現在地

スマホ・タブレット

知っておきたい ECサイトに役立つ分析データ

【ECアプリのポジショニングマップ】ユーザー数1位は楽天、2位はAmazon

ショッピングアプリのアクティブユーザーの属性データに基づいた、ポジショニングマップを作成しました。モバイルコマースの市場をアプリの観点から俯瞰してみましょう。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【Amazonプライムデー】全米5300万人が利用、プライム会員の5割が買い物をした日

インターネットリテイラー社の調査によると、2017年の「Amazonプライムデー」では、全米の約21.8%のEC利用者が利用。2016年の調査結果(19.4%)から、2.4ポイント上昇しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

消費者の心を動かすECサイトの作り方は? ユーザー生成コンテンツ「UGC」の活用方法

通販サイトの利用者は、他のユーザーが発している意見に信頼を寄せる傾向があります。消費者の声をECサイトに活用し、コンバージョンや売上拡大につなげる方法を解説します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

購入率やリテンションのUPにつながるメールマーケティングに必要な7つのステップ

メールマーケティングで最も重要なのは、適切なタイミングで、適切な人に、関連性のあるメールを送ることです。そのために必要な7つのステップを紹介します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

カゴ落ち率84%のモバイルECでコンバージョン率を確実に伸ばす4つの方法

商品をモバイル経由でカートに入れた場合、たった16%しか購入に至りません。どうすればEC事業者はモバイル経由のコンバージョン率を高めることができるのでしょうか?

ネットショップ担当者フォーラム 2016 セミナーレポート

ECアプリを効果的に活用する方法をアプリ開発ツール「Yappli」の成功事例に学ぶ

ECアプリを使って集客や売り上げを伸ばすポイントとは?プログラミング不要のアプリ開発プラットフォーム「Yappli」を提供しているファストメディアの金子洋平氏が解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

モバイルECのコンバージョン率は1%だけど……スマホ対策に注力&投資すべき理由

米国のある調査では、小売事業者の48%が「モバイルがビジネスに多大な貢献をもたらした」と回答。対象者のスマートフォン経由売上は2015年比で平均65%アップしています。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

楽天市場のスマホで売り上げを伸ばしているサイトは「ハンバーガメニュー」をうまく使っている

スマホサイトについているハンバーガーメニューは、これまで「どうせクリックされない」と思われてきたため、あまり力を入れていない事業者が意外と多いのですが、最近ではその常識も古くなりつつあります!

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

楽天市場では年末にもスマホ比率7割に。出店者がスマホ対策として確認すべき4つの項目

楽天市場ではモバイル比率が高まっており、今年の年末には7割に達するといわれています。出店者はモバイルでの売り上げを逃さないため押さえておくべきことを改めて確認しておきましょう。

単発記事

LINEスタンプを使ったEC関連企業31社のキャラクター戦略

EC事業者がLINEスタンプにどう取り組んでいるのか調査すべく、通販関連企業のLINEスタンプで、2月18日現在使用できるもの(配布終了を含む)についてまとめてみました。意外なあの会社のスタンプがあるかもしれません。

ネットショップ担当者フォーラム 2015 セミナーレポート

ユーザーに最適な広告を自動で生成。CVR約2倍を実現するCriteoのリタゲ広告

世界130カ国以上でリターゲティング広告配信事業を展開しているCriteo(クリテオ)。ユーザーの興味や関心を分析し、個人に最適化した広告を表示することで高い成果を上げている。

ネットショップ担当者フォーラム 2015 セミナーレポート

モバイルファーストの重要性と対応策をGoogleの担当者らが解説

モバイルサイトの表示速度を高速化し、ユーザーエクスペリエンスを高めることの重要性と、モバイルフレンドリーなサイトの構築法について、Googleの担当者らが解説した。

スマホ・アプリコマース時代のマーケティング戦略

アプリコマースの成功には何が重要か? ターゲットや認知度に応じたメディアの活用です

今回は、メディアやテクノロジーの進化により、オンラインオフライン含め、ユーザーを性別/年代別に、どのようなメディアに接触しているのか、その接触時間等の傾向と、アプリにおけるプロモーションの基本概念をご紹介します。

スマホ・アプリコマース時代のマーケティング戦略

アプリコマースで売り上げを伸ばすためには「オーディエンスマネジメント」を理解しよう

スマートフォンが台頭してから、生活者の消費行動が大きく変化してきています。それに伴い、ECのマーケティング手法も大きく変化する必要があります。今回は、Apple社とGoogle社のIDをどのように管理、活用していくのかというオーディエンスマネジメントを紹介します。

