化粧品通販を手がける再春館製薬所は7月26日、海外向け通販に携わる外国籍のスタッフが100人に達したと発表した。海外向けに販売している製品の製造と顧客対応の拠点は本社を置く熊本県内にある。成長している海外事業を強化するため、外国籍社員の雇用と教育に力を注いでいるという。

2011年に海外事業開始、2018年の売上高は24億円

再春館製薬所は基礎化粧品「ドモホルンリンクル」の海外展開を2011年に開始した。2011年に香港、2012年に台湾、2018年にはタイで通販を開始している。2018年度の海外事業の売上高は、前年度比6.6%増の24億3000万円。

台湾では「ドモホルンリンクル」の利用者が毎年120%のペースで増加し、5回以上購入しているリピート率は80%を超えたという。

再春館製薬所の海外事業の売上高推移
海外事業の売上高推移

製造、受注、顧客対応も熊本県内で

海外向けに販売する商品は、熊本県益城町内の自社工場で製造している。台湾やタイの発送拠点へ、こまめに輸送することで製品の長期保管を避けながら、注文の当日または翌日に商品を届けるという。香港や中国、他の国へは自社工場から直送している。

海外からの電話やWebによる問い合わせは、熊本県内の本社コールセンターで対応。顧客対応を行うのは台湾、タイ、中国、香港出身の正社員。「お客様プリーザー」と呼ばれる顧客対応のスタッフは約60人、現場管理や社員教育を行うトレーナーは7人いる。

再春館製薬所の海外事業について
海外事業でも製販一体の体制を採用している

外国籍の社員向けに寮を完備しているほか、昼寝のための「ジップルーム」も設置。帰国支援や社員の家族を会社見学へ招待するなど、外国籍の社員が働きやすい環境整備に取り組んでいるという。

再春館製薬所の海外事業について
各国の習慣を尊重した外国籍社員のサポート体制を整備している
この記事が役に立ったらシェア!

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム