現在地

オムニチャネル

通販新聞ダイジェスト

ファーストリテイリングは消費行動の変化にどう対応する? 新オムニチャネル戦略の全貌

ファーストリテイリングが、実店舗販売を軸とした「製造小売業」からITツールなどを活用した「情報製造小売業」への転換をめざす新戦略の全貌とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【米国EC事情】ARやVRなど先端技術に投資しない理由、パーソナライズに注目するワケ

EC企業は今後、どのようなテクノロジーに投資していけばいいのでしょうか? 米国EC事業者は、コアビジネスに直結する技術への投資を計画しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない、お客に支持される通販サイトがやっている4つの施策

商売に成功しているブランドは、Amazon(アマゾン)にはない差別化したサービスを提供しています。米国のEC企業が実践しているその秘訣(ひけつ)とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンに負けない買い物体験を提供する方法とは? 米国EC企業3社の事例

Amazon(アマゾン)の有料会員制プログラム「アマゾンプライム」に対抗するにはどうするべきか? Target、Benefit Cosmetics、J.C.Penny、Best BuyといったECを手がけるEC小売事業者の事例を紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

リピート客約9割のアマゾンに勝つロイヤリティ施策には何が必要? 米国ECの今に学ぶ

アマゾンの得意分野である価格競争力と利便性を重視する消費者が増える中、EC事業者は消費者に商品を購入してもらうためにはどんな努力が必要でしょうか? 米国の今を解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

スピード配送ではアマゾンに勝てない――ウォルマートがプライム対抗策を廃止した理由

Amazonプライムの対抗サービスとされていたウォルマートの配送サービスは、なぜ廃止に追い込まれたのでしょうか? その理由などを解説。

通販新聞ダイジェスト

「リアル」から「EC」へ軸足を移すときの対応策は? 中堅アパレル「フランドル」の場合

中堅アパレルのフランドルは、経営戦略の重点テーマにEC強化を掲げ、現状は1割程度のEC化率を中期的に3割に引き上げる方針。軸足を「EC」に移すときの課題は? その解決策は?

ネットショップ担当者フォーラム 2016 セミナーレポート

越境ECの成功のカギは「決済」「不正対策」 80か国のビッグデータからわかる最新トレンド

世界80か国以上で約5,600社に決済ソリューションを提供しているACI Worldwideが、自社のビッグデータや成功事例をもとに、越境ECの決済とセキュリティー対策のポイントを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

実店舗への送客も見える化! オムニチャネル促進のGoogleアドワーズの2つの新レポート

グーグルはAdWordsのレポートツールに、距離と場所の要素を追加。消費者がどこの場所・地域からお店に訪問しているかを可視化することができるようになります。

通販新聞ダイジェスト

セブン&アイの「オムニ7」は失敗? 井阪社長が明かすオムニチャネル施策を転換する理由

セブン&アイ・ホールディングスがオムニチャネル戦略を大幅に見直すことがわかりました。通販サイト「omni(オムニ)7」を核とした施策から、グループ各社のシナジー効果を重視した施策に転換するそうです。

ネットショップ担当者フォーラム 2016 セミナーレポート

オムニチャネルで成功するためのECシステム選びの重要ポイント

本格的なオムニチャネルを実現し、成果を上げるには、どのような業務システムを導入すべきか。オムニチャネルの実現で売上2倍の成功事例などを交え、システム選びのポイントを解説。

「ECだけではダメ」。ピーチ・ジョンが店舗にIoTを導入、顧客体験の向上をめざす理由

ピーチ・ジョンは実店舗にIoT(アイオーティー、モノのインターネット化)の仕組みを導入し、購買行動をビックデータ化して消費者行動を販売に活用する取り組みを始める。

通販新聞ダイジェスト

ユナイテッドアローズがオムニチャネルやOtoOで成果をあげている5つの施策

ユナイテッドアローズの2016年3月期の自社ECと他社ECモール経由を含むEC売上高は前年比14.3%増の162億7500万円。けん引役であるオムニチャネルやOtoOの施策を解説。

ネットショップ担当者フォーラム 2016 セミナーレポート

越境EC、オムニチャネル、マルチデバイス、重要テーマに対応するECサイト作りの鍵

ECシステムはどのような基準で選ぶべきか。「ebisumat(えびすマート)」を提供するインターファクトリーの三石 祐輔 取締役がシステム選びのポイントを解説した。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

最新の米国オムニチャネル事情。9割のユーザーが商品の店頭受取・返品に「満足」

米国の小売事業者が行っている、ECサイトで購入した商品の受け取りや返品を実店舗で行っているオムニチャネル戦略について、消費者からの評価がとても高いという事実が調査で明らかになりました。

単発記事

僕が年商20億円のEC企業の社長から、老舗カタログ通販のEC責任者に転職した理由

2016年2月、ディノス・セシールのCECO(Chief e-Commerce Officer)に就任したのが、ベンチャー企業のEC業務に一貫して携わってきた石川森生氏。なぜベンチャーから大手へ? なぜ経営者から現場に戻ったのか? 大手企業のEC人材の求人事情、転職理由などを聞いてみました。

通販新聞ダイジェスト

ついに動き出すユニクロのオムニ戦略。当日配送などを実現する物流拠点が4月竣工

ファーストリテイリングは4月、有明に大型物流センターを竣工。実店舗向けの配送業務だけでなく、首都圏を中心にネット販売で顧客への翌日配送・当日配送のサービスエリア拡大も図っていく方針です。

単発記事

「オムニ7」売上は1418億円。セブン&アイがめざす1兆円計画の現状と課題は?

2015年11月にリリースされたグループポータル「オムニ7」の運用開始から4か月。2016年2月期決算で明らかになった「オムニ7」の実績などの現状、2019年2月期に1兆円構想を実現するための課題まどをを探ってみました。

ネットショップ担当者フォーラム 2015 セミナーレポート

EC売上約2倍! ecbeingが支えるナノ・ユニバースのオムニチャネル

オムニチャネルの推進でEC売上を伸ばしている大手アパレルセレクトショップ「ナノ・ユニバース」。高い成果を上げ続けている理由について、ecbeingの布田 茂幸 執行役員が解説した。

ネットショップ担当者フォーラム 2015 セミナーレポート

レッドブルの事例に学ぶ、顧客価値を高めるデジタルマーケ戦略

SAPジャパンとNTTデータの担当者が、企業が取り組むべきデジタルマーケティング戦略やプラットフォームの活用法について、レッドブルの事例で解説した。

単発記事

ネット通販でもイオンvs.セブン 新ECサイト「イオンドットコム」で「オムニ7」を追撃

イオンはこのほど、グループ企業が運営する通販サイトを横断して利用できるECサイト「AEON.com(イオンドットコム)」を開設。1月12日現在でグループ企業が運営する29サイトが参加している。

『ECトップランナー8社が語るネット通販の未来 + 関連サービス250まとめ』ダイジェスト

900サイト超が利用するecbeingがECパッケージ市場でトップシェアを誇る理由

ECのパッケージシステムで国内トップシェアを誇る「ecbeing」の強さの理由を探るため、林雅也社長にインタビューした。

通販新聞ダイジェスト

小売現場のWeb・IT活用事例~大手百貨店が進めるオムニチャネル時代の売り場作り

大手百貨店が仕掛けるウェブ活用の取り組みは単なる店頭施策にとどまらず、消費者の買い物の仕方を大きく変える可能性も秘めており、通販会社だけでなく多くの小売り企業の注目を集めそう。

ヨドバシカメラが店頭での撮影行為を解禁、価格比較やSNS投稿などの利用を促進

ヨドバシカメラは9月16日から、店舗内でのディスプレイ・商品などをスマートフォンといった端末で撮影し、価格比較サイトでの比較やSNSなどへの投稿を推奨する取り組みを始める。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵⑧ 統制の取れた戦略遂行を重視する企業文化を創造する

アジア新興国市場における人材と実行力の重要性の高まりは、アジアで業務遂行能力を発揮することが、今や企業全体の持続的な繁栄の絶対条件になっていることを意味します。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵⑦ 市場の成長段階に応じて柔軟に対応する

適していたはずのビジネスモデルや業務モデルでも、たちまち陳腐化します。流通を第三者への委託から自社販売へ切り替えるなど、現地市場の成長に合わせてアプローチを修正する能力が企業に求められます。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵⑥ 地理的区分のみにこだわらず、特徴を類型化しシナジーを生み出す

シナジーを最大化するためには市場を「クラスタリング」(類型化)することが必要です。重要性や共通の特性によってビジネスチャンスをグループ化し、ベストプラクティスを適用していく必要があります。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵⑤ 消費者優先と効率性の両立を図る

効率化は利益を伸ばす上で重要とされてきましたが、それ以上に優先すべきことは消費者への価値の提供。企業は製品をカスタマイズし、かつ迅速に適応する柔軟性を備えたサプライチェーンを構築することが必要です。

ネットショップ担当者フォーラム2014 in 東京 セミナーレポート

売上拡大やブランディング、オムニチャネル時代のECビジネスを成功に導く“個客戦略”

オムニチャネル時代のECビジネス拡大のためには、従来型ECサイトからの脱却が必要となる。顧客接点の一つに過ぎないECサイトを、企業戦略としてどのように位置付けていくのか。単なるシステム開発で終わらせないためのポイントを富士通の西本伸一マネージャーが紹介する。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵④ さまざまな価格帯、流通チャネルへの参入で規模を拡大する

