メーカー45社とコラボレーションした、環境にもやさしいデザイン商品52点が新登場!  アスクル、「暮らしになじむLOHACO展2019」を10月19日より開催

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2019年09月11日(水)
アスクル株式会社
~第5回目はさらに進化、「サステナブル×デザイン」を実現した商品を発表!~

 アスクル株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:吉岡 晃、https://www.askul.co.jp/、以下「アスクル」)が運営する一般消費者向け(BtoC)インターネット通販サービス「LOHACO」(ロハコ、以下「LOHACO」)は、10月19日(土)より4日間、BA-TSU ART GALLERY(東京都渋谷区)において、「暮らしになじむLOHACO展2019」を開催します。  第5回目を迎える今回は、「LOHACO ECマーケティングラボ」に参加する大手メーカーを中心とした45社とともに、“暮らしになじむデザイン”をメインコンセプトに掲げて開発した全52点の新商品を一堂に発表します。新たな試みとして、デザインだけではなく、「サステナブル」をテーマに社会貢献や環境への意識など世界的な社会課題への視点をプラスし開発したものです。  アスクルは、LOHACOを独自価値ECとして加速させるために、日々の買い物が社会課題に貢献できることもお客様がLOHACOを選ぶ理由になるよう、“暮らしになじむデザイン”を進化させてまいります。



 LOHACOが2015年に始めた“暮らしになじむデザイン”の取り組みは「LOHACO EC マーケティングラボ」活動の一環で、「ECならではのデザイン」についてアスクルが参加企業と研究を重ねているものです。“店頭を通らないから実現できる生活者起点のデザイン商品”(Consumer Brand商品)として、店頭で目立つのではなく、家の中でなじむデザインを施した商品をメーカーとともに自由な発想で開発。これまでに約200点の商品が生まれ、今やLOHACOの独自価値のひとつとして、忙しいけれど丁寧に暮らしたいという女性を中心に支持を得ています。
 今回はこの広がりを受け、“暮らしになじむ、その先へ!”という想いから、デザインの追求のみならず、新たに「サステナブル」をテーマに加えて、暮らしになじみ、環境にもやさしい商品を開発しました。
 これは近年、世界が共通目標として動き始めたサステナブルな社会の実現に向けた取り組みを反映した方向性で、“暮らしになじむデザイン”と「サステナブル」の要素を併せ持つ商品を揃えました。
 イベントでは、日用品や食品・飲料など何気ない日々の生活用品に心地よいデザインを施し、使うだけで気負うことなく環境配慮が可能なアイテムを多数発表します。
 今回は、スウェーデン大使館・デンマーク大使館・環境省に後援いただいています。
 なお、今回発表する商品は、順次LOHACOでの販売を予定しています。(一部商品を除く)


<「暮らしになじむLOHACO2019」 開催概要>
会 期 : 10月19日(土)~22日(火)
時 間 : 10:30~19:00 (最終日10:30~17:00)
会 場 : BA-TSU ART GALLERY(東京都渋谷区神宮前5-11-5)
入場料 : 無料
主 催 : アスクル株式会社
後 援 : 環境省、スウェーデン大使館、デンマーク大使館
特設サイト : https://lohaco.jp/event/exhibition/

世界の共通目標「サステナブル」要素も追求!“暮らしになじむデザイン”が進化
 この度、“暮らしになじむデザイン”は社会課題とお客様のさらなるニーズに応えるべく、新たに「サステナブル」をテーマに加えて開発、販売に繋げました。


 世の中では2015年、国連のSDGs採択以降、環境問題をはじめとする持続可能な社会に向けた取り組みへの関心が急速に高まっています。LOHACOではアクションを起こしたい人々が手軽に、気負うことなく取り組めるよう、環境にやさしい暮らしのためにできることを考え、サステナブルな社会の実現に向けて、私たちができる7つのことを導き出しました。


 従来の日用品は店頭で手に取られやすいように、商品の効果・効能・機能を前面に表示したパッケージデザインが主流でした。購買時に差別化を図りやすい「目立つパッケージ」は、購入後の暮らしにはなじまず、“パッケージをはがす” “見えない場所にしまう”“他の容器に詰め替える”という手間がありました。LOHACOではこうした課題を解決するため、店頭を通らない商品だからこそできる、暮らしに心地よく調和するパッケージデザインを開発。サイト上の売場における細やかな商品紹介と連動することで、お客様のニーズに合致し、出しっぱなしにできる、時短に繋がるなどの新たな価値提案に繋げてまいりました。今回は、これまでの“暮らしになじむデザイン”のその先へ目を向け、新たにチャレンジしています。

 今回出展する全52商品は、必ず何らかのサステナブルポイントを意識して開発されています。「サステナブル」な商品だからといってデザインを妥協したり、我慢したりしないくてよいものばかりを一堂に発表します。
 大切にしたのは、LOHACOが進める“暮らしになじむデザイン”を選んで使うことが、ひいては「サステナブル」へと繋がるようになるということ。お客様一人ひとりの「サステナブル」を意識した暮らしのお手伝いができる商品に、どうぞご期待ください。

■その場で買える!初の実店舗 「LOHACO POPUP STOREが登場
 会場では、本イベントで展示した商品をその場で直接購入できる「LOHACO POPUP STORE」を併設します。(※1)現地で見て気に入った商品をその場で購入したいというお客様の声に応え、イベント期間限定でオープンします。実演販売も実施しますので、自身の暮らしになじむかどうかその場で判断し購入いただけます。(※2)
あわせて、出展商品を試飲・試食いただけるスペースもご用意。キッチンカーにて、出展商品の食品や飲料のサンプルを実際にお召し上がりいただけます。
(※1)一部販売のない商品もありますので、あらかじめご了承ください。
(※2)数に限りがあります。また、キャッシュレスのお支払いになります。

 LOHACOではこれからも、LOHACO EC マーケティングラボを通じて、ECならではの新しい価値を創出し、お客様の快適な暮らしと未来を支える “暮らしになじむデザイン”を追求してまいります。

<「暮らしになじむLOHACO2019」 参加企業 45社>
アース製薬株式会社、アサヒビール株式会社、味の素株式会社、味の素AGF株式会社、株式会社あらた、
アヲハタ株式会社、石光商事株式会社、株式会社伊藤園、エステートレーディング株式会社、
王子ネピア株式会社、花王グループカスタマーマーケティング株式会社、カゴメ株式会社、
亀田製菓株式会社、カルビー株式会社、キーコーヒー株式会社、キリンビール株式会社、
キリンビバレッジ株式会社、株式会社湖池屋、コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社、
サーモス株式会社、サッポロビール株式会社、サンスター株式会社、サントリー酒類株式会社、
敷島製パン株式会社、資生堂ジャパン株式会社、シックジャパン株式会社、
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社、スリーエムジャパン株式会社、大王製紙株式会社、
大正製薬株式会社、大日本除虫菊株式会社、太陽油脂株式会社、嬬恋銘水株式会社、
日清オイリオグループ株式会社、日清食品株式会社、日清フーズ株式会社、日本製紙クレシア株式会社、
ネスレ日本株式会社、株式会社Mizkan、メロディアン株式会社、森永製菓株式会社、
UCC上島珈琲株式会社、ユニ・チャーム株式会社、ライオン株式会社、ロート製薬株式会社
(50音順)

■「LOHACO」とは https://lohaco.jp/
 「LOHACO」は2012 年10 月にサービス開始した日用品ショッピングサイト。2019年5月期には売上高513 億円を達成、2018年8月には累計のお客様数が500万人を超えるなど、多くのお客様にご支持いただいています。「LOHACO」の由来は、Lots of Happy Communities。“くらしをかるくする”をコンセプトに、飲料・食品、キッチン用品から医薬品、コスメなどの日用品から、「ここでしか買えない」ロハコのオリジナル商品まで、幅広いラインナップの商品を、いつでもリーズナブルかつスピーディーにお届けします。
 アスクル株式会社が事業所向け通販で培ったノウハウを生かし、ヤフー株式会社の協力のもと、圧倒的な集客力、商品調達力、最短当日配送の物流力を活かし、メーカーとの共創による新しい日用品ECを目指しています。

※本リリースに掲載の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、
 あらかじめご了承ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム