よろしければこちらもご覧ください

【4/27更新】日本郵便は、一部の国・地域宛て国際郵便(主な対象郵便物は、EMS郵便物と、航空扱いまたはSAL扱いとする小包郵便物および通常郵便物)の一時引受停止を米国などにも拡大したと発表。

4月23日時点で、EMSおよび航空扱いの引き受けを一時停止しているのは米国など146か国・地域。すべての郵便物の引き受けを一時停止しているのは中国など50か国・地域となった。

EMS、航空扱いの引き受けを一時停止する国と地域 新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延に伴う措置
EMS、航空扱いの引き受けを一時停止する国と地域(4/24現在)
EMS、航空扱いの引き受けを一時停止する国と地域 新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延に伴う措置
すべての郵便物の引き受けを一時停止する国と地域(4/24現在)
◇◇◇

【4/9更新】日本郵便は4月8日、一部の国・地域宛て国際郵便(主な対象郵便物は、EMS郵便物と、航空扱いまたはSAL扱いとする小包郵便物および通常郵便物)の一時引受停止、遅延に関する情報を更新。EMSおよび航空扱いの引き受けを一時停止するのは124か国・地域。すべての郵便物の引き受けを一時停止するのは36か国・地域となった。

EMS、航空扱いの引き受けを一時停止する国と地域 新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延に伴う措置
EMS、航空扱いの引き受けを一時停止する国と地域(4/10現在​​​​​​)​​​​
EMS、航空扱いの引き受けを一時停止する国と地域 新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延に伴う措置
すべての郵便物の引き受けを一時停止する国と地域(4/10現在​​​​​​)​​​​
◇◇◇

日本郵便は4月2日から当分の間、一部の国際郵便物の引き受けを一時停止する。主な対象郵便物は、EMS郵便物と、航空扱いまたはSAL扱いとする小包郵便物および通常郵便物。

EMSおよび航空扱いの引き受けを一時停止するのは126か国・地域。すべての郵便物の引き受けを一時停止するのは27か国・地域となる。

新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延に伴い、各国・地域において、国際郵便物の受け入れ停止等の措置が取られていること、日本との間で発着する航空機が大幅に減便・運休となり、輸送ルートが途絶えているため。

EMS、航空扱いの引き受けを一時停止する国と地域 新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延に伴う措置
EMS、航空扱いの引き受けを一時停止する国と地域(4/2時点)​​​​
すべての郵便物の引き受けを一時停止する国と地域 新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延に伴う措置
すべての郵便物の引き受けを一時停止する国と地域(4/2時点)

SAL扱いの引き受けを一時停止するのは、現在サービスを行っている86か国・地域。すでに一時引き受け停止を行っているのはモンゴルで3月3日から。一部の通常郵便物(航空扱いとする書状、郵便葉書および盲人用郵便物)を除き引き受けを一時停止しているのは中国で3月13日から(香港およびマカオを除く)となっている。

これまでに引き受けた国際郵便物のうち、各国・地域宛てに発送できないものについては、順次、配達を担当する郵便局から返送する。

引き受けを停止していない国・地域についても、世界的な航空機の減便などによって、届けに遅延が生じる可能性が高いとしている。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム