家電量販店のラオックスはこのほど、親会社が運営するBtoC向けECプラットフォーム「蘇寧易購」に出店した。親会社である蘇寧雲商股份有限公司の集客力を生かし、中国人の需要を取り込む。

「蘇寧易購」は直販型とモール型が一体となったECサイト。2013年の売上規模は、中国EC市場で上位という。実店舗からスタートし、現在はオムニチャネルも手掛けている。

ラオックスは昨年から「銀聯オンラインモール日本館」「楽天グローバルマーケット」などに出店。海外向けECサイトを展開し、海外需要の取り込みを進めている。

「蘇寧易購」の出店店舗では高機能炊飯器や空気清浄機、腕時計など中国人客の需要が高い約800アイテムからスタート。順次、取扱商品を拡充する。

来日した中国人がラオックスで家電などを購入して帰国した後、中国国内で展開している実店舗(楽購仕)でリピート購入してもらうといった相乗効果も狙う。

中国では一部の中国国内商品に対する不信などから、海外商品をネットで購入する市場が拡大。中国電子商務研究中心によると、2009年に50億元(約800億円)だった市場が、2014年には1549億円(約2.5兆円)規模にまで拡大すると予測されている

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム