よろしければこちらもご覧ください

いつも.がEC事業を展開する企業に所属する205人に対して行ったSNS利用実態調査によると、過半数の企業が「今後SNSの取り組みを増やす」と考えている一方、51.9%が「効果を実感していない」と回答した。調査期間は2021年4月6日~4月21日。

SNS活用の目的は「認知向上」が最多

所属企業が活用しているSNSを聞いたところ、最多は「Instagram」(69.8%)で、次いで「Facebook」(58.5%)「Twitter」(50.7%)だった。

調査 EC事業者のSNS活用状況 企業として活用しているSNS
企業として活用しているSNSについて(複数回答可)(出典:いつも)

SNS活用の目的を聞いたところ、「認知向上」(71.2%)がトップで、「販売促進」(67.8%)「顧客対応」(11.2%)と続いた。

調査 EC事業者のSNS活用状況 SNS活用の目的
SNS活用の目的について(複数回答可)(出典:いつも)

約半数が「効果を実感していない」

SNSの効果として感じていることについて聞いたところ、51.9%が「効果を実感していない」と回答。「アクセスや問い合わせが増加している」(30.4%)「評判レビューが拡散・向上している」(21.5%)を実感しているのは一部にとどまった。

調査 EC事業者のSNS活用状況 SNSの効果として感じていること
SNSの効果について(複数回答可/n=79)(出典:いつも)

運用人材や投稿ネタ不足が課題に

SNS運用における課題については、「運用人材の不足」(51.7%)が最多。次いで「投稿ネタの不足」(46.0%)「効果が見えにくい」「フォロワーが増えない」(いずれも43.7%)となり、SNS運用の経験や時間が不足してる状況になっている。

調査 EC事業者のSNS活用状況 SNS運用における課題
SNS運用の課題について(複数回答可/n=87)(出典:いつも)

SNSの今後の取り組みについて聞いたところ、51.7%が「今後増やしていく」と回答した。また、「現状を継続する」は46.8%で、「今後減らしていく」という回答は1.5%。

調査 EC事業者のSNS活用状況 SNSの今後の取り組み
SNSの今後の取り組みについて(複数回答可/n=87)(出典:いつも)
調査実施概要
  • 調査タイトル「EC事業者のSNS活用状況調査」
  • 調査方法:アンケート調査
  • 調査期間:2021年4月6日(火)~2021年4月21日(水)
  • 調査対象:いつも.のオンラインセミナー申込者・参加者205人
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

藤田遥

ネッ担編集部

保険系SE→ECサイト運営を経て、編集未経験でインプレスに入社し、ネットショップ担当者フォーラム編集者に。カレーとコーラが好き。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]