現在地

売上向上

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ECサイトのセキュリティと使いやすさはどう両立する? Amazonら米国大手EC企業の例

強固なセキュリティと使いやすいECサイトを設計する際、セキュリティと使い勝手のバランスを取るのは、EC事業者にとって難しい課題。米国の大手小売事業者が採用している対策は?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

お客がファンになる顧客接点の機会はいつ? 購入後から配送までが最も重要なワケ

購入客とより良い関係を築くのに最適なタイミングは、ブランドに対する興味・関心が最も高い時、つまり商品購入後すぐの場合が多い。そのタイミングで行うべき施策は?

単発記事

ファン育成と新規ユーザー開拓の両立を実現した北海道日本ハムファイターズのEC戦略

既存会員以外の一般購入者と会員増の両立はどう実現するのか? 会員向けサービスを維持しつつ、新規ユーザーの購入率を1.8倍に増やした北海道日本ハムファイターズのネット通販戦略を解説。

単発記事

なんでセミナー講師や連載を積極的に引き受けるの? メガネスーパー・川添さんに聞く

EC事業者が講演への登壇、記事執筆、メディア対応など“表の場”に登場する人はどんなマインドを持っているのでしょうか?  メガネスーパーのEC事業、オムニチャネル推進を統括する責任者・川添隆さんに聞きました。

単発記事

MAをネット通販で使いこなすにはどうすればいいですか? その道のプロに聞きました

「マーケティング・オートメーション」(MA)はECサイトでどう活用すれば業績アップにつながりますか? こんな質問をMAプラットフォームを提供する仏Probance社CEOのEmmanuel Duhesme氏らに聞いてきました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【Amazonプライムデー】全米5300万人が利用、プライム会員の5割が買い物をした日

インターネットリテイラー社の調査によると、2017年の「Amazonプライムデー」では、全米の約21.8%のEC利用者が利用。2016年の調査結果(19.4%)から、2.4ポイント上昇しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

消費者の心を動かすECサイトの作り方は? ユーザー生成コンテンツ「UGC」の活用方法

通販サイトの利用者は、他のユーザーが発している意見に信頼を寄せる傾向があります。消費者の声をECサイトに活用し、コンバージョンや売上拡大につなげる方法を解説します。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

ECサイトの「良い接客」とは? 接客力の高いページ作りが業績UPに直結する理由

転換率UP、客単価UP、リピート率UP、新規獲得UPを実現するためにはどうすればいいのでしょうか? そのための1つにECサイト・ページで「良い接客」を提供することです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

購入率やリテンションのUPにつながるメールマーケティングに必要な7つのステップ

メールマーケティングで最も重要なのは、適切なタイミングで、適切な人に、関連性のあるメールを送ることです。そのために必要な7つのステップを紹介します。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

ECサイトのコンバージョン率を向上させるページ構成作りのポイント

ECページを制作する上で重要な「構成」の作成。重要ポイントは、ターゲットの気持ちになってどうしてその商品が欲しいと考えるのか、客観的に理解しておくことです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのホールフーズ買収の影響。危機感あらわの小売業者、歓迎するEC企業の理由

Amazon(アマゾン)によるWhole Foods Market Inc.,(ホールフーズ・マーケット) 買収によって、米国EC企業は「歓迎」する考えを示す一方、小売業界は危機感をあらわにします。その理由は?

ヤフーの検索ニーズから学ぶ「トレンド研究所」

ヤフーのビッグデータに学ぶ男女の違いによる商品検索&買い物行動【梅雨対策編】

「商品名」「商品説明」に登録されたキーワードは、検索結果の表示順位に大きく影響してきます。「梅雨」をテーマに集客・購買効果を高めるキーワードを考えていきましょう。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのホールフーズ買収とリアル店舗を攻める理由【米大手EC専門誌が解説】

Amazon(アマゾン)が高級食品販売チェーンのWhole Foods Market Inc.,(ホールフーズ・マーケット)を137億ドルで買収すると発表。その狙いとは? 米国EC大手専門誌が解説。

単発記事

千趣会も驚いたLINEの集客効果とは? 担当者が語る「LINEショッピング」活用ポイント

「LINEショッピング」のテスト運用を2月に始めた千趣会(運用サイトはベルメゾンネット)。3か月強の運用成果を踏まえ、「LINEショッピング」の活用方法などを聞きました。

単発記事

LINEのECサービス「LINEショッピング」は自社サイトの集客UPに役立つ? 出店方法は?

6800万人超が利用する「LINE」はECサイトの新たな集客手段となるのか。「LINEショッピング」の仕組み、テスト期間における利用企業の成果、利用方法などを解説。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

Instagramのフォロワーを増やしたい場合に押さえておくべきポイント

Instagram(インスタグラム)でフォロワーを集める際に知っておきたい、効果的なインスタグラム運用のポイントを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【プライム会員分析】アマゾンユーザーの購買行動から学ぶ自社ECサイトの顧客作り

Amazonのプライム会員は、アマゾン以外の小売事業者が運営するアプリやECサイトも使用し、多くの時間を費やしています。この会員を自社のECサイト顧客にするにはどうしたらいいのでしょうか?

