肌に優しいメンズ用シェーバーが1万円以下! 髭剃りで肌荒れしない使い方を徹底マスター

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2022年05月13日(金)
Areti株式会社
汗をかきやすい初夏の肌。実は乾燥しやすく、肌トラブルが絶えません。シェービング後の肌もヒリヒリしやすいため、すでに紫外線を浴びてお疲れ気味の肌をいたわるシェーバーの使い方をご紹介します。

美容家電メーカーAreti.(本社:東京都中央区 以下アレティ)はポータブル電気シェーバーのセールを開催。思春期のシェーバーデビューにも、父の日のプレゼントにもおすすめです。






髭剃り後の肌トラブルはタフな肌でも起こりやすい



髭剃り後はヒリヒリしたり、乾燥やかゆみが出ることも。男性の肌は女性と比べて皮膚が厚く丈夫と思われがちですが、毎日の髭剃りで肌表面の角質層は傷つけられています。
髭剃り後は肌荒れしやすいという方は直接刃が皮膚に触れるカミソリよりも、外刃がキャッチした髭を内刃が剃る電気シェーバーで肌を労わる必要があります。
とはいえ、肌に強く押し付ける、何度も同じ箇所を剃るなど、電気シェーバーも使い方を間違えると肌トラブルの原因に。シェーバー自体も、刃に雑菌が付いたままだと角質が傷つき、バリア機能が低下している部分に炎症を起こしてしまいます。シェーバーを選ぶ際は、水洗い可、簡単に刃の交換ができて清潔に保てるものがおすすめです。




密着させながらも力を抜くことで摩擦を低減



摩擦はシミ、しわ、たるみの原因! 男性にとっても摩擦は負担となります。髭を剃る際も、シェーバーを肌に密着させながら輪郭にそっと添わせるように動かすことがポイントです。
電気シェーバーは往復式と回転式が一般的ですが、回転式なら肌の上で円を描くようにクルクル回しながら動かすため、力まずにシェービングが可能。深剃りするには往復式がいいと言われますが、肌荒れを気にするなら断然、回転式。
さらに、髭はいろんな方向に生えているため、刃が左右に動く往復式は剃り残しが多い傾向に。その点でも回転式は剃り残しが少なく、やわらかい髭、細い髭、毛が寝やすいクセ髭も、やさしく処理します。


ウェットシェービングでダメージレスな肌へ



シェーバーの動きをスムーズにしたり、髭をやわらかくしながら引っ掛かりをなくすため、ウェットシェービングも肌への負担を軽減してくれます。
ただし、ウェットシェービング対応のシェーバーが必須。

そこで注目いただきたいのが、防水仕様(IPX7)で水洗いもウェットシェービングにも対応するアレティの回転式 ポータブル電気シェーバー(fc5203WYA)です。

肌負担が少ない標準刃と、髭を捕まえやすい0.09mmの極薄刃を付属し、micro USBによる急速充電対応で満充電なら120分間使用可能。デジタルディスプレイに残量が表示され、2分間使用するとクリーンアラートも表示。お手入れ忘れを防止できます。


紫外線が強くなるこれからの季節は、髭剃りで荒れた肌をそのままにしておくと色素沈着や炎症が悪化しやすいため、シェービング後はローションなどで保湿することも忘れずに! 髭剃り後は古い角質をオフできているので、スキンケア成分が効率よく角質層へ浸透し、健康的な肌へと導きます。


只今アレティ本店ではポータブル電気シェーバー(fc5203WYA) 通常販売価格¥4,480を¥3,980円の特別価格で販売中。
詳細はこちらからご確認ください。
https://areti.jp/products/fc5203wya?prtimes

セール期間:2022年5月13日(金)~5月23日(月)まで



ヘアアイロンやドライヤーをはじめ、美顔器やスキン&ヘアケアコスメを展開する東京・日本橋発の美容家電メーカー。 様々なスタイリングを楽しめるだけではなく、顔まわりの髪がうねる、年齢とともにボリュームがなくなったなど、ユーザーの悩みに応えるため、ヘアアイロンは特にバリエーションが豊富。 自社ブランドには、品質・保証にもこだわったAreti.(アレティ)、“使いやすい”をリーズナブルにお届けするClarity(R)(クラリティ)、Amazon限定家電の(Exelentialエクセレンシャル)、Amazon限定コスメのEssenshil(エッセンシル)がある。

公式SNS
You tube https://www.youtube.com/channel/UCfecvOPTtn4DdXr8hUdDaAQ
Instagram https://www.instagram.com/areti_jp/
Twitter https://twitter.com/Aretijp
Facebook https://www.facebook.com/Areti.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]