オムニチャネル

小売り・EC事業者必見! 事例に学ぶファン拡大&売上アップにつながるアプリ活用法【資料を無料提供】

「3COINS」のパルグループ、子供服「BREEZE」のF・O・インターナショナルによるスマホアプリ活用例+アプリ開発・マーケ活用を支援する2社のサービス解説をまとめたホワイトペーパーを無料提供
ネットショップ担当者フォーラム編集部2021/3/8 11:0082110Sponsored
顧客時間が見たCES & NRFレポート2021

コロナで変わったカスタマー・ジャーニー。フルフィルメントチャネル別によるロイヤルティへの影響とこれからの消費者像とは

顧客時間 共同CEO / 取締役の奥谷孝司氏による2021年のNRF考察
奥谷孝司2021/3/8 8:00151212
顧客時間が見たCES & NRFレポート2021

世界の潮流から見るデジタル活用。「What(何ができるか)」から「How(どのように)」へ

世界最大のテクノロジー展示会「CES」、全米小売業協会(NRF)主催のリテール展示会から見えた、小売り・EC事業者が押さえておくべきポイントとは? 顧客時間の共同CEOで取締役の奥谷孝司氏が解説
奥谷孝司2021/3/1 8:00118122
SHOPCOUNTER magazine〜小売り・テクノロジー関連コンテンツを発信〜

台湾発の越境ECサイト「Pinkoi」。ミッフィーコラボのポップアップストアを、日本先行で展開した理由と反響は?

台湾発の越境ECサイト「Pinkoi」が、日本先行でミッフィーコラボのポップアップを実施した理由とは?
SHOPCOUNTER magazine 編集...2021/2/18 9:007130

【社長インタビュー】流通額2.8倍、1100億円突破の「STAFF START」。デジタル×販売員の力でめざす「カリスマ店員新時代」とは

年間流通総額1100億円を突破した「STAFF START」。「販売スタッフがもっと正当に評価される」社会にするため、2021年に何を仕掛けるのか? 小野里寧晃代表取締役に話を聞いた
公文 紫都2021/2/15 8:00317171
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

米国EC専門メディアが予測する2021年のEC業界とは? 業界再編、テクノロジーへの投資など

米国のEC専門メディア『Digital Commerce 360』が2021年のEコマース業界を予測。「再編成と成長の機会」「食料品のオンライン注文の伸長」」「テクノロジーへの投資」などの予想されるトレンドをあげている
Digital Commerce 3602021/1/21 9:00962

コロナ禍の「デジタル接客」を最短1か月で実現。「ecbeing」「STAFF START」の標準連携が始まった背景【社長インタビュー】

ecbeingは、店頭販売員のデジタル接客を可能にするツール「STAFF START」の標準連携を開始し、最短1か月での導入を可能にした。コラボの背景を両社代表が語る
公文 紫都2021/1/20 9:00440

「b8ta」日本上陸から5か月。日本市場における「体験型店舗」の可能性とは?

米国発の体験型店舗「b8ta」が東京に2店舗オープンしてから5か月が経過。日本でも体験型店舗は受け入れられるだろうか? 日本市場における体験型店舗の可能性を探る
公文 紫都2021/1/12 9:009170

しまむらのネット通販、店舗受取が9割で「ECから店舗への送客に効果」

しまむらの2021年2月期のEC売上高は20億円を計画。オープンから11月20日までの売上高は計画通りに推移。商品の受取方法は、店舗受け取りが約9割、自宅配送が約1割
石居 岳2021/1/6 10:00207320

「接客しない」に挑む大手百貨店の挑戦。無人ポップアップで「試着は店頭、購入はECで」の新しい販売スタイルの成果とは?

そごう・西武は、コロナ禍での新たな取り組みとして販売員が常駐しない「無人ポップアップストア」を展開した。大手百貨店による挑戦と、1週間の実施で得た気づきを紹介する。
公文 紫都2020/12/21 8:0010291
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

地方の小売店が大手に勝つために知っておくべき「消費行動の変化」「ネット通販戦略」

地元で買い物をすることは、オンラインショッピングを避けることを意味するのでしょうか? 私たちは皆、同じ状況にあることを忘れてはいけません。苦難を乗り越え、地元が成長すれば、より強いビジネスとより良い生活を手に入れることができます
Digital Commerce 3602020/12/10 8:009204

【2021年予測】Shopifyが示す5つの小売・ECトレンド。成長のカギは「若年層」「地域ビジネス」

Shopifyは、2021年の小売・ECのトレンドを予測する初の年次レポート「Future of Commerce 2021」を発表。グローバルと日本の市場環境から見た5大予測とは?
公文 紫都2020/12/9 9:009240

ワコールが新たな顧客体験の提供をめざす「アバター+AIの非対面型カウンセリングサービス」とは?

ワコールが始めた、「3D ボディスキャナー」と接客AIによる独自開発の接客サービス「3D smart & try」にアバターを活用した新しい接客システムを組み合わせた非対面型カウンセリングサービス。インナーウェア選びにおける新たな顧客体験の提供をめざす取り組みを取材した
公文 紫都2020/11/30 9:002040
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【2021年の小売業界予測】「実店舗のデポ化」「デリバリー革命」「オンライン接客」などニューノーマル時代の5トレンド

2021年は小売事業者にとって大きな変化の年になるでしょう。「ニューノーマル」に迅速に適応しながら2021年を迎えるために、小売り事業者がチェックするべき5つのトレンドを解説
Digital Commerce 3602020/11/19 9:0017150
Digital Shift Timesダイジェスト

リアルの“場”を通じてファン作り&ビジネスを拡大する方法は? 米国のD2Cブランド「Allbirds」「Casper」「Glossier」に学ぶ

「Allbirds」「Casper」「Glossier」はオンライン発のD2Cブランドだが、彼らはリアル店舗をファン作りやビジネス拡大の「場」として有効活用している。各社の事例を紹介する
Digital Shift Times2020/11/12 9:003120
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

実店舗にお客を集め高いCVRを実現する方法とは? カギはデジタルを活用したロケーションベースマーケティングにあり

苦戦している実店舗の小売りビジネスにとって、デジタル広告やロケーションベースのマーケティングは新たな活路になるかも知れません。最近の研究で、ロケーションベースのモバイル広告は、オンラインだけでなく、店内でも高いコンバージョン率を実現していることが明らかになっています
Digital Commerce 3602020/11/12 8:00420
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)を向上させる「セルフサービス」「フルサービス」活用法

コロナ禍でニーズが増した、買い物体験における「セルフサービス」。一方で販売員やカスタマーサポートスタッフのサポートを受けながら買い物を進める「フルサービス」に対するニーズが消えることもないでしょう。どうすればカスタマーエクスペリエンスの向上につながるより良いサービスを消費者に提供できるのでしょうか
Digital Commerce 3602020/11/5 10:00440

ワコールが「顧客名簿の統合」「基幹システム刷新」「配送センター集約」で挑むデジタル変革とは【EC責任者へのインタビュー】

ワコールのECシステムが大きく変わろうとしている。2022年に実施予定という顧客名簿の統合、基幹システム刷新、配送センターの集約など、その全容をEC部門のトップが語った
公文 紫都2020/11/2 9:00860
Digital Shift Timesダイジェスト

「ニューリテール」とは? AmazonとアリババのOMO事例などに学ぶ正しい理解と小売りビジネスへの影響

小売業を中心に、旧来のビジネスモデルにおいて早急な見直しを迫られている昨今。「ECと店舗のボーダレス化」を考える上で目を向けたい「ニューリテール」について海外の事例を中心に見ていきます。
Digital Shift Times2020/10/19 8:00430

デジタル時代の買い物行動の変化&カスタマーエクスペリエンス向上を実現する3つのポイント

急速に変化する消費行動に対応するために押えておきたい「OMO」「CRO」、カスタマーエクスペリエンス向上のポイントなどを、ZETAの山崎徳之社長が解説
吉野 巨人2020/10/8 9:00420Sponsored

「世界No.1メンズスキンケアブランドに」。売上2倍成長のバルクオムが見据えるグローバル戦略とは【野口社長インタビュー】

メンズスキンケアブランド「BULK HOMME」を展開するバルクオムは、メンズスキンケアブランドにおいて世界No.1シェアをめざしている。「2028年までに達成したい」という野口卓也代表取締役CEOが語る、グローバル攻略を見据えた今後の展開と好調な売上要因は?
公文 紫都2020/10/7 9:005101961

メルカリ小泉氏らが語る「コロナ禍で変化した消費やモノへの意識」「ポストコロナ時代の消費対応」

「ポストコロナの消費意識」「コロナ禍における二次流通・フリマアプリの役割」について、三菱総合研究所 政策・経済研究センター センター長の武田洋子氏とメルカリ取締役Presidentの小泉文明氏が語った
藤田遥2020/10/6 9:00650

「しまむらオンラインストア」ECサイト開始 ネット通販で商品購入可能に

しまむらの自社ECサイト「しまむらオンラインストア」が2020年10月1日からスタートし、しまむらの商品をオンライン通販で購入可能になった。スマホで商品を注文し店頭取置が行えるアプリ「しまこれ」は9月に終了し、サービスをオンラインショップに集約する
瀧川 正実2020/9/30 10:0015163
データで読み解く小売ビジネスと未来予測 presented by COUNTERWORKS 竹信瑞基

EC先進国・米国の最新事情に学ぶWithコロナ時代の成長戦略。キーワードは「非接触」「コンタクトレス」「オンライン拡張」

コロナ前から現在に至るまで、米国小売市場にはどのような変化が起き、今後どこへ向かおうとしているのか。米国の最新トレンドを捉えながら、日本の小売り市場のイマ、そしてECビジネスへの活かし方を見ていく。
竹信瑞基2020/9/25 11:3038120

ベイクルーズのEC売上高は29%増の510億円、自社ECは37%増の391億円で構成比は約77%【2020年8月期実績】

ベイクルーズの自社ECサイトの売上高が急伸したのは、「自社EC中心の事業構造への変革」「ユニファイドコマース戦略」「組織作りと内製化」があげられる
瀧川 正実2020/9/17 9:00196104
Digital Shift Timesダイジェスト

【中国】アリババ「フーマー」、テンセント「永輝超市」などコロナ禍の生鮮食品スーパー&ECの今

コロナ禍によって、急速に成長している生鮮ECサービスと、アリババ傘下の生鮮スーパー「盒馬鮮生」のような実店舗とECの機能を融合したOMO型店舗。その実態を探る
Digital Shift Times2020/9/10 10:00462
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

まだあまり知られていない2020年のEC市場(北米)5つのトレンドとは?

食料品販売では「店舗がECの大きな資産になる」、「カタログ通販と親和性の高いオンライン販売」、「健闘している小規模オンライン小売事業者」など、米国で起きているEC業界5つのトレンドを紹介します
Digital Commerce 3602020/9/10 8:00653
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

食料品のネット通販が加速した2020年。新型コロナウイルス終息後も消費者のEC利用は続く?

2020年、消費者と食品小売事業者の関係が劇的に変化し、オンラインでの注文が急増しました。ウイルスの危機が去った後も、引き続き多くの世帯がEコマースを利用するでしょう。
Digital Commerce 3602020/9/3 8:00722
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

スターバックス、ZARAのデジタル戦略などに学ぶWithコロナ時代を勝ち抜くための実店舗&モバイル戦略

モバイル活用、優れた店舗戦略を組み合わせれば、小売事業者は競争激しい市場で成功し続けることができます。スターバックス、ZARAのモバイル戦略を踏まえ、実店舗が成功するモバイル活用法を解説します
Digital Commerce 3602020/8/27 8:001163

200万円以下の無人店舗が登場! 最新テクノロジーで「店舗KPI」を見える化する「AI STORE LAB」探訪記

企業向けのセキュリティソリューション「SECURE」を提供するセキュアは、アイスタイルグループとのコラボにより、次世代型無人店舗「AI STORE LAB」の実証実験を開始している。顔認証による入店、AIカメラによる来店客のデータ取得など、最新テクノロジーを活用しながらも、驚きの低価格を実現。その全容は?
公文 紫都2020/8/24 8:0011130
EC部長が担当者に読んでもらいたいこと

百貨店がECサイトを休止、売上が厳しい営業自粛中でも注力できない理由

新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言下の店舗営業自粛中、なぜ百貨店は売上が見込めるECサイトも休止したのか。その理由から百貨店ビジネスの課題と可能性について中島郁氏が解説します(連載特別版)
中島 郁2020/8/19 8:00171335
忙しすぎて疲れているあなた。ちょっとしたECの小ネタでブレイクタイム

