現在地

tweet0はてなブックマークに追加

武藤 綾子(むとう・あやこ)

コマースリンク株式会社
営業本部 戦略企画担当部長

1996年慶応大学環境情報学部環境情報学科卒業。外資の生命保険会社で勤務後、2005年にコマースリンクに入社。
大手ECサイトの担当営業として様々な業種の企業の自社サイトへの集客拡大、売上拡大を実現。2011年からECサイト向け無料セミナーの開催や展示会出展など、EC企業に役立つ情報発信を手掛ける。現在は、ビジネスアライアンスや市場調査を担当。

【コマースリンク株式会社について】
日本初の商品検索サービス「ショッピングサーチ.jp」を運営し、独自の検索技術とEコマースのノウハウを基盤に、ECサイト向けに、集客・売上拡大を支援する独自のソリューションサービスを提供。Eコマースの最新事例などを紹介するセミナーも開催している。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet0はてなブックマークに追加

この著者の執筆した記事

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

オムニチャネルでCVR18%増やRPV20%増を実現、EC売上世界3位Staplesの最新事例

eコマース売上高世界3位で、オフィス用品世界最大手Staples(ステープルズ)はオムニチャネルの実施で、コンバージョンレート(購買率)が18%増になるなど、著しい成果を発揮しています。同社のExecutive Vice President であるFaisal Masud氏がオムニチャネル戦略とは。ステープルズの成功を解説。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

アマゾンの顧客を自社サイトに誘導できる米国の新広告「Amazon Product Ads」に注目

世界最大のECイベント「IRCE2014」の初日に終日実施された、アマゾンを活用して売り上げを最大化するための専門セミナー「Amazon & Me Workshop」。日本ではまだ提供されていない米アマゾンだけの新プロダクトに関する詳細などをリポートします。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

企業の命運を分けるのは「顧客視点経営」、米国EC企業から見る勝ち残るために重要なこと

米国の小売店やEC企業はオムニチャネルやモバイル対策、スマホアプリ対策などさまざまな手を打ち、顧客との関係性を作ろうとしています。日本でも今後、モバイル戦略が企業の命運を分けることになるかもしれません。米国の小売・EC市場におけるモバイル事情を紹介します。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

EC企業が知っておきたい世界最大級の通販イベント、今後やるべきことが分かる「IRCE」とは

世界最大のネット通販のイベントで、Eコマースの最新情報を求めて世界40か国から1万人以上のEC関係者が参加する「IRCE(アイアールシーイー)」。先端のネット通販事情が分かるIRCEは、日本のEC事業者にぜひ知ってもらい、足を運んでもらいたいイベントです。なぜなら、今リテーラーがやるべきことが分かり、それが日本でのビジネスのヒントになるからです。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!