世界最大級のネット通販業界の専門誌「Internet Retailer」は、雑誌のほか、Web媒体、メールマガジンなどを運営。Vertical Web Media社が運営を手がけている。

Eコマースの戦略に関し、デイリーニュース、解説記事、研究記事、電子商取引におけるグローバルリーダーをランク付けする分析レポートなどを発行している。

この記事が役に立ったらシェア!

この著者の執筆した記事

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

DtoCビジネスを成功に導く「ヘッドレスコマース」とは

ヘッドレスアプローチでは、Webサイトの個々の要素を分離することで、小売事業者がCMSやデジタルプラットフォームを使用して独自のフロントエンドエクスペリエンスを提供できます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonのジェフ・ベゾスCEOから学ぶ、利益を出すために「自らを破壊する方法」

先日終了したAmazonのプライムデーは、破壊的な競争相手がいかにして挑戦を挑んでくるかを示す歴史的な事例と言えるでしょう。他のオンライン小売事業者は、破壊されないための方法だけでなく、その勢いを利用し、自らの利益のために「自らを破壊する方法」を考え出なくてはいけません。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

デジタル時代の小売業が提供できる真の価値とは? キーワードは「アイデア」「デザイン」「感情」「理由」

商品の価値は「I:Idea(アイデア)」「D:Design(デザイン)」「E:Emotion(感情)」「C:Cause(理由)」 という4つの要素「IDEC」に集約されます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

チャットは新たな販売チャネル。AIとメッセージングで売上を伸ばすための3つのヒント

グーグル、アップル、フェイスブックなどの大手企業は、消費者がメッセージ機能を通じてブランドにコンタクトし、ブランドから購入することを容易にしました。AIは、企業がこれらのチャットプラットフォームを通じてより効果的に販売するのに役立ちます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンからEC企業が学ぶべき5つのポイント

アマゾンで消費者は商品検索を始めた瞬間からチェックアウトまで、簡単に買い物をすることができます。このアマゾンの戦略で、小売事業者が参考にできる5つの重要な要素を紹介します。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム