よろしければこちらもご覧ください

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは、「ZOZOTOWN」とブランドの実店舗をつなぐOMOプラットフォーム「ZOZOMO(ゾゾモ)」を11月1日から始めた。「ZOZOTOWN」上で、「実店舗の在庫確認と取り置き」「販売サポートツール」「自社ECとの在庫シェアリング」という3つのサービスを提供する。

OMOプラットフォーム「ZOZOMO」とは

「ZOZOMO」は「ZOZOTOWN」とブランド実店舗、ブランド自社ECをつなぎ、ブランドの売り上げを支援するプラットフォーム。「ZOZOTOWN」を通じて蓄積したファッション領域の膨大な知見、ファッション好きのZOZOスタッフならではの視点、年間購入者数989万人を誇る「ZOZOTOWN」の販売力を生かし、複数のサービスを展開する。

ZOZO ZOZOTOWN ZOZOMO OMOプラットフォーム ZOZOMOが提供する販売の仕組み
「ZOZOMO」が提供する販売の仕組み

サービス開始時は次の3つのサービスを提供する。

①「ZOZOTOWN」上でのブランド実店舗の在庫確認、在庫取り置き

ZOZO ZOZOTOWN ZOZOMO OMOプラットフォーム ブランド実店舗の在庫確認、取り置き
「ZOZOTOWN」上でのブランド実店舗の在庫確認、在庫取り置き方法

ブランドは「ZOZOTOWN」を訪れるユーザーに実店舗の在庫情報を知らせることで、実店舗への集客と実店舗における別商品のあわせ買いが期待できる。ファッション領域において、実店舗の在庫取り置き機能を用いてECモールから実店舗や商業施設へ送客を行うサービスは、「ZOZOTOWN」と同規模のECモールにおいては国内初となる。

11月1日から「ZOZOTOWN」上でユナイテッド・アローズ、シップス、F・Oインターナショナルなど大手セレクトショップなど複数ブランドの実店舗在庫の確認が可能となる。対応ショップ数は順次拡大予定。また、実店舗の在庫確認機能に対応したブランドから、在庫取り置き機能への対応も順次進めていくという。

在庫取り置きの対象商品であれば、ユーザーは「ZOZOTOWN」で在庫切れの商品でも実店舗の在庫を取り置きすることが可能で、希望のタイミングで商品を実店舗で購入、受け取りができる。実店舗で受け取る場合は送料がかからず、ショップスタッフによる接客を受けた上で、安心して商品の購入、受け取りができるメリットがある。

②ショップスタッフの販売サポートツール「FAANS(ファーンズ)」

ZOZO ZOZOTOWN ZOZOMO OMOプラットフォーム ショップスタッフ専用ツールFAANS
ZOZOが提供するショップスタッフ専用ツール「FAANS」

「FAANS」はECで買い物をするユーザーとショップスタッフの新たな接点を創出し、ショップスタッフの効率的な販売をサポートするショップススタッフ専用ツール。

ローンチ時は、「ZOZOTOWN」上で実店舗の在庫取り置きを希望したユーザーへの対応を、ショップスタッフが「FAANS」上の簡単操作で完結できる機能を導入する。この機能により、ショップスタッフは店舗での接客の隙間時間にスムーズに在庫取り置きの対応が可能となる。

ショップスタッフが「FAANS」を通じて対応することにより、ユーザーは実店舗在庫の取り置き依頼から取り置き完了の通知受領、店舗で在庫を購入し受け取る際に必要な二次元コードの発行まで、すべて「ZOZOTOWN」のオンライン上で完結させることができる。

今後、「コーディネート投稿機能」や、投稿コーディネート経由の売り上げなどを可視化する「成長確認機能」の正式リリースを予定している。「LIVE配信やオンライン接客機能」などの構想も検討中だという。

③ブランド自社ECと「ZOZOTOWN」の在庫シェアリング「Fulfilment by ZOZO(フルフィルメント バイ ゾゾ)」

ZOZO ZOZOTOWN ZOZOMO OMOプラットフォーム Fulfillment by ZOZO
「ZOZOTOWN」の在庫と自社ECの在庫を一元管理できる「Fulfilment by ZOZO」

「Fulfilment by ZOZO」は、2019年5月からスタートした、「ZOZOTOWN」の在庫とブランド自社ECの在庫を一元管理することで、各チャネルにおける商品欠品による販売機会損失を最小化するサービス。

ZOZOが運営する「ZOZOBASE」がブランド自社ECの物流機能も担うため、ブランドは倉庫拡張に伴う設備投資、人件費、人員の採用、在庫保管料のコストがかからない。

「ZOZOTOWN」とブランド自社ECの在庫を一元管理するため、「ZOZOTOWN」と自社EC上で両サイト共通の在庫情報がまとめて表示される。ユーザーは、「ZOZOTOWN」または自社ECいずれかの在庫状況だけ見て「売り切れで購入を諦める」という購入機会損失を最小限に抑えられる。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

藤田遥

ネッ担編集部

保険系SE→ECサイト運営を経て、編集未経験でインプレスに入社し、ネットショップ担当者フォーラム編集者に。カレーとコーラが好き。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]