現在地

tweet1はてなブックマークに追加

楡井 康哲(にれい・やすのり)

インフォマークス株式会社
マーケティングソリューション部 シニアコンサルタント

1976年東京都生まれ。1994年に秋葉原のパソコン量販店チェーンの九十九電機に入社。店舗接客の他、販売企画立案から仕入れまでを担当。1995年から新規事業のパソコン通信によるネット通販を起ち上げ、EC事業の責任者を努める。1人部署の為、商品登録・受注処理はもちろん、出荷処理、メール・電話対応、仕入、企画、販売促進のすべてを経験。以後事業の拡大に伴い、物流ソリューションの改善業務や、店舗支援と称したOtoO施策を1990年代後半から実践。その他、顧客ロイヤリティーの向上とエンゲージメントの活性化や、EC(BtoB、BtoBtoC)による法人顧客開拓にも力を入れ、単体ECサイトで年間売上100億円を達成する。

2009年にはニフティのECメディア事業部門から独立した、同グループのEC事業戦略企業コマースリンク株式会社にて経営企画、SEOコンサルティングを担当。
2011年、インフォマークス株式会社にジョインし、大小さまざまなeコマース事業者に対し、多くの販促・運用コンサルティング実績を残す。

利用者の喜ぶ顔が見たいという想いが行動力の源。プライベートにおいては、小学生の娘と妻と3人の共通の趣味である温泉巡りが楽しみ。
良きアイディアは「風呂とトイレで生まれる」が持論で、趣味と実益を兼ねる。
先入観や過去の経験を洗い流し、常に新しい思考・俯瞰した視点で企画提案を行い、より多くの利用者に喜んでいただけるよう日々、身を磨いている。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet1はてなブックマークに追加

この著者の執筆した記事

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

通販物流の倉庫内作業はロボットが行う時代に~元小売&EC店長が見た米国フルフィルメント事情

600社を超えるEC・通販支援のベンダーなどが参加する「IRCE」の展示会場では、100社を超える物流関係のサービス会社が出展。米国でもいかに物流コストを削減し、効率化していくのかということが課題となっているのでしょう。「IRCE」のイベント会場から見た、米国ECのフルフィルメント事情などをお伝えします。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

IRCE展示企業の時流はやっぱり「オムニチャネル」~元小売&EC店長が見た米国ベンダー事情

会場内に600以上の企業が各種サービスや製品を展示し、来場する世界のリテーラーに案内する「IRCE」の出展ブース。展示会場で目にしたり耳にするキーワードはやっぱり「オムニチャネル」。イベント会場における世界のEC企業とベンダーとのマッチング状況から、世界のEC業界の時流を探ってみます。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

元小売&EC店長が体感した米国最大級ショッピングモール、スターバックス等の実店舗誘導アプリ

米国の消費シーンではどのようなスマートフォンのアプリが使われているのでしょうか。実店舗への送客サービスのアプリだけで数億ドルを売り上げる「shopkick」、スターバックスのスマホアプリを使った顧客獲得サービスなどを体験。顧客にさまざまな体験やサービスを提供する店舗誘導を行うアプリサービスが数年後には日本でも浸透している可能性も高い?

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

元小売&EC店長が体感した米国企業のオムニチャネル~ウォルマートのオムニ戦略

小売企業に勤めていた経験があり、ECサイトの店長もしていました筆者が、米国の小売店などを訪問し、オムニチャネルを経験。自らの店頭経験、元ECサイトの店長目線から見た、リアルなオムニチャネル最新動向をお伝えします。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!