現在地

tweet7はてなブックマークに追加

元プロボクサー。戦績は5戦3勝(1KO)2敗。その後の暴飲暴食がたたり現在はその面影なし。 流通・通販・インターネット通販の専門新聞の編集記者を経て、EC支援の事業会社で新規事業の立ち上げ、マーケティングを担当。その後、インプレスに入社、ネットショップ担当者フォーラムの立ち上げに参画。デスク → 現在は編集長。趣味は飲酒、地域活性化活動。
ご意見、ご感想、タレコミなどはFacebookTwitterまで。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet7はてなブックマークに追加

この著者の執筆したニュース記事

日銀総裁がヤマト運輸の料金見直しに言及。コストに見合った対価を消費者は受け入れる?

「物価安定の目標」を消費者物価の前年比上昇率2%と定め、早期の実現に向けて金融政策を行っている日本銀行の黒田総裁が、一般論と前置きした上でヤマト運輸の料金見直しに言及。

日本郵便の「国際郵便マイページサービス」で顧客情報約3万件が流出の可能性

日本郵便は3月14日、「国際郵便マイページサービス」の運営サイトが第三者による不正アクセス攻撃を受け、サイト上で登録されていた顧客情報約3万件が外部に流出した可能性があると発表した。

ヤマト運輸、単価下落で「儲からない」。宅急便取扱数は過去最高ペースも喜べない理由

ヤマト運輸が3月6日に発表した2017年2月度の小口貨物取扱実績(宅急便・クロネコDM便)によると、2016年4月~2017年2月の宅急便取扱個数(累計)は17億1226万個(前年同期比8.0%増)となった。

アスクル倉庫の資産価値は火災前で121億円、実質損失額は78億円か

アスクルは2月28日、法人向けとBtoC向けネット通販サービス「LOHACO(ロハコ)」の東日本エリアの物流拠点「ASKUL Logi PARK 首都圏」(埼玉県入間郡三芳町)の資産価値は火災発生前までで121億4300万円だったと発表した。

チャット対応セットで購入率UPを狙うトランスの広告、第1弾は「SmartNews」へ導入

トランスコスモスはニュースサイトなどのメディアに出稿した広告をクリックしたユーザーに対し、チャットを通じたコミュニケーションから商品購入などにつなげる取り組みを始める。

ネット通販で伸びた商品、伸び悩んだ商品は?[2016年の家計消費状況調査]

総務省が2015年から始めたネットショッピングによる家計の消費実態把握調査。2月7日公表のインターネットを利用した支出額の2016年平均値(速報)に加え、17日に確報ベースの支出状況を公開した。

この著者の執筆した記事

忙しすぎて疲れているあなた。ちょっとしたECの小ネタでブレイクタイム

「志布志市志布志町志布志」……ある日、こんな配送先情報が入った注文がありました。

EC歴18年の“ベテランネットショッパー”は、これまで見たこともない配送先情報が記入された注文が入ってきたことにびっくり。なぜでしょうか?

ネット通販業界に関する法改正最新動向

ネット通販&広告業界などは影響大? 「広告も『不当勧誘』の取消対象」の最高裁判断とは

「広告も『勧誘』の取消対象」と最高裁が下したサン・クロレラ販売の広告手法を巡る訴訟の最高裁の判断。業界に大きな影響を及ぼしかねないこの判断を解説。

単発記事

楽天の年間流通額を1日で超えた中国の「独身の日」まとめ[EC流通額は約2.7兆円]

ECモール事業者や中国メディアの情報をまとめると、「独身の日」1日で1770億元(日本円で約2兆7441億円)もの買い物が中国のECサイト上で行われたそうです。11月11日の中国EC市場における流通総額、主なトピックなどをまとめました。

調査データまとめ

【通販の都道府県ランキング】最もお金を使う地域は? スマホEC利用率が高いのはどこ?

「年間通販利用額」「スマホでの通販利用率」の全国ランキングをそれぞれを紹介。通販利用者の地域特性を理解することは、エリアマーケティングの検討材料に活用できるはず。

単発記事

取扱高は1207億元(約1.8兆円)を達成。 2016年アリババの「独身の日」

11月11日は中国のネット通販会社が特売セールを繰り広げる商戦日。2015年11月11日の取扱高912億元(約1兆7600億円)を記録した中国EC最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)の販売状況(2016年)をお伝えしていきます。

単発記事

LINEのEC活用で客単価4%増、CTR2.3倍。「つながり消費」でECの集客・販促は変わる?

「LINE」をECの販促ツールとして活用し、「クリック率2.3倍」「客単価4%増」「月商の1割がLINE経由」といった事例が出てきています。LINEのネット通販活用の可能性を探ってみました。

単発記事

1日3.8億円を売る通販の裏側~ジュピターショップチャンネルの販売力の秘密~

年商1395億円、1日あたり3億8000万円超、1分あたり約25万円を売り上げるテレビ通販最大手のジュピターショップチャンネル。なぜそんなに売れるの? EC企業にも役立つ商品開拓のヒントなどを解説。

単発記事

【詳報】「Yahoo!ショッピング」が店舗に提供するリピート&優良顧客獲得の施策「STORE's R∞(アールエイト)」を解説

「Yahoo!ショッピング」は9月、「ロイヤルカスタマーの醸成」「集客の大幅増」を支援するためのマーケティングオートメーションツール「STORE's R∞」を導入します。その詳細を解説。

単発記事

「中国は越境ECを歓迎する」 政府機関「中国電子商会」の幹部が語る中国向けECのホンネ

中国政府は中国向け越境ECをどのように考えているのか? 中華人民共和国工業情報化部所管の電子商取引企業団体「中国電子商会」の彭李輝常務副秘書長にインタビューしてきました。

単発記事

アリババグループCEOが語る日本企業への期待 「中国向けECでチャンスをつかめ」

2015年の流通総額が4850億ドルとなり、米国のウォルマートの売上高を抜き「世界最大の流通企業」となったアリババグループ。CEOであるDaniel Zhang氏が来日し、日本企業に向けてメッセージを発しました。

単発記事

EC化を阻む「チャネル」「組織」「人」の壁、ディノス・セシールは課題をどう解決するのか

ECへのシフトを加速させる老舗カタログ通販のディノス・セシールは、“ECのスペシャリスト”を外部から登用。カタログ・テレビを主体とした通販企業はどう生まれ変わるのか?

単発記事

僕が年商20億円のEC企業の社長から、老舗カタログ通販のEC責任者に転職した理由

2016年2月、ディノス・セシールのCECO(Chief e-Commerce Officer)に就任したのが、ベンチャー企業のEC業務に一貫して携わってきた石川森生氏。なぜベンチャーから大手へ? なぜ経営者から現場に戻ったのか? 大手企業のEC人材の求人事情、転職理由などを聞いてみました。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル