イオンが発表した2022年2月期連結業績によると、ECやネットスーパーなどのデジタル売上高は1300億円だった。2020年2月期のデジタル売上高は700億円。

2026年2月期を最終年度とする中期経営計画では、EC、ネット通販、オムニチャネルを拡大させ、デジタル売上高を1兆円まで伸ばす計画を掲げている。

イオンが発表した2022年2月期連結業績 中期経営計画の進捗
中計初年度の進捗(画像はイオンのIR資料からキャプチャ)

2022年2月期は、カード払いで付与する「ときめきポイント」を「WAON POINT」に統一。イオングループの「決済」「ポイント」「店舗情報」を統合したグループ公式アプリ「iAEON(アイイオン)」をリリースした。

イオンが発表した2022年2月期連結業績 中期経営計画の進捗
デジタル化への取り組み(画像はイオンのIR資料からキャプチャ)

なかでもネットスーパーの売上高が拡大。2020年2月期からの年平均成長率は35.1%増で推移しており、2022年2月期のネットスーパー売上高は750億円以上へ成長しているという。

イオンが発表した2022年2月期連結業績 中期経営計画の進捗 ネットスーパー売上
ネットスーパーについて(画像はイオンのIR資料からキャプチャ)

 

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]