バリューコマースは10月1日、スマートフォン向け成果報酬型広告サービス「ADPRESSO(アドプレッソ)」の提供を開始した。広告主はスマートフォン向けに配信する広告の成果地点(クリック数、インストール数、会員登録数など)を選べ、低リスクで効果的な広告出稿が可能。バリューコマースは今年1月から経営陣を一新し、主力のアフィリエイト以外の事業展開を模索しており、今回の新サービスもその一環とみられる。

アドプレッソは、バリューコマースの独自機能によって、メディアの内容などを判断し、最適な広告を配信する広告サービス。同じような仕組みで提供している、コンテンツ連動型広告では、多くがクリックされた時点で広告費用が発生するが、アドプレッソはクリックのほか、インストールや会員登録、商品購入など成果の発生時点を広告主が選択できるのが特徴となっている。

一方、メディア運営者はアドスペース(広告枠)を設定するだけで、メディア特性に合った広告配信が行われるため、アフィリエイトと比べて少ない作業で、報酬を得られるようになる。

現在、アドプレッソを利用している広告主、メディアともに少ないが「アドプレッソはアフィリエイトとは違った使い方が可能なので両方を利用していただくことも可能。既存の資産を十分に生かしていきたい。アフィリエイトで提携している広告主、メディアに対して、アドプレッソの良さを提案することで、数を増やしていけると考えている」(広報)とコメントしている。

新サービスのロゴ
この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]