現在地

元プロボクサー。戦績は5戦3勝(1KO)2敗。その後の暴飲暴食がたたり現在はその面影なし。 流通・通販・インターネット通販の専門新聞の編集記者を経て、EC支援の事業会社で新規事業の立ち上げ、マーケティングを担当。その後、インプレスに入社、ネットショップ担当者フォーラムの立ち上げに参画。デスク → 現在は編集長。趣味は飲酒、地域活性化活動。
ご意見、ご感想、タレコミなどはFacebookTwitterまで。

この記事が役に立ったらシェア!

この著者の執筆したニュース記事

楽天と釜石市、商店への楽天ペイ導入支援など地域活性化の包括連携協定を締結

楽天は4月4日、岩手県釜石市と包括連携協定を締結し、実店舗でのクレジットカード決済導入・活用などを推進することで訪日観光客需要の創出、地域経済の活性化を推進していくと発表した。

顧客育成とLTV向上に役立つコールセンター活用セミナー、元JADMA理事の柿尾氏も登壇【2/16開催】

通販コンサルティングなどのプロフィットセンターは2月16日(金)、「コミュニケーションを武器に通販CRMを強化せよ!~顧客育成・LTV向上に向けたコールセンター活用法~」をテーマにセミナーを開催する。

「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2017」のグランプリはアパレルECの「soulberry」

「楽天市場」に出店する約4万店舗のなかから、購入者からの投票や売り上げなどが優れたショップを選出して表彰する「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2017」を開催し、女性向けアパレルや雑貨の「soulberry」がグランプリを初受賞した。
 

旧ファミマ・ドット・コム責任者が語るシステムの「受け入れテスト」外注ポイント【セミナー 1/25開催】

ウェブレッジはUFI FUTECH(旧ファミマ・ドット・コム)と共同で、「脆弱性診断のカギは、『報告書』にあり。~脆弱性診断の活かし方とプロに任せる受け入れテスト~」と題したセミナーを1月25日に開催。

大麦製品のECサイトでカード情報2.4万件が漏えいか。セキュリティコードも流出の恐れ

大麦製品のECサイト「大麦工房ロアオンラインショップ」(運営は大麦工房ロア)で、クレジットカード情報が最大で2万4780件流出した可能性があることがわかった。

この著者の執筆した記事

地方で輝く元気なショップ

地方企業が語る「売れるために必要なこと」――ECで地方創生に取り組む楽天の戦略

ECで“稼ぐ”地域企業になるための取り組みとは? 楽天市場では中小規模の店舗に対するサポート「R-Nations」によって、楽天市場全体の底上げを図っている。地域版の「Area-Nations」も2017年に始まった。

単発記事

ECのプロが選ぶ優れた通販サイト5選――ネットショップグランプリ受賞店に学ぶサイト作り

EC事業者やその道のプロなどが審査した「第10回 全国ネットショップグランプリ」(一般社団法人イーコマース事業協会主催)の表彰店舗5サイトは、何が優れているのか? サイト作り、商品開発、戦略作りなどのヒントを見つけてほしい。

単発記事

ECの雄「ナチュラム」創業者の中島さん、これからの「EC」と「自身の活動」を語る

1996年から足かけ約22年も「ナチュラム」の運営・経営に携わった創業者の中島成浩さん。経営から退いた今後、どんなことをするのでしょうか? 中島さんにインタビューしてきました。

大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

ヤフー小澤氏が語る「Yahoo!ショッピング2018年の戦略」と「2017年の振り返り」

ヤフーの小澤隆生氏(執行役員ショッピングカンパニー長)が戦略共有会(2018年3月2日開催)で、「Yahoo!ショッピング」の2017年の振り返り、2018年以降の戦略を語った。

大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

楽天・三木谷社長が語る「覚悟」「超挑戦」とは? 独自配送ネットワークなど2018年の方針まとめ

独自配送ネットワークの構築、経済圏の拡大など、楽天・三木谷社長が語った2018年の方針を解説。

単発記事

「ライブコマース」をメルカリチャンネルで始めました! PBIの高木社長が語る「EC+生放送」の可能性と注意点

メルカリのライブ配信機能「メルカリチャンネル」を活用した感触は? メンズ系アパレルECサイト「SILVER BULLET(シルバーバレット)」を運営するピー・ビー・アイの高木孝社長に聞きました。

単発記事

送料値上げは今後も発生する――通販協会トップが語った業界の展望と2017年の振り返り

「送料値上げ今後も継続的に発生する事案であると考えている」――。公益社団法人日本通信販売協会の賀詞交換会で阿部嘉文会長は、送料値上げ問題などの問題、今後の業界展望などを語った。

単発記事

中国大手2サイトで5兆円を売った「独身の日」。JD.comの取扱高が3倍に増えた理由

ネット通販の買い物の祭典「独身の日」(W11、ダブルイレブン)が行われた中国で、アリババグループとJD.comの取扱高は2社合計で2953億元(5兆201億円、1元17円換算)。特にJDの躍進が著しく、取扱高は前年比3倍に拡大。その急成長の理由は?

単発記事

無人配送も始まった中国EC市場、日本よりも先を行くJD.comのラストワンマイル戦略

JD.com(京東商城)は稼いだ資金をフルフィルメントやR&D(研究開発)などに投じ、急成長を遂げている。JD.comが近年取り組んでいるラストワンマイルの“省人化”“無人化”への取り組みを取材した。

単発記事

人件費は3割減! AI搭載ロボットが実現するEC物流の「省人化」「コスト減」「正確性」

ロボットの物流活用にはどんな効果があるのか? AI搭載の物流ロボットを導入した物流フルフィルメントのアッカ・インターナショナルの加藤大和社長は、「年間ベースで2~3割の人件費削減効果がある」と言う。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社