GoogleマップやGoogleビジネスプロフィールなど、ローカルSEO※に関連するサービスは常にアップデートが続けられています。

「ローカルSEOニュースまとめ」シリーズでは、毎月GoogleマップやGoogleビジネスプロフィールの最新情報の中で、特に注目したいニュースをピックアップしてお届けします。

ローカルSEOとは……特定の場所に関連する検索(ローカル検索)が行われた際、検索結果に表示される店舗・施設情報を最適化することで、来店や予約に結びつける施策のこと。「MEO」と呼ばれることも。

ローカルSEOニュースまとめ 2022年1月版
▲ローカルSEOニュースまとめ 2022年1月版

Googleビジネスプロフィールに新たなルール

Googleビジネスプロフィール更新
▲Googleビジネスプロフィールの新オーナー、7日間の待機が必要に:レポートより一部抜粋

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の新たなオーナーまたは管理者に対し、すべての機能を利用できるまでに7日間の待機期間を設けるアップデートがありました。

この待機期間中、新たなオーナーや管理者がプロフィールを削除したり、メインオーナー権限を勝手に譲渡するなどの操作をおこなうとエラーが表示されるということです。

このアップデートは、セキュリティ強化のためだと考えられます。不正なアカウントが管理者になった場合、既存のビジネスプロフィール管理者がそれらのアカウントを削除でき、重大なトラブルに発展するのを防げます。

Googleマップのテストに関する情報

Googleマップ、口コミの強調表示をテスト中
▲Googleマップ、口コミの強調表示をテスト中:レポートより一部抜粋
 

Googleマップでは、店舗名のピンの周辺に、ユーザーから寄せられた口コミの一部を表示するテストを実施中です。

マップを見るだけで口コミまで確認できるため、ユーザーにとって利便性の向上が期待できるいっぽう、マップが見づらくなったとの声もあがっているようです。

なお、同テストは日本では実施されていません。今後の動きに注目です。

Googleビジネスプロフィールに関する「よくある質問」2選

Googleビジネスプロフィールのヘルプコミュニティに投稿された質問の中で、注目したい質問と回答の内容を抜粋して解説します。

1. Googleマップのカテゴリ設定に思わぬ落とし穴が

「飲食店なのに『メニュー』機能が使えないのはなぜか」という質問です。

回答としては、カテゴリに問題があるとのことです。サブカテゴリに「宴会場」が設定されていますが、宴会場はもとの英語では「Banquet hall」、つまりホテルの結婚式場や国際会議などの大宴会場を指します。これは飲食店カテゴリに含まれないため、メニュー機能が存在しません。英語と日本語で意味するニュアンスが異なる事例であり、注意が必要です。

「大人数向けの部屋がある」という意味で設定したものであれば、外すことが推奨されます。

2. Googleからの公式電話、拒否するとデメリットはあるか

「Googleからの公式電話を拒否した場合デメリットはあるか」という質問です。

2021年秋ごろから、GoogleのAIから電話がかかってくる事例が報告されています。エキスパートによれば、Googleからの電話を拒否した場合でも、現在のところデメリットはないようです。

なお、電話を拒否する方法は以下の記事で詳しく解説しています。


以上、1月の特に注目したいローカルSEOニュースについて解説してきました。

編集部では、ローカルSEO関連の情報をさらに詳しくまとめた資料「ローカルSEOニュースまとめ」を毎月公開しています。

この記事を書いた「口コミラボ」さんについて

「口コミラボ」は、様々な地図アプリ・口コミサイトの監視、運用、分析を一括管理できる店舗向けDXソリューション「口コミコム」が運営する店舗ビジネス向け総合メディアです。近年、企業の評判管理が重要視されるなか、特に注視すべきGoogleマイビジネスを活用したローカルSEO(MEO)や口コミマーケティング、それらを活用した集客事例から、マーケティング全般、店舗経営のハウツー、業界動向データにいたるまで幅広い情報を紹介します。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

口コミラボ

口コミラボは、店舗向けDXソリューション「口コミコム」が運営する店舗ビジネス向け総合メディアです。

「口コミコム」は、Googleマップなどの地図アプリ・口コミサイトの店舗情報をすべて一括管理でき、NFCチップを搭載した店舗用ステッカーでアンケート・口コミ投稿をデジタルに促進する、店舗のレピュテーションマネジメントSaaSです。促進した口コミ・アンケートを集計しAIを使って分析することで問題点を可視化、業務改善を促します。さらに営業時間の変更など店舗情報の一括更新・自動更新機能も搭載。コロナで刻々と状況が変化する中で手間となる、Web上の店舗情報管理をDXします。

Googleマップなどの地図アプリ・口コミサイトの店舗情報をすべて一括管理でき、NFCチップを搭載した店舗用ステッカーでアンケート・口コミ投稿をデジタルに促進する、店舗のレピュテーションマネジメントSaaSです。促進した口コミ・アンケートを集計しAIを使って分析することで問題点を可視化、業務改善を促します。さらに営業時間の変更など店舗情報の一括更新・自動更新機能も搭載。コロナで刻々と状況が変化する中で手間となる、Web上の店舗情報管理をDXします。

記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]