よろしければこちらもご覧ください

メール配信ソフトを提供するエイジアは11月4日、メール配信ソフト「WEBCAS」の新ラインナップとして、ユーザーのセグメントごとにLINEメッセージを配信できる「WEBCAS taLk」の提供を開始した。通販・EC会社はLINEビジネスコネクトを活用することで、ユーザーごとにLINEメッセージを送れるようになる。

通常の「LINE公式アカウント」は、「友だち」登録したユーザーへの一斉メッセージの配信は可能だが、自社データベースと連動したセグメント抽出型のメッセージ配信は行えない。

「WEBCAS taLk」を利用し、LINEビジネスコネクトを活用することで、自社データベースとLINEユーザーのアカウントを紐付ける。ターゲットを抽出し、それぞれのユーザーに適したLINEメッセージを送ることが可能になる。

送信するメッセージは、名前やポイントなどの差し込みができるほか、スタンプ送信も可能。送信後はURLのクリックカウントや、コンバージョンなどの効果測定も行える。

LINEビジネスコネクトを活用し、セグメントごとにLINEメッセージを配信できるサービスは、すでに売れるネット広告社が提供し(参考記事)、ロート製薬などがすでに導入している。

今後、こうしたCRMシステムとの連動が増えれば、LINEメッセージを使った販促が多くの通販企業が利用し、新たな販促手段として定着する可能性もありそうだ。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]