現在地

tweet0はてなブックマークに追加

星野 裕子(ほしの・ゆうこ)

株式会社フューチャーショップ 代表取締役

滋賀県出身。京都産業大学経営学部卒業後、リサーチ会社に勤務。ITバブル期にインターネットにハマり、ITベンチャーの創業メンバーとしてWebサービスの開発に携わる。
2002年9月、京都のレンタルサーバ会社、株式会社フューチャースピリッツにジョインし、「ショッピングカートASP FutureShop」の開発に従事。稼働店舗数900店を超えた2010年に、カート事業を分社化。株式会社フューチャーショップを設立し、ショッピングカートASP「FutureShop2」を提供している。

2016年4月現在、稼働店舗数2100店超。2015年の流通総額は710億を超えるECプラットフォームに成長。
最近はオムニチャネル対応プラットフォーム「FutureShop2X」と、越境ECに取り組める「FutureShop2 OVERSEAS」にも力を入れている。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet0はてなブックマークに追加

この著者の執筆した記事

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

最新のオムニチャネル事例が分かる! リアルとネットを融合する米国大手小売店のアプリ体験記

米国ではオムニチャネルは当たり前。日本のリテーラー、通販・EC企業も知っておきたい、新しい「買い物体験」を創り出す米国の大手リテーラーの取り組みを、私の実体験を基に紹介します。

最新の米国EC事例から読み解く日本のECの未来

リアルとオンラインで効果を引き出す米国スキンケアブランドのオムニチャネル~IRCEレポート

日本のネット通販業界、マーケティング業界などでは今、毎日のように「オムニチャネル」に関する記事を見かけます。先日米国のシカゴで開かれた世界最大のECイベントIRCEに足を運びましたが、米国のEC業界でも「オムニチャネル」は主役中の主役だったと実感しました。今回は世界80カ国以上で化粧品を販売するスキンケアブランドによる、ポイントプログラムを活用したオムニチャネル事例を解説。実店舗とオンラインでともに効果を出したスキンケアブランドの取り組みを紹介します。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!