現在地

通販新聞ダイジェスト

通販新聞ダイジェスト

ドクターシーラボの自社ECサイトが停止しているワケ

ドクターシーラボは新たな優良客向け優待特典制度の運用を始めたものの、システム変更に伴う混乱が発生し、自社ECサイトの運営を停止。本サイトの再開については「3月中旬を予定している」(ドクターシーラボ)。

通販新聞ダイジェスト

「リアル」から「EC」へ軸足を移すときの対応策は? 中堅アパレル「フランドル」の場合

中堅アパレルのフランドルは、経営戦略の重点テーマにEC強化を掲げ、現状は1割程度のEC化率を中期的に3割に引き上げる方針。軸足を「EC」に移すときの課題は? その解決策は?

通販新聞ダイジェスト

潜在顧客にどうアプローチする? 新規客が急増したファンケル化粧品の商品価値の伝え方

ファンケル化粧品が販売する「アクティブコンディショニングEX」の売り上げは前年比2ケタに近い伸長率で推移。新規獲得顧客は計画比2ケタ増で伸びています。そのワケは?

通販新聞ダイジェスト

【最新】通販・EC売上ランキングまとめ2017年版~300社の合計売上は約6.2兆円

通販新聞社が2016年12月に実施した「第67回通販.通教売上高ランキング」調査によると、上位300社の合計売上高は6兆2341億円で、15年12月調査時と比べ5.8%増加しました。

通販新聞ダイジェスト

送料無料はこのまま続く? スピード配送は? EC市場の今後を10大ニュースから読み解く

今後の市場動向にとって重要なことは? 通販新聞編集部が読者アンケートを行い、「2016年の通販業界10大ニュース」としてランキング化しました。

通販新聞ダイジェスト

ついに「アマゾンフレッシュ」が日本参入か 来春に生鮮食品宅配を東京23区でスタート?

アマゾンジャパンが来春にも生鮮食品の配送サービス「アマゾンフレッシュ」を開始する模様。まずはアマゾン側で選んだ約40社の食品販売事業者の食品で展開する模様で今後、品ぞろえを増やしていくようです。

通販新聞ダイジェスト

IoTはネット通販をどう変える? CRMや接客などを支援する楽天、ヤフーらの取り組み

「IoT(モノのインターネット)」で通販は今後、どのように変化していくのでしょうか。注目すべき各社の取り組みなどを見つつ、IoTの通販活用の可能性を探っていきます。

通販新聞ダイジェスト

中国EC市場で成功するには? 「独身の日」の日本勢9社の越境EC事例を学ぶ

中国における年間最大のネット販売セール「独身の日」。中国向け越境ECを行う注目すべき日本の通販実施企業の今年の「独身の日セール」における状況を見ていきます。

通販新聞ダイジェスト

セブン&アイの「オムニ7」は失敗? 井阪社長が明かすオムニチャネル施策を転換する理由

セブン&アイ・ホールディングスがオムニチャネル戦略を大幅に見直すことがわかりました。通販サイト「omni(オムニ)7」を核とした施策から、グループ各社のシナジー効果を重視した施策に転換するそうです。

通販新聞ダイジェスト

【最新】EC売上ランキングまとめ2016年版~300社の合計売上は約3.2兆円

通販新聞さんの姉妹誌「月刊ネット販売」の調査結果によると、2015年度のネット販売実施企業上位300社の合計売上高は約3兆2522億円で、前年の2兆9380億円から10.7%拡大。

通販新聞ダイジェスト

“バズらせて売る”を実現したEC・通販マーケティング2事例

身近な気づきやアイデアが注目コンテンツとして“大化け”して、商品の効果的な販促になった事例もあります。「バズる」と「売る」をうまい形でつなげることができている通販実施企業各社の事例を紹介。

通販新聞ダイジェスト

「BuzzFeed」の上野社長に聞く“バズる”コンテンツの作り方

ネット通販企業の間で増えているオウンドメディア運営。「BuzzFeed」を運営するバズフィードジャパン・上野正博社長は、“バズる記事”は「笑えたり、知的好奇心をくすぐり、人に教えたくなるネタ」が重要と言う。

通販新聞ダイジェスト

通販・EC実施企業のジャンル別売上ランキングまとめ【最新版】

通販市場でも有力な事業者がひしめく「総合通販」「家電」「家具」「日用品」を販売する上位の通販実施企業の直近の売上高を抜粋したランキング表、それぞれの商材・ジャンルの市場を解説。

通販新聞ダイジェスト

ヨドバシカメラが1000億円に迫るなど、ネット通販企業が躍進【通販売上TOP300調査】

通販新聞社が7月に実施した「通販・通教売上高ランキング調査」によると、上位300社の合計売上高は6兆1845億円で、全般的にECを行う企業の躍進が目立っています。

通販新聞ダイジェスト

ユナイテッドアローズがオムニチャネルやOtoOで成果をあげている5つの施策

ユナイテッドアローズの2016年3月期の自社ECと他社ECモール経由を含むEC売上高は前年比14.3%増の162億7500万円。けん引役であるオムニチャネルやOtoOの施策を解説。

通販新聞ダイジェスト

アスクルがアマゾンを追随! 「ロハコ」が出店者も募る「直販+マーケットプレイス」へ移行

アスクルは運営する日用品通販サイト「LOHACO(ロハコ)」を「直販+マーケットプレイス」の“アマゾン型”に移行させます。その詳細を通販新聞が解説。

通販新聞ダイジェスト

なぜ、ルタオや茅乃舎は元気なのか? 地方の通販企業に学ぶ成長のヒント

「通販」が社会的認知を得て大手メーカーの参入が増える中、地方の発信力を武器に大手に挑む中小通販が増加中。地域に根差す通販企業にとって、"地方の旗"がどのようなブランド価値を醸成しているのでしょうか?

通販新聞ダイジェスト

日本郵便、値上げの衝撃。通販企業はコスト増に直結、あなたの会社は大丈夫?

日本郵便は6月1日から、郵便の大口利用向け割引率を引き下げる。実質的な値上げであり、DM送付など大量に郵便物を差し出す通販企業のコストアップに直結する。

通販新聞ダイジェスト

ヤマト運輸と佐川、日本郵便がタッグを組む? オープン型宅配ロッカーがついに始動

ヤマトグループがオープン型宅配ロッカー事業に進出。自社だけなく他の宅配便事業者も利用できるオープン型を展開し、開かれたインフラとしての利用を想定している。佐川急便や日本郵便、西濃運輸などへ利用を呼びかけていき、2022年までに5000か所へのロッカー設置をめざしていきます。

通販新聞ダイジェスト

ついに始まったドローンの商用配送サービス。楽天市場での活用、今後の課題は?

楽天は5月9日、ドローンを使った配送サービスを開始しました。将来的には仮想モール「楽天市場」の商品を、ドローンで配送したい考えです。

通販新聞ダイジェスト

“顧客の声”を“宝の山”にするECサイトの運営を楽天など4事例に学ぶ

日々、顧客から寄せられる自社の商品・サービスについての意見や要望、クレームは、顧客満足度やサービスレベルの向上につながる"宝の山"。「“顧客の声”への対応」について注目すべき通販各社の施策とその状況について見てみます。

 

通販新聞ダイジェスト

ついに動き出すユニクロのオムニ戦略。当日配送などを実現する物流拠点が4月竣工

ファーストリテイリングは4月、有明に大型物流センターを竣工。実店舗向けの配送業務だけでなく、首都圏を中心にネット販売で顧客への翌日配送・当日配送のサービスエリア拡大も図っていく方針です。

通販新聞ダイジェスト

アマゾン、全品送料無料中止の理由。ヨドバシカメラなど他社の動向は?

アマゾンジャパンが4月6日から、これまで実施してきた同社が発送する全商品を対象とした"送料無料"を中止しました。今回の方向転換の理由とは。またアマゾンが起こしたECにおける「送料無料の波」の行方は?

通販新聞ダイジェスト

“起業家”めざす学生さんもいらっしゃい! ドゥクラッセが新卒採用をはじめる理由

婦人服ブランドを手がけるDoCLASSE(ドゥクラッセ)は、来春卒業予定の学生を対象にした新卒採用に着手しました。継続的に発展していく組織を作るためには、まっさらな若い力が必要と判断したようです。

通販新聞ダイジェスト

楽天VSヤフーVSリクルートのポイントバトル。Pontaで攻勢かけるポンパレモールの今

2月に「Pontaポイント」と「リクルートポイント」が完全統合されるなど、成長に向けた環境が整ってきたリクルートライフスタイル。「ポンパレモール」の責任者に、現状と今後の戦略を聞いてみました。

通販新聞ダイジェスト

ECのプロモーションに影響も? 「商品広告」巡るサン・クロレラ販売の差止訴訟とは

サン・クロレラ販売を巡る広告の差止請求訴訟で、広告の差し止めを認めた一審判決から一転、大阪高裁が原告である京都消費者契約ネットワーク(KCCN)の訴えを退け、新たな局面に突入しました。

通販新聞ダイジェスト

ライオンの通販に勧告の衝撃 消費者庁が指摘したトクホ商品は何が問題だったのか?

消費者庁は3月1日、ライオンが販売する特定保健用食品(トクホ)に対し、健康増進法に基づく勧告を実施。トクホに対する運用も初めてだが、健増法の勧告も初めてのケース。業界内外からは早くもこの判断に「過剰規制でやりすぎ」との声があがっています。

通販新聞ダイジェスト

21社の通販・EC会社が語る新卒採用のいま。優秀な学生を獲得するためのポイントは?

通販新聞が調査した「主要通販各社の新卒採用状況」によると、今春の新卒採用者数が前年比で増加したところは少なく、前年割れや横ばいの企業が多数を占めました。採用市場については学生側が有利とする「売り手市場」との見方が大半を占めています。

通販新聞ダイジェスト

ヤフー出店者の利用が増えているYahoo!ショッピング広告「PRオプション」とは?

ヤフーが運営する仮想モール「ヤフーショッピング」の内の広告出稿が急伸しているます。広告商品企画の責任者・中島淑志広告企画部長らに「ヤフーショッピングの広告」の現状と今後について聞いてきました。

通販新聞ダイジェスト

楽天からのラブコールで実現した資本提携、ロコンドの狙いとこれから

靴とファッションのネット販売を手がけるロコンドは2月10日、楽天と資本業務提携を結んだことを発表。1月末までにロコンドの発行済み株式の5%未満を楽天が数億円で取得しました。その狙いやロコンドの今後は?

通販新聞ダイジェスト

セブン&アイグループ入り後も続く不振、「オムニ7」への不参加…ニッセンHDのなぜ

ニッセンホールディングスは赤字が続き、再建に向けて待ったなしの状態。なぜ業績不振が続くのか、なぜセブン&アイグループ入り後も「オムニ7」に参加しないのか…そんなニッセンHDの気になるを取材。

通販新聞ダイジェスト

“売れるクリエイティブ”の条件とは? 購買意欲を高めるヒントを通販カタログから学ぶ

堅調に売り上げを伸ばしている通販カタログの共通点には、ターゲット層に合わせて、誌面作りを様々に工夫したり、こだわった商品を掲載したり、といくつかのポイントがあります。今回は好調なディノス・セシールのカタログから、顧客に響くクリエイティブを探ってみました。

通販新聞ダイジェスト

楽天・三木谷社長が語る2016年の楽天市場 「対面販売以上のクオリティーを」

楽天は1月26日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で「楽天新春カンファレンス2016」を開催、放送作家で脚本家の小山薫堂氏が基調講演を行ったほか、三木谷浩史社長が講演を行った。

通販新聞ダイジェスト

今冬の売れ筋はアウトドア用品? 「暖冬」直撃でECモールはまるで“春商戦”

10月から年末にかけて全国的に暖かい気候の中で迎えた今年度の冬物商戦。重衣料や防寒アイテムなどの動きに鈍さが見られた一方、一部では春物衣料やアウトドアグッズが前倒しで売れ始めるなど例年とは異なる動きを見せている。

通販新聞ダイジェスト

徹底予測2016 通販・EC企業が注視する「今年の景気」「消費マインド」

通販新聞が通販実施企業を対象に実施した「2016年の見通しと展望」に関する聞き取り調査によると、回答企業の半数以上が「2016年の通販市場の景況感」について上向きになるとの見方を示しました。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル