千趣会は9月27日、家事雑貨ジャンルの新ブランド「kusu kusu works(クスクスワークス)」を立ち上げる。

「クスクスワークス」は困りごとを解決する機能的価値のほか、プロジェクトパートナーとしてアッシュコンセプトと契約しデザイン面を強化。年間6億円の売り上げをめざす。

新ブランドの第1弾は「洗濯」をテーマにしたハンガー5アイテムと室内物干し、物干し竿、バスタオルスタンド、ランドリーボックスの計9アイテムを販売する。

共働きや単身世帯の増加、住宅事情、大気汚染問題から、洗濯物を部屋干しする人の割合が増えている。その大半がリビングで干しているとの調査結果があり、次のような問題が発生しているという。

  1. 干すためのスペースをとる。
  2. 人が集まるリビングなので生活感を出したくない。
  3. 物干し・ハンガー・ピンチなどの洗濯道具の置き場に困っている(邪魔)。

今回販売する9アイテムではこうした問題に対処するため、

  1. 生活感を醸し出すプラスチックのピンチ(洗濯バサミ)を使わない
  2. 使わない時は場所を取らず収納できる機能と、出しっぱなしでも絵になるデザイン
  3. 洗濯物を畳むことなくハンガーにかけたまま収納できる

といった設計を施し、問題の解決を図ったとしている。

千趣会では今後も「クスクスワークス」の商品開発を進め、売り上げ拡大につなげていくとしている。

アルミハンガー“Hito”
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム