世界最大級のネット通販業界の専門誌「Internet Retailer」は、雑誌のほか、Web媒体、メールマガジンなどを運営。Vertical Web Media社が運営を手がけている。

Eコマースの戦略に関し、デイリーニュース、解説記事、研究記事、電子商取引におけるグローバルリーダーをランク付けする分析レポートなどを発行している。

この記事が役に立ったらシェア!

この著者の執筆した記事

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

デジタル時代の小売業が提供できる真の価値とは? キーワードは「アイデア」「デザイン」「感情」「理由」

商品の価値は「I:Idea(アイデア)」「D:Design(デザイン)」「E:Emotion(感情)」「C:Cause(理由)」 という4つの要素「IDEC」に集約されます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

チャットは新たな販売チャネル。AIとメッセージングで売上を伸ばすための3つのヒント

グーグル、アップル、フェイスブックなどの大手企業は、消費者がメッセージ機能を通じてブランドにコンタクトし、ブランドから購入することを容易にしました。AIは、企業がこれらのチャットプラットフォームを通じてより効果的に販売するのに役立ちます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンからEC企業が学ぶべき5つのポイント

アマゾンで消費者は商品検索を始めた瞬間からチェックアウトまで、簡単に買い物をすることができます。このアマゾンの戦略で、小売事業者が参考にできる5つの重要な要素を紹介します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

米国EC市場のスピード配送競争――アマゾン、ウォルマート、グーグル、ベストバイなどの物流テックまとめ

Amazon(アマゾン)が配送に関する期待値を上げ続ける中、他のオンライン小売事業者は、新たなテクノロジーの導入や物理的な拡張を行い、可能な限り迅速かつ低価格で消費者に荷物を届けようと努力しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

デジタル時代における実店舗の役割。考慮すべき6つのポイントとは?

シアーズ、ジンボリー、ペイレス、シャーロット・ラス、ディーゼル……これらのブランドは20年前、全米各地のショッピングモールの良い場所に店舗を構えていました。しかし2019年現在、他の数多くのブランド同様、これらのブランドも減衰しています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

検索データを活用してECサイトのコンバージョンをアップする6つの方法

サイト上における消費者の検索行動から豊富なデータを収集し、需要への対応に役立てることができます。今回は、インテント(検索意図)のデータを活用してビジネス上の意思決定に役立て、販売を促進する6つの方法について説明します。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム