現在地

オムニチャネル

単発記事

8期連続増収増益の優良企業「ワークマン」が実践する「データ経営」「デジタルシフト」とは

8期連続増収増益のワークマンが成長を続ける理由、新市場に打って出る挑戦の一部を紹介する。キーワードは「データ経営」と「デジタルシフト」だ。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

新学期の大学生向けネット通販は大きなビジネスチャンス! その理由&EC4社の事例

新学期向けビジネスのなかでも、特に大学生向け市場の規模が大きくなっています。必要な商品を購入するために、多くの時間が費やされていることを考えると、オムニチャネル対応をすることの重要性がわかります。

通販新聞ダイジェスト

店頭スタッフを軸にネット通販を強化するパルのEC戦略とは

総合アパレル企業のパルは、店頭スタッフを基軸にしたウェブコンテンツの充実化やオムニチャネル戦略を推進することで、自社通販サイト「パルクローゼット」および店頭への送客力を高めている。

海外eコマースに学ぶ最新のECトレンド Presented by ecbeing

一歩先を行く海外の最新オムニチャネル――メイシーズ、ターゲット、Farfetchの事例

米国では今、大手小売企業を中心に上質な顧客体験(CX)を提供するための“次のオムニチャネル”が始まっています。米国の小売業向け大規模カンファレンス「Shoptalk」で得た、米国のオムニチャネルの今をお伝えします。

PR

阪急百貨店のECサイト&実店舗の顧客体験を変えた「Amazon Pay」の導入効果とは

エイチ・ツー・オー リテイリング傘下の阪急百貨店は、Amazonの決済サービス「Amazon Pay」の導入で、商圏外である関東圏の顧客増加を実現。実店舗を利用する消費者の利便性向上などにもつながったというその取り組みを取材した。

単発記事

アリババが推進する「ニューリテール」時代の顧客体験とは? テクノロジー&データが牽引する小売の未来

中国アリババグループでクラウド事業を展開するアリババクラウドのジャパンゼネラルマネージャー ユニーク・ソング氏が、アリババグループが推進し、すでに中国で広がりつつある「ニューリテール」の概念を語った。

通販新聞ダイジェスト

ZARAが始めたネット通販連動のショールーミングストアとは?

スペインのファッションブランド「ZARA(ザラ)」は、東京・六本木に専用アプリを介して試着予約やEC購入などができるポップアップストア(5月9日から8月中旬までの期間限定)を開設した。

通販新聞ダイジェスト

有力アパレルの自社EC強化策――アーバンリサーチ、アバハウス、三陽商会の事例

アパレル企業にとってECチャネルの主戦場は「ZOZOTOWN」などのファッションECモールだったが、少しずつEC強化の軸足を自社ECに置きつつあります。有力アパレル3社のEC強化策について見ていきます。

ネットショップ担当者フォーラム 2017 セミナーレポート

「BEAMS」のオムニチャネルが成功している理由は? ビームス矢嶋氏にメガネスーパー川添氏、クリエイターズマッチ布田氏が迫る!

ショップスタッフ(販売員)を”メディア化”し、そこから生み出されるコンテンツを起点としたオムニチャネルに取り組んでいるビームス。その狙いや成果などを大公開。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

[2018年]押さえておくべきECマーケティング8つのトレンド

ECやデジタルマーケターがオムニチャネル時代の消費者を理解する方法として、大規模なデータの活用が注目を集めています。それを実現するためのコマースマーケティング8つのトレンドを解説します。

ネットショップ担当者フォーラム 2017 セミナーレポート

ロクシタンがめざすデジタル戦略とは? データ活用から店舗連動など3年間の施策と成果

ロクシタンのデジタル戦略を推進する担当部長は、「データ活用は量だけでなく質が大切。そして何より、どのように扱うかを考えることが重要になる」と言う。

ネットショップ担当者フォーラム 2017 セミナーレポート

CVR85%増とUX向上を実現したナノ・ユニバースがやったスマホ時代のECサイト改善策

ナノ・ユニバースは公式オンラインショップのサイト内検索エンジンを入れ替え、CVRの大幅な改善に成功した。スマホEC時代を勝ち抜くための取り組みを解説。

ネットショップ担当者フォーラム 2017 セミナーレポート

HC大手とEC専業のタッグは小売をどう変える? カインズ+大都が挑む「新たな価値創造」

カインズの高家正行副社長と大都の山田岳人社長がトークセッションに登壇、実店舗企業とネット企業による協業の可能性を語った。

ネットショップ担当者フォーラム 2017 セミナーレポート

オーマイグラスの事例にみるオムニチャネルを成功に導くバックオフィスの仕組みとは?

クラウド型の基幹業務システム「NetSuite」を提供する日本オラクルのネットスイート本部・内野彰氏が、オーマイグラスなどクライアントの事例を踏まえ、オムニチャネルを成功に導く業務システムのあり方を解説。

通販新聞ダイジェスト

ナノ・ユニバースがアプリを刷新した理由&実装した機能と施策まとめ

ナノ・ユニバースはスマホアプリをリニューアルし、リアルとネットの併用を促す仕掛けを本格化します。刷新後のアプリにはどんな機能があり、今後どんな取り組みを行っていくのでしょうか

通販新聞ダイジェスト

【事例】青山商事のオムニチャネル戦略、買い回りの利便性向上で全社売上の拡大に貢献

紳士服小売り大手の青山商事では、小型店舗を起点とした新たな通販との連携施策を進めているほか、公式アプリの刷新や店頭受け取りなどの拡充も並行して行い、オムニチャネルを加速させています。

通販新聞ダイジェスト

自社EC売上が44%増の137億円のベイクルーズ、伸びている理由は? 物流問題の影響は?

ベイクルーズの前期(2017年8月期)におけるEC事業は前期比27%増の275億円。店舗とECを融合させるオムニチャネル化の推進が成長を後押ししているそうです。

店舗の販売員を起点に衣類をネット通販、アパレルブランドのパル流オムニ施策

アパレルブランドを国内900店舗以上で展開するパルはこのほど、店頭の販売員がファッションコーディネートの写真をECサイトやSNSに投稿し、ネット通販を促進する取り組みを開始した。

通販新聞ダイジェスト

「ポンパレモール」で売上を伸ばす方法は? リクルートが仕掛ける店舗の集客UP3事例

リクルートライフスタイルの「ポンパレモール」では、グループ内の他のサービスと連携したリアルでの販促イベント、独自のメルマガ作成、出店者同士の商品を掛け合わせたコラボレーション販促企画などを展開し、集客アップを図っています。

通販新聞ダイジェスト

オムニチャネルの成功には何が必要? 奥谷氏講演、小売の事例にみる今後のオムニ戦略

有店舗小売企業にとって、ネット販売と実店舗とのスムーズな連携は喫緊の課題。今回は、新たな取り組みに乗り出したヒマラヤ、ジンズの事例、オイシックスドット大地の奥谷孝司COCOの講演内容を紹介します。

通販新聞ダイジェスト

大手小売のEC連動施策――ユニクロ、イケア、ジーユー、青山商事の4事例

大手小売企業が最新のデジタルツールの導入や店頭からでもネット注文しやすい接客対応を整備し、顧客に手間や不便を感じさせずにネット誘導することに取り組んでいます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

小売りのデジタル化に重要なのはテクノロジーではない、強力なリーダーシップだ!

小売事業者にとって、デジタル対応への転換に必要なのは技術だけではありません。テクノロジー活用で課題を解決しようとする前に、リーダーシップによるチーム力で課題解決に取り組むことが重要です。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンが生活インフラ化に向けた次の一手、「宅内配達」通じ在宅業務代行も実現

Amazon(アマゾン)は自宅内に商品を配達するスマートホームシステムの提供を開始。将来的には宅配以外にも、清掃業者やペットシッターといった在宅サービス提供企業との連携も可能になります。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

「イノベーション」「変化対応」を続けた116年間。アマゾンにも負けない老舗百貨店の哲学

創業116年の老舗米国百貨店大手のNordstrom(ノードストローム)は、常に顧客を最優先に考え、顧客を中心に行動することが大切だと考えています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

オムニチャネルをやる目的は? マルチチャネルとの違いは? 成功するためのポイントは?

あなたの会社が展開しているのはマルチチャネルですか? それともオムニチャネルですか? その違いを理解した上で、消費者とより良い関係を構築するための成功ポイントを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンよりも進んでる? 無人コンビニ「BingoBox」などが広がる中国小売市場の今

フルーツのネット通販を手がける中国のEC企業Zhongshan BingoBox technology Co.(中山市賓哥網絡科技)が中国内で10店の無人店舗「BingoBox」をオープン。今後1年以内に5000店舗を開店する予定。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

小売り店の倒産や閉鎖でEC利用が増える? 小売業者の“商機”が店舗受取にある理由

小売事業者は、EC購入した商品を店舗で受け取ることができるサービスの提供で、Amazon(アマゾン)に対する競争力を高めることができます。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

デジタル化は買い物行動と小売業のビジネスをどのように変えるのか?【米国最新事例】

米国のEC業界では「いかにして上質な顧客体験を提供するか」が課題となっています。“顧客との強いエンゲージメント”を生み出すために現地企業が行っている施策とは。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンが小売業界を制する日がやって来る……小売り企業が対抗する方法は?

アマゾンは過去20年、小売業界に身を置く企業の顧客や体力を少しずつ奪っていきました。最後の一撃はすぐそこにまで迫っています。

通販新聞ダイジェスト

ファーストリテイリングは消費行動の変化にどう対応する? 新オムニチャネル戦略の全貌

ファーストリテイリングが、実店舗販売を軸とした「製造小売業」からITツールなどを活用した「情報製造小売業」への転換をめざす新戦略の全貌とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【米国EC事情】ARやVRなど先端技術に投資しない理由、パーソナライズに注目するワケ

EC企業は今後、どのようなテクノロジーに投資していけばいいのでしょうか? 米国EC事業者は、コアビジネスに直結する技術への投資を計画しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない、お客に支持される通販サイトがやっている4つの施策

商売に成功しているブランドは、Amazon(アマゾン)にはない差別化したサービスを提供しています。米国のEC企業が実践しているその秘訣(ひけつ)とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンに負けない買い物体験を提供する方法とは? 米国EC企業3社の事例

Amazon(アマゾン)の有料会員制プログラム「アマゾンプライム」に対抗するにはどうするべきか? Target、Benefit Cosmetics、J.C.Penny、Best BuyといったECを手がけるEC小売事業者の事例を紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

リピート客約9割のアマゾンに勝つロイヤリティ施策には何が必要? 米国ECの今に学ぶ

アマゾンの得意分野である価格競争力と利便性を重視する消費者が増える中、EC事業者は消費者に商品を購入してもらうためにはどんな努力が必要でしょうか? 米国の今を解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

スピード配送ではアマゾンに勝てない――ウォルマートがプライム対抗策を廃止した理由

Amazonプライムの対抗サービスとされていたウォルマートの配送サービスは、なぜ廃止に追い込まれたのでしょうか? その理由などを解説。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム