現在地

決済

PR

「Amazon Pay」は導入して当たり前の時代?「侍カート」が実現した標準実装のスゴさとオプション提供との違いとは

Amazon(アマゾン)のオンライン決済サービス「Amazon Pay」を標準実装したASPカートの「侍カート」。この連携が与えるEC業界へのインパクト、可能性とは?

ネットショップ担当者フォーラム 2017 セミナーレポート

コンバージョンUP、新規客の増加、使い勝手の向上――「Amazon Pay」の導入効果を「ozie」の柳田社長が解説

オンライン決済サービス「Amazon Pay」の効果や活用事例について、導入ECサイト「ozie」の柳田敏正社長と、アマゾンジャパンの井野川拓也事業部長が語る。

単発記事

「海外からの注文が増加! どうすればいい?」となる前に知っておきたい越境EC対応方法

海外から注文や問い合わせが増え続けている、どうすればいいのか? EC企業の事例をもとに、「物流」「決済」「顧客対応」の側面から、低コストで始められる越境EC対応の方法をまとめてみた。

PR

あのECサイトはなぜ儲かっている? 人気繁盛店「ozie」の社長が解説する「売れるショップの共通点」

売上を伸ばしたいけど「何をすればいいのかわからない」……こんなことに悩んでいませんか? 重要なのは「買いやすいサイト」作り。そのためにはどんなことをやればいいのでしょうか?

単発記事

「Apple Pay」を自社ECサイトへ簡単に実装できる――カゴ落ち概念のないEC体験を実現する仕組みとは?

「Apple Pay」を導入した海外のECサイトでは、コンバージョン率が50~200%改善したといった事例も出てきている。ECプラットフォームが「Apple Pay」を導入することでネットでの買い物体験はどう変わるのか?

カートに商品入れない新しい買い物体験、「Apple Pay」実装のフューチャーショップが実現

ECプラットフォーム「FutureShop2」のフューチャーショップは米アップルが提供する電子決済サービス「Apple Pay」を実装、「FutureShop2」の利用店舗で「Apple Pay」を利用できるようにする。

単発記事

ファン育成と新規ユーザー開拓の両立を実現した北海道日本ハムファイターズのEC戦略

既存会員以外の一般購入者と会員増の両立はどう実現するのか? 会員向けサービスを維持しつつ、新規ユーザーの購入率を1.8倍に増やした北海道日本ハムファイターズのネット通販戦略を解説。

ファッションEC最前線

オンライン決済サービス15選。手軽な決済方法で、アパレルECはもっと身近になる

アパレルECにとって、決済プロセスの改善でコンバージョンをいかにアップさせるかは重要な課題。最近増えてきたオンライン決済サービスをまとめてご紹介します。

『ヨドバシ.com大躍進の舞台裏 ネット通販11社の成功法則+関連サービス260まとめ』ダイジェスト

越境ECで成功するには何が必要? グローバル企業ACIの日本責任者に聞いてみた

日本エイシーアイ・ワールドワイドのカントリーマネージャーの朴健一氏に、「PAY.ON」と「ACI ReD SHILD」の強みなどを聞いた。

ネットショップ担当者フォーラム 2016 セミナーレポート

「ネット通販を利用しない」見込み客の獲得に役立つ60万店舗導入の決済ツールとは

オンラインショッピングの1カ月分の代金をコンビニなどで翌月に支払う決済手段「Paidy(ペイディー)」。ECの新規顧客獲得やコンバージョン率アップに役立つ理由とは?

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アリババのジャック・マー氏「20年後にはECがなくなる」。中国から見た「Amazon Go」

アマゾンが始めた「Amazon Go」。アリババグループ会長のジャック・マー氏が、オンラインとオフラインが融合する「新しい小売」を提唱するなど、中国でもリアルとECの融合が話題にあがっています。

「売れるネット広告つくーる」で「Amazonログイン&ペイメント」の導入が可能に

売れるネット広告社は12月14日、単品通販向けランディングページ作成・管理ツール「売れるネット広告つくーる」で利用できる決済手段として「Amazonログイン&ペイメント」を追加したと発表した。

単発記事

手数料は3%。業界最安水準の決済サービス「PAY.JP」をBASEの鶴岡社長に聞いてみた

BASEが9月7日に本格リリースしたオンライン決済サービス「PAY.JP」。決済手数料3.0%からで、数行のスクリプトを埋め込みで導入できるといった環境を用意しています。「PAY.JP」について鶴岡社長にインタビュー。

単発記事

ヤマトグループの業務効率化統合パッケージ「YES!」の詳細を担当者に聞いてみた

中小企業も大手並みのサービス提供が可能になるという「YES!(Yamato Ec Solutions!)」。サービスを開始した経緯や、現状の問い合わせ状況、今後の展開などについてヤマト運輸法人営業部の滝澤志匡ECソリューション課長に聞いた。

単発記事

ほとんど知られていない「Amazon Pay」導入の仕方とその詳細

自社ECサイトで「Amazon.co.jp」のアカウント情報を使って配送先指定やクレジットカード決済などができる「Amazon Pay」。EC構築支援のプラットフォーム「FutureShop2」を提供するフューチャーショップが「Amazon Pay」を実装し、9月1日にオプションサービスとして提供を始める。

自社ECサイトでアマゾンのログイン&決済機能が使える「Amazon ログイン&ペイメント」をリリース、アマゾンジャパン

アマゾンジャパンは5月11日、自社ECサイトで「Amazon.co.jp」のアカウント情報を使って配送先指定やクレジットカード決済などができる「Amazon ログイン&ペイメント」を、外部企業に対しての提供を始めると発表した。

単発記事

約43億円調達のメタップス佐藤CEOが語る、登録者5万件突破した決済サービス「SPIKE」の今とこれから

どうして無料決済サービスを開始したのか、なぜ無料で提供できるのかなどについて佐藤航陽代表取締役CEOに聞いた。

単発記事

詐欺サイトなどからユーザーを保護するためで、収益につなげるつもりは全くない

楽天は11月13日から、楽天市場に出店する店舗が消費者に提供する銀行振込先として、楽天銀行を指定する仕組みを開始した。具体的な仕組みや、出店者へのメリット、デメリットについてメディアプランニング統括 兼 楽天市場事業編成部長 兼 楽天市場品質向上委員会委員長の河野奈保執行役員に聞いた。

単発記事

Rポイント開始で効果UP、楽天ユーザーを自社サイトの顧客にする「楽天ID決済」活用法

楽天ID決済の詳細や今後の展望についてチェックアウト事業運営グループサービスプロダクト運営チームの宮本惠介サブリーダーに話を聞いた。

単発記事

決済や個別メッセージ配信などLINEの新サービスについてEC企業が押さえておきたいこと

LINEは10月9日、提携しているウェブサービスなどの支払いをLINEアプリ上で決済できる決済サービスや、自社の顧客ベースとLINEユーザーのアカウントを連携し、個別のユーザーごとに最適化したメッセージ配信を実現できる新サービスを発表。LINEの新サービスがEC企業にどんな影響を与えるのか。決済サービスなどEC企業が利用できそうな新サービスを解説。

ヤマトが「クロネコメンバーズ」連携のID決済「クロネコペイ」を開始、導入方法は?

ヤマト運輸とヤマトフィナンシャルは6月18日、通販・EC事業者のECサイトにおいて「クロネコメンバーズ」の会員情報で決済ができるようになるID決済サービス「クロネコペイ」の提供を始める。

カードレス決済「atone(アトネ)」に実店舗で使えるQRコード決済機能を追加、今夏から実証実験開始

ネットプロテクションズのカードレス決済サービス「atone(アトネ)」に、実店舗で利用できる決済機能が追加される。2018年8月を目処に実証実験を開始する。

アパレルECのレイ・カズンが「ecbeing」「NP後払い」の自動連携機能を導入したメリットとは?

EC構築パッケージ「ecbeing」を提供するecbeingと、後払い決済サービス「NP後払い」を提供するネットプロテクションズは5月22日、「ecbeing」と「NP後払い」を自動連携できるオプションサービスの提供を開始。レディースアパレルECを手がけるレイ・カズンがオプションを利用している。

通販・ECの返金をセブン-イレブンや銀行ATMで受け取れる口座不要の「現金受取サービス」

セブン&アイホールディングスグループは5月7日、企業から個人に送金する現金を、銀行口座を介さずセブン銀行ATMやセブン‐イレブンのレジで受け取ることができる「現金受取サービス」を開始した。

ECの決済代行サービス市場は2022年度に約5000億円に拡大、2016年度比で約2.5倍に

ミック経済研究所は4月11日、「ECにおけるネット決済代行サービス市場の現状と展望2018年度版」の一部を公表、ECの決済代行サービス市場が2022年度に4970億円に拡大するとの見通しを示した。

「楽天ペイ(オンライン決済)」などを標準連携、クラウドECプラットフォーム「ebisumart」

クラウドECプラットフォーム「ebisumart」を提供するインターファクトリーは2月15日、楽天会員IDを活用したオンライン決済サービス「楽天ペイ(オンライン決済)」と会員登録補助機能「楽天ID Connectオプション」を、「ebisumart」に標準連携したと発表した。

ヤマトフィナンシャル、カート&決済&配送機能を一本化したECプラットフォーム

ヤマトホールディングス傘下のヤマトフィナンシャルは1月25日、ショッピングカート機能に決済と配送機能が一体となったカートサービス「らくうるカート」を1月29日に開始すると発表した。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社