Webマーケティング支援のメイキップは2月8日、アパレルECサイト向けに利用者の身体に合った洋服サイズを推奨するサイズレコメンドエンジン「unisize(ユニサイズ)」の提供を開始した。

最短1分のアンケートで、フィット感の良い手持ちの服や身体の特徴などを把握し、そのユーザーに合ったサイズを提案。サイズ違いに対するユーザーの不安を取り除き、成約率向上や購入単価の上昇につなげる。年内に100社への導入をめざす。

「ユニサイズ」では、国内外ブランドの洋服のサイズ情報を数多く有しており、入力されたユーザーの身体情報や特徴をベースに、最適なサイズを推定する独自のアルゴリズムでレコメンドを行っているという(特許申請中)。

サイト利用者はメジャーなどを使うことなく、自分にあったサイズの服を見つけることが可能となり、1度登録するとそれ以降はそのサイズで購入することができる。

unisizeの仕組み

ECサイトへの導入はタグ形式を採用し、簡単に導入することが可能。初期費用は無料、サービスの利用回数に応じて月額費用が変動する料金体系で、月間2500回以下の場合は無料。上限は30万円まで。

先行導入した夢展望では、サイズレコメンドを利用したユーザーの購入率が通常時と比較して2.5倍、購入単価が1.3倍にアップした。2月半ばには、総採寸数が6万回を超える見込みだという。

「GU」のXSのニットがぴったりの場合、そうように入力するとECサイトでぴったりのサイズの商品が提案される
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム