通販・ECサイトを無料で開設できる「BASE(ベイス)」を提供するBASEは12月1日、決済システム「BASE かんたん決済」に「後払い決済」を導入した。

利用する店舗は代金未回収リスクの低減、信頼度アップによる売り上げ向上などが期待できる。

「BASE かんたん決済」はクレジットカード決済、コンビニ・Pay-easy決済、銀行振り込みに対応したエスクロー決済の名称。これに後払いが加わった。

BASEの決済はすべてエスクロー決済で提供。店舗と購入者の間をBASEが仲介し、取引の安全性を担保している。なお、2015年12月1日から、「BASE」を利用する全店舗は「BASE かんたん決済」の導入が必須となっている。

利用する店舗の決済手数料は商品代金の6%。「後払い」を利用する購入者は商品代金のほか、300円の手数料負担が必要になる。導入のための審査期間は約1週間。

BASEは「BASE かんたん決済」に後払いを導入

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム