よろしければこちらもご覧ください

J.フロントリテイリングは百貨店事業について、コロナ禍で露呈したリアル店舗への集客に依存したビジネスモデルの脱却をめざし、リアルとデジタルを融合させたOMOによる新たな体験価値創造に取り組んでいる。

J.フロントリテイリングの百貨店事業である大丸松坂屋百貨店はOMOを推進 リアルとデジタルの融合について
リアルとデジタルの融合について(画像はIR資料から編集部がキャプチャ)

J.フロントリテイリングの2020年度(2021年2月期)におけるオンライン経由の売上は100億円強。オンライン経由売上は、大丸松坂屋百貨店が運営する「百貨店WEB」DEPACO」などオンライン決済および外商のWebサイト「コネスリーニュ」、ライブショッピングなどの売上合計額。

OMOによるデジタルシフトの加速で、2023年度のオンライン経由売上は400億円を目標に掲げる。

J.フロントリテイリングの百貨店事業である大丸松坂屋百貨店はOMOを推進 デジタルシフトの加速によるオンライン経由売上の推移
デジタルシフトの加速によるオンライン経由売上の推移(画像はIR資料から編集部がキャプチャ)

今期(2022年2月期)からスタートしている3か年の中期経営計画(中計)では、百貨店事業においてOMOの取り組みを推進。その一環として、アプリによるタッチポイントのデジタル化を進めており、シングルサインオンによる顧客情報・購買情報の一元管理とCRMの高度化を図っている。

直近1年間の実績を見ると、アプリユーザーの売り上げは1750億円、稼働率は75.9%、顧客単価はアプリ未登録者と比較して2.5倍。今期上半期のアプリユーザー数は112万人。中計最終年度となる2023年度は240万人を目標に掲げる。

J.フロントリテイリングの百貨店事業である大丸松坂屋百貨店はOMOを推進 アプリによるタッチポイントのデジタル化
アプリによるタッチポイントのデジタル化(画像はIR資料から編集部がキャプチャ)

OMOショッピングサイトの構築準備にも取り組む。コスメOMOサイトを2022年2月までにローンチする予定。オンラインおよび店頭でも購入、販売ができるようにする。「人」の力をデジタルで拡張する独自のOMOを具現化する。OMOショッピングサイトで2023年度、オンライン経由売上目標50億円をめざす。

J.フロントリテイリングの百貨店事業である大丸松坂屋百貨店はOMOを推進 OMOショッピングサイトの構築準備
OMOショッピングサイトの構築準備(画像はIR資料から編集部がキャプチャ)

外商におけるオンライン活動も進化させる。外商顧客向けのプレミアムサイト「コネスリーニュ」では、20~40代の買い上げシェアが4.2ポイント上昇。2021年9月から、「コネスリーニュ」でのオンライン接客サービスを開始した。プライムな商品・サービス・体験価値をさらに拡充し、2023年度にはオンライン経由売上目標100億円を見込んでいる。

J.フロントリテイリングの百貨店事業である大丸松坂屋百貨店はOMOを推進 外商オンライン活動の進化
外商オンライン活動の進化(画像はIR資料から編集部がキャプチャ)
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]