競争が激しい新興国市場においては、いくつもの市場にまたがるポートフォリオ・アプローチを採用し、特定のセグメントに働きかけることによって規模を創り出すアプローチに切り替えていく必要があります。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵③ 現在および将来の利益の源泉を細分化して把握する

アジア新興国市場では市場や流通チャネル、消費者セグメントが、地域ごとにかなり異なります。成長と利益創出を両立させる真の推進力は何なのかを、地域ごとの詳細なレベルで理解する必要があります。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵② 従来手法に固執せず、現地主義に徹する

多国籍企業は従来の考え方や事業モデルから脱却しなければ、現地化しても利益を生み出すことはできません。自社の製品や事業モデルを現地のニーズに合わせて調整し、再構築する作業が求められます。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場での成功の鍵① 経営の現地化を通じて 機動力を高めるとともに規律を維持する

現地経営陣は、あらゆる意思決定が組織の戦略ビジョンの枠組みから離れないよう、常に注意を払わなければなりません。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジア新興国市場に立ちはだかる6つの矛盾

アジアの新興国で利益を伴う成長を持続させるためには、一見矛盾する6つの要素をうまく両立させていかなければなりません。各企業から寄せられた知見とあわせてご紹介します。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

2007年に消費財市場の15%を占めていたアジア新興国。2017年には25%を占める見込み

アジア新興国市場でのビジネスチャンスの大きさは魅力的です。成長が減速するとの懸念にもかかわらず、アジア新興国における成長率は世界の消費財市場の平均成長率を上回っており、この傾向は今後も続くと期待されます。

アジア新興国市場での利益と成長を実現するために

アジアの新興国市場で勝ち抜くための8つのポイント

アジア新興国市場において利益を上げるために何をするべきか─。EYが2013年に行った消費財メーカー・小売業企業への調査を通して明らかになった事実と、分析に基づく視点を提供します。

消費から体験へ。オムニチャネル時代を生き抜くために

組織・業務、人材、情報セキュリティー。オム二チャネル時代の日本企業の課題とは?

モバイルテクノロジーの進化に反応し、急速に変化している消費者を捉えるためには、メーカーや小売企業も、新たな価値を提供することが不可欠だ。企業として、何をすれば良いのか。

単発記事

ほとんど知られていない「Amazon ログイン&ペイメント」導入の仕方とその詳細

自社ECサイトで「Amazon.co.jp」のアカウント情報を使って配送先指定やクレジットカード決済などができる「Amazon ログイン&ペイメント」。EC構築支援のプラットフォーム「FutureShop2」を提供するフューチャーショップが「Amazon ログイン&ペイメント」を実装し、9月1日にオプションサービスとして提供を始める。

消費から体験へ。オムニチャネル時代を生き抜くために

オムニチャネル時代に伸びている世界のメーカー・小売業者、2つの共通点

オムニチャネル元年と言われた2014年を経て、私たちはいま、どんな状況に置かれているのでしょうか。メーカー、小売業に何が求められているのかを考察します。

消費から体験へ。オムニチャネル時代を生き抜くために

オムニチャネルで成功するために押さえておくべき4つの消費トレンド

オムニチャネル元年と言われた2014年を経て、私たちはいま、どんな状況に置かれているのでしょうか。消費者の変化、メーカーの変化、小売業の変化を個別に考察します。

消費から体験へ。オムニチャネル時代を生き抜くために

「消費」から「体験」へ 。オムニチャネル時代を生き抜くために、知っておきたい消費市場の「いま」

デジタル・モバイル・テクノロジーの進化は、世界規模での消費市場の同期化やバリューチェーンそのものの変化をもたらしました。本レポートでは、このオムニチャネル時代でどんな企業が成功するのか、要因と課題について考察します。

通販新聞ダイジェスト

“通販発のお店”で新たなニーズを生み出す実店舗戦略を4社の事例から学ぶ

通販各社が展開を始めた店舗が注目されている。通常の店にはない、“通販発の店”ならではのユニークなコンセプトや通販連動を前提とした斬新な試みなどを行っており、有店舗小売業との差別化を図れているようだ。

ネットショップ担当者フォーラム2014 in 東京 セミナーレポート

セブン&アイグループのオムニチャネル戦略が描く、異業態連携による“新たな買い物体験”

「オムニチャネル」を進める上では避けては通れない「組織」「部門」などの壁。企業規模が大きくなるほど、ハードルは高くなる。セブン&アイホールディングスはどのようにグループが一体となり、「オムニチャネル」を推進する体制を整えたのか。セブン&アイ・ネットメディアの代表取締役社長・鈴木康弘氏がその背景などを語った。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル