現在地

世界最大級のネット通販業界の専門誌「Internet Retailer」は、雑誌のほか、Web媒体、メールマガジンなどを運営。Vertical Web Media社が運営を手がけている。

Eコマースの戦略に関し、デイリーニュース、解説記事、研究記事、電子商取引におけるグローバルリーダーをランク付けする分析レポートなどを発行している。

この記事が役に立ったらシェア!

この著者の執筆した記事

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonと差別化するための優れたカスタマーエクスペリエンスは購入前から始まる

Amazonと価格や品ぞろえ、物流で競うのは負け戦に挑むようなもの。数多の小売事業者のなかで存在意義を示すには、カスタマーエクスペリエンスが重要です。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アリババの経営戦略責任者が語る小売業がCtoBモデルに移行すべき理由

企業は顧客と直接関わりを持つCtoBのビジネスモデルに移行すべきです。CtoBモデルになると、「顧客第一主義」がビジネスのスタート地点になります。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

新学期の大学生向けネット通販は大きなビジネスチャンス! その理由&EC4社の事例

新学期向けビジネスのなかでも、特に大学生向け市場の規模が大きくなっています。必要な商品を購入するために、多くの時間が費やされていることを考えると、オムニチャネル対応をすることの重要性がわかります。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonのショッピングカートボックス獲得のための消費者レビュー対策の基本

ネガティブなレビューは販売事業者にとって大打撃。アマゾンが推奨する顧客対応を実施して、顧客満足度を高めることが重要です。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

配送オプションの充実がコンバージョンUPに役立つのはなぜ?ECユーザー3500人の見解

ネガティブな配送体験をしたECではもう買わない。豊富な配送オプションやロイヤルティプログラムの有無が購買の意思決定を左右します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

動画ECはいつやる? 今でしょ! EC売上を伸ばす動画広告のメリットと活用法

メディア環境は様変わりし、テレビの広告効果は薄れてきています。一方、オンライン動画広告はテレビよりも安く、細かくターゲティングできるなどのメリットがあります。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonの新サービス「プライムワードローブ」に見る「お試し消費」の返品リスク対応

購入前の無料試用サービスは、顧客のロイヤルティを高めるのに有効な施策です。しかし、返品リスクを考えていなかったとしたら、どうなるでしょうか?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ネット通販ビジネスの成長に効果的な7つの施策

カゴ落ちしたユーザーをメールでフォローしたり、アフィリエイトを活用してサイト流入を増やしたり、モバイルユーザーの利便性を高めたりすることで、売り上げを伸ばすことができます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

緑より赤いボタンのCTAが高いのは間違い? 心理学3つの原則を応用したサイト改善方法

緑より赤いボタンのCTAが優れていたという有名な実験があります。しかし、ユーザー行動に影響する心理原則を理解して実験すれば、別の結果になるでしょう。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonの1-Click注文特許失効が与える影響&モバイルECのCVR改善に期待が高まる理由

アマゾンの「1-Click注文」の特許失効によって、多くの企業が新たなメリットを得ることができます。特にモバイルのカート破棄率の改善が期待できるでしょう。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

モバイルECの高速表示・ユーザー体験向上のために知っておくべきPWAの導入メリット

ECがモバイルサイトでのコンバージョン率で苦戦しているなか、PWA(プログレッシブウェブアプリ)が小売事業者に提供できるメリットが、次第に明らかになってきています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

声で商品を探す「音声検索時代」のSEO対策で知っておくべき3つのポイント

検索エンジン最適化のためにメタデータを活用してきたように、音声検索にあわせてECサイトの商品データを最適化する必要がある。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンとグーグルの利用者は何が違う? Amazon販売でEC企業が知っておくべきこと

米国アパレルECの利用先でアマゾン1位、ウォルマート2位。約58%の消費者は店舗で確認した後にオンラインで購入します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ファッション分野でも進むAmazon化――老舗アパレルを抜きアマゾンは米国で人気No.1

米国アパレルECの利用先でアマゾン1位、ウォルマート2位。約58%の消費者は店舗で確認した後にオンラインで購入します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

EC利用者の58%はアマゾンで商品検索をスタート。グーグルのSEOだけでなくAmazon内の表示対策が大切な理由

消費者の75%が商品の検索をオンライン通販サイトで行い、その内58%はAmazon(アマゾン)で検索をスタートしています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾン化が進むネット通販が抱えるリスク、Amazonにはない自社ECの強みとは?

ネット通販事業者にとって、アマゾンとのパートナーシップは避けられないでしょう。しかし、自社にしかない強みを保ち、主導権を持つことも大切です。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ECサイトのコンバージョン率アップ向上と業界平均2%超えに役立つ5つの方法

コンバージョン率を上げる方法は難しくありません。ECサイト全体のエクスペリエンスを向上すればいいのです。そのための方法を紹介します。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム