×

ステータスメッセージ

このフォームは閉じられました。

『iNTERNET magazine(インターネットマガジン)』は日本でインターネットが本格的に商用化された1994年に創刊された月刊誌です。インターネットに接続するだけでも大変だった時代、「インターネットを楽しみたい」という人から「インターネットをビジネスに利用したい、新しいビジネスを始めたい」という人たちまで、幅広く読まれた雑誌でした。当時からネット関連のお仕事をしていた方なら「読んでたなー、懐かしいなあ」という方も多いのではないでしょうか?

あのレジェンドも読んでいた!

1996年8月号の通販特集には、先日発売されたムック『EC物流最前線 送料値上げ時代を勝ち抜くためのヒント20選』にもご登場いただいた、“ECのレジェント”こと岸本栄司氏の「岸本屋(現、プロショップ京都EASY)」が掲載されています(ちなみに岸本氏はこの掲載の反響を受け「この仕事で生きていこう」と決めたそうです!)。

岸本屋 親切対応がうれしいTシャツ専門店
インターネットマガジン1996年8月号より。注文方法は「WWW、電子メール、FAX、電話」とあるのが時代です。こちらのページでバックナンバーのPDFを公開していますので、あわせてご覧ください

『iNTERNET magazine』は2006年まで136号発行され、そのDNAは「Web担当者Forum」や「データセンター完全ガイド(現、クラウド&データセンター完全ガイド)」などに受け継がれました。この「ネットショップ担当者フォーラム」はWeb担当者Forumから生まれたメディアですので、『iNTERNET magazine』はおじいさんのような存在なのです。

『iNTERNET magazine Reboot』とは?

そんな『iNTERNET magazine』が、インプレスグループ25周年記念事業として1号限りの復活を遂げました。

iNTERNET magazine Reboot
『iNTERNET magazine Reboot』
企画・編集:インプレスR&D/」発行:インプレス
ページ数:208 価格:1,750円(税抜) ISBN:978-4295002628

昔を知ってる人なら感涙ものの「プロバイダー接続マップ」や創刊号の復刻版、また、この25年のイノベーションが傍観できる「インターネットキーワード進化マップ」が付録として付いています(この付録は電子版には付いていません)。

もちろん懐かしいだけじゃありません。「いまiNTERNET magazineがあったら何を伝えただろう?」という視点で、これから拡大する「インターネット新世紀」とも言える新しいトレンドを、技術・社会・ビジネスの観点から解説しています。

昔を知っている人にも知らない人にも、日本のインターネットの今を知りたい方にぜひ読んでいただきたい『iNTERNET magazine Reboot』を、ネッ担読者3名さまにプレゼントします。下記のフォームにご記入のうえ、ご応募ください(明日にでも読みたいという方はAmazonでご購入ください!)。

応募要項

  • 応募締切:2017年12月1日(金)23:59
  • 当選者数:3名様
  • 応募方法:下記応募フォームに必要事項をご記入して応募をお願いします。当選者の発表はプレゼントの発送をもって代えさせていただきます。
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]