現在地

行政・法律

単発記事

あなたは何問正解できる? 全問正解なら通販王! 難問だった「通販ウルトラクイズ」

通販・EC業界向けのクイズ大会「通販ウルトラクイズ」が2018年3月に行われた。主催はダイレクトマーケティングゼロ(DM0)。優勝商品はラスベガス行きのエアチケット。優勝したのは……!?

竹内謙礼の一筆啓上

EC事業者は知っておくべき「不正競争防止法」とは? 北の達人の訴訟事案から学ぶ商売のルール

ECに携わる企業が知っておかなければならない不正競争防止法について、北の達人コーポレーションが起こした訴訟事案を基にわかりやすく解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

EUの一般データ保護規則(GDPR)が欧州向け越境ECやマーケターに及ぼす影響とは

EUの一般データ保護規則が5月に施行されます。法律が適用されるのは現地法人だけでありません。EU諸国と取引する通販事業者は個人データの扱いを見直す必要があります。

徹底追跡 消費者契約法・特定商取引法の見直し動向

定期購入事業者は知らなきゃマズい「改正特定商取引法」改定のポイント【事例あり】

2017年12月に施行された「平成28年改正特定商取引法」について、EC事業者に関連性が高い項目について解説します。

健康・美容業界の今を知る!

洗顔商材の魅力を伝える広告で、「メラニン」「美白」「透明感」「明るく」「白く」は使用できる?

化粧水や美容液などとは違い差別化しにくいと言われる洗顔商材。さまざまな切り口で商品の魅力を伝える広告を目にしますが、これらの標ぼうはOKなのでしょうか?

健康・美容業界の今を知る!

健食・美容の広告担当者は必見! 「医薬品等適正広告基準」改定のポイントまとめ【全部で14点】

「医薬品等適正広告基準」が改訂されて3か月ほど経ちました。医療品や化粧品などの広告表現において徐々に浸透してきている印象ですが、変更のポイントを振り返ってみましょう。

単発記事

送料値上げは今後も発生する――通販協会トップが語った業界の展望と2017年の振り返り

「送料値上げ今後も継続的に発生する事案であると考えている」――。公益社団法人日本通信販売協会の賀詞交換会で阿部嘉文会長は、送料値上げ問題などの問題、今後の業界展望などを語った。

単発記事

再配達は「問題だと思う」は7割。有効対策は「コンビニ受取」「自宅用宅配ボックス」

内閣府が12月15日に公表した「再配達問題に関する世論調査 」から、再配達問題に対する消費者の考え方や、再配達削減の取り組みへの意欲などが明らかになりました。

通販新聞ダイジェスト

定期購入ビジネスは知らないとヤバイ、特商法の施行規則[EC・カタログ・TVが対象]

消費者庁は、定期購入の内容を明確化することや、申し込みの最終段階で確認し内容を訂正できる機会を用意するよう求めた特商法の施行規則を12月1日に施行しました。その注意点は?

健康・美容業界の今を知る!

毛髪のケア商品でよく使われる「浸透」という表現。注意すべきは「範囲」

毛髪や頭皮のケア商品によく使われる表現に「浸透」があります。今回は、この「浸透」を使うときに気を付けるべきポイントについて解説します。

健康・美容業界の今を知る!

化粧品の広告で標ぼうできない「ターンオーバー」。使いたい時の発想法

主に基礎化粧品の広告などでよく目にする「ターンオーバー」という言葉。肌の健康的な新陳代謝を表す言葉ですが、最近は一部で問題視されている動きがあるようです。

健康・美容業界の今を知る!

広告における「特許」表記の注意点。「特許取得」「特許出願中」と書いても大丈夫?

特許を保有しているなら、自由に広告でアピールして問題はないのでしょうか? 実は、薬機法の制限を受ける化粧品等と、薬機法の制限を受けない健康食品、雑貨等では事情が異なります。

通販新聞ダイジェスト

国は物流問題をどう解決する? AIやIoTなどを活用する新物流大網の提言を国交省が決定

国土交通省は2017~20年度に適用する総合物流施策大綱に関する有識者検討会の第7回会合を開催し提言の最終案を決定。その内容は?

健康・美容業界の今を知る!

「満足度○○%!」は大丈夫? 化粧品のアンケート結果を広告に使う際、気を付けるべきポイント

お客さまからよせられたアンケートについて、「良い結果だから広告に使いたい」と考えるのは当然です。ですが、やはりここでも薬機法に基づくルールを守らなければなりません。

健康・美容業界の今を知る!

「カミソリ負けを防ぐ」はOK? 男性用化粧品の広告表現を薬機法の視点でチェック

昔に比べて男性の美容に対する意識は非常に高くなり、「メンズコスメ」という表現も一般的になりました。今回は男性用化粧品の広告表現について解説します。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

北京税関が越境ECに対応、海外からのネット通販に関する保税サービスを提供開始

北京税関は2月、管轄内の天竺税関が総合保税区越境EC保税サービスを全面的に提供することを発表した。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

中国向けECに逆風? 日本産食品の販売停止はなぜ起きた? 3/15のテレビ報道を振り返る

中国内で3月15日以降、日本産食品の販売がストップされる事態が起きています。その背景を解説します。

健康・美容業界の今を知る!

健康食品のネット通販でエビテンスを使った広告表現はできる? できない?

機能性表示食品ではない従来通りの健康食品の広告表現。エビテンスを利用した広告表現について、今一度、注意点などを整理をしてみましょう。

Eコマースは地方を元気にする~楽天が地方自治体と取り組む活性化の現場レポート~

なぜ佐賀県はEC先進県になったのか? 商工課が実施した4つの施策

EC先進県としてあげられる岐阜県・宮崎県・島根県・佐賀県など。今回はその中で最も先進的な佐賀県の取り組みを紹介します。

中国市場が丸わかり『中国EC市場調査報告書2016』ダイジェスト

5分でわかる中国の新越境EC制度。押さえておくべき重要ポイント【最新版】

中国の新越境EC制度は2018年から本格スタートとなる予定。その新越境EC制度について、あらためて全容などをまとめてみました。

Eコマースは地方を元気にする~楽天が地方自治体と取り組む活性化の現場レポート~

地域活性には「唯一の正解」がない。想いをもった人達の「ぶつかり稽古」が地域を動かす!

地域の活性化。コトバでいうのは簡単でも、実際にカタチにするのは難しいことです。

Eコマースは地方を元気にする~楽天が地方自治体と取り組む活性化の現場レポート~

地域が元気になるためにはeコマース(ネットショップ)が必要だと本気で考えています!

ネットショップが地域活性化の一旦を担う、そんな時代がやってきました。楽天市場の店長が自治体の町長になるケースも。楽天が実施している地域活性化の取り組みを紹介していきます。

アラタナECコンサルがお伝えするECビジネスの課題を解決するヒント

EC事業者はどんなことをすれば薬機法違反になり、どんな罰則が科されるのか

どのようなことをすると薬事法違反になるのでしょうか? また、違反するとどのような罰則があるのでしょうか? 健康食品や化粧品を扱っているECサイトでは特に気になる内容を説明します。

健康・美容業界の今を知る!

メーキャップ化粧品の効果の表示はどこまで可能? 広告で表現する際の注意点

メーキャップ化粧品は物理的効果が期待できますので、どこまで表現できるのか事業者にとって悩みの種。広告上でどういった表現まで可能なのでしょうか。

健康・美容業界の今を知る!

不当表示による売り上げは没収! 知らないと痛い目にあう景品表示法の「課徴金制度」

2016年4月1日より、景品表示法に課徴金制度が導入されました。その事実は知っていても、実際、課徴金って何?課徴金の対象になってしまうとどうなるの?等、聞くに聞けない素朴な疑問について質疑応答形式にまとめます。

単発記事

EC事業者が選ぶ優れた通販サイト4選 ネットショップグランプリ受賞店に学ぶサイト作り

EC事業者が選ぶ優れたサイトは、他と何が違うのか。一般社団法人イーコマース事業協会が4月9日に発表した「第8回 全国ネットショップグランプリ」から、優れた店舗のヒントを探ってみます。

単発記事

【詳報】中国で始まった越境ECの新税収制度。増税? 減税? 日本企業への影響は?

中国の財政部は4月8日から、越境ECに関する税制度改革を断行し、新たな制度をスタートさせることを公表しました。実質増税になったり、減税になるケースもありますので、その制度の詳細、影響を解説します。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社