にっぽんD2C応援委員会

にっぽんD2C応援委員会は、日本最大級D2Cイベント「D2C SUMMIT」を主催している団体です。

日本では、加熱したD2Cブームが起こっています。多くのプレイヤーが参画するなか、どのようにして競争を勝ち抜いていけば良いでしょうか。
今世界で成功しているDtoCモデルの本質は、お客さまの「体験」全体をデザインすることで、支持され、共感され、シェアされるサービスを実現しているということです。ソーシャルメディアなどを活用し、自社のファンとのつながりを強固なものとしています。それによって集めた顧客のデータを、さらに顧客目線のモノづくりやコミュニケーションに生かすというサイクルを実現しています。

「D2C SUMMIT」は、DtoCモデルの本質を学び、実践のためのネットワーキングをするサミットです。日本最大級のD2Cイベントで、2019年から開催し2022年で3回目を迎えます。
かつて「Made in Japan」は世界を席巻しました。令和の時代、日本流のDtoCの実践により「Direct from Japan」で再び世界を驚かせていきましょう。

この記事が役に立ったらシェア!

執筆人気記事(上位5記事)

執筆記事(最新5記事)

D2C SUMMIT

「そこにしかない」価値を活かすリージョン戦略――地方の中小企業のD2C活用方法とは

「D2C SUMMIT」のボードメンバーや公式セッション登壇者にインタビューし、「D2C」を深掘りしていくシリーズ①。一平ホールディングス代表取締役の村岡浩司氏に「地方創生とものづくりの関係性」というテーマで話を聞きました
にっぽんD2C応援委員会3/28 8:002271
D2C SUMMIT

「顧客のファン化」「ブランディング・認知向上」「商品開発」――2022年D2Cブランドの課題と取り組みとは

D2Cブランドが抱える課題とはいったいどのような内容なのか? 2021年と比較して変わった施策を調査した
にっぽんD2C応援委員会3/7 8:003350
D2C SUMMIT

「巣ごもり消費」で需要高まる食品・飲料、人気YouTuberによる「P2C」の増加――2021年の「D2C」を振り返る

2021年のD2Cはどのような特徴があったか、検索トレンドや注目のジャンルから振り返ってみます
にっぽんD2C応援委員会1/31 8:00290
D2C SUMMIT

「単にモノを売るだけでは厳しい」。小売・EC事業者が「どう提供価値を上げていくのか」を“売らない店舗”から考える

ECの台頭により、進化を余儀なくされるリテール。D2C×リテールはユーザーにどのような体験を生み出すのか?
にっぽんD2C応援委員会2021/12/8 8:001201

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]