ネットショップ担当者フォーラム2014 in 東京 セミナーレポート

花王も実践しているスマホサイトの高速表示対策は、今後、ECサイトにとって不可欠になる

モバイル経由のEC流通額が急拡大している中、モバイルサイトの表示速度について、考えていないECサイトが多いと占部氏は指摘する。花王の田中剛氏をゲストに招き、どのように高速表示すればいいのか、高速表示することでどのようなメリットがあるのかについて説明した。

スマホ・アプリコマース時代のマーケティング戦略

アプリコマース元年、スマホユーザーにリーチする為に押さえておきたい「3つ」の変化

スマートフォンユーザーに適切にアプローチする為に押さえておきたい3つのポイントを紹介します。

単発記事

約43億円調達のメタップス佐藤CEOが語る、登録者5万件突破した決済サービス「SPIKE」の今とこれから

どうして無料決済サービスを開始したのか、なぜ無料で提供できるのかなどについて佐藤航陽代表取締役CEOに聞いた。

クルーズがCtoCのフリマアプリ市場に参入、ファッションECなどとの相乗効果を狙う

アパレルECサイト「SHOPLIST.com by CROOZ」を運営するクルーズは、CtoCのフリマアプリ市場に参入する。このほどAndroid版のフリマアプリ「Dealing(ディーリング)」のをリリース。iOS版もプラットフォームによる審査完了後、提供を始める。

【世代別調査】スマホやテレビ、SNSの利用率は世代によってどれくらい違う?

コンサルティングファームのデトロイトトーマツコンサルティングは10月17日、デジタルデバイスの保有割合や利用状況を世代別に調査した「デジタルメディア利用実態調査」の結果を公表、14~19歳は薄型テレビよりスマホの保有率が高いことなどを示した。

スマホ向けアドネットワーク「nend(ネンド)」が7周年。累計インプレッション数2兆、総クリック数は52億

ファンコミュニケーションズはスマートフォン向け運用型アドネットワーク「nend(ネンド)」の7周年を記念して、「nend7周年 インフォグラフィックで見る7年の軌跡」を公開した。

資生堂、スマホ上でリアルタイムのバーチャルメイク体験ができる機能を提供

資生堂は6月28日、スマートフォンでメーキャップ製品の色を試せるアプリ「ワタシプラス カラーシミュレーション」をリニューアルし、インカメラで画面に顔を写した状態で動きながら口紅やチークなどの色を試すことができる新たな機能の提供を開始した。

カゴ落ちユーザーにアプリのプッシュ機能で購入促進、神戸レタスで引き上げ効果も

アプリ運営プラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」を開発・提供するヤプリ(旧ファストメディア)は5月31日、カゴ落ち(カート放棄)したユーザーにアプリの「プッシュ通知」で再訪問を促す「カゴ落ちプッシュ機能」β版をリリースした。

過去に購入した商品を1タップで注文可能にするスマホアプリを公開、メガネスーパー

メガネスーパーは1月23日、メガネスーパー全店で、過去に購入したコンタクトレンズ用品を1タップで注文・配送することができるスマートフォンアプリ「コンタクトかんたん注文アプリ」を公開した。

Facebookメッセンジャー上での会話から最適な商品を提案する「eBay ShopBot」を公開、eBay

米eBayは10月20日、Facebookのメッセンジャー上で会話する感覚で最適な商品を見つけてくれるパーソナル・アシスタント「eBay ShopBot」(イーベイ ショップボット)のβ版を公開した。

「楽天市場」はアクティブユーザー数が最も多いショッピングアプリ、2位は「メルカリ」

FULLERが9月21日に発表した「2016年上半期のアプリカテゴリ別月間アクティブユーザー数(MAU)ランキング」によると、ショッピングアプリ分野で最もアクティブユーザーが多いアプリは「楽天市場」となった。

LINEビジネスコネクトでレコメンド商品を表示、サイバーエージェント

サイバーエージェントは6月21日、LINE ビジネスコネクト向けメッセージ配信ツール「CA Link」で、ユーザーの趣味嗜好に応じたおすすめ商品のバナーを自動生成し、メッセージ配信する機能「Link Dynamic Banner(リンクダイナミックバナー)」の提供を開始した。

「フリル」で簡単発送できるサービスを拡充、「宅急便」「宅急便コンパクト」に対応

フリマアプリ「フリル」を展開するFablicは6月14日、ヤマト運輸と連携した簡単配送サービスで利用できる配送サービスのサイズを拡大し、「宅急便」と「宅急便コンパクト」にも対応したと発表した。

楽天が商品キュレーションサービス「ROOM」でインフルエンサー制度を開始

楽天は6月7日、商品キュレーションサービス「ROOM(ルーム)」で、影響力を持つ投稿者に多くの投稿を行ってもらうため、6か月間で毎月1万楽天スーパーポイントを付与する企画「ROOMインフルエンサー100名募集」を開始した。

 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!