よろしければこちらもご覧ください

アシックスが策定した中期経営計画(2021年1月1日~2023年12月31日)は、デジタルを軸にした経営への転換を掲げている。

デジタルを活用したタッチポイントの拡大により、ECビジネスの成長を加速。中計最終年となる2023年のEC売上高は、2019年比の3倍以上に拡大する計画だ。

アシックスの2019年3月期のEC売上高は278億円。2023年12月期は単純換算で834億円以上に引き上げる。

アシックスが策定した中期経営計画(2021年1月1日~2023年12月31日)は、デジタルを軸にした経営への転換を掲げている
EC売上の計画など(画像は中計から編集部がキャプチャ)

なお、2020年12月期のEC売上は前期比85.8%増の517億円、EC構成比率は2019年12月期の7.4%から15.7%に拡大している。特に北米や欧州で大幅に増えており、北米のEC売上高は同111.9%増、欧州は同133.3%増。日本は同61.2%増、中華圏は同39.8%増だった。

アシックスの2020年12月期EC売上高は前期比85.8%増の517億円
アシックスのチャネル別売上高(画像は決算説明会資料からキャプチャ)

デジタルを軸にした経営の内容は、「デジタルサービスと連携したランニングエコシステムを通して、一生涯、心も身体も満たされるランニング体験」を提供すること。

無料のメンバーシッププログラム「OneASICS」、フィットネス・トラッキング・アプリ「ASICS Runkeeper(アシックスランキーパー)」などを軸にランニングエコシステムを構築、スポーツイベントの集客や商品の販売につなげている。

「OneASICS」「ASICS Runkeeper」などを活用、アシックスが進めるランニングエコシステム
アシックスが進めるランニングエコシステム(画像は決算説明会資料からキャプチャ)

「OneASICS」では2020年7月、ポイントプログラム制度を導入。アシックスジャパンが運営する店舗で会員が商品を購入すると、対象店舗でポイントが利用できるようにした。今後、顧客タッチポイントの拡大、ECサイト、EC中心のオムニチャネルでの利便性の高い購買体験を構築する。

ECに関する具体策は、①自社ECサイトのパーソナライズ・価値の向上②自社ECを中心としたオムニチャネルの推進③「OneASICS」によるロイヤリティ向上④データドリブンによるマーケティングの強化――などに取り組んでいく。

アシックスが策定した中期経営計画(2021年1月1日~2023年12月31日)は、デジタルを軸にした経営への転換を掲げている
デジタルを軸にした経営への転換(画像は中計から編集部がキャプチャ)

収益事業の変革として、直営店戦略を見直す。ECを中心としたオムニチャネル戦略を進めるため直営店を再編。出退店管理強化による直営店事業の収益性向上を図る。コロナ禍の影響を踏まえた直営店の厳選や、不採算店舗のスクラップにも着手する。

オムニチャネル戦略ではデジタルと連携した店舗体験を用意。店舗顧客の「OneASICS」会員化、パーソナライズされたサービスを提供する。さらに、アウトレットストアの役割を深化。顧客とのタッチポイントと、チャネル横断による在庫消化促進の両立を図っていく。

アシックスが策定した中期経営計画(2021年1月1日~2023年12月31日)は、デジタルを軸にした経営への転換を掲げている
ECを中心としたオムニチャネル戦略における直営店の再編(画像は中計から編集部がキャプチャ)

 

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

石居 岳

石居 岳(いしい・がく)

フリーライター、ジャーナリスト。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint メルカート
[スポンサー]
株式会社アイル 株式会社電通デジタル