よろしければこちらもご覧ください

Amazonが新たに始めた「ローカルセリング」は、推進するBOPIS(Buy-Only-Pick-up-In-Store、オンラインで買って店舗で受け取り)サービスの加速、迅速な商品配送の実現のための大きなカギとなるでしょう。

ローカルビジネスの配送問題を解決するAmazonの最新の取り組み

「ローカルセリング」は、Amazonのマーケットプレイスに出店しているサードパーティ販売者が、自社の実店舗を利用して、BOPISや配送サービスを提供できるようにする仕組みです。この動きは、ローカルビジネスの配送問題「ラストワンマイル」を解決するための、Amazonの最新の取り組みです。

10月21日に発表した「ローカルセリング」の仕組みに関し、マーケットプレイスは販売と決済のプラットフォームとして機能を提供し、フルフィルメントは小売事業者自らが行います

特定のエリアに住む消費者は、Amazonマーケットプレイスの販売者から商品を購入し、販売者の地元店舗での即日受け取り、または店舗からの商品配送を選択することができます

アマゾンが始めたマーケットプレイス出品者の店頭受取(BOPIS)を実現する「ローカルセリング(Amazon Local Selling)」
Amazon Local Selling(ローカルセリング)」に関するWebサイトも用意している(画像はAmazonのWebサイトから編集部がキャプチャし追加)

「ローカルセリング」のローンチは、大きな商品、壊れやすい商品、腐りやすい商品を扱う企業にとって、特に価値があるでしょう。「ローカルセリング」は、地元での買い物で得られる利便性を提供することで、消費者をAmazonのエコシステムに引き留めることが狙いです。

「ローカルセリング」は、サービス料を支払ってアマゾンに配送を依頼するのではなく、既存のFBM(フルフィルメント・バイ・マーチャント、自社で配送処理を行う)と同様、販売者が配送をコントロールできるプログラムです。

既存の取り組みをさらに一歩進めたもので、実店舗の広大なネットワークを利用してローカル配送を促進するWalmartやTargetに対して、Amazonが迅速なローカルフルフィルメントで対抗できるようになります。また、ローカルセリングは、Shopifyが提供している、販売者に店頭での商品受け取りを可能にする機能にも似ています。

Amazonのプレスリリースによると、ローカルセリングサービスは、Mavis Discount Tire、Sears Hometown Store、4 Wheel Parts、Electronic Express、Appliance Connection、Mattress Warehouse、Beach Camera、Adorama、DataVision、Exclusive Furniture、World Wide Stereo、MODIA、Focus Cameraなど、多くのサードパーティの販売者が開始しています。消費者は、これらの販売者からAmazonで商品を購入し、販売者の地元の店舗で商品を受け取ることができるようになります。

「Amazon Local Selling」を導入した家電販売などのWalt's Televisionの動画。設置および修理サービスの提供なども可能になったという(編集部が追加)

店頭受け取り実施企業などは非実施企業よりもCVRが高い

実店舗を展開する大手小売企業は、BOPISに多大な投資を行ってきました。これが功を奏し、多くの消費者が屋内での購入を避けるようになったコロナ禍の過渡期には、特に効果を発揮。アドビ・アナリティクスによると、BOPISやカーブサイド・ピックアップ(車中受け取り)の方法を提供した企業は、非提供企業よりも32%も高いコンバージョン率(CVR)を記録しています

また、『Digital Commerce 360』の調査によると、BOPISやカーブサイド・ピックアップを提供している小売企業は、そうしたフルフィルメント・サービスを提供していない小売企業に比べて、2020年のオンライン売り上げの成長率がかなり高くなっています

小売業界上位1000社で実店舗を持つ企業において、BOPISとカーブサイト・ピックアップの提供・未提供での2020年オンライン売上の成長率(※上位1000社のうち431社が実店舗あり、出典:『Digital Commerce 360』)
小売業界上位1000社で実店舗を持つ企業において、BOPISとカーブサイト・ピックアップの提供・未提供での2020年オンライン売上の成長率(※上位1000社のうち431社が実店舗あり、出典:『Digital Commerce 360』)

Amazonは、10月20日~21日に開催したマーケットプレイス販売者向けのオンラインカンファレンス「Amazon Accelerate」で、「ローカルセリング」プランを発表しました。カンファレンスに先立ち、Amazonは「2021年Amazon Small Business Empowerment Report」を発表し、Amazonマーケットプレイス販売者の8月31日までの1年間の平均売上高が前年比16.6%増となったことを報告しています。

この記事は今西由加さんが翻訳。世界最大級のEC専門メディア『Digital Commerce 360』(旧『Internet RETAILER』)の記事をネットショップ担当者フォーラムが、天井秀和さん白川久美さん中島郁さんの協力を得て、日本向けに編集したものです。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]