショップ担当者フォーラム 2015 セミナーレポート

EC売上約2倍! ecbeingが支えるナノ・ユニバースのオムニチャネル

オムニチャネルの推進でEC売上を伸ばしている大手アパレルセレクトショップ「ナノ・ユニバース」。高い成果を上げ続けている理由について、ecbeingの布田 茂幸 執行役員が解説した。

ネットショップ担当者フォーラム 2015 セミナーレポート

レッドブルの事例に学ぶ、顧客価値を高めるデジタルマーケ戦略

SAPジャパンとNTTデータの担当者が、企業が取り組むべきデジタルマーケティング戦略やプラットフォームの活用法について、レッドブルの事例で解説した。

単発記事

ネット通販でもイオンvs.セブン 新ECサイト「イオンドットコム」で「オムニ7」を追撃

イオンはこのほど、グループ企業が運営する通販サイトを横断して利用できるECサイト「AEON.com(イオンドットコム)」を開設。1月12日現在でグループ企業が運営する29サイトが参加している。

『ECトップランナー8社が語るネット通販の未来 + 関連サービス250まとめ』ダイジェスト

900サイト超が利用するecbeingがECパッケージ市場でトップシェアを誇る理由

ECのパッケージシステムで国内トップシェアを誇る「ecbeing」の強さの理由を探るため、林雅也社長にインタビューした。

通販新聞ダイジェスト

小売現場のWeb・IT活用事例~大手百貨店が進めるオムニチャネル時代の売り場作り

大手百貨店が仕掛けるウェブ活用の取り組みは単なる店頭施策にとどまらず、消費者の買い物の仕方を大きく変える可能性も秘めており、通販会社だけでなく多くの小売り企業の注目を集めそう。

ヨドバシカメラが店頭での撮影行為を解禁、価格比較やSNS投稿などの利用を促進

ヨドバシカメラは9月16日から、店舗内でのディスプレイ・商品などをスマートフォンといった端末で撮影し、価格比較サイトでの比較やSNSなどへの投稿を推奨する取り組みを始める。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵⑧ 統制の取れた戦略遂行を重視する企業文化を創造する

アジア新興国市場における人材と実行力の重要性の高まりは、アジアで業務遂行能力を発揮することが、今や企業全体の持続的な繁栄の絶対条件になっていることを意味します。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵⑦ 市場の成長段階に応じて柔軟に対応する

適していたはずのビジネスモデルや業務モデルでも、たちまち陳腐化します。流通を第三者への委託から自社販売へ切り替えるなど、現地市場の成長に合わせてアプローチを修正する能力が企業に求められます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!