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

自社ECサイトの売り上げが落ち始めた時にチェックしたい重要ポイント

「商品名+店舗名」で検索してもらえるようになることは、競合との価格競争・SEO競争に巻き込まれないためにも重要なポイント。自社ECサイトの売り上げを向上させていく上で1つのキーポイントとなります。

ネットショップ担当者フォーラム 2016 セミナーレポート

「リピート率」「顧客単価」をアップさせる「マーケティング施策」とは?

通販・EC市場の成熟や競争激化によって新規獲得単価が上昇している今、企業には何が求められているのか? 400社以上へCRMツールを提供しているプラスアルファ・コンサルティングが解説。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

デジタル化は買い物行動と小売業のビジネスをどのように変えるのか?【米国最新事例】

米国のEC業界では「いかにして上質な顧客体験を提供するか」が課題となっています。“顧客との強いエンゲージメント”を生み出すために現地企業が行っている施策とは。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

小売業者がデジタルデータを活用して売り上げを伸ばすために必要な5つのステップ

ネット通販を含めた小売者にと事業ってデジタルデータは戦略を立てる上でとても重要なことですが、膨大なデジタルデータを前にあ然となっていませんか? データを戦略に生かす5つのステップを解説。

単発記事

酒、食品、アパレル、中古買取、ギフト……優れたECサイトが伸びている理由と今やっていること

5月12日、「ECデザイン大賞2017」の最終選考に残った5社のプレゼンが行われた。デザインやユーザビリティにとどまらず、それぞれが独自に行っている試行錯誤や創意工夫が語られた。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

売り上げを伸ばすコミュニティ活用法【通常商品の販促例】

リアル店舗でもECサイトでも、「限定品(販売数や販売期間などの限定)」は良く売れるのですが、通常品は売上の1割ほどしか売れません。そんな時の対策は?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない顧客体験はどう提供する? 優良顧客を生み出す「配送力」の磨き方

アマゾンに負けない顧客体験の提供、優良顧客の獲得などで大切なことは、消費者を引きつけ、お客さまになってもらうためのカスタマーエクスペリエンスの向上です。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

ECは最新テクノロジーでどう変わる? 決済、AI、リアル戦略など米国ECの今とこれから

ECテクノロジーやマーケティングは日本の先を行くと言われる米国のネット通販市場。AI(人工知能)、会話型EC、EC決済など、米国ECの最新トレンドなどを紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンが小売業界を制する日がやって来る……小売り企業が対抗する方法は?

アマゾンは過去20年、小売業界に身を置く企業の顧客や体力を少しずつ奪っていきました。最後の一撃はすぐそこにまで迫っています。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

VRやARで買い物行動はどう変わる? 米国の通販&小売の最新事例【Shoptalkレポート】

VR、AR……日本のIT業界で話題になっている最新テクノロジーは、米国のEC業界ではどのように活用されているのか。今回はそんな情報をレポートします。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

カゴ落ち率84%のモバイルECでコンバージョン率を確実に伸ばす4つの方法

商品をモバイル経由でカートに入れた場合、たった16%しか購入に至りません。どうすればEC事業者はモバイル経由のコンバージョン率を高めることができるのでしょうか?

通販新聞ダイジェスト

ファーストリテイリングは消費行動の変化にどう対応する? 新オムニチャネル戦略の全貌

ファーストリテイリングが、実店舗販売を軸とした「製造小売業」からITツールなどを活用した「情報製造小売業」への転換をめざす新戦略の全貌とは?

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

Amazonマーケットプレイスの商品をSEO対策で上位表示する方法はありますか?

Amazonマーケットプレイスに出品している商品をSEO対策で上位表示させることは可能なのでしょうか? 

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【米国EC事情】ARやVRなど先端技術に投資しない理由、パーソナライズに注目するワケ

EC企業は今後、どのようなテクノロジーに投資していけばいいのでしょうか? 米国EC事業者は、コアビジネスに直結する技術への投資を計画しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない、お客に支持される通販サイトがやっている4つの施策

商売に成功しているブランドは、Amazon(アマゾン)にはない差別化したサービスを提供しています。米国のEC企業が実践しているその秘訣(ひけつ)とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンに負けない買い物体験を提供する方法とは? 米国EC企業3社の事例

Amazon(アマゾン)の有料会員制プログラム「アマゾンプライム」に対抗するにはどうするべきか? Target、Benefit Cosmetics、J.C.Penny、Best BuyといったECを手がけるEC小売事業者の事例を紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

リピート客約9割のアマゾンに勝つロイヤリティ施策には何が必要? 米国ECの今に学ぶ

アマゾンの得意分野である価格競争力と利便性を重視する消費者が増える中、EC事業者は消費者に商品を購入してもらうためにはどんな努力が必要でしょうか? 米国の今を解説。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!