創業202年の「榮太樓總本鋪」が本店をリニューアル。ECにも力を入れる老舗のスイーツを日本橋で味わう

榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ)の日本橋本店が8月1日、リニューアルオープン。「にほんばしえいたろう」「あめやえいたろう」「東京ピーセン」「からだにえいたろう」 など5ブランドの商品が勢揃い。喫茶コーナーも併設。
内山 美枝子2020/8/5 8:003330

日本進出した米国発の体験型ストア「b8ta」は何がスゴイ? 「販売を主目的にしない」ビジネスモデルを解説

米国発の体験型ストア「b8ta」が8/1、東京・有楽町、新宿に2店舗を同時オープン。b8ta Japanカントリーマネージャーの北川卓司氏が語った、日本上陸の理由や今後の展望とは
公文 紫都2020/7/29 9:0075231

TSI ECストラテジー元社長の柏木氏に聞く「これからのEC・アパレル業界」「小売業のDX」「最新リテールテック」

トランスコスモスに転職した、「ナノ・ユニバース」「東京スタイル」などを傘下に持つTSIホールディングスグループのEC専門会社TSI ECストラテジー元社長の柏木又浩氏。「EC業界・アパレル業界」「注目していること」について聞きました【インタビュー後編】
瀧川 正実2020/7/15 9:00137191

コロナ禍でEC売上増! アダストリアのアパレルオンライン接客事例とは

コロナ禍でもECの売上が25%増加したアパレル企業アダストリア。「グローバルワーク」「ローリーズファーム」などのブランドを扱う自社EC「.st(ドットエスティ)」の、オンライン接客に注力した売上アップの事例とは?
瀧川 正実2020/7/13 8:0038301

元TSI ECストラテジー社長の柏木氏に聞く転職話。理由は「ファッションECファーストステージの達成」「withコロナで変わったゴール」

「ナノ・ユニバース」「東京スタイル」などを傘下に持つTSIホールディングスグループのEC専門会社TSI ECストラテジーの社長を務めていた柏木又浩氏が退任したのは2月。転職理由とベンダー側への転身などについて話を聞きました【前編】
瀧川 正実2020/7/8 8:0057121
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

オムニチャネルの強化、Amazon戦略の再考――EC事業に新型コロナウイルスが及ぼす影響6つのポイント

新型コロナウイルスが北米全土に拡大したことで、消費者の購買行動は劇的に変化し、Digital Commerce 360発行「北米EC事業 トップ1000社データベース 2020年版」にランクインした北米を代表するEC事業者の多くが、新しい戦略を迅速に採用するようになりました。
Digital Commerce 3602020/6/11 8:00850
中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

ニューリテールを支えるのはCX。代表格アリババの「盒馬鮮生」、家電メーカー「小米科技」の共通点

「盒馬鮮生」「「小米科技」などCX企業と呼ばれている中国の成長企業は、多様なデータを利活用することで、インサイト主導の意思決定、顧客体験の向上、画期的なビジネスへの発展を実現しています
トランスコスモスチャイナ(transcosmo..., 陳丹妮(Danni Chen)2020/6/10 8:003162

最強ニトリの物流を支える「ホームロジ」が取り組む衝撃の“流通革命”とは。キーマンが全容を語る

33期連続の増収増益を達成し、34期目も連続更新への期待がかかるニトリ。物流事業を担うグループ会社のホームロジスティクスを直撃し、デジタル活用・物流の観点から見たニトリの強さの秘訣と、同社が挑む“流通革命”の詳細を探る【前編】
公文 紫都2020/5/15 9:0012120

オムニチャネルとOMOは何が違う? デジタル時代に重要な戦略とポイントをecbeingが解説

OMO(Online Merges with Offline)は、オンラインとオフラインの融合を意味するマーケティング戦略。その本質は、オンラインとオフラインを融合することで「より良い顧客体験を提供」すること
株式会社クマベイス2020/3/11 10:003350Sponsored
中国の最新買い物事情~トランスコスモスチャイナからの現地レポート~

