よろしければこちらもご覧ください

三越伊勢丹ホールディングス(HD)の2021年3月期におけるEC売上高は前期比57.5%増の315億円だった。ギフトを含む一般EC売上高が200億円強、デジタル事業の売上高が約100億円。

デジタル事業は、化粧品ECサイト「meeco(ミーコ)」や食品定期宅配サービス「ISETAN DOOR(イセタンドア)」を展開。EC売上高は当初250億円を計画していた。2021年3月期のEC事業売上高は当初計画比26.0%増。

デジタルID会員数は計画比27.7%増の166万IDに拡大。掲載型数は同16.7%減の12万5000型だったが、これは量から質へシフトしたことが影響している。

三越伊勢丹ホールディングス(HD)の2021年3月期におけるEC売上高は前期比57.5%増の315億円
オンライン実績(画像は三越伊勢丹HDのIR資料から編集部がキャプチャ)

三越伊勢丹HDは2020年6月、「EC事業の強化」「ワン・トゥ・ワン・サービスの拡充」などを目的としたデジタル施策をスタート。「三越伊勢丹オンラインストア」とアプリも刷新。オンラインから実店舗に顧客を誘導する取り組みに加え、購入までオンラインで完結する仕組みを従来以上に強化した。

2020年11月末からは、デジタル接客「三越伊勢丹リモートショッピング」を開始。伊勢丹新宿店、三越日本橋店を中心に51ショップで実施している。さらに、チャットでスタイリストに相談できるサービスや、スマホで来店予約を行えるサービスなどを導入した。

三越伊勢丹ホールディングス(HD)の2021年3月期におけるEC売上高は前期比57.5%増の315億円 三越伊勢丹リモートショッピング
三越伊勢丹リモートショッピング(画像は三越伊勢丹HDのIR資料から編集部がキャプチャ)

このほか、3D計測データに基づいたスタイリスト(販売員)の接客で、体型や足型に合うパーソナルな商品提案を行うサービスを実施。2021年3月から、VR(仮想現実)を活用したスマートフォン向けアプリを開始した。新宿東口の街の一部エリアと伊勢丹新宿店を再現し、アバターを操作しながら会話が楽しめる。仮想伊勢丹新宿店内においても商品の購入が可能となっている。

三越伊勢丹ホールディングス(HD)の2021年3月期におけるEC売上高は前期比57.5%増の315億円 3D計測
3D計測(画像は三越伊勢丹HDのIR資料から編集部がキャプチャ)
三越伊勢丹ホールディングス(HD)の2021年3月期におけるEC売上高は前期比57.5%増の315億円 VRの活用
VRの活用(画像は三越伊勢丹HDのIR資料から編集部がキャプチャ)
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]