よろしければこちらもご覧ください

アニメやゲーム好きのオタクに、クリエイターのオリジナルデザインを用いて製品化した商品をECサイトで販売する通販・ECサービスのSO-ZOは7月22日、オリジナル作品をインテリア商品にするECサービスのβ版の提供を開始した。

提供するECサービスの名称は「痛部屋」。アニメやゲーム好きのオタクに、版権取得済みのキャラクターやアニメ作品中の風景を再現した壁紙、カーテン、布団カバーなどのインテリアグッズなどを、オーダーメイド製品として提供する。

「痛部屋」は、イラストレーターがオリジナルのイラスト作品を専用サイトに投稿するとそれを製品化。インテリア商品として簡単に販売できるようにする。販売価格は投稿者が自由に設定できる。クリエイターが手掛けたデザインを商品化することで、日本のクリエイター支援を目指すという。

SO-ZOが提供を始めるECサービス「痛部屋」

「痛部屋」のイメージ

今後、アニメをテーマとしている飲食店やカラオケ、宿泊施設などとコラボレーションを企画。海外ではオタク人口が増加していることから、「Cool Japan」コンテンツとして海外展開も視野に入れる。

「痛部屋」のビジネスプランは、2013年早稲田大学の起業家養成講座で行われたビジネスコンテストで最優秀賞を獲得。早稲田大学ビジネスプランコンテストで優勝、起業家甲子園でMicrosoft賞などを受賞している。

SO-ZOは7月7日にベンチャーファンド「East Ventures」を引受先とした第三者割当増資を実施した。調達金額は非公開。また、このほど日本マイクロソフトのテクノロジー・エバンジェリストだった戸倉彩氏がCTOに就任するなど、ECサービスの本格化に向けて体制を整えていた。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
タグ: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]