よろしければこちらもご覧ください

楽天グループ(楽天)と西友は、協働で運営する「楽天西友ネットスーパー」の物流センターを千葉県松戸市に新設する。

ラサール不動産投資顧問とNIPPOが共同で開発する千葉・松戸市の大型物流施設の全フロアを賃借、BTS型(テナントの要望に応じてオーダーメイドで建設し、賃貸される物流施設)の専用物流センターを新設する。センターの稼働開始時期は、2023年上期を予定している。

楽天グループが新設する千葉・松戸市の物流センター
新設する千葉・松戸市の物流センター

新設する物流センターは、延べ床面積約7万1000平方メートル。「楽天西友ネットスーパー」の物流センターで最大規模となる。常温・冷蔵・冷凍の3温度帯で最大4万~5万アイテムを保管できる。

搬送などの自動化設備を導入し、倉庫内作業を効率化する。「楽天西友ネットスーパー」の当日配送枠を拡充し、首都圏における供給能力の強化を図り、サービスの利便性向上につなげる。

「新しい生活様式」の浸透でECが生活基盤として定着、ネットスーパーに対する需要は急速に拡大している。「楽天西友ネットスーパー」の2021年1~3月期における売り上げは前年同期比29.9%増、4~6月は同28.4%増と継続して伸長している。

「楽天西友ネットスーパー」は、楽天が有する楽天ID数1億以上の強固な会員基盤やECの知見、西友が実店舗で培ってきた生鮮食品販売などのスーパーマーケット運営ノウハウといった両社の強みを活用しながら協働運営するネットスーパーサービス。2025年に流通目標1000億円以上を掲げている。

「楽天西友ネットスーパー」の流通目標について
「楽天西友ネットスーパー」の流通目標について(画像は楽天グループのIR資料から編集部がキャプチャ)

2018年10月に本格稼働したサービスで、生鮮品をはじめとする食品や日用品などを、西友の実店舗、千葉県柏市などのネットスーパー専用物流センター、および都内に設置した配送拠点から顧客宅へ配達している。

2021年1月に神奈川県横浜市港北センターが稼働、2022年には大阪府茨木市にネットスーパー専用の物流センターを継続的に立ち上げる。

「楽天西友ネットスーパー」は、神奈川県横浜市港北センターが稼働、2022年には大阪府茨木市にネットスーパー専用の物流センターを継続的に立ち上げる
専用物流センターの立ち上げについて(画像は楽天グループのIR資料から編集部がキャプチャ)
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]