アリババなどが実践するパーソナライズドマーケティング、チャットボットを活用したECマーケティングの今

圧倒的な勢いで成長する中国のモバイルインターネット産業で「ビジネスインテリジェンス(BI)」が注目を集めています。ターゲティングアプローチの「千人千面(チェンレンチェンミエン)」やチャットボット「店小蜜(ディエンシャオミ)」の活躍例を解説します
トランスコスモスチャイナ(transcosmo..., 高鴻健(Kid Gao)2020/3/11 8:002680

フリマアプリは一次流通の敵か味方か? 三陽商会らが語るリセールバリューが変える購買行動とは

メルカリが実施した「フリマアプリ利用による新品商品への消費喚起効果」の調査結果を受け、三陽商会執行役員の慎正宗氏を中心に「一次流通と二次流通の今後」について語る
藤田遥2020/2/26 7:0066214
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

デジタル時代の消費者ニーズ大調査2020「最新の購買行動」「Amazonを利用する理由」「自社ECサイトに求めること」

小売事業者にはカスタマーエクスペリエンスを向上させる機会が数多くあります。カスタマーエクスペリエンスは配送から始まりますが、商品の品揃えは依然として購買体験の生命線です。
Digital Commerce 3602020/2/20 8:0083443

1日1万件以上受注する大規模ECサイトにも対応のECプラットフォーム「Magento」の強みとは?

Adobeによる買収で注目を集める「Magento」は、多言語・多通貨対応のECプラットフォームだ。越境ECに取り組む事業者必見の、複数サイト一元管理機能や、複数拠点在庫管理機能について、国内事業者向けにMagentoの導入サポートを行うベリテワークスのCTO 西宏和氏が紹介する。
公文 紫都2020/2/19 8:002381Sponsored

よく使われるECアプリは何が違う? 成功するアプリの3つのポイント

成功するアプリ設計のために、押さえておくべき3つのポイントとは? 業種業界問わず、40以上のアプリ立ち上げを支援してきたNTTドコモのOMO戦略子会社ロケーションバリューの小嶋利典氏が、要点を説明する
株式会社クマベイス2020/2/17 8:0028131Sponsored
忙しすぎて疲れているあなた。ちょっとしたECの小ネタでブレイクタイム

スペシャルティコーヒーのサブスク「PostCoffee(ポストコーヒー)」がオープンした「オフラインストア」に行ってきました

デジタルネイティブ企業のオムニチャネル拠点……ってだけじゃない!「PostCoffee Offline Store」(東京都⽬⿊区)とは?
内山 美枝子2020/2/17 8:0017102

「アマゾンエフェクト」の脅威に打ち勝つには? 小売業の商機は実店舗の強みを生かしたオムニチャネル戦略にあり

「Amazon Effect(アマゾンエフェクト)」によって、実店舗での顧客体験に改めて注目が集まっており、リアル店舗を通じた“顧客接点”によって、新規顧客作り、リピーター作りに取り組む小売企業が増えている。顧客満足度をあげるオムニチャネルはどう実現すればいいのか。マンハッタン・アソシエイツが、小売企業がオムニチャネルに取り組むべき理由、その実現方法などを解説する。
吉野 巨人2020/2/12 9:002050Sponsored

「ナノ・ユニバース」「高島屋」がAIチャット接客で実現した新たな顧客体験とは

数百万円の車がチャット経由で購入される時代となり、チャット接客の導入は新たな購入体験を提供することが可能になる。チャット接客が企業と顧客にもたらす効果とは?
株式会社クマベイス2020/2/6 9:00106190Sponsored

ワークマンがEC専業に対抗を宣言、「店頭在庫+店舗受取」型Click&Collectの新ECサイトとは

ネット通販専業に対抗するための体制を築くという。新ECサイトの立ち上げに合わせて、2月末で「楽天市場」から退店する
石居 岳2020/1/30 9:0055161

経営データをリアルタイムに可視化。EC事業者によるクラウド型ERP「NetSuite」活用例

オラクルが提供するクラウド型ERP「NetSuite(ネットスイート)」。グローバルで導入企業が増えている背景には、オンプレミス型のERPに比べて導入にかかる期間や費用の負担が軽いことや、クラウドならではのデータ管理のしやすさなどがある。NetSuiteのサービス概要とEC事業者による活用事例を解説
公文 紫都2020/1/14 9:0036100Sponsored

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]