現在地

行政・法律

健康・美容業界の今を知る!

健康食品のネット通販でエビテンスを使った広告表現はできる? できない?

機能性表示食品ではない従来通りの健康食品の広告表現。エビテンスを利用した広告表現について、今一度、注意点などを整理をしてみましょう。

Eコマースは地方を元気にする~楽天が地方自治体と取り組む活性化の現場レポート~

なぜ佐賀県はEC先進県になったのか? 商工課が実施した4つの施策

EC先進県としてあげられる岐阜県・宮崎県・島根県・佐賀県など。今回はその中で最も先進的な佐賀県の取り組みを紹介します。

中国市場が丸わかり『中国EC市場調査報告書2016』ダイジェスト

5分でわかる中国の新越境EC制度。押さえておくべき重要ポイント【最新版】

中国の新越境EC制度は2018年から本格スタートとなる予定。その新越境EC制度について、あらためて全容などをまとめてみました。

Eコマースは地方を元気にする~楽天が地方自治体と取り組む活性化の現場レポート~

地域活性には「唯一の正解」がない。想いをもった人達の「ぶつかり稽古」が地域を動かす!

地域の活性化。コトバでいうのは簡単でも、実際にカタチにするのは難しいことです。

Eコマースは地方を元気にする~楽天が地方自治体と取り組む活性化の現場レポート~

地域が元気になるためにはeコマース(ネットショップ)が必要だと本気で考えています!

ネットショップが地域活性化の一旦を担う、そんな時代がやってきました。楽天市場の店長が自治体の町長になるケースも。楽天が実施している地域活性化の取り組みを紹介していきます。

アラタナECコンサルがお伝えするECビジネスの課題を解決するヒント

EC事業者はどんなことをすれば薬機法違反になり、どんな罰則が科されるのか

どのようなことをすると薬事法違反になるのでしょうか? また、違反するとどのような罰則があるのでしょうか? 健康食品や化粧品を扱っているECサイトでは特に気になる内容を説明します。

健康・美容業界の今を知る!

メーキャップ化粧品の効果の表示はどこまで可能? 広告で表現する際の注意点

メーキャップ化粧品は物理的効果が期待できますので、どこまで表現できるのか事業者にとって悩みの種。広告上でどういった表現まで可能なのでしょうか。

健康・美容業界の今を知る!

不当表示による売り上げは没収! 知らないと痛い目にあう景品表示法の「課徴金制度」

2016年4月1日より、景品表示法に課徴金制度が導入されました。その事実は知っていても、実際、課徴金って何?課徴金の対象になってしまうとどうなるの?等、聞くに聞けない素朴な疑問について質疑応答形式にまとめます。

単発記事

EC事業者が選ぶ優れた通販サイト4選 ネットショップグランプリ受賞店に学ぶサイト作り

EC事業者が選ぶ優れたサイトは、他と何が違うのか。一般社団法人イーコマース事業協会が4月9日に発表した「第8回 全国ネットショップグランプリ」から、優れた店舗のヒントを探ってみます。

単発記事

【詳報】中国で始まった越境ECの新税収制度。増税? 減税? 日本企業への影響は?

中国の財政部は4月8日から、越境ECに関する税制度改革を断行し、新たな制度をスタートさせることを公表しました。実質増税になったり、減税になるケースもありますので、その制度の詳細、影響を解説します。

通販新聞ダイジェスト

ECのプロモーションに影響も? 「商品広告」巡るサン・クロレラ販売の差止訴訟とは

サン・クロレラ販売を巡る広告の差止請求訴訟で、広告の差し止めを認めた一審判決から一転、大阪高裁が原告である京都消費者契約ネットワーク(KCCN)の訴えを退け、新たな局面に突入しました。

調査データまとめ

50代が最もネット通販にお金を使う、など2015年のEC利用実態[総務省調査まとめ]

「ネット通販を使う人は右肩上がりで増えている」「ネットショッピングにお金を最も使うのは50歳代」――総務省の家計消費実態把握調査から、2015年の国内ネットショッピング利用の状況をまとめてみました。

通販新聞ダイジェスト

ライオンの通販に勧告の衝撃 消費者庁が指摘したトクホ商品は何が問題だったのか?

消費者庁は3月1日、ライオンが販売する特定保健用食品(トクホ)に対し、健康増進法に基づく勧告を実施。トクホに対する運用も初めてだが、健増法の勧告も初めてのケース。業界内外からは早くもこの判断に「過剰規制でやりすぎ」との声があがっています。

健康・美容業界の今を知る!

「全額返金保証」という通販・EC広告の表現は使っていいの? 法律上の落とし穴

化粧品、健康食品などの通販広告では、「100%返金保証」「お気に召さなかった場合商品購入代金を全額お返しします」というフレーズがよく使用されています。このフレーズを利用することは各種法律上問題ないのでしょうか。考えてみましょう。

単発記事

公取委がプラットフォームと出店者の取引実態を再び調査する理由

ECなどのプラットフォームとそこに出店する企業の取引実態調査を調査する公正取引委員。約10年の期間を経て動き出した公取委の狙いは何でしょうか。過去の出来事などを振り返り、その“なぜ?”などについて探ってみます。

はじめてでもわかる食品ECのための食品表示講座

事故が起きてからでは遅い! 安心・安全な食品通販を実現するアレルギー表示の作り方

食品表示では、アレルギー表示はとっても重要。食品表示を実際に作る担当者はもちろん、通販カタログやECサイトでアレルギー表示を記載する上での注意点を解説します。

ネット通販のための5分でわかるマイナンバー対策

マイナンバー対策は業務の改善&効率化するチャンスって知ってた?

自社内においてマイナンバーを収集、保管する企業は多いことでしょう。最終回となる今回は、業務効率をアップし、適切に運用するための準備・運用方法を解説します。

ネット通販のための5分でわかるマイナンバー対策

マイナンバーの管理・運用で失敗しないために押さえておくべき4つのポイント

マイナンバーを取り扱うとなると、何から始めればいいのか分からなくなり手がつけられない、といったこともあるはず。今回は企業がやるべきマイナンバー運用の内容を手順に沿って説明します。

ネット通販のための5分でわかるマイナンバー対策

いよいよ始まったマイナンバー制度。あなたの会社の運用体制は大丈夫?

いよいよ2016年1月から、マイナンバーの実運用が始まりました。マイナンバーを扱う回数の多寡とは別に、2016年からは神経を使う事務作業が発生することになりますのでご注意を。

健康・美容業界の今を知る!

「メタボ」「アンチエイジング」といったワードは広告に使えるの?

「メタボ」「アンチエイジング」……男女問わず関心が高く、こうしたキーワードの検索は数多く行われています。「メタボ」「アンチエイジング」といったワードの利用可否について考えていましょう。

ネット通販のための5分でわかるマイナンバー対策

マイナンバーの漏えいには超きびし~い罰則規定があるのは知っていますか?

収集したマイナンバーがいつ、どのように漏えいするかわかりません。マイナンバー制度にはどんな罰則があるかを理解し、万が一のために危機管理体制を作るための方法論などを解説します。

はじめてでもわかる食品ECのための食品表示講座

間違ったら大変!? 消費者がもっとも見る「原材料表示」の作成で注意すべきこと

食品表示を作成する上でおそらく最も大変な作業となる「原材料名」。食品表示基準の施行で原材料名欄は原材料と添加物をわけて表示することが原則とされました。実務の多くの場合で重要管理点になってくるので解説します。

ネット通販のための5分でわかるマイナンバー対策

個人事業主と取引するときもマイナンバー対応が必須。企業が気を付ける8つの注意点

2016年からマイナンバー制度では、社外の関係者からもマイナンバーを収集するケースがあるのはご存知ですか? マイナンバー制度を社内で安全に運用するための、収集・管理に関する重要ポイントを解説。

健康・美容業界の今を知る!

健康食品、雑貨、化粧品で比較広告をするときの注意点

前回の連載では、“比較広告とは何か”をご紹介致しました。景品表示法での比較広告のあり方に則っての紹介ですので、基本的概念としておさえておくと良いでしょう。今回は具体的に、健康食品、雑貨そして化粧品でも比較広告は可能なのか、そしてその注意ポイントを整理します。

徹底追跡 消費者契約法・特定商取引法の見直し動向

モールやネット広告などの規制が強化される特商法改正案…今回は見送りの方向へ

通販・ECサイトの運営に混乱を招く可能性が懸念された特定商取引法の見直し論議で、モールなどを含めた通販・ECの広告に関する規制などが見送られることになりそうです。特商法専門調査会が出した12月14日時点での報告書案の内容をまとめました。

ネット通販のための5分でわかるマイナンバー対策

5分でわかるマイナンバー。いまさら聞けない制度の仕組み

2016年1月に実運用が始まるマイナンバー制度。「まだ対策していない」といったネット通販さんなどに向けて、「マイナンバー制度」のメリット・デメリットなどをまとめてみました。

はじめてでもわかる食品ECのための食品表示講座

食品表示の「名称」が重要な理由。食品のネット通販が押さえておくべきポイント

2015年4月1日に新しい食品表示基準が施行されてから、ちょうど半年が経過。“新基準で一番重要で、基本的なことである「名称」の付け方について説明します。

通販新聞ダイジェスト

アウトバウンド全面禁止は不適切。特商法改正案に事業者から約4万件の反対意見

消費者委員会の特定商取引法専門調査会は10月26日の会合で、「中間整理」に対する意見募集の結果を公表、寄せられた意見のうち、アウトバウンドの全面禁止を含む不招請勧誘規制に反対する意見が3万9428件だった。

健康・美容業界の今を知る!

法令違反にならないために知っておくべき広告の定義とルール。

テレビ、web、新聞、折込チラシ、雑誌、店頭で見せるPOPやリーフレット、そして特定のお客さまにしか配布しないクローズドなもの……。それぞれコンプライアンスの度合いに違いはあるのでしょうか?

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

越境ECにも影響するの? 中国でついに策定される見込みの「電子商取引立法」とは

中国ではECに関わる法律がこれまで整備されていなかったが、このたび「電子商取引法」が策定される方向で動き始めている。最も気になるその中身はどのようになるのか。最近の行政の動きから推察してみた。

通販新聞ダイジェスト

特商法と消契法の改正は「正当な営業活動の阻害」「大きなコスト負担」との声あがる

「特定商取引法」と「消費者契約法」の改正を巡る議論が進んでいる。通販事業者はこの動向をどう思っているのか。通販新聞が通販事業者にアンケートを実施。

徹底追跡 消費者契約法・特定商取引法の見直し動向

「今ならポイント○倍」はアウトに?通販・ECを狙い撃ちの消費者契約法見直しは把握すべし

消費者委員会専門調査会で進められている、手間やコストが増える可能性が大きい消費者契約法(消契法)の見直し。通販・ECや広告業界などに関わる業界者団体などは猛反発しています。

通販新聞ダイジェスト

事業者は猛反対だけど…消契法の見直し議論は「広告」に取消権を導入する方向へ

消費者契約法の改正を巡って、「勧誘」に「広告」が含まれる可能性が出てきた。不利益な事実を記載していない広告や、事実と異なる情報を表示した広告に基づいて締結された消費者契約を取り消すことができる方向で議論が進んだため。

通販新聞ダイジェスト

アウトバウンド規制でマスコミvs消費者委。〝失笑〟事件巡り自民党も「規制反対」

特定商取引法改正議論を巡り、規制強化の流れにあった「アウトバウンド規制」の風向きが変化。6月の消費者委員会で起こった読売新聞東京本社社長に対する"失笑事件"。社長をバカにされた同社が即日抗議し、大きな騒動に発展している。

徹底追跡 消費者契約法・特定商取引法の見直し動向

クレーム、返品、コストが増えるだけ。消費者契約法の見直しは通販・ECには悪いことだらけ?

手間やコストが増える可能性が大きい消費者契約法(消契法)の見直しが進んでいます。現在、内閣府消費者委員会消費者契約法専門調査会でどんな議論がされているかをご紹介します。

健康・美容業界の今を知る!

機能性表示食品の広告における体験談で表現できる範囲とは

今月からいよいよ「機能性表示食品」の販売が始まりました。キューピーは6月12日から「ヒアロモイスチャー240」を通販で展開し始めており、今後もキリングループの「パーフェクトフリー」が6月16日、ファンケルの「えんきん」と「健脂サポート」が6月19日に販売が開始になるなど、今後続々と機能性表示食品の販売が開始される予定です。今回は、こうした機能性表示食品における広告表示についてご紹介したいと思います。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル